わが社の働き方改革奮闘記 ~時差出勤編~

わが社の働き方改革奮闘記 ~時差出勤編~

2歳半の娘を持つママリーマンです。

わが社は2018年度から、育児・介護従事者を対象とした「時差出勤」という制度が始まりました。

フレックスタイムに近いのですが、まだまだフレックスまでは踏み込めない第一次ステップのようなものでしょうか?

始業時刻が8:00、終業時刻が18:00の中で、自分の勤務時間帯を選ぶことができます。

目次[非表示]

  1. 1.時差出勤の要件と現状は、家族間の協力があってこそ成立される
  2. 2.働き方改革における個人的な価値観と時短勤務への警鐘
  3. 3.幸せを求め続けて日々最大限にパワーを発揮!

時差出勤の要件と現状は、家族間の協力があってこそ成立される

私が働く上での必要(希望?)要件は4つあります。
(1)通勤時間1時間15分
(2)保育園の送り7:30、お迎えが18:00
(3)月・火・木:保育園お迎え担当、水・金:保育園送り担当
(4)フルタイム勤務(8時間半拘束・7時間半勤務)


曜日によって勤務時間と可変させることで、会社員の旦那と私の双方がフルタイム勤務で通常業務時間と週2回以上の残業時間を確保しつつ保育園の預かり時間を1日あたり11時間以内という運用を続けています。

具体的にはこんな感じ。

旦那と私は条件違えど、時差出勤が認められる環境にあるからこそ実現できる働き方です。
これで「9:30~18:00勤務」の一択しかなければ、どちらかが「時短」勤務を選択するしかありません。
私がこの制度が導入されなかったら、きっと自分が時短をするという決断をして「なんで私ばっかり」と旦那に対する愛情曲線は最低レベルを爆走するところでしたよ。


働き方改革における個人的な価値観と時短勤務への警鐘

「時短勤務が悪いのか?」
いえいえとんでもございません!
「働き方改革」は個人の価値観や目的に依存するものです。
子どもと過ごす時間は最高の幸せだし、「働く時間」と「子どもと過ごす時間」のバランスはそれぞれの価値観に基づいて決めるだけの話しです。

でもね、日本という国は「労働時間=給料」すなわち、「時短勤務=減給」は事実です。

時短勤務をしていても、フルタイム勤務と同じだけのパフォーマンスで仕事をしていたら?
それに合わせて、フルタイム勤務の人と同じ評価をして、同等の給料を支払うようになるのかしら?

労働者に対して徹底した成果主義の企業でない限り、簡単ではないですよね。


幸せを求め続けて日々最大限にパワーを発揮!


「自分にとっても幸せ」について悩みながら
何を優先すべきか、常に取捨選択をし続ける毎日

​​​​​​​
ママリーマンの脳みそは、会社でも外でもフル回転です。

ママリーマン


あわせて読みたいおすすめの記事

  わが社の働き方改革奮闘記 ~新米パパの変則勤務編~ | 株式会社JTBベネフィット 我が国の現職の男性官僚が育児休暇取得を発表したことで、父親の育児参加が話題になっていますが、わが社では女性従業員のみの適用が現状です。では、男性従業員はわが社のどのような制度で育児参加ができるのでしょうか。今回は、前倒しの変則勤務時間制度を取得した子育て世代の男性従業員の事例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  【未来を予測】アフターコロナに到来するニューノーマル時代とは?時差出勤やICT化によるテレワークは働き方の常識になる? | 株式会社JTBベネフィット 2020年上期の働き方を振り返ると、突如としてテレワークや時差出勤の導入などの変革を余儀なくされたことが印象的でした。当初は不安だったものの、始めてみるとメリットを感じた方も多いのではないでしょうか。この記事ではニューノーマル時代の働き方に焦点を当て、今後訪れるであろう変化を業界別にご紹介します。 株式会社JTBベネフィット



運営会社:JTBベネフィットについて

株式会社JTBベネフィットが提供するサービスサイトへの遷移ボタン

記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧