ダイバーシティマネジメントの必要性とは?スムーズに会社に取り入れるための解決すべき課題も紹介

​​​​​​​多様な人材と仕事をしてダイバーシティを推進する企業とその従業員

会社で働く従業員は、時代の変化とともに多様化しています。国籍や年齢、文化などが異なる人材を活用することで、これまでになかったアイデアを生み出したり、企業のグローバル化に対応したりすることができます。そこで欠かせないのが、「ダイバーシティ」という考え方です。ダイバーシティを経営方針に取り入れている企業は増えています。

今回は、ダイバーシティマネジメントの必要性を始め、スムーズに取り入れる方法、その際の課題を紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.ダイバーシティ&インクルージョンという考え方
  2. 2.ダイバーシティマネジメントとは
    1. 2.1.ダイバーシティマネジメントとは何か
    2. 2.2.ダイバーシティマネジメントの日本での現状
  3. 3.企業がダイバーシティマネジメントをおこなう必要性
    1. 3.1.労働人口減少
    2. 3.2.グローバル化
    3. 3.3.雇用に対する意識変化
  4. 4.ダイバーシティマネジメントのメリット
    1. 4.1.企業イメージの向上
    2. 4.2.人材の確保
    3. 4.3.従業員の活躍の場が広がる
    4. 4.4.広い視野による創造性の向上
  5. 5.ダイバーシティマネジメントの課題
    1. 5.1.社員間のコミュニケーション
    2. 5.2.職場環境の整備
    3. 5.3.柔軟な勤務制度
    4. 5.4.研修・セミナーの実施
    5. 5.5.ハラスメント対策
  6. 6.ダイバーシティマネジメントの課題解決はflappiにお任せください

ダイバーシティ&インクルージョンという考え方

ダイバーシティ&インクルージョンとは、「ダイバーシティ=多様性」と「インクルージョン=包摂」をあわせて、「多様性を受け入れる」という概念です。性別や年齢はもちろん、人種、民族、価値観など人は一人ひとり異なります。お互いに違いを認めて受け入れることが重要であり、それが企業の成長につながると考えられています。お互いの良いところや強みをかけ合わせることで企業は大きな成長を遂げ、ビジネスにおいて多くの価値を生み出すことができるのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ダイバーシティ&インクルージョンとは?企業への影響と対応を解説 多様化が進む社会で、ビジネスの世界でも「ダイバーシティ&インクルージョン」という考え方が広がっています。今回は、「多様性」を表す「ダイバーシティ」と「包括・内包する」という意味の「インクルージョン」をあわせ持つ考え方とはどんなものであり、何に役立つのか、自社で推進した場合の影響や対応を解説します。 株式会社JTBベネフィット


ダイバーシティマネジメントとは

外国人材など多様な人材と仕事をしてダイバーシティに取り組む従業員

次に、ダイバーシティマネジメントについて詳しく見てみましょう。

ダイバーシティマネジメントとは何か

ダイバーシティマネジメントとは、ダイバーシティという考え方を企業経営に取り込むことを定義としています。多様な従業員を受け入れ、そのメリットや強みを活かしながら企業として力をつけ、成長を目指すのがダイバーシティマネジメントです。

ダイバーシティマネジメントは1960年代にアメリカで生まれた考え方で、雇用における人種差別に反対する動きがきっかけで誕生しました。これによって、世界では企業のグローバル化が進むにつれ、人種を問わず才能ある人材を受け入れるようになりました。

ダイバーシティマネジメントの日本での現状

アメリカでは1960年代に生まれたダイバーシティマネジメントですが、日本では1990年代にアメリカで浸透されるようになってから取り入れられるようになりました。
しかし、日本企業では、ダイバーシティマネジメントを取り入れる企業はまだ少なく、発展途上といえます。特に、男女間の格差は大きく、女性活躍推進法を始めとした働き方が進められているとはいえ、現状はいまだ男性社会といえます。

大手企業や先進的な企業では、徐々に従業員の女性比率が高まったり、コロナ禍でのテレワークや時短勤務の導入が促進されたこともあり、育休の取得率も高くなったりしていますが、いわゆる中小企業の会社で女性の労働環境が整備されているところは多くありません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  女性活躍推進法の概要や対応事項の要点をチェック!条文改正後の内容も網羅! | はたらくサプリ 法改正でますます話題にあがるようになった女性活躍推進法ですが、どのような法律なのでしょうか。今回は、女性活躍が推進される背景や、分かりにくい条文の解釈、女性活躍推進の効果や問題点について詳しく紹介します。他にも、女性活躍を推進する際に直面する実務的な疑問について、丁寧に解説します。 株式会社JTBベネフィット


企業がダイバーシティマネジメントをおこなう必要性

なぜ、企業はダイバーシティマネジメントをおこなう必要があるのでしょうか。ここでは、その必要性について解説します。

労働人口減少

少子高齢化により、日本では若い世代の働き手が減っています。そのような状況下で有能な人材を確保するには、ダイバーシティマネジメントの考えを取り入れ、性別、年齢、人種、民族、価値観といったものにとらわれない人材の登用が必要ということがわかります。


あわせてよみたいおすすめの記事

  多様な人材を効果的に活用するための手法、インクルージョンとは? ダイバーシティに比べ認知度が低いインクルージョン。しかし本来、インクルージョンはダイバーシティとセットで考えるべきものです。そこで今回はインクルージョンの意味から、ダイバーシティとの違い、そしてインクルージョンを企業で始める際の注意点について考察していきます。 株式会社JTBベネフィット

グローバル化

近年は、日本の企業が海外進出を果たしたり、海外の企業が日本進出を果たしたりすることも珍しくありません。つまり、国内外を問わず企業のグローバル化が進んでいるということです。ダイバーシティマネジメントは多様な人材を受け入れる考え方でもあり、今後も加速するグローバル化においては必須といえるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  グローバル人材とは?必要なスキルと育成方法を解説! コロナ禍により世界の社会情勢が不安定ですが、先行きの見えない現状を打破していくためには、国内だけなく海外でも通用する成果を出すことのできるグローバル人材が不可欠です。グローバル人材は募集をかけて採用する他、自社で育成することが重要です。今回は、グローバル人材に必要なスキルと育成方法を解説します。 株式会社JTBベネフィット

雇用に対する意識変化

かつては、家族や私生活を犠牲にして辛い仕事に耐える、という生き方は珍しくありませんでした。しかし、時代の変化とともにその考え方は少しずつ薄れ、仕事にやりがいや達成感を求めたり、プライベートとの両立を図ったりするような新しい考え方が広く浸透し、尊重されるようになりました。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ビジネスにおける意識改革がもたらす効果とは?組織的に意識改革を成功させる方法 従業員一人ひとりの意識改革をおこなうことは、生産性向上や業務効率化、従業員の離職防止などにおいて有効な方法です。今回は「従業員の意識改革を成功させるには?」と疑問を持っている経営者や人事総務担当者に向けて、意識改革によって得られる効果と、企業で意識改革に取り組む際の成功のポイントを解説します。 株式会社JTBベネフィット


ダイバーシティマネジメントのメリット

人材やダイバーシティをマネジメントするメリットについて議論する従業員

次に、ダイバーシティマネジメントを取り入れることのメリットを紹介します。
これまでダイバーシティマネジメントという考え方とまったく縁がなかった企業や組織でも、経営方針の中にダイバーシティマネジメントを取り入れることで多くのメリットが得られます。

企業イメージの向上

まず、企業イメージの向上です。
ダイバーシティマネジメントを取り入れることは、人材確保において門戸を広げることを意味します。性別や年齢、国籍、人種を問わず優秀な人材を確保することで、従業員同士のモチベーション向上や、業務の質の向上も図れるでしょう。

人材の確保

ダイバーシティマネジメントによって、人材確保における視野が広がります。
これまでは性別や年齢、国籍などの条件によって人材選びにおける視野が狭くなっていましたが、ダイバーシティマネジメントによって、世界中からより優秀な人材を確保できるようになります。人材確保の採用条件を広げることで、従業員数も安定するでしょう。

従業員の活躍の場が広がる

ダイバーシティマネジメントによってメリットを享受するのは、企業だけではありません。
働く従業員も、得意分野を考慮した役割が与えられたり、苦手な部分を補完してもらったりしながら業務にあたることができます。従業員一人ひとりが活躍できる場を持つことで、やりがいやモチベーション向上につながるでしょう。

広い視野による創造性の向上

ダイバーシティマネジメントを取り入れることで、多種多様な人々が1つの企業に在籍することになります。そうすることで、文化や経験の違いから様々なアイデアが生まれ、これまでになかった企画を発案したり、市場の変化にも素早く対応したりできるでしょう。
ダイバーシティマネジメントには、ビジネスチャンスを逃さない広い視野を手に入れることができるというメリットもあるのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ダイバーシティ対応で押さえるべき5つの重要ポイントと2つの注意点 多様な人材の能力を包括するダイバーシティ対応は、企業の競争力を高める上でも欠かせない人材活用戦略です。ダイバーシティは、人手不足の解消にも役立ちます。本記事では、ダイバーシティによって得られる企業のメリットや、この取り組みを成功させるために欠かせない実践ポイント、注意点などを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


ダイバーシティマネジメントの課題

ここまでダイバーシティマネジメントを取り入れる必要性やメリットについて紹介しましたが、今後、企業や組織がダイバーシティマネジメントを取り入れていく上で、どのような課題や注意点をクリアする必要があるのでしょうか。
スムーズに導入し、従業員にどのように周知させ、どう運用していけばいいかを具体例を見てみましょう。

社員間のコミュニケーション

まずは、従業員同士でのコミュニケーションを図ることです。
ダイバーシティは、様々な人を受け入れることなので、これまで社内にはいなかったような人が入社することもあるでしょう。そのため、実際にダイバーシティマネジメントを始めるためには、既存の従業員のコミュニケーション能力を高めるように努め、意思疎通がスムーズにできるようにする必要があります。
ダイバーシティマネジメントを積極的に進める企業の中には、ミーティングの時間を積極的に取ったり、オフィスでもテレワーク環境下でも顔を合わせる時間が増えるような取り組みをおこなうところもあるようです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「社内コミュニケーション」の重要性と活性化のための施策・ポイント ビジネスで成果を挙げるには、従業員同士のコミュニケーションが重要な要素のひとつです。そこで今回は社内コミュニケーションが重要である理由から、コミュニケーション不足が生まれる理由やその弊害、そしてコミュニケーションを活性化させるための取り組み方法について考察します。 株式会社JTBベネフィット

職場環境の整備

多様な人材を受け入れる前にやっておくべきことは、職場環境を整えることです。
考え方や文化があるため、これまでと同じような働き方を強いることは難しくなります。例えば、テレワーク(在宅勤務)や時短勤務など通常の働き方とは異なる人材を受け入れる場合、それまでの職場環境では対応できないこともあるでしょう。
インターネット環境の整備を始め、国・地域で異なる風習や文化について共有するなどして、トラブルにならないように努めましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワーク導入で誰もが感じる6つのデメリットへの対応策を紹介! 新型コロナの感染拡大当初は、多くの企業でテレワーク(リモートワーク)が導入されましたが、コロナ禍が長期化するにつれ、デメリットも露見し始めているのではないでしょうか。今回は、多くの人が感じている6つのデメリットについて解説し、それらをどのようにすれば解決できるか対応策を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

柔軟な勤務制度

近年、テレワーク(在宅勤務)、フレックスタイム制の導入を始め、働き方改革によって様々な勤務形態が生まれています。
ダイバーシティマネジメントでは、個人の能力を最大限に発揮させて生産性を向上させるためにも、様々な勤務時間・勤務場所を認めるなど、柔軟な勤務形態を取り入れることが求められるでしょう。もちろん、既存の従業員にも大きく関わるため、配慮を忘れないようにしましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  働き方改革で生産性向上をかなえる!実施企業の事例も紹介! 働き方改革は、労働者の働き方の選択肢を広げるメリットがある一方、企業側は生産性向上に取り組まなければ、今後の安定的な経営が難しくなるかもしれません。今回は、生産性向上の目的や、生産性向上に取り組む企業の事例を紹介していきます。生産性向上の本質をとらえて、自社の取り組みに活かしていきましょう。 株式会社JTBベネフィット

研修・セミナーの実施

ダイバーシティマネジメントは、経営側が導入を決定したとしても、すぐに実行できるものではありません。優秀な人材を確保し、社内に順応してもらい力を発揮してもらうというプロセスが必要です。
手順としては、まず、ダイバーシティマネジメントという考え方への理解を深める研修やセミナーを実施しましょう。導入のメリットや、より良い活用方法を従業員一人ひとりが認識することで、効果的にダイバーシティマネジメントを進めることができます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業におけるダイバーシティ施策の推進のために重要となる意識改革 近年、日本企業の成長戦略のひとつであるダイバーシティが注目を集めていますが、企業が推進しても従業員への周知が進んでいないのが現状です。ここではダイバーシティの本質を見極める3つの分類と活用例を紹介します。ダイバーシティ施策で成果をあげるためには自社に合った効果的な取り組みを推進し、社内の意識改革を行いましょう。 株式会社JTBベネフィット

ハラスメント対策

ダイバーシティマネジメントにおける最大の課題が、ハラスメントです。
例えば、外国籍の人が入社した場合、なかなか意思疎通ができないのをいいことに、相手が傷つくような言葉を投げかけるのです。無意識であることもあれば、認識の相違によって不適切な言葉を使ってしまうこともあるでしょう。
このようなハラスメントを防止するために、入社する人の国や文化に関する正しい知識を学ぶことにより身につけ、新しい価値観を受け入れるよう努めましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ハラスメント防止の法律「パワハラ防止法」の施行で企業に求められる施策と措置 2020年6月から日本の法律で初めてパワハラ防止を定めた「改正労働施策総合推進法」(通称:パワハラ防止法)が施行されました。これまで以上に企業にはパワハラを含めた職場のハラスメント防止のための施策と措置が求められます。今回は、関連する法律とともにどのような対策を講じるべきか確認してみましょう。 株式会社JTBベネフィット


ダイバーシティマネジメントの課題解決はflappiにお任せください

新たな人材を確保し、企業のグローバル化を図ることができるダイバーシティマネジメントの導入により、企業としての在り方はもちろん、既存の従業員も大きく変わるでしょう。
しかし、ダイバーシティマネジメントを推進していく中で、多様化していく人材が求めるものや必要とするものを、企業や組織としてうまく提供できないといった壁にぶつかることもあるでしょう。そのような時に、解決策を示してくれるのが、JTBベネフィットのEVP向上サービス「flappi(フラッピ)」です。

flappiは、従業員の個人データを収集・分析し、データから資質や価値観を可視化するとともに、従業員一人ひとりに最適なソリューションの提案までをトータルでおこなうサービスです。多種多様な従業員の隠れたニーズや能力を明らかにし、そこに気を配った教育や研修、環境づくり、心理的ケアなどをおこなうことで、従業員の成長はもちろん、企業の躍進にもつながります。
多様性を受け入れ、変化と進化を求めていく企業にとって強い味方になるflappiを、ぜひご検討ください。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


EVP・flappiのお役立ち資料セットダウンロードバナー


あわせて読みたいおすすめの記事

  EVPとは?近年注目を集める背景と、会社がEVPを高めるメリットを解説 EVPとは、「会社が従業員に提供できる価値」のことで、企業として現代の競争社会を生き抜くためにおさえるべき重要なポイントです。今回は、EVPが注目されている背景やメリット、向上のための具体的な手順について紹介していきます。EVPを高め、従業員に選ばれる唯一無二の魅力的な会社を作っていきましょう。 株式会社JTBベネフィット


  ユニバーサルデザインの7原則とSDGsの関係性を身近な例とともに解説 最近よく耳にするユニバーサルデザインですが、これは限られた人たちを対象にしたものではなく、私たち一人ひとりに関係したメッセージを含んでいます。今回はユニバーサルデザインについて身近な例から歴史と根幹にある7原則を紐解き、バリアフリーとの違いやダイバーシティ、SDGsとの関係性などを解説します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧