社員育成のコツとは?育成方針の決め方とおすすめの方法を紹介

​​​​​​​自社に貢献できる社員育成をする従業員

社員育成は、いつの時代も変わらず企業や組織における大きな課題です。自社に貢献する人材、大きな功績を残せる人材など、優秀な人材を育てることは企業に大きなメリットをもたらし、企業の成長にもつながります。しかし、社員育成は簡単なものではありません。では、どうすれば自社に貢献できる社員育成ができるのでしょうか。

今回は、社員育成のコツや社員育成に役立つ方法を紹介します。社員育成にあたって気をつけておきたいことや、企業や組織にとって社員育成が大切な理由、社員育成の成功事例も交えて確認していきましょう。

目次[非表示]

  1. 1.社員育成とは?
    1. 1.1.OJT(On the Job Training)
    2. 1.2.Off-JT(Off the Job Training)
    3. 1.3.SD(Self Development)
  2. 2.社員育成を成功させるためのポイントとは?
    1. 2.1.育成を始める前に目的を明確化し方針を定める
    2. 2.2.社員の強みや得意なことを伸ばすようにする
    3. 2.3.実践する機会を設けて経験を積ませる
  3. 3.社員育成の成功事例を紹介
    1. 3.1.若手社員に向けてベテラン社員が経験談を話す機会を設けることで成功した事例
    2. 3.2.キャリアアップの仕組みを明確にすることで成功した事例
    3. 3.3.1on1ミーティングによって成功した事例
    4. 3.4.社内外の各プロジェクトの共有する場を設けることで成功した事例
  4. 4.社員育成成功のカギは、一人ひとりに合った方法で進めること

社員育成とは?

パソコンを使用していきいきと仕事に取り組む従業員

社員育成は、企業や組織の経営戦略における非常に大切な要素です。人材は、勝手に育つものではありません。それぞれの企業や組織のカラーに合わせた社員育成を実施することで、より能力を発揮する社員を育てることができます。ちなみに、教育というと新入社員だけが対象に思われるかもしれませんが、既存社員に対しても必要なものです。

社員育成には、大きくわけて3つの方法があります。

OJT(On the Job Training)

OJTとは、職場で業務を経験させながら社員教育をおこなうことです。
直訳すると「仕事上のトレーニング」となるOJTは、実践を通じて経験を積ませ、より早くステップアップする人材を育てる方法となります。研修をおこなったり、講師を招いてレクチャーしたりする手間がかからず、低コストかつスピーディーに社員育成ができるのがメリットです。

Off-JT(Off the Job Training)

OJTの対極にある英語のOff-JTはオフの状態、つまり、職場ではなく違う場所で学び、知識をしっかり蓄えてから、徐々に実践に移っていくという仕組みです。
OJTと違って研修・教育を担当する講師が必要になるため、費用がかかります。しかし、一度に多くの社員育成ができることや、参加者同士のディスカッションなどによってコミュニケーション能力の向上、組織としての一体感や団結力が高まるなどのメリットがあります。

SD(Self Development)

SDと呼ばれる方法もあります。SDとはいわゆる自己啓発のことで、社内の人間や講師に指導してもらうのではなく、社員が自ら学ぶ方法です。自身でプログラムやセミナーに参加したり、仕事に関連した書籍を読んで知識を蓄えたり資格を取得したりすることで、会社の戦力になることを目指します。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「OFF-JT」は人材育成の鍵 OJTとの相乗効果でステップアップ 外に研修の場をつくるOFF-JT。今回はOJTとの違いや、行われる研修の種類などの基本的な情報を伝えます。あわせてOFF-JTとOJTのメリット・デメリットと、企業がOFF-JTとOJTを効果的に活用していくポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


社員育成を成功させるためのポイントとは?

このように社員育成の手法にはいくつかありますが、社員育成を成功させるためには、どのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか。

育成を始める前に目的を明確化し方針を定める

社員育成をどのようにおこなうか、つまり、方法を考えることが大切です。まずは、何のために社員育成をおこなうのかを考え、どのようなスキルを持った人材が自社に必要なのかを見極めることが最も重要なポイントといえるでしょう。

すべての社員に、同じ教育をおこなうことはおすすめできません。なぜなら、それぞれが違う環境で育ち、違う能力や経験、性格、特性を持っているため、育成方法にも合う・合わないがあるからです。社員によって育成すべきポイントが異なることを理解し、育成前にその人を「なぜ、どのように育成するのか」という目的や目標をはっきりさせてから、育成方針を決め、育成計画を立てていきましょう。

社員の強みや得意なことを伸ばすようにする

人は誰しも、苦手分野より得意分野のことをおこなう方がやっていて楽しいものです。多くの人が苦手なことでも、それが得意な人もいます。そのため、各社員に得意なこと・苦手なことをヒアリングし、できるだけ得意分野に携われるようにするのがおすすめです。

社員育成においても、得意分野を伸ばす教育をおこなうことによって、自発的に動ける社員を育てることができます。各社員がどのような強みや得意分野を持っているのかを知り、その部分を伸ばすように努めると、社員のモチベーションアップにもつながることで、従業員満足度が高くなります。楽しませて、褒めて伸ばすのが育成のコツです。

実践する機会を設けて経験を積ませる

学んで知識をつけるだけでなく、OJTのように実践する機会を設けることも大切です。「習うより慣れよ」という言葉があるように、現場で学ぶ機会を設けることで、効率よく経験値が高まります。

座学による学習も非常に大切ですが、その知識を実践して応用する力を身につけなければ、いくら知識があっても意味がなく、企業にとって良い人材とはいえません。自社にとって有用な社員を育成するためにも、ぜひ、実践の機会を設けて知識を「知恵」として定着させるようにしましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  人材育成の具体的な手法とは?企業が育てるべき社員像とよくある課題 全社をあげて人材育成に取り組んでいるものの、効果が見えず苦戦している企業も多いのではないでしょうか。今回は、自社に貢献できる人材育成の手法や、育てるべき社員像、育成段階で発生する問題点について紹介します。本記事で得られる人材育成のヒントを、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


社員育成の成功事例を紹介

企業が求める人材像と各従業員の能力に合わせた社員育成を実施する人事担当の従業員

ここでは、社員育成に成功した企業の実例を紹介します。各企業ではどのような取り組みをおこなっているのかを確認しましょう。

若手社員に向けてベテラン社員が経験談を話す機会を設けることで成功した事例

先輩や上司がやってきたことや失敗談を、若手社員や部下に話すことで社員育成をおこなった事例です。ベテラン社員が若手社員に向けて、これまでの経験談を話す機会を設けることで、若手社員は成功例や失敗例などの大きな学びを得ることができます。

実践の場ではトラブルが起きることもあり、教科書どおりにいかないことも多いですが、こうした取り組みによって若手社員も先輩の経験談をもとに対処できるようになります。そのため、より実践向きの育成方法だといえるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  新人研修では何をするべき?効果的な内容と成功のポイントを紹介 新人研修は、社会人1年目の新入社員が配属先にうまく着地できることを目的としており、業務に必要な基本知識やスキルの習得、企業文化の理解促進が重要です。今回は、新人研修を成功させるために、魅力ある研修内容の設計・実施はもちろん重要ですが、意外と知られていない大事なポイントも紹介します。 株式会社JTBベネフィット

キャリアアップの仕組みを明確にすることで成功した事例

「どうすれば次に進めるのか」「ステップアップのために何をしたら良いのか」という社員の悩みを解決するため、トレーニングによって確実にキャリアアップできる仕組みを取り入れた企業があります。

この事例では、幅広いコースを用意することで、社員が意欲的に取り組んでキャリアアップできるようになっています。様々な分野で強みを持つエキスパートになるよう、個性を伸ばすための教育です。キャリアアップの仕組みをわかりやすく提示することで、社員同士が高みを目指して競い合うという効果が生まれるメリットもあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  人材育成には目標設定が最重要!効果的に計画を実現する目標の定義とは 人材育成における目標設定は、社員のモチベーションや成長度合いを左右する最重要項目の一つです。そこで今回は、効果的な目標設定の条件や、達成に必要な目標管理、運用方法について紹介します。人材育成に効果的な目標設定の方法がどのようなものか悩んでいる人事担当者の方は、本記事を参考に最適な目標を設定しましょう。 株式会社JTBベネフィット

1on1ミーティングによって成功した事例

社員育成と聞いてイメージするのは、集団でセミナーを受けたり座学で知識を詰め込んだりする方法です。確かに、このような方法で教育することもありますが、社員の個性や特性を伸ばすためにはベストな方法とはいえないでしょう。
そこで、1on1ミーティングを実施して育成に成功した事例があります。

管理職にとって1on1ミーティングは、社員数が多い場合、時間がかかってしまうことこそは問題ではありますが、短い時間でも1対1で、誰にも邪魔されることなく話すことができます。じっくりと話し合う機会を設けることで、お互いに対する信頼が増し、本音で話せる関係を構築できます。仕事に対するフィードバックも個別にできるため、実務面での育成にも成功しやすい方法です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  1on1ミーティングの始め方!目的や進め方を理解して成功を手に入れよう 1on1ミーティングは、仕事上の課題・悩みの解決に向けて上司と部下で実施する取り組みです。人材育成にも効果を発揮します。単なる面談とは違い、双方が適切な理解と姿勢で臨む必要があります。今回は、1on1ミーティングの意義と成功させるために認識しておきたい目的や具体的なテーマの事例をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット

社内外の各プロジェクトの共有する場を設けることで成功した事例

社内外の様々な情報を社員同士が共有することで、社員の自発的な行動力を高めることに成功した事例です。この方法では、社員同士のコミュニケーション向上だけでなく、各社員が人にわかりやすく教えようと努めることで、自分自身の経験や知識を定着させる効果も期待できます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自律型人材とは?求められる要素や育成方法について解説 自律型人材とは、任された仕事に対して自分で考え、能動的に行動し、経営者の意図に沿った結果を出せる人材のことです。自発的に仕事に取り組むDX人材は、高い判断力やオリジナリティーによって企業に多くのメリットをもたらします。本記事では、自律型人材に求められる資質や育成時のポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


社員育成成功のカギは、一人ひとりに合った方法で進めること

OJTやOff-JT、SDも重要ではありますが、まずは、各社員に合った経験・体験をさせることが大切です。それによってマインドが醸成され、自己成長に向けた自発的な行動ができるように変化をもたらします。

どの社員にも均等に教育をおこなう画一的な方法だけでは不十分であり、一人ひとりの個性を鑑みて得意分野を伸ばすことで、社員育成の成功率は高くなるでしょう。そのために、社員一人ひとりのデータを収集し、深く分析して育成に最適なコンテンツを都度提案してくれるツールを利用するのも一つの方法です。

JTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」は、社員一人ひとりの価値観や特性、従業員のコンディションのデータを分析・可視化し、一人ひとりに応じたコンテンツ提供が可能です。それに基づいて、上司との1on1ミーティングを高度化させ、社員一人ひとりのwill(挑戦したいこと)について気づきを促していくといった支援が可能です。

とりわけ中小企業では、従業員一人ひとりが会社の戦力となるウェイトが大きいため、より一人ひとりに合った社員育成が必要です。効率的に人材育成をおこない、企業や組織の課題を乗り越えるためにも、ぜひ、flappiの導入・活用をご検討ください。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


EVP・flappiのお役立ち資料セットダウンロードバナー


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員体験(Employee Experience)とは?企業がEXを向上させるメリットとその事例 従業員体験(Employee Experience/通称EX)をご存知でしょうか。EXとは「従業員がその会社に所属することで得られる体験」を指します。人材不足の現在、離職の抑制や求職者への訴求力を高めるためには、EX向上の施策が不可欠です。今回は、EXが求められるようになった背景や施策例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  現代に求められる企業変革・人材育成とは?成功事例とともに解説 「チェンジマネジメント」とは、多くの会社で重要性が認知されている企業変革に取り組むマネジメント手法であり、「BPR」とは抜本的な業務改革の手法である、ビジネスプロセス・リエンジニアリング(Business Process Reengineering)のことです。本記事では、企業変革と人材育成に必要なチェンジマネジメントとBPRについて解説します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧