従業員の仕事に対するモチベーションを維持・向上させるために企業ができることとは?

	従業員の仕事に対するモチベーションを維持・向上させるために企業ができることとは?

常に高いモチベーションを保ち仕事に臨むことができれば、労働生産性が上がる可能性も高まります。しかし人間である以上、その日の体調や心理状態、労働環境などさまざまな要因により、モチベーションが下がってしまうことはあるのではないでしょうか。そうした際に最も重要なことは、できるだけ早い段階で対策を講じ、モチベーションがこれ以上下がらないようにすることです。そこで今回は、仕事に対するモチベーションが下がってしまう理由やデメリット、また企業や人事部がおこなえる、従業員のモチベーションマネジメントについて考察していきます。

目次[非表示]

  1. 1.仕事へのモチベーションが下がってしまう理由とは?
    1. 1.1.寝不足や疲れなど、自分自身の体調の変化
    2. 1.2.職場内人間関係の悪化
    3. 1.3.職場の労働環境の悪化
  2. 2.モチベーションにはどのような種類があるのか?
  3. 3.仕事のモチベーションが下がってしまうことのデメリット
    1. 3.1.労働生産性や業務効率が下がる
    2. 3.2.職場の人間関係が悪くなる
    3. 3.3.ストレスが発生し、体調や心理面に影響が出る
  4. 4.モチベーションを上げ、維持させる対処法とは?
    1. 4.1.公正な人事評価制度の構築で貢献度を見える化
    2. 4.2.福利厚生制度の充実
    3. 4.3.チャレンジしやすい社内環境の整備
    4. 4.4.従業員間のコミュニケーション促進
  5. 5.従業員のモチベーション向上に社内制度の充実は効果あり

仕事へのモチベーションが下がってしまう理由とは?

仕事へのモチベーションが下がってしまう理由は、自分自身、人間関係、職場環境の3つに大別できます。具体的には次のとおりです。

寝不足や疲れなど、自分自身の体調の変化

自分自身の体調の変化とは、寝不足や疲れなどによって体調が悪くなることです。体調が悪化すると集中力が続かなくなったり、ストレスがたまりやすくなったりするため、仕事に対するモチベーションも低下してしまいます。

職場内人間関係の悪化

部署内やチーム内での意見対立や、嫉妬などによって起こる人間関係の悪化も、モチベーション低下の要因となります。

職場の労働環境の悪化

仕事内容に魅力を感じない、仕事量に対し給与が見合っていない、上司からのパワハラ・セクハラがある、残業が多い、福利厚生が充実していないなど、労働環境が良くないこともモチベーション低下につながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  やる気をフルに発揮させるモチベーションマネジメントの理論と実践 モチベーションマネジメントとは、従業員がモチベーションを高く仕事に取り組む環境をつくりだす施策です。今回は、モチベーションマネジメントの概念や理論、企業の成功事例について紹介していきます。人材管理のひとつの手法として知識を得たい人事担当の方は、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


モチベーションにはどのような種類があるのか?

モチベーションには、「動機づけ」「刺激」「やる気」といった意味があります。ビジネスでは主に目標や目的に向かい、行動を起こすために身体の内部から湧き上がるエネルギー、つまり「意欲」や「やる気」、もしくはそのための「動機づけ」といった意味で使われています。ここで言う動機づけとは、目標や目的に向かって行動を起こしたエネルギーを持続させるものであり、行動を起こすきっかけとなる「動機」とは異なります。

ビジネスにおけるモチベーション(動機づけ)には内発的動機づけと外発的動機づけの2種類があります。内発的動機づけとは、仕事に対して興味、関心を持つことでやる気が起こり、それを実現させることで達成感や満足感を得たいという内面的要因によって起こります。これに対して外発的動機づけとは、上司からの命令や企業の規則・懲罰や、目的を達成することで得られる評価や報酬など、外部要因によって起こります。

内発的動機づけは自発的な動機づけのため、行動に持続力があります。また、自ら率先してスキルを身につける、経験を得るといった行動を起こしやすく、自己の成長につながるといったメリットもあります。一方、外発的動機づけでは、評価や報酬などによって、実践したことに対する効果が目に見えてわかりやすく、短期間で効果が現れるといったメリットがあります。

また、内発的動機づけに外発的動機づけを組合わせると相乗効果により、さらに大きな目標や目的を達成しやすくなります。企業側が両方の動機づけをバランスよく発揮できるよう管理することが重要なのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  内発的動機づけとは?企業ができるモチベーションアップ対策を解説 人手不足が慢性化する日本では、内発的動機づけによって従業員のモチベーションを高いレベルで向上させる方法が注目されています。従業員の内発的動機づけが可能となると、質の高い行動が続けられるなどの利点が生まれます。本記事では、内発的動機づけの意味や従業員に促すための対応策などを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


仕事のモチベーションが下がってしまうことのデメリット

モチベーションを持続させることで、大きな成果が期待できることが理解できたでしょうか。逆にモチベーションが下がってしまうと、次のようなデメリットが考えられます。

労働生産性や業務効率が下がる

モチベーションが下がってしまえば、当然、業務にかかるスピードが落ちてしまいます。その結果、労働生産性や業務効率が下がることになります。

職場の人間関係が悪くなる

モチベーションが下がってしまうと、周囲の目にはやる気がなさそうに映ったり、仕事を緩慢におこなっているように見えたりします。そうなれば、やる気がある従業員との温度差が生まれ、衝突やいざこざなども発生しやすくなり、結果として人間関係が悪化します。人間関係が崩れると、場合によってはやる気のある従業員のモチベーションも下がってしまい、連鎖的にその部署やチーム全体のモチベーション低下につながることもあるでしょう。

ストレスが発生し、体調や心理面に影響が出る

モチベーションが下がることで、これまで普通にできていた仕事もうまく進まなくなり、それがストレスにつながってしまうことがあります。ストレスが発生すると、体調や心理面にも影響が及び、最悪の場合は休職や離職へつながってしまうこともあり得ます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  休職とは?取得理由から期間・連絡方法まで押さえておきたい基本を解説 休職とは、労働契約は継続されているが業務に就くことを免除されている状態を指し、企業独自の取り決めによる制度として、一般的には就業規則に内容が定められています。本記事では、休職制度をきちんと理解するために必要な基本事項をはじめ、注意点や休職を予防する方法について解説していきます。 株式会社JTBベネフィット


モチベーションを上げ、維持させる対処法とは?

人間である以上、さまざまな要因によってモチベーションが上がったり、下がったりすることはやむを得ません。しかし企業として、従業員のモチベーションを維持させるための対処法はあります。具体的には次のような対策が考えられます。

公正な人事評価制度の構築で貢献度を見える化

企業の評価は従業員のモチベーションに大きく影響を及ぼします。そこで企業がやるべきことは、公正な人事評価制度の構築です。従業員が人事評価に対して持つ大きな不満は、評価基準が曖昧であったり、評価に公平性を感じられなかったりすることです。そうした不満を解消するには、評価制度について具体的な基準を設けてそれを開示することが重要です。また企業に対する貢献度を「見える化」することも、モチベーション向上に効果的です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  人事評価制度はなぜ必要?どうやって作る?人事のキホンを簡単解説 人事評価はなぜ必要で、企業にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。働き方が多様化する現代は、改めて人事評価制度を策定する必要があるのかもしれません。人事評価の目的をはじめ、評価対象や評価方法など、現代にマッチした人事評価の基本を解説します。 株式会社JTBベネフィット

福利厚生制度の充実

従業員のニーズに合わせた福利厚生を提供することで、従業員満足度が上がり、結果として仕事に対するモチベーション向上にもつながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  福利厚生のメリットとは?企業が力を入れるべき理由と、従業員に人気の福利厚生TOP3 今では様々な企業で導入されている福利厚生ですが、まだ導入していない企業にとってはどのようなメリットがあるのか、どのような効果を持つのかが不明な部分も多いと思います。福利厚生は今現在の企業においては導入することを避けては通れない道です。この記事では、企業が独自の福利厚生を導入する際のメリットについて解説します。 株式会社JTBベネフィット

チャレンジしやすい社内環境の整備

従業員のアイデアを積極的に採用する社内コンテストや、社内ベンチャー制度など、従業員が新しいことにチャレンジすることを推奨する環境を整備することで、仕事に対する意欲は大きく変わります。自分発信のアイデアが形になるチャンスが広がると思えば、おのずとモチベーションも上がっていきます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員のモチベーションをアップさせる「エンパワーメント」とは? 元々、ビジネスで使われる言葉ではなかったエンパワーメントですが、現在では人材教育としても効果を持つとして多くの企業で取り入れられています。今回はエンパワーメントについて、企業で導入することのメリット、デメリット、そして成果を挙げるポイントについて考察していきます。 株式会社JTBベネフィット

従業員間のコミュニケーション促進

従業員間のコミュニケーションを促進することで、社内の人間関係を良好にすることもモチベーション向上に効果的です。具体的にはマグネットスペースをつくる、フリーアドレス制を採用するといったオフィス設計の変更をおこない、さまざまな部署の従業員と気軽にコミュニケーションを取れる環境にする方法があります。

しかし、オフィス設計を変えるためには相応のコストもかかります。そこで報奨制度のひとつとして、仕事を助けてもらった、ノウハウを教えてもらったなどに対する感謝の気持ちをポイントに変え、従業員同士でやりとりをする方法もあります。たまったポイントを福利厚生に活用することで、従業員同士のコミュニケーションを活性化させ、感謝されることでモチベーション向上にもつながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  インセンティブ制度とは?メリット・デメリット、事例を紹介 いかに社員に仕事へのモチベーションを高めてもらうかにおいて、インセンティブ制度は重要になります。インセンティブ制度と一言で言っても金銭授与に限らず、社員のやりがい向上につなげるものも存在します。ここでは、事例をもとにどのようなインセンティブ制度が存在し、どのようなメリットが存在するのかを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


従業員のモチベーション向上に社内制度の充実は効果あり

従業員のモチベーションを上げ、維持していくことは、企業にとって大きなメリットがあります。しかし物理的に拠点が離れているため、部下の様子を直接把握することができない、自身も多忙で管理する部下が多く細かいフォローができないなど、従業員一人ひとりのモチベーションの上がり・下がりに企業(上司)が気づくのは至難の業です。現在はITテクノロジーの発達によって、モチベーションの可視化が可能になっており、そうしたツールの活用も、モチベーションの維持管理に効果的です。

また、人事評価制度や福利厚生制度を充実させることは、従業員のモチベーション向上に非常に効果的です。公正な評価は従業員のモチベーションを上げ、従業員エンゲージメントの向上も期待できます。旅行やレクリエーション、スポーツなどをおこなうことで身体的、心理的にリフレッシュでき、結果として仕事のモチベーション向上にもつながります。企業として従業員のモチベーション対策に取り組んでいるのであれば、ぜひ社内制度の充実も検討してみてはいかがでしょう。


モチベーション向上におすすめのサービス

  えらべる倶楽部 | JTBベネフィット えらべる倶楽部は、旅、エンターテイメント、自己啓発、育児、介護、健康などの多彩なジャンルの福利厚生サービスで、従業員様とそのご家族の人生をサポートし、組織を活性化させます。 株式会社JTBベネフィット


  サンクスコレクト | JTBベネフィット "サンクスコレクトは目標達成に合わせ従業員にポイントを付与する新たな法人向け報奨(インセンティブ)サービスです。売上貢献にとどまらず、バックヤード社員含むプロセス評価の実現、採用強化、離職率抑制、 健康増進等といった企業課題を改善し全体のボトムアップ(生産性向上)を実現します。" 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  【事例あり】従業員エンゲージメントの向上が社員・会社の成長につながる理由 昨今の深刻な人材不足の解消には、従業員の会社に対する信頼感を示す「従業員エンゲージメント」の向上が欠かせません。今回は、従業員エンゲージメントの概要やメリット、取り組み事例について紹介します。人材不足を解消したい、優秀な人材の流出を防ぎたい人事担当者の方は、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


  プロパー社員とは?雇用形態や立場を超えた、円滑な人間関係を育む方法を解説 プロパー社員は、新卒入社の生え抜きや正社員、自社社員などの意味で使われる言葉です。プロパー社員には、柔軟性が欠けていたり、他の属性の従業員とのコミュニケーション不足が起こりやすい傾向があります。今回は、プロパー社員とその他の社員が立場の違いを超えて結束を高める方法などを解説します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧