社内における表彰制度とは?メリット・デメリットと導入の注意点を解説

	社内における表彰制度とは?メリット・デメリットと導入の注意点を解説

組織全体の業績や生産性は、社員のモチベーションに左右されるといっても過言ではありません。近年、働く社員のやる気を向上させられる手法として、新たな社内表彰制度が確立してきています。特定の条件に合致する社員だけでなく、すべての社員が平等に評価される表彰制度は、人材マネジメントの土台作りにも欠かせないポイントが満載です。
ここでは、表彰制度の概要やメリット・デメリット、導入する際の注意点について解説します。

目次[非表示]

  1. 1.表彰制度とは
  2. 2.表彰制度のメリット・デメリット
    1. 2.1.表彰制度のメリット
    2. 2.2.表彰制度のデメリット
  3. 3.表彰制度導入の際の留意点
    1. 3.1.表彰制度は、人事制度の概念よりも自由度を大切にする
    2. 3.2.受賞の公平性や透明性、納得感がとても大切
    3. 3.3.周囲への配慮
    4. 3.4.正社員だけでなく非正社員も対象とする
  4. 4.まとめ

表彰制度とは

表彰制度とは、優れた功績や組織・社会への貢献を機に、企業が主体となって社員を褒め称える制度をいいます。
社内で表彰制度を運用する場合は、関連する事項を就業規則に明記することが労働基準法第89条により定められています。ただし表彰に値する業務や活動に定義はなく、企業が自由に定めることが可能です。

国内企業の慣行では勤続年数や営業成績に関わる表彰制度が導入されやすく、昇給や昇格といった報酬による見返りが社員のモチベーション向上につながると考えられてきました。

以下では、代表的な表彰制度にどのようなものがあるのか見てきましょう。


近年は報奨金制度(インセンティブ)や福利厚生の充実、経済の発展により表彰制度のあり方にも変化がみられ、報酬や賞与よりも「認知(承認)」に重きが置かれてきています。

これは「成果や努力(プロセス)を認めてほしい」「人や組織から必要とされたい」という人間の欲求理論(「マズローの欲求階層説」)に基づき、過程を褒め認めることで向上心を育むという考え方から確立しました。

つまり上で挙げたような表彰制度を導入する際は、「結果主義」ではなく「プロセス主義」の視点で社員を表彰する姿勢が最重要といえます。

こうした近年の傾向から生まれた新しい表彰制度には、以下のようなものがあります。


表彰制度のメリット・デメリット

では、表彰制度を導入すると具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。


表彰制度のメリット

企業が理想とする社員像を嫌みなく伝えられる
努力している社員を表彰することは、模範となる社員を企業全体に示すこととなります。表彰制度を通じて企業が求める人物像を啓示できれば、社員が自ら努力の方向性を見出すことができるでしょう。「こうすれば評価される」という前向きな姿勢を持てるように、企業側は評価の基準を明確にすることも大切です。

社員のやる気アップが組織の生産性向上につながる
社員の頑張りや努力をきちんと認めることで、組織全体のモチベーションアップにつながります。勤務態度や職場環境の悪化に悩んでいる企業はとくに効果を感じやすいでしょう。具体的には、働く意欲の向上から個人の業績が伸びたり、円滑なコミュニケーションが生まれることでチームや部署の生産性が向上したりするメリットが考えられます。

公平な評価による離職率の低下
近年の表彰制度は業務成績だけでなく、日ごろの行いや社外活動にまで目を向け、通常目にすることのない努力も讃える工夫が大切です。これにより社員ひとりひとりを公平に評価でき、水面下で発生しやすい離職要因へ間接的なアプローチがかけられます。


表彰制度のデメリット

従業員同士の関係性が悪くなる可能性がある
表彰制度をめぐり個人主義の社員が増えると、職場内の連携や新人教育が手薄になってしまう可能性があります。
上下間や同僚間をライバル視することは営業職などでプラスの刺激になる場合もありますが、チームプレーが求められる企業では業務に支障が出やすいため注意しましょう。
企業や職種の特性を理解して、「個人を褒めるのか」「チームを褒めるのか」など、自社に適した表彰制度のあり方を考えることが大切です。


モチベーションが下がるリスクもある
表彰制度は社員を認めることに大きな意味があるため、社員全体を公平に評価できなければモチベーションダウンにつながることもあります。
どのような部署・職種においても公平に評価していることを明白にし、「自分の頑張りは見られていない」「努力しても無駄」と感じさせない表彰制度を導入しましょう。 


表彰制度導入の際の留意点

表彰制度の導入・運用にあたり、留意したいポイントを紹介します。

表彰制度は、人事制度の概念よりも自由度を大切にする

人事制度の一部となる表彰制度は、これまで人事制度との連動や整合性が重視されてきました。例えば、優れた業績を称える際は、昇格や上位ポストへの昇進を視野に入れた評価を行うケースが多いでしょう。

近年の傾向では、表彰による褒賞よりも企業や周囲からの「感謝」が重視されています。これは既述のとおり、特定の功績や行動、あるいは個人を「認知(承認)」することで表彰制度の効果を発揮できると考えられているためです。
現在、褒賞には感謝の気持ちを形にできるものが選ばれやすく、「社員がもらって嬉しいか」を基準に以下のようなものが贈呈されています。

<褒賞の例>
金一封
旅行券、商品券
カタログギフト
好きな賞品やサービスと交換できるポイント など


表彰制度の設計・運用は自由度が高く、ユニークな独自制度を導入している企業も少なくありません。表彰制度の効果を発揮させるためにも、人事制度にとらわれない表彰制度の導入・運用を心がけることが大切です。

受賞の公平性や透明性、納得感がとても大切

表彰制度を導入する際は、受賞の公平性や透明性を重視し、社員全員が納得できる制度を目指す必要があります。表彰制度の設計では、以下のようなポイントを網羅しましょう。

<表彰制度設計のポイント>
表彰対象に偏りが出ないようにする
選考プロセスはオープンかつ明白にする
誰もが納得できる選考基準を設ける
受賞者が社員の記憶に残りやすい演出を行う
受賞が輝かしい座であることが伝わる演出を行う
受賞者の功績だけでなく、思いやプロセスを共有する


周囲への配慮

受賞者を決定する際は、受賞に至るまでの周囲の支えやサポートについても配慮する必要があります。受賞者のサポートに携わった社員を表彰できるようにすると、職場の人間関係やチームワークを大事にできるでしょう。ポイントとしては、特定の受賞者が出ることに「不満」が生まれない表彰制度を設計することが重要です。

正社員だけでなく非正社員も対象とする

職種によっては多くの非正規社員により成り立つ企業もあるでしょう。こうした企業では正社員だけでなく非正規社員も含めた表彰制度を取り入れることで、現場のモチベーションアップや生産性向上につながります。


まとめ

表彰制度は本質を理解して運用することで従業員のモチベーションアップに繋がる制度です。今回ご紹介したメリット・デメリットをふまえ、従業員にとってどのような表彰制度が望ましいのか考えてみましょう。
感謝の気持ちが伝わりやすく、もらって嬉しい表彰制度を目指すなら、魅力が満載の 「サンクスコレクト」を検討してみてはいかがでしょうか。


JTBベネフィットのインセンティブポイントプログラム「サンクスコレクト」

人事評価制度はなぜ必要?どうやって作る?人事のキホンを簡単解説2


運営会社:JTBベネフィットについて

株式会社JTBベネフィットが提供するサービスサイトへの遷移ボタン

記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧