社員研修の内容は?目的や計画の立て方、注意点を紹介

​​​​​​​新入社員や従業員の研修をおこなう講師もしくは人事担当者

会社の発展や生産性向上に欠かせない社員研修には、新入社員に向けた基礎的なものから、中堅・管理職に向けた内容まで幅広い種類があります。こうした種類や選択肢の豊富さは、実際に計画を立てる担当者にとっては、かえって悩みの種になりやすいものです。

そこで今回は、社員研修の内容をどのように決めれば良いか検討中の方に、社員研修の目的や計画の立て方、注意点などを詳しく紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.社員研修をおこなう目的とは?
    1. 1.1.次世代に向けた人材育成
    2. 1.2.社会人としての基礎力低下への対策
    3. 1.3.会社の魅力を高めて社員の離職率を下げる
  2. 2.社員研修の計画の立て方
    1. 2.1.目的とゴールを明確にする
    2. 2.2.現場担当者からヒアリングする
    3. 2.3.具体的なプログラムを考える
  3. 3.社員研修の注意点とは?
    1. 3.1.疑問には素早くアプローチする
    2. 3.2.座学だけで終わらないようにする
    3. 3.3.定期的に計画の見直しをおこなう
  4. 4.社員研修で習得させるべき内容は?
    1. 4.1.ビジネスマナー、ビジネススキル
    2. 4.2.タイムマネジメント力
    3. 4.3.リーダーシップ研修
  5. 5.flappi(フラッピ)なら従業員一人ひとりに合った研修を実現!

社員研修をおこなう目的とは?

社員研修には、一般的に以下のような目的があります。

次世代に向けた人材育成

今現在、カリスマ的なリーダーによって事業運営がおこなわれている会社においても、将来的に世代交代を考えると、早めに経営幹部の後継者となる人材を育てておく必要があります。そこで重要となるのが、これまで代々受け継がれてきた会社の理念や考え方をどのように伝えていくかということです。

一般的なマネジメント力や技術力の高い人材は、条件の良い求人を出すことで採用可能です。しかし、その人材に次世代のリーダーになることを期待する場合は、採用後の社員研修を通して、企業理念やその会社の中核を目指す目標意識などを教える必要があります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  経営人材とは?育成のために企業がおこなうべきこと、成功のポイントなどを紹介 経営人材とは、「CEO・COO(社長)」または「副社長・専務・常務」と定義され、企業を発展・持続させるためにも、次世代の経営の担い手を育成する取り組みは必要です。本記事では、経営人材に求められる要素をはじめ企業側が行うべきこと、経営人材の育成を成功させるためのポイントやサービスついて解説していきます。 株式会社JTBベネフィット

社会人としての基礎力低下への対策

近年の日本では、学生の課題解決力やコミュニケーション力といった社会人基礎力の低下が問題視されるようになりました。これは、地域コミュニティの崩壊や少子化、核家族化などによって、社会環境の中に習得の場がなくなったことで起きた問題であると考えられています。

企業全体の生産性を上げるためには、やはり一人ひとりの社会人基礎力を高めなければなりません。そして、従来と比べて学生の能力に低下の兆しが見られる今の時代は、採用後の社員研修によって、企業側が社会人基礎力を補う必要性が生まれているのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「OFF-JT」は人材育成の鍵 OJTとの相乗効果でステップアップ 外に研修の場をつくるOFF-JT。今回はOJTとの違いや、行われる研修の種類などの基本的な情報を伝えます。あわせてOFF-JTとOJTのメリット・デメリットと、企業がOFF-JTとOJTを効果的に活用していくポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット

会社の魅力を高めて社員の離職率を下げる

社員が感じる会社の魅力や満足度は、賃金や労働環境だけでなく、仕事における達成感や自分が成長している実感などの影響を受けやすい傾向があります。

ですから、優秀な人材の定着率を高めるためにも、仕事へのモチベーションを保てるような教育体系の整備は非常に大事なポイントとなってくるのです。また、自分の市場価値を高められる研修や教育プログラムの豊富な会社は、優秀な応募者の目に留まりやすい傾向もあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の採用力を強化する!できる採用担当者が実践している採用活動とは? 企業における採用力の強化は、少子高齢化による労働人口の不足などを解消する上でも、大切な取り組みです。採用力強化が求められる背景には、顧客ニーズのグローバル化や売り手市場、応募者の偏向傾向なども関係しています。本記事では、企業における採用力強化の効果が出やすい7つの活動を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


社員研修の計画の立て方

研修や説明会をおこなうための打ち合わせをする従業員

社員研修における計画の立て方は、教育の対象者によっても変わってきます。
ここでは、数日かけて多くのことを学ぶ新人研修を中心に、基本的な計画の立て方を紹介します。

目的とゴールを明確にする

社員研修の計画立案で最も大切なのは、まず「誰にどうなってほしいか」を明確にすることです。社員研修の目的とゴールは、企業が求める理想の人材像とも関係します。そのため、会社として「当該社員をどのように教育してきたいか」という認識について、経営陣とも意識合わせをしておく必要があるのです。

また、新入社員の場合は、定期的な教育を経てステップアップさせなければなりません。ですから、初回の研修だけでなく長期的なプランを立てたほうが、企業としての人材育成を効率よく進めやすいだけでなく、社員本人の会社や仕事に対する理解がスムーズとなり、お互いにプラスとなります。

現場担当者からヒアリングする

社員研修には、新人であれば基本的なビジネスマナー、管理職であればマネジメントスキル、というように現場で使う知識やスキルを習得する目的もあります。そのため、研修の計画を立てる場合には、各事業部の管理職や教育担当の意見に耳を傾けましょう。

例えば、ソフトウェア会社の新人研修で基本的なIT知識などを教えておくと、新入社員を受け入れた現場では、配属後すぐにOJT(実務を通して業務を教える訓練方法)に入ることができます。また、新入社員研修の内容と現場のニーズに多くのつながりがあったほうが、先輩社員に講師の依頼もしやすくなるでしょう。

具体的なプログラムを考える

経営者や現場担当者との調整を経て具体的な目的とゴールが決まったら、研修プログラムにおける以下の項目について、具体的に考えていきましょう。

・研修内容(例:ビジネスマナー)
・研修のゴール(例:基本的な電話対応、名刺交換などのスキル習得)
・研修時間(例:1時間)
・研修の実施時期(例:1日目)
・講師(内部もしくは外部講師)
・コンテンツ(例:人事部で購入した市販のテキスト)
・達成度の評価、測定方法(例:1日の最後にテストをする)

研修プログラムに必要な項目を書き出すと、自社の人材育成に不足しているものも把握できます。また、この作業で出てきた問題点の早期解決ができれば、社員研修の土台ともいえる現状のプログラムに、定着率の向上や早期の即戦力化といった付加価値もつけられるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業における「人材育成」とは?目的や具体的な手法を紹介 企業における人材育成は仕事の目的、方向性から企業理念を理解させることが重要です。また適切な人材育成をおこなうことで、従業員のモチベーションが高まり従業員満足度が向上するといった効果も期待できます。そこで今回は人材育成の目的から具体的な方法について考察していきます。 株式会社JTBベネフィット


社員研修の注意点とは?

研修中のワークショップを担当する従業員もしくは人事担当者

社員研修の成果を高めるためには、以下の点に注意をしながらプログラムを実施していく必要があります。

疑問には素早くアプローチする

どれほど優秀な講師によって価値ある研修がおこなわれても、受講者側がその内容を理解できなければ意味がありません。ですから、ゴールの達成につながる教育をおこなうためには、研修期間内に疑問を解決した上で次のステップに進める仕組みづくりが必要です。

そのためには、研修担当者や講師と受講者の距離を縮めて、質問しやすい雰囲気をつくりましょう。また、1週間や1ヶ月といった長期の研修では、定期的にレポート提出を求め、その内容から理解度を把握して補足説明をおこなう方法もおすすめです。

研修中のフォローやケアは、若手社員の定着率を高める上でも非常に役立ちます。

座学だけで終わらないようにする

講師の話をひたすら聞く座学だけでは、十分な成果は得られません。ですから、最初にある程度の基礎知識を解説した後は、受講者同士でおこなうロールプレイやグループワークなども取り入れてみましょう。

座学と実技を組み合せた研修には、社員の協力やコミュニケーションを促せるという利点もあります。また、プログラムの中に「話す」「考える」「手を動かす」といった作業があると、研修自体に飽きてしまうという問題も解消できるでしょう。

定期的に計画の見直しをおこなう

社員に求められる知識やスキルは、会社の状況や時代によっても変わります。そのため、2回目以降の社員研修を計画する場合には、成功した研修内容をそのまま繰り返すのではなく、必ず見直すことが大切です。社員研修の客観的な分析や振返りが難しい場合は、研修期間の最後に受講者からアンケートを記入してもらうことも良いでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の人材育成に潜む課題とは?人事担当者がおさえておくべき解決策 人材育成を進めていく中で、さまざまな課題を抱えているが解決策がわからない、と悩む企業担当者の方は多いのではないでしょうか?今回は、人材育成で企業が抱えがちな課題の事例や、解決に向けてやるべきことを紹介します。まずは自社の課題のしっかりと把握し、最適な解決策を模索していきましょう。 株式会社JTBベネフィット


社員研修で習得させるべき内容は?

社員研修のカリキュラムに盛り込まれることの多いスキルには、以下のようなものが挙げられます。

ビジネスマナー、ビジネススキル

ビジネスマナーは、主に新入社員や若手社員向けの研修で学ぶ内容です。具体的には、次のような項目を、座学とロールプレイングを通して習得していきます。

・挨拶
・言葉遣い、敬語の使い方
・電話応対
・名刺交換
・身だしなみ
・ビジネスメールの作り方 など

研修初期の段階でこのスキルの習得を目指すことで、社会人としての自覚も芽生えます。また、事務職から技術職、営業職まで多彩な部署で役立つこのビジネスマナーは、新入社員の集合研修に入れやすい内容でしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  新人研修では何をするべき?効果的な内容と成功のポイントを紹介 新人研修は、社会人1年目の新入社員が配属先にうまく着地できることを目的としており、業務に必要な基本知識やスキルの習得、企業文化の理解促進が重要です。今回は、新人研修を成功させるために、魅力ある研修内容の設計・実施はもちろん重要ですが、意外と知られていない大事なポイントも紹介します。 株式会社JTBベネフィット

タイムマネジメント力

タイムマネジメント力は、与えられた仕事に対して必要時間の予測や優先順位を考え、時間を有効活用するために欠かせないスキルです。具体的には、仕事管理やスケジュール管理、進捗管理などを学びます。

この能力が高まると、社員が自発的に作業効率化を図れるようになるため、企業における無駄なコストの削減にもつながります。また、業務遂行力とも関係するこのスキルの向上は、各社員が数多くのビジネスチャンスをつかむ上でも欠かせないものとなるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  業務効率向上を目指せ!具体的手段とおさえておきたい注意点 | はたらくサプリ 本記事では、自社の業務効率化がうまくいかない、どう取り組めばいいのかわからない、と頭を悩ませている企業担当者向けに、業務効率化の具体的な手段や注意点、得られるメリット等を紹介します。業務効率化が成功すれば、会社、従業員双方に大きなプラスをもたらしますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

リーダーシップ研修

中堅社員向けの教育プログラムでは、組織をコントロールする上で欠かせないリーダーシップ研修も含まれます。このスキルを習得すると、業務効率が高まる行動指針の打ち出しや、上司として部下のモチベーション管理などもできるようになるでしょう。

ただし、管理職向けともいえるリーダーシップ研修は、新人研修と違って一部の社員だけが対象となります。ですから、中堅社員以上を対象とした社員研修を計画する場合には、人事評価制度などを活用し、対象者を選定しましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自律型人材とは?求められる要素や育成方法について解説 自律型人材とは、任された仕事に対して自分で考え、能動的に行動し、経営者の意図に沿った結果を出せる人材のことです。自発的に仕事に取り組むDX人材は、高い判断力やオリジナリティーによって企業に多くのメリットをもたらします。本記事では、自律型人材に求められる資質や育成時のポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


flappi(フラッピ)なら従業員一人ひとりに合った研修を実現!

企業でおこなわれる社員研修には、次世代に向けた人材の育成や社会人基礎力低下への対策、会社の魅力向上など、非常に多彩な目的があります。

社員研修の計画を立てる場合には、経営陣や現場のニーズに耳を傾けた上で、目的とゴールを明確にしなければなりません。そして、具体的なプログラムの検討段階で、研修で使うコンテンツや講師の選定、時間数などを決めていくのが一般的です。

JTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」には、従業員それぞれの課題を洗い出し、スキル向上に向けた研修内容の提案や、企業側に組織の改善方法などを伝える機能を備えています。社員研修の内容や計画でお悩みの場合は、ぜひflappiの活用をご検討ください。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


EVP・flappiのお役立ち資料セットダウンロードバナー

あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員体験(Employee Experience)とは?企業がEXを向上させるメリットとその事例 従業員体験(Employee Experience/通称EX)をご存知でしょうか。EXとは「従業員がその会社に所属することで得られる体験」を指します。人材不足の現在、離職の抑制や求職者への訴求力を高めるためには、EX向上の施策が不可欠です。今回は、EXが求められるようになった背景や施策例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  プロパー社員とは?雇用形態や立場を超えた、円滑な人間関係を育む方法を解説 プロパー社員は、新卒入社の生え抜きや正社員、自社社員などの意味で使われる言葉です。プロパー社員には、柔軟性が欠けていたり、他の属性の従業員とのコミュニケーション不足が起こりやすい傾向があります。今回は、プロパー社員とその他の社員が立場の違いを超えて結束を高める方法などを解説します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧