【商社編】今、企業から求められる人材像とは?採用・育成方法も解説

​​​​​​​人事・総務担当者のお悩みを解決!新人研修の必要性と効果的な内容、成功に導くポイントを紹介7

ビジネスのグローバル化やAI技術の発展により、企業が求める人材像に大きな変化が生じました。そこで、採用や育成に携わる人事担当者へ向けて、求められる人物像の基礎要件や、特に商社(専門商社)に求められる人物像、優秀な人材の採用や育成のポイントについて解説します。

目次[非表示]

  1. 1.今、企業から求められる人材とは?
    1. 1.1.当該分野の基礎的な知識に関して、徹底的な理解がある人材
    2. 1.2.グローバル感覚のある人材
    3. 1.3.マネジメント力がある人材
    4. 1.4.社会人基礎力の高い人材
  2. 2.グローバル化の進行にともない求められる人材像
    1. 2.1.英語力は大前提、異文化への理解力とコミュニケーション力も重要
    2. 2.2.能動的な発信能力が問われる
    3. 2.3.グローバルな変化に対応できる立案能力
  3. 3.AI化が進んでもなお求められる人材像とは? 
    1. 3.1.マニュアル化できる仕事は必要なくなる
    2. 3.2.求められるのは「AIを使える」人材
    3. 3.3.コミュニケーションは人間の領分のまま
  4. 4.商社に求められる人物像とは
    1. 4.1.アイデアを実行に落とし込める人材
    2. 4.2.緻密で周到な計画を立て、躊躇なくそれを捨てられる人材 
  5. 5.「企業に求められる人材」を確保するための育成と採用方法
    1. 5.1.人物重視の採用をおこなう
    2. 5.2.自発性を発揮できる環境と社風をつくる
    3. 5.3.責任を持たせ多様な職務に就かせる
    4. 5.4.必要なくなる人材は抑制も必要
  6. 6.経営資源を「求められる人材」へと集中させる

今、企業から求められる人材とは?

現代の日本社会で求められているのは、以下のような特徴が備わった人材です。

当該分野の基礎的な知識に関して、徹底的な理解がある人材

将来的に自社の社員がどのような役職やキャリアを目指す場合においても、その分野の基礎的な知識や技術の習得は不可欠です。どんな仕事内容であっても、基礎がしっかりしているとその上のステップとなる人材教育や研修の成果も上がりやすくなります。
また、多くの企業が求めるスペシャリスト兼ゼネラリストとなるT型人材を目指す上でも、専門性の土台となる基礎知識の徹底は必要になるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  T型人材とは?T型人材を採用・育成するための本質を解説 T型人材とは、ゼネラリスト兼スペシャリストのスキルを持つ人材の総称です。AI技術の普及などで従来型スペシャリストや従来型ゼネラリストの能力に限界が生じたことで、近年の日本ではT型人材の採用や育成への動きが活発になっています。今回は、T型人材のバリエーションや育て方などを解説します。 株式会社JTBベネフィット

グローバル感覚のある人材

ビジネスのグローバル化が進む近年では、多様な地域で様々な人々とともに働けるだけのグローバル感覚が求められるようになりました。この素質には、地球環境や社会の調和や共存といった視点で物事を考えられるあたたかい配慮も含まれます。
また、競合優位性を高めようとする企業では、自身の専門領域を他分野で活用し、新たな領域を構築する能力も求められています。


あわせて読みたいおすすめの記事

  グローバル人材とは?必要なスキルと育成方法を解説! コロナ禍により世界の社会情勢が不安定ですが、先行きの見えない現状を打破していくためには、国内だけなく海外でも通用する成果を出すことのできるグローバル人材が不可欠です。グローバル人材は募集をかけて採用する他、自社で育成することが重要です。今回は、グローバル人材に必要なスキルと育成方法を解説します。 株式会社JTBベネフィット

マネジメント力がある人材

企画開発から製品化、サービス展開といった会社における一連のバリューチェーンを俯瞰し、プロジェクトを遂行できる人材も企業から重宝されます。
また、管理職の立場で企業に貢献するためには、新たな技術やトレンドをうまく取り入れることで自ら市場を掘り起こすスキルも必要です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  イノベーション人材にはどんな特徴があるのか?社内育成するための方法は? イノベーション人材は企業の成長に欠かせない存在です。世界中でイノベーション人材の争奪が激しくなっています。今回はイノベーション人材とはどのような人材を指すのか、イノベーション人材を採用するために企業は何をすればいいかを解説します。育成方法も紹介していますので参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

社会人基礎力の高い人材

経験から習得した知識を現場で有効活用していくためには、経済産業省が公開する「人生100年時代の社会人基礎力」の概念として掲げられている3つの能力と12の能力要素を満たすことも必要です。


社会人基礎力の定義

3つの能力
前に踏み出す力
考え抜く力
チームで働く力
12の能力要素
主体性
課題発見力
発信力
働きかけ力
計画力
傾聴力
実行力
創造力
柔軟性


情況把握力


規律性


ストレスコントロール力

優秀な人材への教育では、この基礎力を土台として専門性を高めるための研修などを進めていきます。その際、最初にゴールを設定し、途中で見直しや改善を加える流れにすると、将来のキャリアアップに向けて高いモチベーションを維持しやすくなるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自律型人材とは?求められる要素や育成方法について解説 自律型人材とは、任された仕事に対して自分で考え、能動的に行動し、経営者の意図に沿った結果を出せる人材のことです。自発的に仕事に取り組むDX人材は、高い判断力やオリジナリティーによって企業に多くのメリットをもたらします。本記事では、自律型人材に求められる資質や育成時のポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


グローバル化の進行にともない求められる人材像

経済社会の国際化が進む今の時代は、企業のグローバル化に対応できる以下のような人材像が多くの企業から注目されています。

英語力は大前提、異文化への理解力とコミュニケーション力も重要

グローバル化する社会で高い能力を発揮して活躍するためには、外国の顧客や取引先とのコミュニケーションに用いる英語力だけでなく、日本以外の文化や考え方を理解する姿勢も必要です。
多様な働き方が推進される近年の日本では、ダイバーシティの概念に基づいて、国籍や人種、宗教などにおいて多彩な属性を持つ人材の採用がますます進むことが予想されます。その上でも、語学力のみならず、異文化への理解力を持つ人材が求められるようになっています。

能動的な発信能力が問われる

グローバル化する世界では、バックグラウンドの異なる人や企業と交渉したり、自身の考えや良案を能動的に発信したりする力も必要です。
そのため、例えば、企画や計画などを文章や図表にあらわし、効果的にプレゼンテーションできるスキルがあると理想的です。高い発信力を目指す人材には、結論から物事を説明するアンサーファーストの意識も必要となるでしょう。

グローバルな変化に対応できる立案能力

目まぐるしく変化するグローバルな世界では、柔軟な思考で課題を探りつつ事業の構想を練る力も求められます。個々の人材に高い立案力や事業構想力が身につくと、個人レベルの最適化だけではなく企業全体の利益や成長につながり、企業が理想的な組織へと成長しやすくなります。
「いつまでに何をするか?」を考える立案能力は、将来リーダーや経営幹部になるにあたっても必要な資質となるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ダイバーシティ&インクルージョンとは?企業への影響と対応を解説 多様化が進む社会で、ビジネスの世界でも「ダイバーシティ&インクルージョン」という考え方が広がっています。今回は、「多様性」を表す「ダイバーシティ」と「包括・内包する」という意味の「インクルージョン」をあわせ持つ考え方とはどんなものであり、何に役立つのか、自社で推進した場合の影響や対応を解説します。 株式会社JTBベネフィット


AI化が進んでもなお求められる人材像とは? 

デジタルトランスフォーメーションを活用してWEB会議をする従業員

AIによる人間の仕事の代替が進む中、それでも企業から求められる人物像には、以下の特徴があります。そして、これらは今の日本社会で最も需要のある人物像とも共通しています。

マニュアル化できる仕事は必要なくなる

まず、AI技術が普及すると、マニュアル化できる定型業務の大半で置き換えが進みます。例えば、高度な知識を必要とする弁護士や医師の仕事においても、裁判例の照合や単純な質問への回答は、AIに任せられる可能性が高いです。
したがって、AI普及後でも求められる人物像を考える際には、職種や資格よりも「単純作業ではない仕事ができるかどうか?」という視点が鍵になります。

求められるのは「AIを使える」人材

こうした社会で重宝されるのは、AIに的確に指示を出すなど、新技術を使いこなして成果を生み出すことができる創造的な人材です。例えば、AI技術に精通したプランナーやコンサルタントは、AIエンジニアとコミュニケーションを図りながら、顧客の問題解決につながる提案ができます。
周辺技術とAIを組み合わせるエンジニアや、統計や数値からAIモデルの開発をするデータサイエンティストのようなスキルがあれば、デジタル化する産業界で引く手あまたの人材になるでしょう。

コミュニケーションは人間の領分のまま

人材のコントロールなど、コミュニケーションを通して他分野と協調する仕事は、AIが普及しても置き換えられない可能性が高いです。このように、将来的にもそのまま人間がおこなう可能性の高い業務については、今後も従業員のコーチングや人材育成が必要となります。
ミーティングなどで相手の気持ちを推し測り、チームの雰囲気を良好にするなど、感受性を使うこともAIには難しい領域です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【あなたの仕事はどう変わる?】アフターコロナのニューノーマル時代!職種のあり方が変わる! オックスフォード大学のオズボーン博士らの論文『雇用の未来』では、あらゆる仕事の担い手がコンピューターに変わり、米国雇用者の約47%は20年後には職を失う可能性が高いと結論づけましたが、ニューノーマル時代の私たちの仕事はどう変わるのでしょうか?今回は、業種や職種の変化をテーマに具体例を交えてご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


商社に求められる人物像とは

社内とテレワークのハイブリッドWEB会議で資料をみせている従業員

グローバル化やAIをはじめとしたIT化が加速する今、商社に求められる人材について、専門商社の人事担当者にお話を伺いました。

アイデアを実行に落とし込める人材

グローバル化やAI技術の発展に加えて、新型コロナウイルス感染症の影響でデジタル化が加速的に普及し、ビジネスの可能性を大きく広げました。例えば、日本の裏側にあるブラジルまで、飛行機に乗って何十時間も移動しなくてもWEB会議ですぐに商談ができるようになりました。もう少し正確にいうと、これまで「当然」とされていた「対面のコミュニケーション」以外の選択肢が、広く許容される世の中になりました。

時代が変わる中で、ビジネスの源泉となる人のニーズも変わります。もともと、商社は商品を持たない不安定なビジネスで、他の業界に比べてビジネスモデルの制約が緩い反面、アイデアが生命線で、これが失われると成立しない業態です。よって、多くの経験を積み、多様な価値観に触れて、発想の引き出しを多く持っている人材を求めます。加えて、時代が大きく動いている昨今では、アイデアを語れるだけでなく、「それを実行に落とし込める人材」を転職者だけでなく新卒の就活生からも強く求めています。

緻密で周到な計画を立て、躊躇なくそれを捨てられる人材 

アイデアを実行に落とし込める人材とは、批判的検証に耐え、温めてきた計画を躊躇なく変更できる、場合によってはそれを捨てることができる人材と言い換えられます。どれだけ綺麗なアイデアで、どれだけ輝かしい成果が出ても、その過程では多くの想定外に出会い、いくつもの傷を負い、つぎはぎだらけでも何とか道をつなげてゴールに辿り着く覚悟が必要です。

アイデアに思い入れが強く、周到に準備をすれば、それだけその計画に固執してしまいシナリオ通りに運ばなくなった時に立ち止まってしまうのですが、その時に前へ進める商社マンになれる人材を商社は求めています。

計画を変更する前提であれば、計画は緩くても良いという誤解を生みかねないのですが、それは明確に否定します。緻密で周到な計画がなければ、ビジネスの現場では土俵にすら上がれません。また、細部に渡って計画を立てる際に得た知見やケーススタディは、プロジェクトを進める上で困難を打開する際に大きな武器となるのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  職場を変えるハイパフォーマー!その行動特性から育成方法まで 高いスキルや経験を持ち合わせた優秀な人材が「ハイパフォーマー」です。ハイパフォーマーの獲得、育成は、今後の企業の成長を左右する重要な課題といえるでしょう。今回は、ハイパフォーマーの概念や行動特性、育成方法などを紹介していきます。ぜひ自社での取り組みの参考にしてみてください。 株式会社JTBベネフィット


「企業に求められる人材」を確保するための育成と採用方法

応募者とリアル面接をしている人事採用担当者の従業員

ここまで紹介した特徴を持つ人材をどのように確保すべきかについて、採用と育成の両面から考えていきます。

人物重視の採用をおこなう

まず、採用時に注意すべきなのは、新卒・転職にかかわらず応募があった人物の成績や学歴、経歴といった履歴書の情報にこだわらず、伸びしろのありそうな人材を選ぶということです。人材教育の業界では、新たなスキルは3年あれば十分に身につけられるといわれています。
したがって、企業が求めるスキルを今持っているかよりも、グローバル感覚を含めた柔軟性や社会人能力の有無を重視した採用活動を進めるのが理想です。

自発性を発揮できる環境と社風をつくる

同調圧力が強く、上司が部下を支配するような職場では、従来型の受動的な人材しか育ちません。これからの社会で役立つ人材を企業が育成するにあたり、まず経営陣や管理職の意識を変えて、従業員が自発的に能力を発揮できる環境をつくるようにしてください。
管理職の意識改革に向けて社内研修などをする際には、グローバル化やダイバーシティなどに強い外部講師に依頼をしても良いかもしれません。

責任を持たせ多様な職務に就かせる

従業員の考える力を育むためには、あえて上司が正解を与えず、試行錯誤しながら答えを導き出す体験を積ませるのがおすすめです。自分自身の考案でプロジェクトが進むと、その成功体験によって、自信を持って仕事ができる人材へと成長していきます。
また、チームリーダーなどの責任ある仕事に就かせることは、外発的動機づけにもなります。従業員のモチベーションを高いレベルで保つ上でも非常に役立つことでしょう。

必要なくなる人材は抑制も必要

限られた経営資源の中で、効率的な人材育成や採用活動を進めるためには、AIの普及などによって代替可能となった業務を外部へアウトソーシング化する試みも必要です。こうした工夫によって削減できたコストは、ハイレベルな人材の育成や新たなイノベーションの創出などにまわすことができます。
コロナ禍で先行きが見えない中でも社会が目まぐるしく変化する今の時代では、事業運営をおこなう企業にも臨機応変な対応や方向転換が求められます。人材などの経営資源においても、アウトソーシング化などを活用しながら、必要なものに集中すべき世の中になりつつあるといえそうです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ニューノーマル時代の採用活動における要点と今企業が求める自律型人材を紹介! コロナ禍で採用活動のニューノーマルに頭を悩ませている方も多いと思います。今回は、採用活動のニューノーマルにおける懸念と解決策を提示しつつ、こんな時代だからこそ採用したい自律型人材を紹介します。また、新卒と中途の違いや採用のポイント、応募者が企業に求めるものなど、採用担当者必見の情報をお届けします。 株式会社JTBベネフィット


経営資源を「求められる人材」へと集中させる

近年の日本では、多くの企業で以下のような人材が求められるようになりました。

・業務分野の基礎知識を徹底的に理解している人材
・グローバル感覚のある人材
・マネジメント力の高い人材
・社会人基礎力の高い人材

また、グローバル化やAI技術の発達により、これらに加えてさらに多くの条件を満たす人材の採用・育成が企業にとって必要な時代になりつつあります。そのためには、グローバルな事業展開とそれに見合った人材確保が至近での課題です。
人材確保においては、条件に合った人材を採用して自社マインドの醸成をおこなうというところにとどまらず、従業員自らが会社や所属部署が抱えている課題を理解し、自ら課題を解決しようと考えて行動を起こすことのできる自律型人材へ育成が必要です。人材育成は、企業における事業活動の発展と継続へつながります。世の中の動向を的確にとらえながら、既存事業だけにとらわれないイノベーションを起こす人材育成に取り組みましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  経営人材とは?育成のために企業がおこなうべきこと、成功のポイントなどを紹介 経営人材とは、「CEO・COO(社長)」または「副社長・専務・常務」と定義され、企業を発展・持続させるためにも、次世代の経営の担い手を育成する取り組みは必要です。本記事では、経営人材に求められる要素をはじめ企業側が行うべきこと、経営人材の育成を成功させるためのポイントやサービスついて解説していきます。 株式会社JTBベネフィット


  ジョブローテーション制度を活用し、人材の長期的な育成を目指そう! 一定期間でさまざまな部署への異動を繰り返すジョブローテーション。日本企業では広く採用されている研修制度ですが、ときには「望んでもいない異動を強いられる」といったネガティブなイメージを持たれることもあります。真のメリットと運用におけるポイントを解説します。 株式会社JTBベネフィット



記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧