社内イベントを企画してエンゲージメント向上!コロナ禍でのイベントも紹介

​​​​​​​​​​​​​​「チームワーク」が企業にとって重要な理由と、向上させるポイント2

この記事のまとめ

・社内イベントの主な目的は従業員同士の親睦を深め、モチベーションの向上を図ること

・社内イベントはさまざまな種類があり、飲食を共にするものや旅行、さらには運動会などがある

・イベント実施の際は、アウトソーシングにより手間のかかる準備が不要で安価に実施可能

・コロナ禍の昨今において、3密を回避しながら対面で実施できる運動会が注目を浴びている

・社内イベントは目的達成の手段であり、評価や改善を継続することが重要

目次[非表示]

  1. 1.社内イベントとは
    1. 1.1.社内イベントの目的
    2. 1.2.社内イベントの効果例
  2. 2.社内イベントの具体例
    1. 2.1.総会系
    2. 2.2.旅行系
    3. 2.3.運動系
    4. 2.4.文化系
    5. 2.5.季節のイベント系
  3. 3.社内イベントの注意点
    1. 3.1.【注意点その1】効果的な告知や出欠管理
    2. 3.2.【注意点その2】天候等による中止や延期の想定
    3. 3.3.【注意点その3】著作権の確認
    4. 3.4.【注意点その4】課税・非課税の確認
  4. 4.社内イベント実施までのフロー
    1. 4.1.社内イベント実施のフロー例
  5. 5.コロナ禍でもできるリアル実施の社内イベント
    1. 5.1.オンラインによる非接触社内イベントの例
    2. 5.2.3密を回避して開催できるリアルイベント
  6. 6.まとめ

社内イベントとは

マインドフルネス瞑想を野外で実施するスーツ姿の従業員

社内イベントとは、従業員や役員、およびその家族など(以下、従業員等とします。)を対象に実施される催し物を指します。その目的や効果を確認しましょう。

社内イベントの目的

社内イベントの代表的な目的は以下の4つです。目的は、社内イベント実施の必要性や方向性に関わる点ですので、イベント実施前に明確にすることが重要です。


〈社内イベントの主な目的〉
1. 従業員等が交流を深める
2. 仕事に対するモチベーションアップ
3. 会社の理念や指針の浸透
4. 内定者のフォロー etc.

ただし、社内イベントの目的は上記4つに限りません。例えば、社員の英語力が課題である場合、英語力の向上を目的とした英語イベントを実施する企業もありますが、その場合はそのまま「社員の英語力の向上」が目的です。

「会社の理念や指針・ビジョンの浸透」や「内定者フォロー」は従来から社内イベントの目的となりますが、社内交流の活性化やモチベーション向上を目的とした場合と、イベント内容や開催頻度が異なることが多いため、今回は交流活性化やモチベーション向上を見据えたイベントを中心に紹介します。

社内イベントの効果例

社内イベントにより、前述の目的を達成することで得られる具体的な効果を紹介します。以下の効果を得られることで、中長期的な事業成長にも繋がります。


社内イベントの効果例

従業員満足度・帰属意識の向上
会社が主催したイベントでポジティブな体験をすることで、従業員満足度や帰属意識が向上するきっかけ作りが可能です。普段と異なり、業務外で会社の同僚と楽しい時間を共有することで一体感が得られ、その結果、会社から自分(従業員)への配慮や期待を実感し、組織に居心地の良さを感じることがその一因です。
モチベーション・生産性の向上

帰属意識の向上や、社内イベントで心身がリフレッシュしたことでモチベーションが向上し、生産性が上がることもあります。また、英語イベントのように、能力が向上することで生産性向上の効果を得ることもできます。

採用力の強化
社内イベントを含む企業ごとに差別化される諸制度は、新卒や転職希望者が企業選びの際に重視する項目であるため、採用における企業のブランド力強化に繋がります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  チームワークを高める!企業にとっての重要性と向上させるポイント ビジネスシーンにおいて大切な「チームワーク」の基本情報を紹介します。あわせてチームワークが企業にとって重要な理由、チームワークを向上するために必要なポイントと、チームワーク強化を実現するために人事部門ができる具体的な施策についても解説します。 株式会社JTBベネフィット


社内イベントの具体例

わが社の働き方改革奮闘記 ~年休、取ってますか?編~4

前項では、社内イベントの概要を紹介しましたが、より簡単にイメージできるように社内イベントの具体例を紹介します。

社内イベントにはさまざまなジャンルがありますが、運動系は天候や季節によって向き不向きがあるので注意が必要です。例えば、寒い冬に運動会やサバイバルゲームなどアクティビティ系のイベント企画は避けた方がよく、冬であれば室内で実施可能なボーリング大会などが無難といえます。また、参加者が等しく楽しめるように、野球などの経験者か否かで大きな差が出るスポーツも避ける工夫が、企画の段階から大切といえます。

総会系

・全社総会(社員総会)
・周年記念イベント
・表彰イベント
・新入社員(新卒者・転職者)の歓迎イベントや研修

こちらは主に、会社の理念等を浸透させることが目的となります。モチベーションの向上にも大きく寄与する表彰イベントの場合は、賞品を用意する企業も多くあります。

旅行系

・国内、海外旅行
・キャンプ、グランピング

運動系

・運動会
・サバイバルゲーム
・ボーリング大会
・ラジオ体操

文化系

・芸術鑑賞会
・カードゲーム

季節のイベント系

・忘年会、新年会
・バーベキュー
・屋形船
・お花見
・書き初め大会


あわせて読みたいおすすめの記事

  チームビルディングの目的や効果とは?おすすめのゲーム5選 従業員がイキイキと働き、企業全体の業績を向上させるためにはチームビルディングが必要です。そのためには従業員の意識変革が必要ですが、研修や講義による一方的なレクチャーだけでは意図の伝達が不十分だと感じていませんか。今回は、感情に働きかけ、行動に促すために効果的なゲームの一例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


社内イベントの注意点

出社して会議で議論している従業員

社内イベントを実施する際に共通する注意点は、以下の通りです。

【注意点その1】効果的な告知や出欠管理

コロナ禍で朝礼の実施が難しい場合は、社内ニュースや管理職メールなど、広く確実に従業員へ告知する方法の検討と実施が必要です。出欠については、クラウドやツールで管理することで工数をかけずに管理できます。

【注意点その2】天候等による中止や延期の想定

室内での実施はこの限りではありませんが、天気の影響を受けるイベントは、中止や延期の決定フロー、従業員への伝達手段やそのタイミング、中止や延期になった際のキャンセル費用などの情報は事前に確認しておくことが必要です。

【注意点その3】著作権の確認

イベント実施の際は、著作権侵害のないように注意を払いましょう。例えば、表彰イベントや運動会で使用する音楽(BGM)は、社内イベントであっても無料ではなく著作権使用料が発生しますので、例えば音楽の著作権管理はJASRACのように、しかるべき機関へ使用許可を取る必要があります。

【注意点その4】課税・非課税の確認

表彰式等で現金そのものや、換金性の高い賞品(景品)を授与した場合は、原則として課税対象となります。また、社員旅行の場合は非課税となる条件が詳細に規定されています。

注意点としては、社員旅行参加者と不参加者の平等性を担保する観点等から、社員旅行に欠席した従業員に旅行費用の代替となる金銭を支払う場合は課税対象となることです。その場合は、社員旅行に欠席した従業員から源泉徴収しなければなりません。企業の経理処理は、課税対象の場合は給与扱いとなり、非課税対象の場合は福利厚生費となります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  社員旅行は福利厚生費で処理できる?条件や注意点を紹介 社員旅行を福利厚生費として処理すると、法人税の節約が可能となります。ただし、福利厚生費として経費計上するには、多くの要件や条件を満たす旅行計画を立てる必要があります。今回は、社員旅行を福利厚生費にする上で知っておきたい注意点や、福利厚生費として認められないケースなどを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


社内イベント実施までのフロー

出社して会議をしている従業員

ここでは、実際に社内イベントを開催する際のフロー例を紹介します。

社内イベント実施のフロー例

(1)イベント開催の目的を確認(社内イベントの必要性確認)
(2)運営メンバー(幹事)の選出
(3)イベントの概要の決定(企画書のラフ案作成 ※開催時期、イベント内容候補等)
(4)イベントの詳細の決定(企画書作成 ※開催日時、イベント詳細)
(5)社内正式承認
(6)準備(社内ニュースやメール等で告知、参加者の管理、会場や備品の手配、プログラムの作成など)
(7)当日の進行・運営
(8)振り返り

※企画書テンプレートは、インターネット上に多数あります。


社内イベントの企画と運営方法のフローイメージ

企画段階においては企画書テンプレートがあるとはいえ、すべてのフローを自社で対応することはマンパワーが豊富な企業でない限り難しくなりますので、イベントの企画・準備や当日の運営は外部の専門企業へアウトソーシングすることが一般的です。

また、自社のみで運営すると従業員の一部が審判など運営側に回る必要があり、楽しく競技に参加できない可能性がありますので、全員がプレイヤーとして公平に参加できるようにファシリテーターが所属されるアウトソーシング先での提供サービスを導入されることをおすすめします。


あわせて読みたいおすすめの記事

  社員旅行の目的とは?効果やメリット、成功させるポイントも紹介 社員旅行の主な目的は、コミュニケーションやチームビルディングの向上です。また、従業員の知識や感性が深まる効果や、企業ブランディングによる採用活動の好循環などといったメリットもあります。今回は、社員旅行を成功させるためのポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


コロナ禍でもできるリアル実施の社内イベント

マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保ちながら会話をするスーツ姿の従業員

コロナ禍においては3密回避が原則です。近年では不要な接触を避けるため、オンラインを用いた社内イベントの開催が定番化しつつあります。

オンラインによる非接触社内イベントの例

・オンライン総会
・オンラインランチ会/オンライン飲み会
・オンラインゲーム大会

非接触を実現するオンラインイベントは、安価で比較的簡単に導入できるメリットがあります。また、自宅から移動する手間もなく、服装に気を使う必要がない点もメリットです。しかし、オンラインでは対面のような同時発言が難しく、例えば早押しのクイズ問題のような盛り上がるゲームには不向きな面もあります。

クイズ問題に限らず、オンラインではコミュニケーションの幅がどうしても制限されますので、従業員の交流や会社への帰属意識の向上といった目的の達成レベルが対面でのリアルイベントと比べて低い点がデメリットです。

3密を回避して開催できるリアルイベント

オンラインイベントのデメリットを克服し、コロナ禍でも安全で簡単に実施できるリアルイベントの例として、ユニークな「運動会」を紹介します。こちらは当日の運営に加え、イベントに必要な機材や音響設備、司会を含む運営スタッフもアウトソーシング先にお任せで、詳細な企画書などはもちろん、自社での対応が不要です。主な準備としては、開催場所の確保、従業員へのアナウンス、出欠対応のみとなります。

※室内でも充分な換気等の対策ができる場合は、実施可能です。


運動会の具体的な種目例

競技種目名
概要
ロングバトンリレー
約2mのバトンを使うリレー。敵は反対レーンからスタートで接触なし。バトンはスタッフが適宜消毒。
予防だいじだいじリレー
手洗いとうがいを規定の方法でおこないつつリレー。手洗い場等はスタッフが適宜消毒します。
一球入魂玉入れ
1人1球しか投げられない玉入れです。味方とは縦横2mの間隔を空けます。
むーかーでー競争
それぞれ1.5mの間隔が空いたむかで紐を足にくくり、チームで競争します。
モルック
モルックと呼ばれる棒を投げて、1~12までの数字が書かれた的(スキットル)を倒すゲームです。

上記のように、感染対策に配慮したユニークな競技種目に加え、参加者(従業員)や派遣されるスタッフはアルコール消毒や手洗いうがいの徹底が課され、また、マスクや手袋を着用するなどして感染対策に万全を期しています。

従業員は動きやすい服装で参加するだけの手軽さで、コロナ禍のリモートワークで希薄になった従業員同士の関係を深め、WEB会議やチャット、メールではなかなか実現できないコミュニケーションの活性化を図る手段となります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「社内コミュニケーション」の重要性と活性化のための施策・ポイント ビジネスで成果を挙げるには、従業員同士のコミュニケーションが重要な要素のひとつです。そこで今回は社内コミュニケーションが重要である理由から、コミュニケーション不足が生まれる理由やその弊害、そしてコミュニケーションを活性化させるための取り組み方法について考察します。 株式会社JTBベネフィット


まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、社内イベントの概要やコロナ禍でも可能な対面イベントを紹介しました。社内イベントの成功は、その実施目的の達成度合いによって計られます。よって、目的達成度合の調査や分析に基づく評価や、成功に向けた改善策の立案が重要です。
例えば、仕事へのモチベーションや従業員同士の交流に関する変化をイベントの前後でアンケート調査したり、イベントの参加人数を増やす方法やイベントのコンテンツや開催頻度の検討などが挙げられます。
このように、イベントを実施した後にも、アンケートなどの事実調査、分析、改善を重ねることで、次回以降、より効果的な社内イベントを実施することに繋がります。


この記事のまとめ

・社内イベントの主な目的は従業員同士の親睦を深め、モチベーションの向上を図ること

・社内イベントはさまざまな種類があり、飲食を共にするものや旅行、さらには運動会などがある

・イベント実施の際は、アウトソーシングにより手間のかかる準備が不要で安価に実施可能

・コロナ禍の昨今において、3密を回避しながら対面で実施できる運動会が注目を浴びている

・社内イベントは目的達成の手段であり、評価や改善を継続することが重要


あわせて読みたいおすすめの記事

  コミュニケーション制度の成功例 松重豊さんが「それさぁ、早く言ってよ」とつぶやくテレビCMでもおなじみ、クラウド名刺管理サービスで急成長を続ける「Sansan株式会社」では、社内のコミュニケーションを活性化する数々のユニークな社内制度が行なわれています。 今回は、社員の生産性も向上させるその取り組みについてお話を伺いました。 株式会社JTBベネフィット


  食の大切さ、旬の味わい、見直してみませんか? 健康経営は毎日の食事から。健康に働くために必要な、バランスの良い食事をとることはもちろん、食の大切さや旬を知る機会を、体験型の食育イベントや職場での食育セミナーで積極的に作ってみてはいかがでしょうか。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧