catch-img

従業員の才能を見出す「タレントマネジメント」で企業の底力をアップ

「タレントマネジメント」については、芸能界の「タレントとマネジャー」と誤解する人もいるかもしれませんが、意味は近いものがあります。本来「タレント」とは「能力」を意味する言葉です。ビジネスシーンにおいては、従業員一人ひとりが持つスキルを企業側が把握した上で、教育して適所に配置することをタレントマネジメントと言います。ここでは、近年注目を集めている、企業におけるタレントマネジメントの目的や効果、取り組みを解説します。

目次[非表示]

  1. 1.タレントマネジメントとは何か
  2. 2.タレントマネジメントの目的と効果
    1. 2.1.タレントマネジメントの目的
    2. 2.2.タレントマネジメントの効果
  3. 3.なぜ今、タレントマネジメントが注目されるのか
  4. 4.タレントマネジメントの取り組み
    1. 4.1.人材データベースの作成
    2. 4.2.次世代リーダーの発掘・育成
    3. 4.3.社内でのキャリアアップの実現
  5. 5.タレントマネジメントを導入する際の手順とポイント
    1. 5.1.目的に沿った人材発掘・配置
    2. 5.2.経営戦略や理念に基づいた人事戦略
    3. 5.3.人事部門自体を見直す
  6. 6.才能のデータベースは人事部門の財産になる

タレントマネジメントとは何か

組織の中に埋もれた才能を発掘し、教育し、活用することがタレントマネジメントです。具体的には、企業の目標達成のため、適切な人材を適切に登用・配置する施策ということになります。従業員一人ひとりが持つ「能力=タレント」を把握し、必要であればその能力を伸ばすことが求められます。

タレントマネジメントは1990年代にアメリカで生まれ、発展を遂げてきました。当時は日本でこの考えが広まることはありませんでしたが、近年になり日本でも注目され始めています。日本企業において長く続いた終身雇用や年功序列制度が事実上崩れたこと、経済のグローバル化による競争激化、さまざまな価値観や働き方改革推進による多様化が進んだことがタレントマネジメントが注目を集めている要因だと考えられます。また、少子高齢化による労働人口の低下に伴う人材不足も理由のひとつです。企業は優秀な人材を採用することはもちろんのこと、既存従業員の能力を見いだし、育成することで事業の継続的な成長を図らなくてはなりません。


タレントマネジメントの目的と効果

ビジネスの世界において注目されるタレントマネジメントの目的と効果は、以下のようなものです。

タレントマネジメントの目的

タレントマネジメントの目的は、従業員の適材適所への配置を行い、企業の売上・利益の増加や事業の拡大につなげていくことです。企業の宝は人材であり、その人材を活かすには、それぞれが最も力を発揮できるポジションに配置することが何より重要なのです。

タレントマネジメントの効果

時には苦手な業務に取り組むことが、成長の糧になることもあるでしょう。しかし向いていないことに時間を費やすより、本人に適した業務に取り組んだほうが、生産性が向上するのは明白です。従業員一人ひとりの能力を引き出し、さらに磨きを掛ければ、おのずと企業自体のポテンシャルが底上げされます。また、将来的に企業のリーダーとなる人材を発掘することにもつながるのです。


なぜ今、タレントマネジメントが注目されるのか

近年、社会状況やビジネス環境の変化によって、日本においてもタレントマネジメントの重要性が増してきています。日本社会は今、変革の時にあります。技術革新・グローバル化・顧客の好みの変化などの影響です。成長企業の多くは、タレントマネジメントを取り入れることで、こうした変化に柔軟に対応しようと努めています。

また、日本では人手不足が大きな問題になっていますが、これも適材適所の実現が対応策となります。限られた人材であっても、適切な人材配置をしていれば、個々が持つ力を最大限に発揮することができます。

適性を活かすことで従業員もやりがいを感じ、自分を理解してくれる企業に対して貢献したいと感じるようになります。つまり従業員エンゲージメントが高まり、パフォーマンスの向上を促進するということです。

このように、これまでの日本の年功序列制度では埋もれていたであろう「タレント」を活かすことは、企業と従業員双方の幸せにつながるのです。


タレントマネジメントの取り組み

タレントマネジメントを遂行するのは人事部門です。人事の視点から、具体的な取り組み内容と注意点を紹介します。

人材データベースの作成

人材のデータベースを作成することが、タレントマネジメント成功の肝となります。まず始めるのは人材の情報を集めて可視化することです。集める情報は「氏名、学歴、経歴」などの基本情報や「配属、評価」といった現在の状態に加えて、「資格」のスキルや性格・資質が分かる情報が含まれるのが望ましいです。また「所属企業においてどのような仕事をしてきたのか」や「キャリアプランはどういった方向性か」なども把握できるとより精度の高いデータベースが出来上がります。履歴書だけでは分からない、事実に則した情報が必要なのです。

この人材データベースによって従業員のタレントが「見える化」されます。現状を把握することで、組織に不足している人材と、埋もれていた人材が見えてきます。単なる過去の記録ではなく未来に活かすための素材となるのが人材データベースです。

次世代リーダーの発掘・育成

現在の経営陣が有能だったとしても、いつか世代交代の時が来ます。次世代に活躍できるリーダー候補の育成は、企業の命題です。一方で次世代リーダーの育成は企業にとって大きな課題でもあります。人材データベースを活用することで候補となる人材を発掘し育成できます。その人の能力や考え方などからリーダーとしての適性も見極められるでしょう。未来志向のタレントマネジメントだからこそ取り組める施策と言えます。

社内でのキャリアアップの実現

人事部門を始め、管理職側にとって有益な人材データベースですが、情報の見える化は従業員に対しても行うべきでしょう。同じ企業内でも、所属部署以外のことは意外と知らないものです。社内全体において業務内容や方向性を可視化することは、従業員がキャリアプランを描く際の助けになります。現在の業務に納得感がなかったり、ミスマッチがあったりする人材にとって、「この仕事をしたい」という希望や活路が見つかるような環境を整えることが大切です。

人事部は希望する部署や仕事に異動可能な体制をつくり、社内でのキャリアアップを実現させましょう。そうすることで人材の流出を防ぎ、成長や定着につながります。


タレントマネジメントを導入する際の手順とポイント

企業においてタレントマネジメントを導入する際の手順とポイントを、人事部門にできることを中心に見ていきます。

目的に沿った人材発掘・配置

最初に考えなくてはならないのは、なぜタレントマネジメントを導入したいのか、その目的を明確にすることです。タレントマネジメントを実行するときは、その目的に沿った人材発掘と配置を優先します。また目先の人手不足の解消だけでなく、長期的な視野を持つことを心掛けましょう。

経営戦略や理念に基づいた人事戦略

目的とも関わる部分ですが、タレントマネジメントは経営戦略や理念に基づいて実施します。人材データベースがそろったら、経営戦略・理念に合った人材がどこにいるか抽出します。現状でベストな人材がいないとしても、資質や適性がある人材を選び教育することは可能です。育成や能力開発は、企業にとって重要なことであるだけでなく、成長を実感できるという意味で従業員のエンゲージメント向上にも役立ちます。

人事部門自体を見直す

タレントマネジメントというシステムを活かせるかどうかは、それを遂行する社内組織の力にかかっています。そして遂行するのは人事部門であることが多いでしょう。人材を把握し配置することは、人事部門の基本の業務と重なります。しかしタレントマネジメントの実現には、通常とは異なる視点が求められます。

現状のままでは遂行が難しいと判断したら、思い切った改革に乗り出しましょう。人事部が率先して自らの組織を見直すのです。必要であればタレントマネジメントの専任部門をつくるというのも、ひとつの方策です。


才能のデータベースは人事部門の財産になる

タレントのデータベース化は労力がかかる作業になりますが、企業の財産となります。これまで重視されてきた年齢・学歴・職歴だけでなく、個人が持つ能力や適性を把握することで、ベストに近い適材適所が実現できます。時代に即して企業を発展させるために、タレントマネジメントの導入は効果的と言えるでしょう。


JTBベネフィットのEVPサービスについて

株式会社JTBベネフィットが提供するEVPサービスへの遷移ボタン


運営会社:JTBベネフィットについて

株式会社JTBベネフィットが提供するサービスサイトへの遷移ボタン

記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧