組織の活性化とは?その定義と方法、取り組み事例を紹介

組織が活性化された企業の従業員

昨今、業務効率化やIT化の導入が進み、企業においてコミュニケーションのあり方は変貌を遂げました。

オンラインでのやり取りが一般化し、コミュニケーションの希薄さが顕著となった現状に、企業によっては危機感を募らせ、従業員間のコミュニケーションを見直し組織活性化に取り組んでいます。

今回は、組織活性化を推し進めるための方法や、具体的な取り組み事例を紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.活性化している会社組織とはどのような状態か
    1. 1.1.組織活性化とは
    2. 1.2.組織活性化が必要となった背景
  2. 2.組織を活性化するための有効な方法
    1. 2.1.新しい人材を育成する
    2. 2.2.コミュニケーションを活性化する
    3. 2.3.従業員のモチベーションを向上させる
    4. 2.4.人材教育のプランを整える
  3. 3.組織を活性化させるためにおこなわれている事例・取り組み
    1. 3.1.フリーアドレス制度(オフィスレイアウトの変更)
    2. 3.2.ピアボーナス制度
    3. 3.3.定期的な面談で従業員との信頼関係を構築
    4. 3.4.適切なセミナーやチームビルディングをおこなう
  4. 4.flappi(フラッピ)は組織活性化施策のお手伝いをします

活性化している会社組織とはどのような状態か

大前提として、どのような状態にある企業を「活性化している企業」というのでしょうか?
まずは、組織活性化の定義や、活性化が必要とされている背景について紹介します。

組織活性化とは

組織活性化とは、従業員一人ひとりが会社のビジョンや目標を理解、共感し、その達成のために自主的かつ主体的に業務に取り組んでいる状態を指します。

組織が活性化されると、従業員は自らの行動に対して動機づけができている状態となり、周囲と円滑にコミュニケーションを取りながら、企業やチームの目的や目標達成に向けた取り組みが展開されていきます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「チームワーク」が企業にとって重要な理由と、向上させるポイント ビジネスシーンにおいて大切な「チームワーク」の基本情報を紹介します。あわせてチームワークが企業にとって重要な理由、チームワークを向上するために必要なポイントを紹介。チームワーク強化を実現するために人事部ができる具体的な施策についても解説します。 株式会社JTBベネフィット

組織活性化が必要となった背景

組織活性化が求められる背景には、現代のIT化による社内のコミュニケーション不足が挙げられます。

以前は、組織力底上げの手段として、高い知識やスキルをもつ優秀な人材の確保が重要視されてきました。そして、業務はセクションごとに分業し、自分の範疇を超える役割には関与しない風潮が一般的でした。
その結果、従業員間のコミュニケーションや連携が乏しくなり、企業の一体感も失われることになりました。

企業という大きなチームを動かし、効果を最大化するためには、各々が高いパフォーマンスを発揮し、個人プレーで成果を上げていくだけでは不十分であるという視点が生まれたのです。

IT化が目覚ましい現代だからこそ、強固な企業経営や成長の実現には、チーム内外で縦横の連携をもち、情報や知識共有で相乗効果を生み出すことが必要とされています。

コミュニケーションが活発になると組織が活性化されます。組織が活性化すると、個人が他の人との関係性を高めるために、自発的に組織の内側からさらに活性化させようとします。これは組織開発といわれ、組織開発をおこなうためには、まず、組織を活性化させる必要があると言えます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ダイバーシティ対応で押さえるべき5つの重要ポイントと2つの注意点 多様な人材の能力を包括するダイバーシティ対応は、企業の競争力を高める上でも欠かせない人材活用戦略です。ダイバーシティは、人手不足の解消にも役立ちます。本記事では、ダイバーシティによって得られる企業のメリットや、この取り組みを成功させるために欠かせない実践ポイント、注意点などを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


組織を活性化するための有効な方法

では、組織を活性化するためには、どのような方法が効果的なのでしょうか?
本項では、今すぐ取りかかれる有効な方法を4つ紹介します。

新しい人材を育成する

新規人材の育成は、組織活性化のきっかけを生み出します。

育成担当者が中心となって業務の見直しをおこない、育成方法の方向性を定める中で、チーム内でのコミュニケーションの活発化が期待できます。

そして、チーム内に、企業成長やビジョン実現に貢献できる優秀な人材を育て上げようという共通目標が生まれ、チーム全体の一体感も高まります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  多様な人材を効果的に活用するための手法、インクルージョンとは? ダイバーシティに比べ認知度が低いインクルージョン。しかし本来、インクルージョンはダイバーシティとセットで考えるべきものです。そこで今回はインクルージョンの意味から、ダイバーシティとの違い、そしてインクルージョンを企業で始める際の注意点について考察していきます。 株式会社JTBベネフィット

コミュニケーションを活性化する

組織活性化には、コミュニケーション活性化に対する取り組みが欠かせません。

チーム内はもちろんですが、所属や立場の垣根を超えたコミュニケーションを意識することで、新たな視点や気づきが得られ、生産性向上のチャンスが生まれます。

また、密なコミュニケーションは、会社全体やチームにある問題や課題を自分事として身近にとらえるきっかけとなるため、団結心に好影響を与えることが期待できます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「社内コミュニケーション」の重要性と人事ができる具体的な取り組み ビジネスで成果を挙げるには、従業員同士のコミュニケーションが重要な要素のひとつです。そこで今回は社内コミュニケーションが重要である理由から、コミュニケーション不足が生まれる理由やその弊害、そしてコミュニケーションを活性化させるための取り組み方法について考察します。 株式会社JTBベネフィット

従業員のモチベーションを向上させる

組織が活性化されている状況とは、従業員がモチベーション高く、生き生きと業務に取り組んでいる状態といえるでしょう。

逆をいえば、従業員のモチベーションを高める施策こそが、組織活性化に直結するのです。

モチベーションが高い状態を保つためには、企業理念やビジョンを浸透させることはもちろん、従業員一人ひとりにチャレンジできる環境が提供できているかという点も重要なポイントです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の仕事に対するモチベーションを維持・向上させるために企業ができることとは? 人間である以上、その日の体調や心理状態、労働環境などさまざまな要因によりモチベーションが下がってしまうことは避けられません。そこで今回は、モチベーションが下がってしまう理由やデメリット、そしてモチベーションが下がった状態から回復するために企業や人事部ができることについて考察していきます。 株式会社JTBベネフィット

人材教育のプランを整える

企業は「人」なくして成り立ちません。そのため、組織を支える人材の育成は、企業活性化には最重要事項です。

体系的な人材育成プランの構築はもちろんですが、従業員一人ひとりに適したオリジナリティある教育も求められます。

企業は教育に対して、「社員の描くキャリア形成が具現化された未来では、組織はどのように変貌を遂げ活性化されるのか」という、人と組織を融合した構想をもつことで、長期的に組織活性化を保つことができるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員のモチベーションをアップさせる「エンパワーメント」とは? 元々、ビジネスで使われる言葉ではなかったエンパワーメントですが、現在では人材教育としても効果を持つとして多くの企業で取り入れられています。今回はエンパワーメントについて、企業で導入することのメリット、デメリット、そして成果を挙げるポイントについて考察していきます。 株式会社JTBベネフィット


組織を活性化させるためにおこなわれている事例・取り組み

続いては、実際に組織活性化のためにおこなわれている事例や取り組みを紹介します。自社で実践可能な取り組みがないか、確認してみましょう。

フリーアドレス制度(オフィスレイアウトの変更)

フリーアドレス制度とは、従業員が固定の席をもたず、その日の状況や気分によって自由に席を選択できる制度です。

従来の固定席では、チームや立場の隔たりにより、コミュニケーションが取りにくいというデメリットがありました。

しかし、フリーアドレスの導入は、より自由度が高い環境を従業員に提供でき、コミュニケーションの垣根を取り払うことが可能です。

また、毎日違う景色を見て違うメンバーと仕事時間を共有することで、新しい刺激と交流が生まれるため、今までにないアイデアの創造も期待できます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  最適なオフィスの形を実現して働き方改革を推進! ニューノーマル時代ならではの働き方改革の推進に伴い、効率や生産性を考慮した効果的なオフィスレイアウトの必要性が高まっています。今回は、働き方改革により求められるオフィス環境やオフィスレイアウトの実例、外部オフィスの必要性について紹介します。内容を参考にオフィス空間の最適化を図りましょう。 株式会社JTBベネフィット

ピアボーナス制度

ピアボーナス制度とは、仲間(peer)と報酬(bonus)から作られた言葉で、他の従業員に対する感謝の気持ちを、報酬という形で贈れる仕組みを指します。

いわば、従業員同士で贈り合える成果給で、事務職など仕事ぶりが数字として表れにくい「縁の下の力持ち」のポジションにいる従業員や、人知れず職場環境の整備に取り組んでいる従業員など、一見わかりにくい仕事での活躍を認め合い、インセンティブとして評価することが可能です。

ピアボーナス制度は、チームや職種の垣根を超え、同じ企業で働く仲間の業務に関心を抱かせ、コミュニケーションのきっかけを生み出します。


あわせて読みたいおすすめの記事

  やる気をフルに発揮させるモチベーションマネジメントの理論と実践 モチベーションマネジメントとは、従業員がモチベーションを高く仕事に取り組む環境をつくりだす施策です。今回は、モチベーションマネジメントの概念や理論、企業の成功事例について紹介していきます。人材管理のひとつの手法として知識を得たい人事担当の方は、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

定期的な面談で従業員との信頼関係を構築

組織活性化のために、1対1のコミュニケーションの構築に重きをおいている企業もあります。

ミーティングのような大勢が集まる場ではなく、上司や役職者と1対1で落ち着いて話せる場を設けることで、従業員の本音や、相談したくてもできなかった悩みなどを探ることができます。

また、従業員がプライベートで問題や不安要素を抱えていると、精神状態が不安定となり、仕事に影響を及ぼす可能性があるため、本人が望む範囲で話を聞くように心がけると良いでしょう。

面談は、面談をおこなう側を誰に設定するかによって、従業員が得られる効果が以下のように変わります。


直属の上司
日常の業務に密接する事柄に関しての疑問や不安の解消に役立ち、信頼関係を強固なものにする。
各々の適正に沿ったより実践的なアドバイスができるため、すぐに行動につながり成果を上げる近道となる。


他チームの上司
業務では接点のない他チームの上司視点の意見により、新たな気づきを与える。
直属の上司との関係性に悩む従業員の相談相手となる。相談できる相手が増えることが、従業員の精神的な安定につながる。


社長
企業のトップが描くビジョンや理念への熱意を間近で感じることで、刺激を受けモチベーションが向上する。
意見交換をおこなうことで、従業員のやるべきことや目指す道が明確化される。


このような手法は、一見遠回りに見えるかもしれませんが、個人間の関係性の構築は、結果的に組織活性化を広げる起爆剤となります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  1on1ミーティングの始め方!目的や進め方を理解して成功を手に入れよう 1on1ミーティングは、仕事上の課題・悩みの解決に向けて上司と部下で実施する取り組みです。人材育成にも効果を発揮します。単なる面談とは違い、双方が適切な理解と姿勢で臨む必要があります。今回は、1on1ミーティングの意義と成功させるために認識しておきたい目的や具体的なテーマの事例をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット

適切なセミナーやチームビルディングをおこなう

従業員の育成状況に応じた適正なセミナーを実施や、チームビルディングの推進は、組織活性化を広げる有効な取り組みです。

セミナー実施やチームビルディングによって従業員の士気は高まり、自発的な成長を促すことが可能となるため、人材育成、組織活性化の双方に好影響をもたらします。

しかし、セミナーなどのイベントは企画から実施、後処理まで労力がかかるだけでなく、そもそも自社に適したメニューの見極めが難しいという課題もあり、実施を躊躇している企業もあるかもしれません。

そのような場合には、これらの課題をAIで解決できるツールの導入がおすすめです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  チームビルディングとは?知っておきたい基本情報と事例まとめ チームビルディングとは、メンバーが共通目標に向かって協力関係を築いて業務を遂行していくための組織づくりの手法です。今回は、チームビルディングのメリットや効果的なフレームワーク、実例を紹介します。企業全体に好影響をもたらすチームビルディングの基本を、しっかりとおさえておきましょう。 株式会社JTBベネフィット


flappi(フラッピ)は組織活性化施策のお手伝いをします

組織活性化は、組織のさらなる拡大や成長のために欠かせない施策です。しかし、組織活性化には、絶対的な成功法則のようなものはないため、トライアンドエラーを繰り返しながら、自社に適した方法を編み出していくことが大切です。

JTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」は、組織活性化実現のための最適なコンテンツ提案をおこなうツールです。


flappi(フラッピ)のできること
・従業員データを一元化、分析をおこない、各々に最適なコンテンツを提供
・蓄積データから組織の課題や問題点をピックアップ、解決のためのソリューションを提案

企業と従業員の相互成長をサポートする「flappi(フラッピ)」の導入を、ぜひご検討ください。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  コミュニケーション制度の成功例 松重豊さんが「それさぁ、早く言ってよ」とつぶやくテレビCMでもおなじみ、クラウド名刺管理サービスで急成長を続ける「Sansan株式会社」では、社内のコミュニケーションを活性化する数々のユニークな社内制度が行なわれています。 今回は、社員の生産性も向上させるその取り組みについてお話を伺いました。 株式会社JTBベネフィット


  思いのほかアリ!従業員間のコミュニケーションや企業のブランディングに欠かせない「社歌」という施策! 企業理念を自然に浸透させ、会社の知名度アップやブランディング、従業員同士のコミュニケーションに欠かせない「社歌」。現在では「リクルートソング」「コーポレートソング」とも呼ばれ、SNSを使った企業プロモーションやコンテスト開催など、ブームが再燃しています。今回は「社歌」が必要な背景や活用法について、実際の事例を交えてご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧