catch-img

【ホテル業界編】新人研修の必要性と効果的な内容、成功に導くポイントをご紹介。新型コロナの影響で自宅待機の新入社員に向けた研修もご紹介します!

この記事のまとめ

・新人研修の内容は企業理解ビジネスマナー仕事理解スキルアップの4つが基本
・新入社員が配属先でつまづいた時の心の拠り所繋がりを作ることも、新人研修の重要な目的
・研修目的や研修ではできないこと各部署とすり合わせることで、研修効果が持続する
福利厚生制度インセンティブ制度を新入社員にも進んで利用させることが重要
・新型コロナの影響による新人研修はWEB会議システムによる研修やレポート作成がメイン

目次[非表示]

  1. 1.新人研修の目的とは
  2. 2.新人研修の種類について
  3. 3.新入社員合同の一般研修の内容と注意点
    1. 3.1.研修の内容〜基本編〜
    2. 3.2.研修の内容〜応用編〜
    3. 3.3.研修をおこなう上での注意点
  4. 4.新人研修を成功させるポイント
  5. 5.配属後の新入社員へのフォロー
  6. 6.新型コロナウイルスによる在宅勤務でもできる研修
  7. 7.まとめ

新人研修の目的とは

ポイントとなる2つの目的
新人研修(新入社員研修)の目的は以下の2つです。

1.新入社員を配属先にうまく着地させること
2.新入社員が配属先でつまづいた時の心の拠り所繋がりを作ること

1.はよく見かける目的ですが、2.はあまり聞き慣れない上に、「特記するほど重要なの?」と思われるかもしれません。しかし、限られた研修期間で新入社員の職場定着や一定以上の業務パフォーマンスを担保することが難しいことは、多くの研修ご担当者がご存知のところかと思います。

よって、新入社員がつまづいてしまいそうな時やつまづいてしまった時に、それを支えるインフラ(相談や気分転換が共にできる同期、人事などとの関係)の構築を促すことも、重要な新入社員研修の目的となります。

また、ホテル業界ではアルバイトやパート不足も深刻であり、その理由として各ホテルに配属された社員によるパートやアルバイトの人材マネジメント不足も挙げられます。新入社員を研修でしっかり教育することで、研修から得た知識やノウハウをパートやアルバイトの人材マネジメントに生かすというメリットも得られます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の人材育成に潜む課題とは?人事担当者がおさえておくべき解決策 | 株式会社JTBベネフィット 人材育成を進めていく中で、さまざまな課題を抱えているが解決策がわからない、と悩む企業担当者の方は多いのではないでしょうか?今回は、人材育成で企業が抱えがちな課題の事例や、解決に向けてやるべきことを紹介します。まずは自社の課題のしっかりと把握し、最適な解決策を模索していきましょう。 株式会社JTBベネフィット


  人材発掘の方法とは?社内・社外・新人から将来を担う人材を見出す方法 | 株式会社JTBベネフィット 人材発掘を行う重要性が増しています。企業が理想的な期待値の高い人材を探し出し獲得する難易度は年々高まっているようです。今回は、会社のリーダーに相応しい人材を社内で発掘する方法や社外・新卒から見つけ出す方法をご紹介します。優秀な人材の発掘・育成するために、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


新人研修の種類について

ここで新入社員研修の代表的な種類やその内容をご紹介します。

1.対象者別

対象範囲

新入社員合同

部署(配属先)ごと

役職ごと

研修名​​​​​​​

一般研修

職種別研修

役職別研修 ​​​​​​​

※役職別研修は中途採用がメインで、マネジメント層以上の転職者に向けた研修です。


2.研修形態別

研修形態
OFF-JT ※1
OJT ※2
OJD ※3
メイン担当部署
人事・総務
配属先
配属先
研修場所
配属先以外
配属先
配属先

基本的に人事・総務が担う新入社員向けの研修は「一般研修」で、その形態はOFF-JTになります。新入社員合同の「一般研修」を終えて、部署(配属先)ごとの職種別研修に移るのが一般的で、職種別研修の多くは「OJT」または「OJD」です。

※1 OFF the Job Training の略で、実業務を離れておこなう研修
※2 On the Job Training の略で、実業務を経ながら上司や先輩に訓練を受ける研修
※3 On the Job Development の略で、実業務を経ながら上司や先輩に訓練を受け、将来に必要な能力を開発する研修


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業における「人材育成」とは?目的や具体的な手法を紹介 | 株式会社JTBベネフィット 企業における人材育成は仕事の目的、方向性から企業理念を理解させることが重要です。また適切な人材育成を行うことで、従業員のモチベーションが高まり従業員満足度が向上するといった効果も期待できます。そこで今回は人材育成の目的から具体的な方法について考察していきます。 株式会社JTBベネフィット


新入社員合同の一般研修の内容と注意点

ここでは新入社員合同の一般研修の内容を、基本編と応用編に分けてご紹介します。また、研修をおこなう上での注意点にも触れますのでご参考ください。

研修の内容〜基本編〜

研修の期間によっても異なりますが、新入社員研修の内容は以下の4つに大別されます。

企業・業界理解

ビジネスマナー
仕事理解
スキルアップ

それぞれの内容を簡単にご紹介します。

企業、業界理解
企業理念や歴史をはじめとする企業の概要や就業規則、社内の様々なルールを伝えます。福利厚生や財形貯蓄、持ち株などについてもここで説明することが一般的です。加えて業界の説明や競合企業、顧客について簡単に説明することもあります。

ビジネスマナー
ホテル業界では、挨拶、表情、身だしなみ、言葉遣いなどのコミュニケーションが特に重要視されます。その他にも、社会人の一般的なマナーである名刺交換や電話対応を教育します。この研修は自社で用意するだけでなく、専門の企業や協会、講師に依頼するケースもあります。

仕事理解
仕事といっても各配属先の実務ではありません。ホウレンソウ(報告・連絡・相談)や指示の受け方、PDCAの回し方など、仕事の基礎が対象です。また、ホテルの基本設備の説明や防災、宿泊ルームや宴会場など現場での有事対応も含まれます。

スキルアップ
エクセルやワードの使い方から、ロジカルシンキング、英語など多岐に渡ります。これらに加えて、特にホテル業界ではクレーム対応を含めた接客スキルの研修を手厚くおこなう企業が多い傾向です。また、昨今のインバウンド需要により、海外からの旅行客も多岐に渡ることから、国際的な感覚や価値観を身につけることも必要とされています。


接客研修などを除いては、座学が中心になってしまい、新入社員にとっては、「眠たくなってしまいがち」な内容です。よって、以下のような工夫をすることをお勧めします。


新入社員研修をおこなう上での工夫の例

対策法
具体例
実施方法の工夫

・休憩を細かく入れる

・講師をこまめに変える

・新入社員に発言させる、ロールプレイを取り入れる
・他部署の先輩社員に話をしてもらう

実施内容の工夫

雑談を取り入れる

(例)

・社内メールで相手の名前に「様」を付けるか「さん」を付けるか?

(企業によって異なる文化があります)
・お客様に言われて感動した一言
・先輩社員が福利厚生を用いて行った同期旅行の写真紹介 など

研修の内容〜応用編〜

研修は座学だけでは充分な効果を発揮しません。新入社員研修の目的でもご紹介した通り、心の拠り所や繋がりを作ることも重要な目的です。そのために新入社員同士のコミュニケーション機会の創出が重要となります。

例えば、「研修期間中、毎日アイスブレイクとしてお互いを紹介し合う時間を持つ」ことや、「研修内容にロールプレイや課題解決型のグループワークによる共同作業を取り入れる」ことは効果的です。

アイスブレイクやロールプレイは簡単に取り入れることができますが、一方で課題解決型のグループワークには相応の準備が必要になりますので、そのポイントをご紹介します。


課題解決型グループワークのポイント

指標
チェックポイント

課題難易度と

ワーク時間の適切な設定

・ワークの時間は数日間設けることを推奨

・難易度はワーク時間に対して「あと数時間あればより確度の高い回答が出せる」くらいがベスト

(担当者で一度シミュレーションして難易度確認)

・納期までに回答を出さなければならないことを学ばせる

グループ内の

活発な議論を推奨

制限時間(黙っている時間はないこと)を意識させる

・冒頭は各グループに人事や総務が入って議論を活性化
課題解決策発表の機会提供

・アウトプットを学ばせる

評価者に役職者(できれば部長以上)を加える

順位をつける(優勝のみ or TOP3のみ等でよい)

・他グループのアウトプットを聞くことで視野を広げる

評価される機会の提供
・評価を受けることで、振り返り、改善点を考えさせる

ここで重要なことは、グループがいかに真剣にワークに取り組めたかであり、そのために以下の3点をおこなうことが必要です。

・課題難易度とワーク時間の設定
・評価者に役職者を用意すること
・成果に順位をつけること


また、多少のグループ内の口論は許容し、軌道修正も新入社員に任せましょう。

今回は新入社員同士における意思疎通の機会創出の面から記載しましたが、グループワークは課題解決能力協調性の醸成、PDCAの理解促進の効果も期待できます。

このように、真剣に取り組むON(グループワークなど)の時間と、強制力を持たない、可能な範囲でのOFF(食事会やボーリング大会など)の時間によって、新入社員が繋がりを築いていく機会を提供することをお勧めします。

研修をおこなう上での注意点

新入社員の精神状態が過度に不安定であることが離職や配属後の低パフォーマンスに繋がります。ここでは新入社員に見られがちな精神状態の例とその対応例をご紹介します。


モチベーションが低くやる気がないタイプ
不本意入社のため精神的に安定していないケースや、「研修なんてくだらない」といった態度をとる新入社員で、よく見られるケースです。優秀層に多いタイプでもありますが、この状態のまま配属すると離職に繋がるケースが多々あります。

こういった社員のフォローについては、正答率が低い問題を回答させるなどして、「人前で間違える、ミスをする」というような「恥ずかしい経験」をさせて下さい。荒療治のようですが、そのことでスイッチが入り、態度が変わることがよくあります。


過度に緊張しているタイプ
過度の緊張によりガチガチになっているタイプです。この状態も、精神的な疲労が続くことで体調を崩しやすく、またミス1つを過大に扱い、崩れてしまうことがあります。

こういった新入社員には事前に趣味や出身地、学生時代の専門などを調べておき、何らかの共通点を見出して、休憩時間などに話しかけることがお勧めです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  メンター制度って何?離職に悩む企業に知ってほしい人事のコツ | 株式会社JTBベネフィット 「メンター制度」は、若手従業員が抱える悩みに対して、所属部署以外の先輩従業員が相談に乗ることで、若手従業員のメンタルケアと離職防止に役立つことができる制度です。メンター制度を導入することで、若手従業員の成長を促します。さらに、教える側の従業員の成長にもつながり、チーム全体として人材育成・定着が実現できます。 株式会社JTBベネフィット


新人研修を成功させるポイント

研修を受ける新入社員

新人研修の関係者が抱える不満
新入社員研修が配属後も含めて上手く機能していない場合、研修の関係者はどのような不満を抱えているでしょうか。その一例をご紹介します。

関係者
抱える不満
新入社員
実りのない研修・とりあえず座っておく・きつい
人事部・総務部

一般研修が機能していない・他部署が一般研修に前向きでない

配属先の部署

人事、総務とのお付き合い、一般研修と配属後研修の分離


新人研修の関係者が抱える不満の解消
これらの不満を解消するためには何をすれば良いのでしょうか。


1.一般研修の目的と実施方法の明確化
・何が達成できれば良いのかを明確にする
・その目的の達成のために、新入社員が集中力を保って取り組めるカリキュラムを検討する

※「3.新入社員合同の一般研修の内容と注意点」をご参考ください。
※この点は自社だけでなく、専門企業と共同して設計、実施することをお勧めします。


2.他部署(配属先の部署)との間で一般研修の目的を共有
以下の3点を丁寧に共有することで、他部署の一般研修に対するスタンスが変わります。

・前項1.で明確にした目的
・一般研修で「できないこと」や「不十分なこと」(※)
・一般研修は同期と関係性を深める狙いもあり、それが離職防止に繋がること。よって、新人研修で新入社員同士が時間を共有すること自体に意味があること

※一般研修でできないことや不十分なことを配属後のOJT等で補ってもらうように各部署に打診します。その際、各部署から「こういうことを一般研修でやってほしい」「OJTではこういうことを大事にしている」といった情報を得ることで、一般研修と職種別研修の内容を改善していき、配属前後の研修の接続を強めていくことが理想的です。


配属後の新入社員へのフォロー

研修の継続的な実施による研修効果の持続
定期的なOFF-JT(一般研修)・OJTの実施

配属先に慣れてきた頃に、環境を変えて自分を見つめ直す機会や、同期と接触できる機会を提供します。また、配属先でのOJTやOJDで培った経験を踏まえて、新入社員研修と同様のコンテンツや似たような研修を実施することで、過去の自分からの成長を認識することができます。
また、ホテル業界では専門会社に依頼して覆面調査をおこなうことで、スタッフの接客マナー、ホスピタリティに加え、語学力(英語力)や国際感覚の維持をおこなうこともよいでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「OFF-JT」は人材育成の鍵 OJTとの相乗効果でステップアップ | 株式会社JTBベネフィット 外に研修の場をつくるOFF-JT。今回はOJTとの違いや、行われる研修の種類などの基本的な情報を伝えます。あわせてOFF-JTとOJTのメリット・デメリットと、企業がOFF-JTとOJTを効果的に活用していくポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  社会人のスキルアップ方法!従業員と会社、それぞれの実践方法を紹介 | はたらくサプリ | 株式会社JTBベネフィット 従業員のスキルアップは、会社の未来を左右する重要な要素の一つです。今回は、社会人に必要なスキルや、会社が従業員のスキルアップのためにできることを紹介していきます。従業員のスキルアップの重要性は理解しつつも、何から始めるべきかわからないという企業担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。 株式会社JTBベネフィット


仕組みによるフォロー
ホテル業界においては、配属後に新人全員を集めることは非常に難しく、OFF-JT研修のみで新人をカバーすることは難しいのが実状です。そこで、以下のような仕組みによる新入社員のフォローがより必要になります。


福利厚生制度の積極的な利用の促進
ストレスを溜めやすい新入社員に対して、福利厚生制度を積極的に利用させることは重要です。これは、ワークライフバランスの充実や従業員の定着率の向上に寄与します。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【完全版】福利厚生の基礎知識から人気・おすすめを5分で網羅!採用強化・社員定着対策、ユニークな制度もご紹介! | はたらくサプリ | 株式会社JTBベネフィット ライフスタイルの多様化が進み、国が働き方改革を推進する中で、就職希望者や従業員の福利厚生への注目度は高く、今やワークライフバランスを測る代表的な指標になりつつあります。今回は、福利厚生の基本的な知識と効果に加え、従業員に喜ばれる人気の福利厚生ランキングとユニークな福利厚生の導入事例まで漏れなくお伝えします! 株式会社JTBベネフィット


インセンティブによるモチベーションの維持
なかなか仕事で評価されにくい新入社員を対象に、インセンティブを与えることで、モチベーションの維持に貢献します。ただ、他の社員と比較して成果をあげた新入社員だけでなく、成果は出なかったが努力を続けた新入社員や、個人的にパフォーマンスがあがった新入社員、ユニークな発想で部署内に変化をもたらした新入社員など、1人ひとりの行動によって様々なインセンティブ条件を設けることが大切です。

福利厚生制度やインセンティブ制度は専門業者に相談することで自社に合った提案が受けられ、内容が充実するだけでなくコストを抑えることができます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  インセンティブ制度とは?メリット・デメリット、事例を紹介 | 株式会社JTBベネフィット いかに社員に仕事へのモチベーションを高めてもらうかにおいて、インセンティブ制度は重要になります。インセンティブ制度と一言で言っても金銭授与に限らず、社員のやりがい向上につなげるものも存在します。ここでは、事例をもとにどのようなインセンティブ制度が存在し、どのようなメリットが存在するのかを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


新型コロナウイルスによる在宅勤務でもできる研修

WEB会議システムを利用したテレワーク(リモートワーク)中の女性従業員

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、新入社員に自宅勤務または自宅待機を命じている企業がほとんどかと思います。普段と異なる環境の中で、どのような研修があるのでしょうか。


WEB会議システムを用いた人事・総務による研修
WEB会議システムを用いて、一般研修をおこないます。WEB会議室システムの資料共有機能を用いるか、事前に新入社員に研修資料をメール等で送り実施します。対面でおこなう予定だった業務マニュアルや就業規則などのカリキュラムから内容を絞って、1日3時間程度でおこなう企業が多いようです。


e-Learningによる研修
英語や統計、ビジネスマナーなど種類は多岐に渡りますが、カリキュラムを指定して新入社員に受講してもらいます。特に英語のカリキュラムは多様な会社がサービスを提供していますので、予算と内容に合わせて選ぶことが可能です。受講後にオンラインテスト(サービスの1つとして提供されている場合もあり)やレポートの提出を求めることで、効果を確認できます。


課題を与える
いくつかの本を指定して、読書後のレポートを提出させたり、今回の新型コロナウイルスによる混乱が自社のビジネスにどのような影響を与え、どういった改善が求められるかなどについて分析させ、レポートを提出させる企業もあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【新型コロナによる在宅勤務も網羅】スマートワーク導入企業が増加!テレワークの詳細や働き方の変化も解説! | 株式会社JTBベネフィット スマートワークという言葉をご存知でしょうか。最近では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、多くの企業がテレワークを導入しましたが、これもスマートワークの1つです。このように、スマートワークは「ICTによる働く場所等の自由化」を意味しますが、そのメリットや導入する際のポイントを確認しましょう。 株式会社JTBベネフィット


まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ホテル業界における新人研修の重要性と効果的な内容やポイント、新型コロナウイルスによる自宅勤務でもできる新人研修もご紹介しました。
ポイントは以下の5つです。

・新人研修の内容は企業理解ビジネスマナー仕事理解スキルアップの4つが基本
・新入社員が配属先でつまづいた時の心の拠り所繋がりを作ることも、新人研修の重要な目的
・研修目的や研修ではできないこと各部署とすり合わせることで、研修効果が持続する
福利厚生制度インセンティブ制度を新入社員にも進んで利用させることが重要
・新型コロナの影響による新人研修はWEB会議システムによる研修やレポート作成がメイン

  

  えらべる倶楽部 | JTBベネフィット えらべる倶楽部は、旅、エンターテイメント、自己啓発、育児、介護、健康などの多彩なジャンルの福利厚生サービスで、従業員様とそのご家族の人生をサポートし、組織を活性化させます。 株式会社JTBベネフィット


  サンクスコレクト | JTBベネフィット "サンクスコレクトは目標達成に合わせ従業員にポイントを付与する新たな法人向け報奨(インセンティブ)サービスです。売上貢献にとどまらず、バックヤード社員含むプロセス評価の実現、採用強化、離職率抑制、 健康増進等といった企業課題を改善し全体のボトムアップ(生産性向上)を実現します。" 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  【飲食業界編】新人研修の必要性と効果的な内容、成功に導くポイントをご紹介。新型コロナの影響で自宅待機の新入社員に向けた研修もご紹介します! | 株式会社JTBベネフィット 新人研修は、新入社員を配属先にうまく着地させることが目的です。また、人手不足の飲食業界では、新入社員を丁寧に研修することで、配属後にその新入社員がパートやアルバイトに質の高い教育を施す効果も期待されます。今回は、研修の成功に必要なポイントや、新型コロナによる自宅待機でも可能な新人研修をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  【建設業界編】新人研修の必要性と効果的な内容、成功に導くポイントをご紹介。新型コロナの影響で自宅待機の新入社員に向けた研修もご紹介します! | 株式会社JTBベネフィット 新人研修は、新入社員を配属先にうまく着地させることが目的です。また、建設現場では多様な職種の中でリーダーシップを発揮する必要があるため、社会人経験の浅い若手の頃から対人折衝に関係する研修も重要です。今回は、新入社員研修の成功に必要なポイントや、新型コロナウイルスによる自宅待機でも可能な新人研修もご紹介いたします。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧