組織開発とは?組織の力を発揮させる具体的な進め方と問題点

​​​​​​​組織の中でいきいきと笑顔で業務に取り組む従業員たち

自社の成長に意欲的な企業に注目される組織開発は、人事部門の新たな武器ともいえる今話題の考え方です。今回は、人材開発と似て非なる組織開発が近年の日本で求められる理由と、実際にどのようなことをおこなうかについて詳しく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.組織開発とは
    1. 1.1.組織開発という概念
    2. 1.2.注目理由からわかる組織開発の目的
    3. 1.3.組織開発と人材開発
  2. 2.組織開発の手法 
    1. 2.1.組織開発の開発対象
    2. 2.2.組織開発のプロセス
    3. 2.3.組織開発の具体的手法
  3. 3.組織開発の課題と限界
    1. 3.1.組織だけに注目した開発は限界を迎える
    2. 3.2.従業員の成長が組織を底上げする
    3. 3.3.従業員の意識が変わることにより組織の改善が実現
  4. 4.組織開発を下支えする人材への支援を

組織開発とは

まずは組織開発とは何なのか、その概念や定義、目的から確認していきましょう。

組織開発という概念

組織開発は、1950年代からアメリカを中心に発展してきた概念で、英語では「Organization Develeopment(OD)」と呼ばれています。
日本国内では「組織のパフォーマンスを向上するために、組織内のプロセスに介入すること」と説明されることが多いですが、この定義を読んだだけで具体的な内容がイメージできる方はおそらく少ないのではないでしょうか。


あわせて読みたいおすすめの記事

  組織の種類とは?企業に適した組織づくりのポイントを解説 組織には事業部制組織や職能別組織などの種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。また、新たな組織の形成や既存の組織改変をする際は、企業や目標に適した形態を取ることが求められます。今回は、企業の組織構造の種類や企業組織をおこなう上でのポイントおよび最適な組織づくりについて解説します。 株式会社JTBベネフィット

注目理由からわかる組織開発の目的

組織開発の意味や目的は、この取り組みが求められるようになった背景に目を向けるとよくわかります。
従来の人事部門では、企業の抱えるさまざまな課題に対して、採用、評価、異動、配置といった人にアプローチする方法で改善を実施するのが一般的でした。これに対して、激しい環境変化に対応するために機動的な事業運営が必要な近年の企業では、採用活動や人事評価などでアプローチできる個人よりも、組織力の向上につながる施策を人事部門に求めるようになりつつあるのです。

こうした経緯で注目度が高まる組織開発には、個人よりも上司やチームメンバーなどとの関係性を変革することで、組織全体のパフォーマンスや持続可能性を改善する目的があります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  組織の活性化とは?その定義と方法、取り組み事例を紹介 業務効率化やIT化が進む中、組織内のコミュニケーションを見直し、活性化させることは、組織全体の成長や拡大に欠かせない施策です。そこで今回は、組織活性化の定義や有効な手法、事例について紹介します。組織活性化の必要性を感じている企業は、記事を参考に自社にあった方法を検討してみてください。 株式会社JTBベネフィット

組織開発と人材開発

人材開発と組織開発の違いは、人事部門に求められる「新入社員の早期戦力化」などの課題を使って説明すると非常にわかりやすいでしょう。
個人にアプローチする人材開発の場合、研修を受けた新入社員がなかなか成長しなければ本人に問題があると考えます。そのため、この開発手法では、成長の遅い従業員に教育プログラムや部署異動の提案をおこないます。

一方、組織における関係性で考える組織開発の場合、新人や少し成長が遅い従業員への対応策として確認するのは、上司と本人の間でおこなう成長課題の動向や役割のすり合わせや、同じチームメンバーとの間にチームビルディングなど協力体制の確認といったことが中心です。

ここで重要となるのは、人材開発と組織開発のどちらが良いかを考えるのではなく、これらが相補的な概念であることを頭に入れた上で、現状の課題に合った組み合わせで対応を進めていくことです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  チームビルディングとは?知っておきたい基本情報と事例まとめ チームビルディングとは、メンバーが共通目標に向かって協力関係を築いて業務を遂行していくための組織づくりの手法です。今回は、チームビルディングのメリットや効果的なフレームワーク、実例を紹介します。企業全体に好影響をもたらすチームビルディングの基本を、しっかりとおさえておきましょう。 株式会社JTBベネフィット


組織開発の手法 

データを見ながら具体的な打ち合わせをする従業員

組織開発の手法については、開発対象、プロセス、具体的な取り組みにわけて考えるとわかりやすくなります。

組織開発の開発対象

人材よりも組織内の関係性に目を向けるこの手法は、以下のような成果を求める開発対象に適しています。

・グループ内に協調や協働の気持ちを生む
・経営陣や職場への信頼性を高める
・企業理念や文化、価値観を共有されやすくする
・新製品などへの創造性を高める 
など


あわせて読みたいおすすめの記事

  チームビルディングの目的や効果とは?おすすめのゲーム5選 従業員がイキイキと働き、企業全体の業績を向上させるためにはチームビルディングが必要です。そのためには従業員の意識変革が必要ですが、研修や講義による一方的なレクチャーだけでは意図の伝達が不十分だと感じていませんか。今回は、感情に働きかけ、行動に促すために効果的なゲームの一例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

組織開発のプロセス

この手法のプロセスとして最も有名なのは、組織開発のパイオニアであるマサチューセッツ工科大学の研究者リチャード・ベッカードが定義した7つの項目を実践するというものです。


1. 計画に基づく

漠然とした目標設定ではなく、「何を、いつまでに、どんな状態にしたいか」を明確にします。


2. 組織全体に関わる努力

最初はチームやグループといった小規模な組織で開発をおこない、徐々に大きな組織にその方法を共有します。


3. トップ主導でマネジメント

経営陣のトップが開発に関わることが重要です。そうすることで、長期的な目標や企業理念の発信がしやすくなります。


4. 組織の有効性・健全性を高める

メッセージの発信と共有を繰り返すことで、経営陣などのトップと従業員の関係性が強まり、下部組織のニーズも把握しやすくなります。


5. 行動科学の知識を活用

組織の変革に対して強い志を持つ協力者が必要です。こうした人材を巻き込むことで、議論や動機付けがスムーズに進みます。


6. 組織のさまざまなプロセスを対象

実践した取り組みの効果を評価分析しながら、目標の再設定や微調整をおこないます。したがって、全社レベルの組織開発には長期的な取り組みが必要です。


7. 計画的に介入しゆさぶる

目標と結果を共有することで、組織開発に携わる従業員に成果を実感させます。すると、次の目標に向けたモチベーションも高まります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自ら動く従業員をつくるモチベーション3.0とは?その要約を解説 モチベーション3.0とは、従業員の内面から湧き出るモチベーションを指すものです。今回は、モチベーション3.0の概要やモチベーション1.0、2.0との関係性、モチベーション3.0を引き出す方法などを紹介していきます。この機会に、モチベーション3.0への理解を深め、自社の人材育成に活用していきましょう。 株式会社JTBベネフィット

組織開発の具体的手法

組織開発をするときには、以下のような手法の中から、企業の抱えた問題や目標に応じたものを選択する必要があります。


コーチング

コーチングとは、相手の中に解決策があるというスタンスで観察や傾聴をおこなうことです。上司と部下の関係改善に対話型のコーチングを取り入れると、自主的に仕事に取り組む姿勢や、新しい挑戦に向けたモチベーションも向上します。


フィードバック

管理職がプロジェクトや人材評価をおこなったら、その内容を一人で抱え込まずにチーム員にフィードバックするのが理想です。フィードバックを通して評価の基準や理由が明らかになると、離職理由にもつながる不公平感などが生じにくくなります。


企業文化の改新

組織開発を成功させる上で、企業文化は非常に大切なキーワードです。まず上司と部下、管理職と経営陣などの関係性を改善するには、人材開発ではないアプローチ法を会社の中に少しずつ浸透させる必要があります。また、環境変化に耐えられる柔軟な組織をつくるためには、古い文化を捨ててダイバーシティなどの新しい価値観を取り入れる必要もあるでしょう。


情報の可視化

組織開発や人材開発を効果的におこなうためには、現状生じている問題点や改善策、評価などをすべてのメンバーが確認できるようにする可視化が必要です。どんな小さな情報でも見える・共有できるデータにしておくと、その内容を見たほかの経営陣などから新たな改善策が生まれやすくなります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ダイバーシティ対応で押さえるべき5つの重要ポイントと2つの注意点 多様な人材の能力を包括するダイバーシティ対応は、企業の競争力を高める上でも欠かせない人材活用戦略です。ダイバーシティは、人手不足の解消にも役立ちます。本記事では、ダイバーシティによって得られる企業のメリットや、この取り組みを成功させるために欠かせない実践ポイント、注意点などを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


組織開発の課題と限界

業務をして疑問や悩みを抱える従業員

近年の日本で注目される組織開発にも、以下のような課題や限界があります。

組織だけに注目した開発は限界を迎える

まず、組織開発ばかりに着目をして、今まで続けてきた人材開発をおろそかにすると、個々の従業員の成長や満足度といった部分で大きな壁にぶつかりやすくなります。先ほども紹介したとおり、人材開発と組織開発は相互に組み合わせることによって、企業に大きなメリットをもたらす手法です。したがって、新たに組織開発に挑戦する場合においても、今まで人事部門が取り組んできた採用や教育、配置などの人材開発は、双方のバランスをとりながら続ける必要があるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の人材育成に潜む課題とは?人事担当者がおさえておくべき解決策 人材育成を進めていく中で、さまざまな課題を抱えているが解決策がわからない、と悩む企業担当者の方は多いのではないでしょうか?今回は、人材育成で企業が抱えがちな課題の事例や、解決に向けてやるべきことを紹介します。まずは自社の課題のしっかりと把握し、最適な解決策を模索していきましょう。 株式会社JTBベネフィット

従業員の成長が組織を底上げする

理論上、組織開発によってどんなにチーム内の協力体制が整っても、個々の従業員のスキルや能力が低いままでは企業の成長は期待できません。組織開発の成果を高める上でも、人材開発における教育プログラムや研修などを積極的におこない、従業員に個人レベルの成長を促す取り組みが必要です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員体験(Employee Experience)とは?企業がEXを向上させるメリットとその事例 従業員体験(Employee Experience/通称EX)をご存知でしょうか。EXとは「従業員がその会社に所属することで得られる体験」を指します。人材不足の現在、離職の抑制や求職者への訴求力を高めるためには、EX向上の施策が不可欠です。今回は、EXが求められるようになった背景や施策例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

従業員の意識が変わることにより組織の改善が実現

組織開発を成功させるためには、経営陣や管理職、従業員といったすべての人の意識を変える取り組みも必須です。例えば、「仕事は見て覚える」というやり方で長年続けてきた職場では、後輩の指導をする上司や管理職にコーチングやフィードバックをおこなう意味などから説明をして、意識を変える必要があります。

また、協調性や協力体制が低い現場においても、メンバー同士が助け合うことで生じるメリットなどを説明し、ただ一方的にお願いをするのではなく、それぞれの意識を変えることを目指して推進する必要があるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  働き方改革のアイデアとは?成功するためのポイントや事例を紹介 働き方改革とは、一億総活躍社会の実現に向けて企業が取り組むべき、働きやすい環境づくりの総称です。会社の中で働き方改革を推進するには、制度や規定の見直しや、従業員の意識を変えるといった多くの作業が必要となります。本記事では、企業が実践しやすい働き方改革のアイデアと成功例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


組織開発を下支えする人材への支援を

組織開発とは、個人よりも上司と部下などの関係性を変革することで、組織全体のパフォーマンスなどを高める概念です。相補的な位置付けとなる人材開発と組み合わせることで、企業の問題解決や成長が促されます。組織開発のプロセスには、リチャード・ベッカードが定義した7項目を用いるのが一般的です。また、具体的な手法としては、コーチングやフィードバック、情報の可視化などがあります。

JTBベネフィットでは、人材資源や組織情報の見える化を実現し、組織開発にも活用できる「flappi(フラッピ)」を提供しています。AI技術を活用した最新の人財(※)分析ツールに関心のある方は、ぜひflappiを確認してみてください。


※JTBグループでは、社員の成長・活カが会社の成長、グループの発展を支えるという基本理念のもとで人は財産であるとし、「人材」を「人財」と表記しています。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット

EVP・flappiのお役立ち資料セットダウンロードバナー


あわせて読みたいおすすめの記事

  派閥争いを生む「セクショナリズム」とは?原因や改善方法を解説 セクショナリズムは、同じ組織の中にありながら所属部署や部門の利益を優先する現象です。これは間違った仲間意識と競争意識から生まれ、生産性の低下や不祥事を招きます。今回は、放置すると企業に不利益をもたらすセクショナリズムの基本情報、原因と問題点、解決方法を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功事例10選。IT活用の未来と企業の存続 デジタルトランスフォーメーション(DX)というワードはよく耳にするけれども、その取り組みが上手くいっているか知らない方は多いと思います。DXとは、商品やサービスに加え、企業組織自体をAIのようなITを活用して変革することです。英語は調べるのも疲れてしまいますよね。今回は成功事例を含め、DXを詳しく紹介します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧