ダイバーシティ対応で押さえるべき5つの重要ポイントと2つの注意点

外国人材と談笑するダイバーシティな職場​​​​​​​

日本国内でも多くの企業が注目するダイバーシティ対応は、競合他社との競争を優位にする上でも、早めに実践したい取り組みです。また、様々な背景により、必要な人材が枯渇しがちな今の時代は、ダイバーシティのような取り組みによって企業内の意識を変える必要もあるでしょう。

今回は、ダイバーシティの定義やメリット、その対応で求められる重要ポイントなどを、わかりやすく解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.ダイバーシティとは
    1. 1.1.官民一体でダイバーシティ
  2. 2.ダイバーシティ対応で得られる企業のメリット
    1. 2.1.有能な人材の確保
    2. 2.2.企業評価の向上
    3. 2.3.開発力の向上
  3. 3.ダイバーシティへの対応に必要な4つのポイント
    1. 3.1.経営理念とビジョンの明確化
    2. 3.2.ダイバーシティを推進する体制整備とトップの行動
    3. 3.3.属性を理解し評価する
    4. 3.4.多様な働き方への理解と実践
  4. 4.ダイバーシティに対応するときの注意点
    1. 4.1.円滑なコミュニケーションを支援する
    2. 4.2.待遇や人事評価への不公平感は「相手の立場に立つこと」で解消
  5. 5.ダイバーシティ対応は注意点を押さえて進めましょう

ダイバーシティとは

ダイバーシティとは「多様性」を意味する言葉です。ここから転じて、異なる多様な人材を尊重し、それぞれの能力を包括することによって、個人と組織における持続的な成長と競争優位性を高める人材活用戦略のことを指すようになりました。

また、このダイバーシティを受容することで、組織の成長や課題解決を推進する取り組み全般を「ダイバーシティ&インクルージョン」、ダイバーシティを活かすことで組織変革を図るマネジメントアプローチを「ダイバーシティマネジメント」といいます。

こういった考え方は、仕事や採用活動、雇用などで女性や社会的少数派のマイノリティが差別を受けないことを求めるアメリカの運動からスタートしたといわれています。

そして、近年の日本国内で特に広がりを見せているのは、次の観点を中心としたダイバーシティです。

・人種
・宗教
・性別
・ライフスタイル
・国籍
・学歴
・職歴 など

官民一体でダイバーシティ

経済産業省では、企業経営とダイバーシティ推進を結びつけた先進的な取り組みを紹介しています。また、さらにすそ野を広げる目的で、「新・ダイバーシティ経営企業100選」や「なでしこ銘柄」の選定・表彰もおこなっています。

このように、行政機関から好事例が公開されるダイバーシティは、この考え方に着目したばかりの企業でも、比較的容易に自分の会社に合う取り組みを探しやすい人材活用戦略でしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  多様な人材を効果的に活用するための手法、インクルージョンとは? | 株式会社JTBベネフィット ダイバーシティに比べ認知度が低いインクルージョン。しかし本来、インクルージョンはダイバーシティとセットで考えるべきものです。そこで今回はインクルージョンの意味から、ダイバーシティとの違い、そしてインクルージョンを企業で始める際の注意点について考察していきます。 株式会社JTBベネフィット


ダイバーシティ対応で得られる企業のメリット

外国人材と打ち合わせをする従業員

企業がダイバーシティ対応をおこなうと、以下のようなメリットが得られます。

有能な人材の確保

高度情報化社会では、国の垣根を超えて有能な人材の争奪戦が起きています。
こうした環境下で高度な知識やスキルを持つ人材を採用するには、かつての採用活動で重視していた国籍や性別、宗教といった細かな属性にこだわらず、対象層を広げる取り組みが必要です。

また、自社の公式サイトやSNSなどでダイバーシティにおける真剣な取り組みを公開すると、社員の個性を大切にする、魅力的な企業であると評価されやすくなるでしょう。

企業評価の向上

ダイバーシティの推進に成功すると、多様な人材が働きやすい環境が生まれることにより、社内だけでなく社外からの評価も高まりやすくなります。これは、従業員の属性に偏りのある従来型の人材活用では、なかなか実現しにくいことです。

ですから、地域社会などで企業としての評価を上げたい場合には、人材の採用や活用における意識を変えた上で、すべての従業員が働きやすい環境をつくるのが理想です。

また、こうした取り組みによって離職率が下がり、優秀な人材が満足して働ける環境が整うと、企業の社会的責任であるCSRの分野などでも良案が浮かびやすくなるでしょう。

開発力の向上

企業の開発力を上げるためには、高い技術やスキル、経験のある人材を採用する必要があります。ですから、ダイバーシティをきっかけに人種や宗教、ライフスタイルといった属性へのこだわりを減らすことは、企業にとって採用時の選択肢を広げることにもなるのです。

そして、多様な人材による優秀な開発チームができると、今まで抱えていた業務問題も改善し、品質の高い製品やサービスの生産につながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業におけるダイバーシティ施策の推進のために重要となる意識改革 | 株式会社JTBベネフィット 近年、日本企業の成長戦略のひとつであるダイバーシティが注目を集めていますが、企業が推進しても従業員への周知が進んでいないのが現状です。ここではダイバーシティの本質を見極める3つの分類と活用例を紹介します。ダイバーシティ施策で成果をあげるためには自社に合った効果的な取り組みを推進し、社内の意識改革を行いましょう。 株式会社JTBベネフィット


ダイバーシティへの対応に必要な4つのポイント

指さしでワンポイントアドバイスをする女性従業員

ダイバーシティ対応を成功させるためには、企業は以下のポイントを重視した推進活動をおこなう必要があります。

経営理念とビジョンの明確化

企業に有能な人材が多く集まると、各自の強い個性によって軋轢が生まれる可能性も出てきます。そのため、ダイバーシティを推進する際には、企業としての理念やビジョンを明確化し、従業員同士が異なる意見で不和を起こすことなく同じ目標に向かって働ける組織づくりが必要です。

多様な人材の活用が推進されるダイバーシティにおいても、自社の理念に合う従業員を採用するという基本的な考え方は、従来の採用活動と同じように重視すべきポイントであると捉えて良いでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【事例あり】従業員エンゲージメントの向上が社員・会社の成長につながる理由 | 株式会社JTBベネフィット 昨今の深刻な人材不足の解消には、従業員の会社に対する信頼感を示す「従業員エンゲージメント」の向上が欠かせません。今回は、従業員エンゲージメントの概要やメリット、取り組み事例について紹介します。人材不足を解消したい、優秀な人材の流出を防ぎたい人事担当者の方は、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

ダイバーシティを推進する体制整備とトップの行動

採用された人材の活用は、経営陣や現場リーダーの腕の見せどころです。従業員に最大限の能力を発揮してもらうためには、円滑に業務運営ができる体制や、中期的な目標に向けてPDCAを回す取り組みが求められます。

ですから、ダイバーシティによる経営を成功させるには、優秀な人材にすべてを任せるのではなく、トップ自らが環境整備などをおこなう必要があるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  経営人材とは?育成のために企業がおこなうべきこと、成功のポイントなどを紹介 経営人材とは、「CEO・COO(社長)」または「副社長・専務・常務」と定義され、企業を発展・持続させるためにも、次世代の経営の担い手を育成する取り組みは必要です。本記事では、経営人材に求められる要素をはじめ企業側が行うべきこと、経営人材の育成を成功させるためのポイントやサービスついて解説していきます。 株式会社JTBベネフィット

属性を理解し評価する

ダイバーシティによって人材を活用するためには、女性や外国人といった多様な従業員の属性を理解し、成果や貢献度などを適正に評価しなければなりません。そのためには従業員からの情報収集も必要となりますが、不適切なヒアリングをおこなうと、人種差別や不信感につながることもありますので注意しましょう。

ダイバーシティの取り組みにおけるトラブルを防ぐために、採用時の履歴書やパーソナルシートに宗教や信仰などを記入してもらい、人事部内で共通認識を持っておくと安心です。
特に食生活は、社内行事などとも関係する重要項目となります。フードダイバーシティの観点から、宗教や信仰によって口にできない飲食物があることも理解した上で、従業員の多様性を尊重するようにしましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  外国人を雇用する際の留意点と流れとは?外国人材定着のためにできること | 株式会社JTBベネフィット 日本で働く外国人が増え、自社でも外国人を雇用しようか検討している企業も多いのではないでしょうか。今回は外国人を雇用するメリット・デメリットと雇用側が知っておきたい留意点や、雇用までの流れを紹介していきます。日本は今後も人材不足が深刻化していくことが予想されるので、今のうちに外国人材定着のためにできることを把握して行動へ進めておきましょう。 株式会社JTBベネフィット

多様な働き方への理解と実践

多様な属性の受容は、多様な働き方とセットで考えると推進しやすくなります。例えば、短時間勤務やテレワークなどを導入すると、女性という性別と、子育てや介護といったライフスタイルという2つ以上の属性への理解が進みます。

また、全従業員が働きやすい環境の整備は、結婚や妊娠、出産といったライフイベントを機に職場を離れてしまう従業員の問題も解消してくれることでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  女性活躍推進法の概要や対応事項の要点をチェック!条文改正後の内容も網羅! | はたらくサプリ | 株式会社JTBベネフィット 法改正でますます話題にあがるようになった女性活躍推進法ですが、どのような法律なのでしょうか。今回は、女性活躍が推進される背景や、分かりにくい条文の解釈、女性活躍推進の効果や問題点について詳しく紹介します。他にも、女性活躍を推進する際に直面する実務的な疑問について、丁寧に解説します。 株式会社JTBベネフィット


ダイバーシティに対応するときの注意点

ダイバーシティに対応した人材活用では、以下の点に注意を払う必要もあります。

円滑なコミュニケーションを支援する

多様な人材を採用する際には、組織の中に生じる多くの「違い」に対して、企業や従業員がどのように対応するかということに注意しなければなりません。例えば、外国籍のプログラマーを採用した場合は、言語コミュニケーションにおける摩擦を防ぐために、翻訳ツールの導入を考える必要があるでしょう。

また、価値観が異なる人材が集まると、ハラスメントによる離職やモラルの低下などが起こる可能性もあります。ですから、採用の幅を広げるだけでなく、実際にコミュニケーションをおこなう従業員の意識改革や円滑に交流できる仕組みづくりも、忘れずに進めることが大切です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  プロパー社員とは?雇用形態や立場を超えた、円滑な人間関係を育む方法を解説 | 株式会社JTBベネフィット プロパー社員は、新卒入社の生え抜きや正社員、自社社員などの意味で使われる言葉です。プロパー社員には、柔軟性が欠けていたり、他の属性の従業員とのコミュニケーション不足が起こりやすい傾向があります。今回は、プロパー社員とその他の社員が立場の違いを超えて結束を高める方法などを解説します。 株式会社JTBベネフィット

待遇や人事評価への不公平感は「相手の立場に立つこと」で解消

ダイバーシティ対応によって、多様な人材の採用や様々な働き方の推進をおこなうと、その対象に含まれない一部の従業員から「不公平だ」という声が出てくるかもしれません。このような場合には、まずは相手の立場に立って一人ひとりが置かれている環境を考えましょう。

常に相手の立場に立って考えることができれば、自社の抱える問題や潜在的な不満の解消につながる、ダイバーシティの良案が浮かびやすくなります。また、経営陣の対応によって「自分は理解されている」「認められている」と感じる従業員が増えれば、満足度の向上により離職率の増加といった問題も解消しやすくなるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  組織の活性化とは?その定義と方法、取り組み事例を紹介 | 株式会社JTBベネフィット 業務効率化やIT化が進む中、組織内のコミュニケーションを見直し、活性化させることは、組織全体の成長や拡大に欠かせない施策です。そこで今回は、組織活性化の定義や有効な手法、事例について紹介します。組織活性化の必要性を感じている企業は、記事を参考に自社にあった方法を検討してみてください。 株式会社JTBベネフィット


ダイバーシティ対応は注意点を押さえて進めましょう

顧客ニーズの多様化やグローバル化が進み、少子高齢化による人材不足が深刻化する今、日本企業でもダイバーシティの視点に基づく企業経営が不可欠になりつつあります。

ただし、ダイバーシティ対応を実践する際には、自社が進むべき方向性や将来的な目標をきちんと定め、自社に合った行動方針に基づいて社内協議や準備を進めていくことが必要です。

JTBグループでは、全社をあげてダイバーシティの推進に取り組んでいます。また、ダイバーシティ関連のイベントやセミナーも開催していますので、気になる方はぜひ以下のページをチェックしてみてください。


9/2(水)にダイバーシティ関連のウェビナーを開催します!

終了しました。多数の方にご参加いただき、誠にありがとうございました!

  【9/2(水)開催ウェビナー】   アンコンシャスバイアスから考えるダイバーシティの未来 グローバルでご活躍のパク・スックチャ氏に「多様性の未来」はどう変化していくのかお話しいただきます。 株式会社JTBベネフィット


  セミナー詳細 JTBベネフィットが提供するイベント・セミナーでは、貴社の個別ニーズや多様性に合わせ「ワークライフバランス」の実現を目指した価値あるイベント・セミナー企画をご提案いたします。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の採用力を強化する!できる採用担当者が実践している採用活動とは? 企業における採用力の強化は、少子高齢化による労働人口の不足などを解消する上でも、大切な取り組みです。採用力強化が求められる背景には、顧客ニーズのグローバル化や売り手市場、応募者の偏向傾向なども関係しています。本記事では、企業における採用力強化の効果が出やすい7つの活動を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  「4つの人材」とは?真に従業員の力を引出す考え方 | 株式会社JTBベネフィット 4つの人材とは「人材」「人財」「人在」「人罪」のことです。この4つのジンザイの意味や従業員の能力の引き出し方を解説します。理想的な「人財」を確保・育成するには何をすればいいのでしょうか。「人財」という表現を用いるメリット・デメリットにも触れていますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧