人材マネジメントとは?成功させるポイントと今注目のタレントマネジメントを解説

​​​​​​​データに基づいて所属している人材の配置を検討している従業員

人材マネジメントは、従業員一人ひとりの力を引き出し、組織の力を強くします。適切におこなうことで、従業員にも企業にもメリットをもたらしますが、「マネジメント方法や運用方法に自信がない」という担当者も多いかもしれません。

この記事では、人材マネジメントをしっかり理解したい担当者へ向けて、企業成長に欠かせない人材マネジメントを構築する方法から、今注目が高まっている「タレントマネジメント」まで詳しく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.人材マネジメントとは
    1. 1.1.人材マネジメントとは何か
    2. 1.2.人材マネジメントが重要視される背景
  2. 2.人材マネジメントの運用方法
    1. 2.1.現状把握
    2. 2.2.マネジメント計画を作成
    3. 2.3.実行・フィードバック
  3. 3.人材マネジメントを成功させるポイント
    1. 3.1.企業戦略と一貫性をもたせる
    2. 3.2.自主的な目標設定
    3. 3.3.情報共有
    4. 3.4.適材適所のシステム化
    5. 3.5.常に最適な方法に更新
    6. 3.6.新たな経験をともなうキャリアアップ
  4. 4.注目のタレントマネジメントとは何か
    1. 4.1.タレントマネジメントとは
    2. 4.2.タレントマネジメントはなぜ注目されているのか
    3. 4.3.タレントマネジメントの注意点
  5. 5.人材マネジメントはJTBベネフィットのflappiにお任せください

人材マネジメントとは

今や多くの企業でおこなわれている人材マネジメントですが、具体的にはどのようなものを指すのでしょうか。また、なぜ必要なのかを改めて確認しましょう。

人材マネジメントとは何か

人材マネジメントは、従業員を経営資源としてみなし、自社の経営戦略を実現させるために活用する人事戦略のことをいいます。噛み砕いていえば、採用や教育、格づけ・評価、配置などの一般的な人事業務(HR)と同様です。

従業員一人ひとりの能力・資質・特性などに注目し、その人に適した人材マネジメントをおこなうことで、企業にとって大きな力となる人材を育てられます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員体験(Employee Experience)とは?企業がEXを向上させるメリットとその事例 従業員体験(Employee Experience/通称EX)をご存知でしょうか。EXとは「従業員がその会社に所属することで得られる体験」を指します。人材不足の現在、離職の抑制や求職者への訴求力を高めるためには、EX向上の施策が不可欠です。今回は、EXが求められるようになった背景や施策例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

人材マネジメントが重要視される背景

少子高齢化によって人材不足が懸念される現在の日本では、企業にとって人材は「人財」であり、大切にすべき貴重な存在です。

そのため、これまで以上に教育や研修にコストをかけて育成し、優秀な人材に高いパフォーマンスで長く働いてもらえるように、働き方改革を推進する企業は多い傾向にあります。ですから、人材マネジメントの重要性は非常に高いと考えられます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「4つの人材」とは?真に従業員の力を引き出す考え方 4つの人材とは「人材」「人財」「人在」「人罪」のことです。この4つのジンザイの意味や従業員の能力の引き出し方を解説します。理想的な「人財」を確保・育成するには何をすればいいのでしょうか。「人財」という表現を用いるメリット・デメリットにも触れていますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


人材マネジメントの運用方法

それでは、人材マネジメントはどのように運用していけば良いのでしょうか。

人材マネジメントをおこなう前提として、自社がどこを目指しているのか、目標を達成するための課題を明確にする必要があります。
それは、人材マネジメントが従業員にとっては自己成長やスキルの獲得というメリットがある一方、企業にとっては従業員に目標に向けた課題を解決する力をつけてもらい、企業を発展させるためのものだからです。

そのため、着実に人材マネジメントを実施できるよう以下の手順で進めましょう。

現状把握

まず、企業がより成長するための課題や不利益を発見し、目標達成のためにはどのような人材が必要かを明確にしましょう。現状の人材と必要な人材を比較し、どのような人材を育成すれば良いか把握していきます。

言い換えれば、現状の人材に不足している部分を見つめ直す作業にもなります。ただし、不足している部分が多く見つかったとしても、安易に従業員に不足を指摘したり、叱責したりすることのないようにしましょう。

また、現状把握には3C/4C分析やMECE分析などフレームワークの視点を活用すると効率的で適切な現状把握が可能になります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の人材育成に潜む課題とは?人事担当者がおさえておくべき解決策 人材育成を進めていく中で、さまざまな課題を抱えているが解決策がわからない、と悩む企業担当者の方は多いのではないでしょうか?今回は、人材育成で企業が抱えがちな課題の事例や、解決に向けてやるべきことを紹介します。まずは自社の課題のしっかりと把握し、最適な解決策を模索していきましょう。 株式会社JTBベネフィット

マネジメント計画を作成

現状を正確に把握した後には、不足している人材の育成計画を立てます。
従業員に不足している部分はどのような方法で補完できるか、成長を促し不足をなくすためにはどのような教育・研修が必要かを導き出しましょう。

実行・フィードバック

人材の育成計画を立てたら、それを実施していきます。実施した後には必ずフィードバックをおこない、反省点や改善点を見つけ出すことが重要です。

教育や研修の効果を測り、データとして蓄積していけば、全体に流用すべき教育・研修や、より効果的な教育・研修が見えてくるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  人材ポートフォリオは育成に効果的!メリットから作成方法まで解説 人材ポートフォリオとは、さまざまな人材をいくつかの種類にわけることで、企業の目的達成に向けた新たな組み合わせの検討や、最適化を進める方法です。柔軟な働き方の推進により、近年の日本でも人材ポートフォリオが注目されています。本記事では、人材ポートフォリオを作るメリットや作成方法を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


人材マネジメントを成功させるポイント

従業員のアビリティ(能力)のイメージ

ここでは、人材マネジメントの計画実行にあたって、成功させるための6つのポイントをお伝えします。以下のポイントを重視して実施することで、人材マネジメントの効果を引き上げることができますので、しっかりおさえておきましょう。

企業戦略と一貫性をもたせる

人材マネジメントは、企業・事業、採用、人事・教育における戦略と一貫性をもたせることが重要です。各種戦略や役割を深く理解し、企業にとって必要な人材の能力を伸ばしていきましょう。

自主的な目標設定

人材マネジメントは、事業者や管理者が従業員に対して一方的におこなうものではありません。従業員にも自主的に目標設定をおこなってもらい、基礎からステップアップしていくことが重要です。

従業員の自発的な行動を促すには、人材マネジメントを実施する背景や人材マネジメントの効果、実施によって企業と従業員が得られるメリットなどを共有することが効果的です。
やらされるのではなく、自ら必要性を感じて目標を設定し達成することで、従業員の自信や仕事への意欲向上につながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自律型人材とは?求められる要素や育成方法について解説 自律型人材とは、任された仕事に対して自分で考え、能動的に行動し、経営者の意図に沿った結果を出せる人材のことです。自発的に仕事に取り組むDX人材は、高い判断力やオリジナリティーによって企業に多くのメリットをもたらします。本記事では、自律型人材に求められる資質や育成時のポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット

情報共有

人事評価の結果以外にも、その裏づけとなる勤務態度や成果物、資格などの情報も公開することで、人事評価に対する信頼性や透明性が高まります。

また、様々な情報から時間をかけて評価をおこなっても、従業員がその理由に気がつかなければ改善や成長は見込めません。人事評価が正当なものであることが明確になれば、人事評価は従業員のモチベーションアップやスキルアップするための動機づけとなります。

適材適所のシステム化

人材情報を全社に共有することで、今まで能力が明らかになっていなかった人材が発掘され、スピーディな人材配置がおこなえるようになります。
そうすることで、各従業員が最適なポジションや業務につけるようになるでしょう。

常に最適な方法に更新

人事制度は、常に時代や人的資源の増減によって変化させていく必要があります。たとえ優れた制度であっても、時代によって人の価値観は変化し、企業の状況も変化するものです。

常に最適な方法に更新し続けられるよう、時勢や社内の状況に気を配りましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  現代に求められる企業変革・人材育成とは?成功事例とともに解説 「チェンジマネジメント」とは、多くの会社で重要性が認知されている企業変革に取り組むマネジメント手法であり、「BPR」とは抜本的な業務改革の手法である、ビジネスプロセス・リエンジニアリング(Business Process Reengineering)のことです。本記事では、企業変革と人材育成に必要なチェンジマネジメントとBPRについて解説します。 株式会社JTBベネフィット

新たな経験をともなうキャリアアップ

人材は未経験の領域を経験させることで、自身や周囲も気づかなかった能力や適性がわかる場合があります。そこで、あえてこれまで経験したことのない部署へ配置転換するのも一つの方法です。

新しい環境の中でのコミュニケーション能力やチームワーク、そして、順応性を図ることができるほか、元の部署にいた頃の自分を俯瞰してみるきっかけにもつながるでしょう。元の部署へ戻った際にも、以前していた行動が他の部署やメンバーにどのように影響しているのかを理解しているため、より広い視野と知識が身についた状態で業務に取り組めます。

なお、実際に期待した成果が上げられるかは、個人差や業務内容によっても変わります。そのため、配属する期間については、状況を踏まえながら都度設定しましょう。
成果が上げられない場合は、設定した期間どおりに元の部署に戻すか別の部署へ異動させ、反対に成果があった場合は、昇進させるか改めて配属部署を検討すると良いでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  スキルアップで受給できる助成金とは?従業員の学びを支援する3つの給付金を紹介 従業員のスキルアップを支援するには、助成金を活用したリカレント教育で学び直しを促す方法がおすすめです。特に非正規雇用から正社員、正社員から管理職と長期的なキャリアアップには、社内教育とあわせて外部で学んでもらう機会も必要となります。本記事では、キャリアアップ助成金の特徴を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


注目のタレントマネジメントとは何か

PCやネットワークを通じてナレッジを蓄積している従業員

人材マネジメントの方法の一つとして、タレントマネジメントがあります。ここで、タレントマネジメントの意味や、注目が高まっている理由について把握しておきましょう。

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントの「タレント」とは、英語で「能力・資質・才能」を意味します。

タレントマネジメントとは、個人のスキルや経験値、才能などに注目し、その情報を人事で一元管理することです。それにより、複数の部署にわたって戦略的な人事配置や人材開発をおこなえるようになります。

特に、新規プロジェクトチームの発足や事業の立ち上げ時には、適正や経験を踏まえて人選をおこなう必要があり、タレントマネジメントが役立ちます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の才能を見出す「タレントマネジメント」で企業の底力をアップ 1990年代にアメリカで始まった「タレントマネジメント」が、日本で注目を集めています。これは、従業員の「タレント=能力」を見える化し、適材適所に配置するシステムです。その定義・目的・効果などの基本的な情報から、注意点や企業が導入する際のポイントまで解説します。 株式会社JTBベネフィット

タレントマネジメントはなぜ注目されているのか

従来の人材管理の方法では、自社の発展や存続が厳しいと感じる企業が多くなりました。それにより、その問題を解決できるとされるタレントマネジメントの施策に大きな注目が集まっています。

タレントマネジメントの注意点

タレントマネジメントでは、「スキル・経験値・才能」に注目するため、経験者ばかりを人選しないよう注意しましょう。経験の浅い従業員でも実績をしっかり見るようにし、未経験者や新入社員の場合は、資質や伸びしろの要素の一つとして認めることが重要です。
また、調査で収集した人材の情報はデータベース化し、可視化することでより一人ひとりに適した配置ができるようになりますが、手動では膨大な労力がかかることから、システムやツールを活用した運用管理をおこなうのが一般的です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ピープルアナリティクスとは?データを人事に生かすメソッドを解説 ピープルアナリティクスとは、人事データを収集、分析し人事にかかわる意思決定に活用する手法です。今回は、ピープルアナリティクスの概念やメリット、実践方法、採用事例などを紹介していきます。ピープルアナリティクスの具体像を把握したい人事担当の方は、参考にしてみてください。 株式会社JTBベネフィット


人材マネジメントはJTBベネフィットのflappiにお任せください

企業が成長する影には、それを支える従業員が必ず存在します。成長に向かって自発的にポジティブな行動をとれる従業員を育成するためには、JTBベネフィットのEVP向上サービス「flappi(フラッピ)」の活用がおすすめです。

flappiを活用すれば、従業員と組織の課題を多面的に可視化して一元管理でき、人材マネジメントでのデータ収集・管理・更新が楽になります。また、従業員の様々な情報や行動データをAIなどで分析し、適切なフィードバックとレコメンデーションをおこなって従業員の成長を促します。
この機会にぜひflappiを導入し、人材マネジメントを効率良く進めてみてください。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット

EVP・flappiのお役立ち資料セットダウンロードバナー


あわせて読みたいおすすめの記事

  人材発掘の方法とは?社内・社外・新人から将来を担う人材を見出す方法 人材発掘を行う重要性が増しています。企業が理想的な期待値の高い人材を探し出し獲得する難易度は年々高まっているようです。今回は、会社のリーダーに相応しい人材を社内で発掘する方法や社外・新卒から見つけ出す方法をご紹介します。優秀な人材の発掘・育成するために、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


  EVPとは?近年注目を集める背景と、会社がEVPを高めるメリットを解説 EVPとは、「会社が従業員に提供できる価値」のことで、企業として現代の競争社会を生き抜くためにおさえるべき重要なポイントです。今回は、EVPが注目されている背景やメリット、向上のための具体的な手順について紹介していきます。EVPを高め、従業員に選ばれる唯一無二の魅力的な会社を作っていきましょう。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧