人材育成のコストは削減すべき?費用対効果に見合う人材育成の考え方

​​​​​​​コストカットのイメージ

従業員の成長につながる人材育成において、「どのぐらいの育成コストをかけるか」という適正な投資水準を決めることは、多くの人事担当者にとって難しいことでしょう。
求職者1人当たりにかかる採用コストの相場は、新卒採用・中途採用ともに平均50万円前後かかってしまうため、人材育成のコストを削減したいと考えている方も多いかと思います。

そこで今回は、人材育成コストにおける評価の考え方や、適切な削減方法を詳しく説明します。

目次[非表示]

  1. 1.人材育成にかかるコストは削減すべきか?
    1. 1.1.ヒューマンアセット(資産)としての人材
    2. 1.2.人材育成コストは人財への投資
    3. 1.3.投資には成果の評価も不可欠
  2. 2.人材育成コストの費用対効果(ROI)
    1. 2.1.人材育成コストの適正化には効果の客観化が必要
    2. 2.2.ROIの意味と計算式
    3. 2.3.客観的把握の難しい人材育成コストの費用対効果
    4. 2.4.採用コストと育成コストを比較
  3. 3.人材レベルを損なうことのない育成コスト削減方法
    1. 3.1.エンゲージメントを可視化してコミュニケーションをとる
    2. 3.2.インセンティブを渡す
    3. 3.3.業務や勤怠に変化をつける(リモートワークや部署異動など)
  4. 4.人材コスト抑制の成功事例
    1. 4.1.人材教育の方法を変更する
    2. 4.2.AI技術活用による人員配置の最適化
    3. 4.3.人事業務のアウトソーシング化
  5. 5.新しいツールやサービスも積極的に取り入れ人材コストを合理化

人材育成にかかるコストは削減すべきか?

人材育成にかかるコストについて考えるときには、「ヒューマンアセット」という概念に基づいて従業員の位置付けを理解すると、具体的な判断をしやすくなります。

ヒューマンアセット(資産)としての人材

近年注目されている「ヒューマン・アセット・マネジメント」という概念では、雇用している従業員に以下の3つの意味を持たせることで、自社の成長に向けてどのように活用していくのかを考えていきます。


ヒューマンアセット:人材を「資産」としてとらえる概念
ヒューマンキャピタル:人間が持つ技能や知識を「資本」としてとらえる経済学の概念
ヒューマンリソース:人材を単なる労働力ではなく、会社の資源ととらえる概念

人材育成コストは人財への投資

経済学において、資本は資産を生むために欠かせない元手です。そのため、このマネジメント法の中では、まず、企業の資本として採用した人材(ヒューマンキャピタル)に教育などをおこない、ヒューマンアセット、つまり資産化します。

育成によってアセット化に成功したら、次は個々の人材から組織力へと強化対象をシフトしていかなければなりません。ですので、このマネジメント法をうまくまわすためには、企業の財産である「人財」への投資となる人材育成コストは必要不可欠なのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「4つの人材」とは?真に従業員の力を引き出す考え方 4つの人材とは「人材」「人財」「人在」「人罪」のことです。この4つのジンザイの意味や従業員の能力の引き出し方を解説します。理想的な「人財」を確保・育成するには何をすればいいのでしょうか。「人財」という表現を用いるメリット・デメリットにも触れていますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

投資には成果の評価も不可欠

企業が継続的かつ安定的な事業運営をおこなうためには、どんなに高い価値や魅力のある人材への投資であっても、そのリターンへの評価は適切におこなわなければなりません。この作業は、今の育成プログラムがその人材に合っているかどうかの判断をする上でも、必ず定期的に実施する必要があります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  使える人材とは?真に使える人材を見抜き、集め、引き止めるために企業ができること 採用の成果とは、使える人材を確保できるかどうかで左右されます。これは、どの採用担当者にとっても重要な課題の1つではないでしょうか。今回は、使える人材とはどのような人材を指すのか、採用選考で見抜く方法を解説します。また、使える人材にできるだけ長く働き続けてもらうためにできる対策を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


人材育成コストの費用対効果(ROI)

費用対効果を意味するROI(Return on investment)のイメージ

企業の成長には必要不可欠である人材育成。では、そのコストはどう評価していけば良いのでしょうか。以下では、その考え方を詳しく説明します。

人材育成コストの適正化には効果の客観化が必要

企業の成長に不可欠な人材育成コストを適正化するには、教育などによってもたらされた生産性向上などの効果を客観的に分析していく必要があります。そんなときにぜひ活用していただきたいのが、企業のマーケティングなどでも使われているROI(費用対効果)という考え方と計算式です。

ROIの意味と計算式

ROIとは、「Return on investment」の略語です。具体的には、人材育成などに投資したコストから、どれぐらいの効果や利益が得られたのかを表す指標となります。数値を算出するときには、以下の計算式を用います。

ROI(%)= 「利益」÷「投資資本」(×100)

この式を使って計算し、100%以上の数字が出れば、投資成功ということになります。100%を下回った場合は投資の失敗となりますので、人材育成を含めたさまざまなコストの見直しが必要です。これがROIの基本的な考え方です。

客観的把握の難しい人材育成コストの費用対効果

人材育成コストの評価や分析をする上で注意したいのが、このカテゴリにおける費用対効果は、客観的把握がとても難しいということです。例えば、将来のリーダー候補を対象とした勉強会を実施しても、その人材が管理職にならない限り習得したマネジメントスキルが業務に活かされない可能性も出てきます。

ですので、基本的に人材育成にかかるコストの評価分析をするときには、教育内容や対象者によっても成果が出るまでに時間がかかることを頭に入れた上で、長期的な視点で見ていく姿勢も必要となるでしょう。

採用コストと育成コストを比較

人材教育などにかかるコストの見直しをするときには、採用コストや育成コストといった内訳で比較や評価をしていく方法もおすすめです。例えば、近年の採用活動によって優秀な人材がたくさん入ってきた会社では、これまで強化していた採用から育成にコストをまわすことで、従業員を成長させる取り組みに予算の割り当てを増やすことができるといったメリットがあります。

また、採用ばかりに費用を使っていると、教育制度などがおろそかになってしまい、離職率や定着率に問題が生じる可能性もあります。したがって、ROIを使った人材育成コスト全般だけでなく、その内訳レベルでの評価分析などをしながら、採用した人材を育てる予算の立て方も必要となるでしょう。

コストを比較する際には、広告費やセミナー、人材紹介などにかかる外部コストばかりが取り上げられますが、面接対応や教育にかかる社内工数や人件費といった内部コストも十分に考慮しなければいけません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  リテンションの意味とは?人事や管理職が知っておきたいリテンション施策の効果について 優秀な人材を確保するための人事・経営戦略として、「リテンション施策」に注目が集まっています。リテンションとは、本来は「維持・保持」という意味の言葉ですが、人事・マーケティングでそれぞれが異なる意味として使われています。企業や組織において、人材確保のためにリテンション施策がなぜ必要なのでしょうか?今回は、リテンションの意味とリテンション施策が必要な理由、メリットと効果について解説します。 株式会社JTBベネフィット


人材レベルを損なうことのない育成コスト削減方法

人材レベルを下げずに育成コストを削減する上で大切なのは、離職者をいかに発生させないか、ということです。特に、優秀な人材に多くの教育をした上で退職されてしまった場合のコストパフォーマンスは非常に悪いです。

現状、定着率が低いという問題に悩まされている場合は、過去に会社を辞めた人の退職理由やその従業員の人材育成コストにおける損失などを分析することも必要です。また、人材レベルの問題に悩まされている場合は、以下のような取り組みを実践してみても良いでしょう。

エンゲージメントを可視化してコミュニケーションをとる

人事分野におけるエンゲージメントは、従業員の企業に対する愛着心や、貢献しあう姿勢などを意味する言葉です。定期的なアンケートなどによって従業員の声に耳を傾けると、経営陣の知らない潜在的な離職理由なども把握できます。

また、離職率の高さと関係しそうな意見を記入した従業員には、管理職などが積極的にコミュニケーションを図り、不満などへフォローと改善策を検討しましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【事例あり】従業員エンゲージメントの向上が社員・会社の成長につながる理由 昨今の深刻な人材不足の解消には、従業員の会社に対する信頼感を示す「従業員エンゲージメント」の向上が欠かせません。今回は、従業員エンゲージメントの概要やメリット、取り組み事例について紹介します。人材不足を解消したい、優秀な人材の流出を防ぎたい人事担当者の方は、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

インセンティブを渡す

なかなか成果が出にくく評価が難しい業種や部署の場合は、社員表彰制度やポイント制度などを利用して、従業員にインセンティブを渡す方法を導入するのもおすすめです。こうした仕組みによって日々の努力が評価されると、従業員のモチベーションが高まります。また、数字で人材評価がおこなわれる営業などの場合も、成約金額や件数以外の頑張りを評価することで、不公平感や潜在的な離職理由などの問題を解消にも役立つでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自ら動く従業員をつくるモチベーション3.0とは?その要約を解説 モチベーション3.0とは、従業員の内面から湧き出るモチベーションを指すものです。今回は、モチベーション3.0の概要やモチベーション1.0、2.0との関係性、モチベーション3.0を引き出す方法などを紹介していきます。この機会に、モチベーション3.0への理解を深め、自社の人材育成に活用していきましょう。 株式会社JTBベネフィット

業務や勤怠に変化をつける(リモートワークや部署異動など)

国を挙げた働き方改革が推進される近年の日本では、リモートワークや短時間正社員などの制度を取り入れて勤務形態に変化をつける企業も多くなりました。こうした方法で働きやすい環境が整うと、育児や介護といった生活面の変化が生じても、従業員は勤務形態などを変えながら長くその会社で働けるようになります。

また、エンゲージメントが低い従業員が今の部署や担当業務に不満を感じているときには、適材適所の環境で仕事をしてもらうために部署異動などの配慮をしても良いかもしれません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  人材マネジメントとは?成功させるポイントと今注目のタレントマネジメントを解説 従業員の力を引き出して組織の力につなげる人材マネジメントは、今や多くの企業でおこなわれています。そこで今回は、人材マネジメントをしっかり理解したい担当者へ向けて、企業成長に欠かせない人材マネジメントの具体的な方法と今注目が高まっている「タレントマネジメント」までを詳しく解説します。 株式会社JTBベネフィット


人材コスト抑制の成功事例

効果的にコストカットをしてモチベーション高くいきいきと働く従業員

最後に、人材育成にかかるコストに対して、各方面から合理化できた好事例を3つ紹介します。

人材教育の方法を変更する

人材コストの抑制で最もおすすめなのが、今までおこなっていた人材教育を費用対効果の高いものに変えるということです。例えば、管理職向けのマネジメントスキル研修をプロの外部講師に依頼した場合、多少のコストがかかったとしても、事業運営に効果的な教育ができるかもしれません。また、長期間の新人教育に多くの費用がかかっている場合は、座学の一部をオンライン学習に変えて、講師の依頼にかかる料金を節約しても良いでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  社員研修の内容は?目的や計画の立て方、注意点を紹介 社員研修には、次世代に向けた人材育成や社会人基礎力低下への対策、離職率の低下といった多くの目的があります。本記事では、社員研修における計画の立て方や習得させるべき内容、注意点などを紹介します。社員研修の内容を決める上で悩みを抱えている方は、ぜひこの記事内のポイントを確認してみてください。 株式会社JTBベネフィット

AI技術活用による人員配置の最適化

数理最適化技術の高いAIは、近年の企業における人員配置の分野でも活用されはじめています。客観性の高いこうした技術を活用すれば、従業員の性格や経歴などから判断された適材適所のポジションに配属できます。そして、各従業員が自分に合った部署で仕事ができるようになると、離職によって生じる余計な人材コストの削減も可能となるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ピープルアナリティクスとは?データを人事に生かすメソッドを解説 ピープルアナリティクスとは、人事データを収集、分析し人事にかかわる意思決定に活用する手法です。今回は、ピープルアナリティクスの概念やメリット、実践方法、採用事例などを紹介していきます。ピープルアナリティクスの具体像を把握したい人事担当の方は、参考にしてみてください。 株式会社JTBベネフィット

人事業務のアウトソーシング化

予算やオフィススペースなどの問題で多くの従業員を採用できない場合は、毎回同様の作業をおこなう入力業務などをアウトソーシング化し、採用した人材を重要な仕事の中で成長させていく取り組みもおすすめです。

最初に外部委託する業務内容をマニュアル化しておけば、担当者が変わった場合の引き継ぎなども効率よくおこなえます。アウトソーシング化によって採用コストが減少すると、その分の予算を人材育成に注ぎやすくなるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  業務効率向上を目指せ!具体的手段とおさえておきたい注意点 | はたらくサプリ 本記事では、自社の業務効率化がうまくいかない、どう取り組めばいいのかわからない、と頭を悩ませている企業担当者向けに、業務効率化の具体的な手段や注意点、得られるメリット等を紹介します。業務効率化が成功すれば、会社、従業員双方に大きなプラスをもたらしますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


新しいツールやサービスも積極的に取り入れ人材コストを合理化

企業において人材育成コストかかるコストを削減すべきかどうかの判断は、さまざまな会社で用いられているヒューマン・アセット・マネジメントという考え方を取り入れると非常にわかりやすくなります。また、自社の人材育成コストの費用対効果を調べるときには、マーケティング分野でも多く用いられるROIの計算式を活用してみてください。人材レベルを損なわずに育成コストを削減するには、離職者を防ぐ取り組みに力を入れる必要があります。具体的には、エンゲージメントの可視化によってコミュニケーションを図る、インセンティブを増やすといった方法がおすすめです。

JTBベネフィットでは、組織や個人の情報を収集し、人材育成にも活用できるソリューション「flappi(フラッピ)」を提供しています。また、従業員の育成に役立つスキルアップセミナーも多数開催していますので、ぜひ以下のリンクを確認してみてください。


【JTBベネフィットのスキルアップ​​​​​​​セミナー催例】

・アンコンシャスバイアスから考えるダイバーシティの未来
・リモートワーク最大の不満「オンライン会議」を劇的に改善する!
・【ムダな残業を解消】即効!仕事力が3倍アップする時間活用法


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


  セミナーページ | JTBベネフィット JTBベネフィットが主催するセミナーやご相談会の情報をご紹介しています。JTBベネフィットは、福利厚生や健康支援、組織活性化をサポートするさまざまなサービスをご用意。「働くこと」の価値を最大化し 働く一人ひとりの人生を、より豊かにします。 株式会社JTBベネフィット


EVP・flappiのお役立ち資料セットダウンロードバナー

あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の人材育成に潜む課題とは?人事担当者がおさえておくべき解決策 人材育成を進めていく中で、さまざまな課題を抱えているが解決策がわからない、と悩む企業担当者の方は多いのではないでしょうか?今回は、人材育成で企業が抱えがちな課題の事例や、解決に向けてやるべきことを紹介します。まずは自社の課題のしっかりと把握し、最適な解決策を模索していきましょう。 株式会社JTBベネフィット


  経営人材とは?育成のために企業がおこなうべきこと、成功のポイントなどを紹介 経営人材とは、「CEO・COO(社長)」または「副社長・専務・常務」と定義され、企業を発展・持続させるためにも、次世代の経営の担い手を育成する取り組みは必要です。本記事では、経営人材に求められる要素をはじめ企業側が行うべきこと、経営人材の育成を成功させるためのポイントやサービスついて解説していきます。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧