日本設備工業株式会社


業界:建設業・設備工事業   従業員数:347名

総務本部 総務部 総務課長 S.M.様
総務本部 総務部 総務課 主任 M.K.様
※2021.9.インタビュー

日本設備工業様は、建築設備の総合エンジニアリング企業としてスタートし、リフォームとリニューアルを中心にした事業を全国展開しています。

2021年9月1日に創立55周年を迎えた同社は、周年記念に福利厚生サービスを導入しました。5年前、創立50周年記念に策定したブランドスローガンは「setsubism(セツビズム) ~いい環境がいい未来をつくります~」。100周年に向けてより社会から認められる企業ブランドを目指す同社が、JTBベネフィットの福利厚生パッケージサービス「えらべる倶楽部」を選択した理由と期待している効果を中心にお話を伺いました。


導入の目的

気軽に利用できる福利厚生サービスを導入することで福利厚生を身近に感じてもらうこと

導入の決め手

当社独自のプラン設計が可能だったため

導入後の期待

余暇を充実させてほしい、そう会社が願っていることを感じてほしい

皆様が働く環境、特長について教えてください―

当社の原点には社是があり、社員やその家族の幸せがあります。社長の髙山は何のための成長追及かを忘れてはならない、「社会に認められる会社」を目指そうとビジョンを掲げています。

日本設備工業株式会社 社是
我社は社員のものであり
その成長は社員の力により
その成果は社員と社会の幸せのためにある

「認められる」といっても様々な捉え方がありますが、自分たちの仕事が本当にお客様の期待に応えているのか、社会に役に立っているのか、あるいは関わりを持った人たちの幸せにつながっているのか、視野を広げて仕事に向き合いたいという思いをこのビジョンには込めています。

なぜ、今回ソリューションの検討に至ったのですか

私たち管理部門としては「社会に認められる会社」そのビジョンに近づけていくために社員の幸せを考え、社員が意識高く仕事に向き合う会社にしていくことを目指しています。創立55周年を契機に社員に還元できることは何か、何を会社からのメッセージとして伝えるかを話し合いました。

2020年度を初年度とする中期経営計画のテーマは「Challenge for the future」です。55周年のテーマは「CHAIN TO THE FUTURE」です。未来へ挑戦し、歴史をつないでいくためには何ができるか。当然会社が存続しないといけない、会社が存続していくためには、その社員の満足度を高めないと良い仕事もできないし売り上げも伸びない、そう考えました。

当社は技術系の社員が多く、現場対応などにより長時間労働の傾向にありました。働き方改革を推進するなか、勤務時間の削減がある程度図られました。余暇をどう過ごすか、その支援をできる環境が整ってきた背景があります。
創立55周年記念キャンペーンロゴ
(ひっくり返すとgogoになるロゴは社員発案)

今回の導入への想いを教えてください-

福利厚生をひとつのメッセージとして社員に届けたいと考えました。誰でも気軽に利用できるサービスを導入することで、会社の福利厚生をより身近に感じられるようにしました。会社は社員に幸せになってほしい、余暇を充実させてほしい、そう願っていることを感じてほしいと思います。

JTBベネフィットに決めた理由はなんですか-

パッケージプランでありながら、それぞれの企業に合った特徴を生かしたカスタマイズもできるという点と見直しが容易にできることから、当社のことをよく研究された当社に合うプランの提案でした。また、押しつけがましくない営業スタンスや担当者の人柄から良好な関係を維持できると期待できました。

どのように「えらべる倶楽部」を使ってほしいですか-

すぐ使えるサービスが多くあるので、まずはとにかく使ってほしい。社内報での告知や社内掲示板などを活用した口コミなど社員同士のコミュニケーションを活発にしていきたいです。また、前もって休みを計画しにくい現場対応の多い社員が気軽に旅行サービスを利用して休日を楽しんでくれたらと願っています。


今後どのようなことを期待しますかー

社員同士が一丸となって協力し合おうという雰囲気もありますし、社内の風通しは徐々に良くなってきていると感じています。休暇を積極的に取得して充実した生活を送り、仕事の活力につなげようという風潮が以前よりも強くなっています。この傾向を、最前線で働く技術社員にも本社一丸となってバックアップすることで、肌で感じてもらいたい。今回のサービス導入はゴールではなく、スタートに過ぎません。今後、アンケートをとるなどして社員の希望なども反映して改善していきたいと思っています。

お客様からは、他社にはない当社の強みや社員の粘り強い仕事ぶりを評価いただいています。今後も、将来の方向性をお客様とも社員とも共有し、未来につないでいけるよう、いい環境を整えていきます。



contact

Contact お問い合わせ

福利厚生・健康支援・EVPなどで
お悩みの方は、お気軽にご相談ください