合同会社ジョブガレッジ

業界: IT・通信    従業員数:60名    URL : https://jobgollege.co.jp


管理部 Y.I. 様

※2021.9 ヒアリング

合同会社ジョブガレッジ様は、ITスペシャリストと企業をつなぐ架け橋として、IT系人材の提案、IT開発業務の請負、ITコンサルタント業務を提供しています。設立時よりフルリモートワーク制度を導入していて、従業員は自由な働き方でクライアント企業や人材と連携を取っています。

同社は、昨今の時代にあった福利厚生制度の整備と提携する人材の定着率アップのため、2021年7月より福利厚生パッケージサービス「えらべる倶楽部バリュープラン」を導入しました。今回は、サービス導入に至る背景と、JTBベネフィットを選択した理由を中心に伺いました。

社名に込めた想い

【Job Gollege】という社名は、仕事〔Job〕が集まる場〔Garage〕を通して仲間と学び成長できる環境〔College〕を提供する、という意味を込めて名付けました。
仕事をするために必要な「モノ・お金・情報」が集まる場としての〔Garage〕と、成長の場としての〔College〕をかけ合わせ、Gollege】という言葉を造り出しました。
【Job】を通して理想的な【Gollege】を提供したい、そんな私たちの思いが込められています。

「人」が主役となる社会

デジタルが当たり前の時代になり、ビジネス、教育、サービスなど、私たちを取り巻く環境は様変わりしました。
一方で私たち自身はどうでしょうか?
目覚ましい速度で様々なものが変わっていく中、こと「働いている人」自体はあまり変わっていないのではないでしょうか。

この社会において主役は「人」であると私は信じています。

スキルや志があっても理由があって長時間働くことができない人がいますが、集中して短期間で成果を出せれば、週5で勤務する必要はありません。勤務時間や働いた期間ではなく、成果に注目するべきです。

私たち「Job Gollege」は、ITスペシャリストにとって理想的な環境を提供していきたいと考えています。
理想とする社会を目指して、一歩一歩、着実に変えていきます。

Job Gollege 代表社員
中嶋 真一
導入の目的

企業としての魅力を向上させることで従業員や提携人材の定着率アップを図るため

導入の決め手

最大の決め手は、利用したいサービスが利用しやすい形で整っていて、導入後もスムーズに運用できることが想定できたこと

導入後の反応

インターネット上で利用申請等をできるサービスが多く、気軽に利用しやすいと上々の反響

皆様が働く環境、特長について教えてください―
当社は、ITスペシャリストが安心して働ける環境、さらには、各々が成長し活躍できるステージを提供しています。

保有案件の多くがクライアント企業からの直請のため、余計な手数料がかからず高単価の案件を紹介できる点が最大の特長です。クライアント企業や人材へ定期的にヒアリングを実施することで、きめ細やかなフォローができています。また、個人の自由を尊重すること、個人の考えを大切にすることを信念とし、従業員も自由な時間や場所で業務ができる制度を取り入れています。


なぜ、今回ソリューションの検討に至ったのですか―
従業員および提携人材の定着率向上を実現させる方法として、福利厚生制度導入の検討をはじめました。特に提携人材に関しては、他社がまだ取り入れていないメリットになるサービスを積極的に導入することで当社の独自性を魅力的にアピールできるのではないかと考え、導入を推し進めるきっかけとなりました。

JTBベネフィットに決めた理由はなんですか-

提携している人材はほとんどがフリーランスのため、フリーランスの方々にとって利用したいと思えるようなサービスが幅広く取り揃えられていること、また、アプリ等がありサービスを利用する人材が利用しやすい環境が整っていることが、導入の決め手となりました。


JTBベネフィットの印象はどうですか-
導入に際しては当社の細かな要望を取り入れてもらい、おかげで混乱もなく運用をスタートすることができました。行動に制約が多い情勢ですが、そのような環境の中でも利用できるサービスが多く、提携人材・従業員とも様々に活用しています。


これからのJTBベネフィットに期待することや今後の働く環境づくりにむけた想いを教えてくださいー

当社では初めての福利厚生制度導入となった今回は「えらべる倶楽部バリュープラン」を選びました。利用者からのフィードバックを適宜もらいながら今後のプラン変更も検討していきます。

従業員にとっても提携人材にとっても働きやすい環境を整えることがわれわれの任務でもあるので、活用例の紹介等をしながら、さらに福利厚生サービスを有効活用してもらえるよう努めていきます。

contact

Contact お問い合わせ

福利厚生・健康支援・EVPなどで
お悩みの方は、お気軽にご相談ください