はたらくサプリ
福利厚生やワークライフバランスなど、組織の運営などに役立つお役立ち情報をご紹介します。
JTBベネフィットは、社員の自発的行動を促す様々な施策を提供し、組織活性化をサポートします。

はたらくサプリ

2019/3の記事まとめ



catch-img

従業員のストレス軽減に役立つ「ストレスコーピング」とは?具体例も解説

ストレスとの向き合い方を知り、ストレスと上手に付き合っていく手法「ストレスコーピング」をご存じでしょうか? 従業員のストレスマネジメントの一環として活用する企業が増えている注目のストレス対処法を、具体例を交えて分かりやすく解説します。

記事を見る

catch-img

人事評価制度はなぜ必要?どうやって作る?人事のキホンを簡単解説

人事評価はなぜ必要で、企業にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。働き方が多様化する現代は、改めて人事評価制度を策定する必要があるのかもしれません。人事評価の目的をはじめ、評価対象や評価方法など、現代にマッチした人事評価の基本を解説します。

記事を見る


catch-img

適切な対処が欠かせない、「感情労働」の意味と企業が行うべきこと

自分の感情をコントロールしてサービスを提供するような仕事を感情労働と言います。従来は客室乗務員や医療・介護関係者がその代表とされてきましたが、最近ではさらに多くの職種に広がっているといわれています。感情労働の意味や近年注目される背景、そして企業が行う取り組みについて紹介します。

記事を見る

catch-img

「サバティカル」を知っていますか?注目を集める長期休暇制度の中身

一定以上の勤続年数がある従業員が1ヶ月以上の長期休暇を取れる制度をサバティカルといいます。日本ではまだそれほど普及していない制度ですが、欧米ではこの制度は新しい分野の勉強やスキルを身に付けるために活用されています。概要や導入への課題について見てみましょう。

記事を見る

catch-img

「働き方改革」のキーワード、ワーク・ライフ・バランスについて確認しよう

働き方改革に注目が集まる昨今、ワーク・ライフ・バランスは多くの関係者が注目するキーワードとなっています。しかし、その正しい意味を本当に理解しているでしょうか? 今回は言葉の正しい意味と目指すものやメリット、さらに企業における具体的な取り組みについても紹介します。

記事を見る

catch-img

派遣法改正が企業に与える影響と対応策

2015年に改正された労働者派遣法によって定められた有期雇用の派遣社員の受け入れ期間上限である3年が、2018年9月末であることから、「2018年問題」に注目が集まっています。そこで今回はこの法改正や「2018年問題」に対する企業側での対策について考察していきます。

記事を見る

話題記事

男性の育休制度とは?企業担当者が押さえておきたいポイントを解説!

話題

2020-10-05

政府は男性の育児休業取得率を高めるにあたり、取得推進の義務化へ向けた本格的な議論を開始しました。男性が使える育休には、「パパ休暇」や「パパ・ママ育休プラス」といった女性のみで利用する制度とは少し異なる特徴があります。今回は、男性の育休制度を推進する上で、企業が押さえておきたいポイントなどを解説します。

ワーケーションという新しい働き方!仕事と休暇の区別はもう古い?

話題

2020-08-17

最近になって「ワーケーション」という言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。ワーケーションは新しい働き方で、「休暇を楽しみつつ仕事をする」ことを意味しますが、裏を返せば「せっかくの休暇に働く」のでしょうか。このように、少しわかりにくい「ワーケーション」について、丁寧にご紹介します。

VUCAの時代とは?現代に求められていることについて

話題

2020-08-12

VUCA(ブカ、ブーカ)とは、変動性、不確実性、複雑性、曖昧性の英単語の頭文字をとった略語です。元々は軍事用語ですが、現代ではビジネスシーンでもよく使われます。今回は、ビジネス環境で言われるVUCAの捉え方を見ていきます。また、VUCA時代の企業や個人が生き残るために求められることについて解説します。

法律記事

ハラスメント防止の法律「パワハラ防止法」の施行で企業に求められる施策と措置

法律

2020-10-14

2020年6月から日本の法律で初めてパワハラ防止を定めた「改正労働施策総合推進法」(通称:パワハラ防止法)が施行されました。これまで以上に企業にはパワハラを含めた職場のハラスメント防止のための施策と措置が求められます。今回は、関連する法律とともにどのような対策を講じるべきか確認してみましょう。

時短勤務の人を残業させてもいい?企業の対応から残業代の計算まで紹介

法律

2020-09-16

時短勤務の残業自体を禁止する法律はありません。ですが、育児・介護休業法では、条件に該当する従業員が請求をした場合に、残業免除することを企業側に義務付けています。本記事では、時短勤務中の従業員における残業の考え方と、残業代の計算に関わる法定内残業や法定時間外労働などを解説します。

メンタルヘルスとは?従業員のメンタルヘルス管理が重要なワケ

法律

2020-09-04

メンタルヘルスとは、心の健康や回復、増進などの意味で使われる言葉です。従業員のメンタルヘルスに不調が生じると、業務のミスなどによるお客様への迷惑や生産性の低下などが起こる可能性もあります。本記事では、メンタルヘルス悪化による影響や原因、企業ができる従業員の不調を防ぐ対策を解説します。

会社記事

テレワーク中でも従業員に健康意識を持ってもらう方法とは?

会社

2020-10-28

デジタル化が進む中で、テレワークをメインの働き方として人材を採用する企業が増えています。テレワークは生産性が向上したという声がある一方で、いわゆる「コロナ太り」や「コロナ鬱」といった健康リスクをはらんでいます。今回は、テレワーク中の健康管理のカギとなる健康意識を従業員に持ってもらう方法を紹介します。

現代に求められる企業変革・人材育成とは?成功事例とともに解説

会社

2020-10-26

「チェンジマネジメント」とは、多くの会社で重要性が認知されている企業変革に取り組むマネジメント手法であり、「BPR」とは抜本的な業務改革の手法である、ビジネスプロセス・リエンジニアリング(Business Process Reengineering)のことです。本記事では、企業変革と人材育成に必要なチェンジマネジメントとBPRについて解説します。

リモートワークで薄れる社員のエンゲージメント(帰属意識)への対策!

会社

2020-10-22

新型コロナウイルスの影響でリモートワークを導入したものの、会社への帰属意識が薄れる社員に頭を抱える担当者も多いのではないのでしょうか。半強制的な導入となったリモートワークも、慣れてくるとデメリットが見えてきますよね。今回は、リモートワークによるエンゲージメントの低下が及ぼす影響と対策を紹介します!

人材記事

働く人と会社が成長する社会人インターンとは?メリットと具体例をご紹介

人材

2020-10-30

「インターン」と聞くと対象は学生と考える方が多いと思います。しかし、社会人がインターンを活用することにより、自分が成長できるだけでなく、社内にもナレッジの増加や風土改革などをもたらしてくれます。今回は、今、社会人インターンが注目されている背景と、導入メリットや具体的について紹介します。

デジタル人材争奪戦を勝ち抜くためには?人材獲得の方法や育成術を解説

人材

2020-10-19

デジタル人材とは、最先端のIT知識を使って新たな事業や価値を生み出す人材です。日進月歩のテクノロジーに対応するこの人材は、転職を通したスキルアップへの意識が非常に高く、会社への帰属意識が低い特徴があります。本記事では、そんなデジタル人材の採用や確保、育成をする際のポイントを解説します。

内発的動機づけとは?企業ができるモチベーションアップ対策を解説

人材

2020-10-12

人手不足が慢性化する日本では、内発的動機づけによって従業員のモチベーションを高いレベルで向上させる方法が注目されています。従業員の内発的動機づけが可能となると、質の高い行動が続けられるなどの利点が生まれます。本記事では、内発的動機づけの意味や従業員に促すための対応策などを紹介します。

事例記事

その働き方はコロナ対策に有効なの?通勤から帰宅まで判定します!

事例

2020-08-21

ウィズ・コロナの時代に入り、リモートワークが増えているものの、出社しなければできない仕事があると感じているビジネスパーソンもいると思います。今回は、コロナ感染対策の観点での通勤・出社から退社・帰宅まで、いままで当たり前のようにおこなってきたビジネスルーティンのどこが問題なのか検証してみましょう。

「朝活」と言っても実は「夜活」!?朝がいつもバタバタの方にこそ見て欲しい、朝活のすすめ!

事例

2020-07-01

「朝活」と聞くとまず「早起き」をイメージされると思います。確かに朝活は朝に活動することを指しますが、それと同程度に夜の過ごし方を変える活動でもあります。今回は、朝活の概要やメリット、継続するためのポイントなどを詳しくご紹介します。テレワークで乱れた生活リズムを、朝活で整えてはいかがでしょうか。

わが社の働き方改革奮闘記 ~総務部目線の服装ガイドライン撤廃編~

事例

2020-03-27

2007年に改正男女雇用機会均等法が施行された際、女性のみ支給されている制服は違法という理由から廃止されましたが、その後2018年から働き方改革が推進される中で職場での服装の見直しが再び加速しています。今回はわが社の服装ガイドライン撤廃が実現するまでの約4年間分の取り組みについて、起案した総務部の視点で紹介します。

Contact お問い合わせ

福利厚生・健康支援・EVPなどで
お悩みの方は、お気軽にご相談ください

記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧