採用ブランディングとは?具体的な方法と成功事例を紹介

​​​​​​​採用ブランディングに取り組む従業員たち

採用活動においてしばしばブランディングが重要といわれることがあります。採用ブランディングとは、採用活動をスムーズに進めるにあたり欠かせない手法です。そして、採用活動の成功は、初期段階でいかに採用ブランディングを実行できたかが鍵を握るといっても過言ではありません。

今回は、採用ブランディングの本質的な意味や目的、メリット、具体的な取り組み方法や成功事例について紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.採用ブランディングとは?その意味と目的を紹介
    1. 1.1.採用ブランディングの意味とは?
    2. 1.2.採用ブランディングの目的
  2. 2.企業が採用ブランディングをおこなうメリット
    1. 2.1.求人への応募数が増加する
    2. 2.2.自社にマッチした人材を集めることができる
    3. 2.3.採用コストの削減につながる
    4. 2.4.競合企業との差別化が図れる
    5. 2.5.社員の愛社精神が高まる
  3. 3.採用ブランディングの具体的な方法
    1. 3.1.求める人材のペルソナを明確に設定する
    2. 3.2.自社の強みをアピールできるキャッチコピーを考える
    3. 3.3.魅力的な採用ページを作る
    4. 3.4.さまざまな方法で自社のブランドを発信していく
  4. 4.採用ブランディングの成功事例
    1. 4.1.採用管理システムを導入して最適化
    2. 4.2.ストーリー仕立ての自社アピールで心を動かす
    3. 4.3.ユニークな採用活動で他社と差をつける
  5. 5.まとめ~JTBベネフィットのflappiは、採用ブランディングにも有効です

採用ブランディングとは?その意味と目的を紹介

採用活動を成功させるために、まずは採用ブランディングの意味と目的を正しく理解しておきましょう。

採用ブランディングの意味とは?

「ブランディング」とは、顧客に自社について共感や信頼をイメージさせる、マーケティング戦略から派生した手法です。つまり、採用ブランディングとは、ブランディングを採用活動活性化のために取り入れたものです。

採用ブランディングは、以下のような意味をもっています。

・自社のブランド化を進め求職者から信頼や共感を獲得する
・「この会社で働きたい」という興味関心や意欲を引き上げる
・自社のターゲット層への認知拡大

採用活動は、いかに採用ブランディング計画を初期段階に固め、実行できるかが重要です。

採用ブランディングの目的

採用ブランディングのもっとも重要な目的は、自社にフィットする優秀な人材を確保する点にあります。採用活動において、単に母集団を集めるだけの施策は効率的とはいえません。
どんなに多くの母集団が集まっても、自社が本当に必要とする層を集められなければ、成果の出ない選考を繰り返す事態となり、人事・総務担当者が疲弊するだけで終わってしまいます。

そのため、採用ブランディングにおいて大切なのは、採用ターゲットを明確化し、ターゲット層に届くメッセージやビジョンを打ち出すことです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  人材発掘の方法とは?社内・社外・新人から将来を担う人材を見出す方法 人材発掘を行う重要性が増しています。企業が理想的な期待値の高い人材を探し出し獲得する難易度は年々高まっているようです。今回は、会社のリーダーに相応しい人材を社内で発掘する方法や社外・新卒から見つけ出す方法をご紹介します。優秀な人材の発掘・育成するために、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


企業が採用ブランディングをおこなうメリット

採用ブランディング締結(握手)

採用ブランディングの目的を理解していただいたところで、さらに具体的に、企業が採用ブランディングによって享受できるメリットを紹介します。

求人への応募数が増加する

母集団形成を成功に導き、求人への応募数アップを実現するのが採用ブランディングです。自社の採用ブランディングが世間に浸透するほど、自社に対する認知は拡大していきます。認知拡大が成功すると、必然的に求職者の目に触れる機会が増えるため、自社にフィットする母集団形成が実現し、応募者数の増加につながるでしょう。

自社にマッチした人材を集めることができる

採用ブランディングとは、自社のビジョンやメッセージを明確化し、自社のブランド化を図ることです。そのため、採用ブランディングへの取り組みが成功すれば、必然的に自社にマッチした人材が多く集まってきます。

そして、入社前の段階でビジョンの浸透、共感の獲得が完了するため、入社後は早い段階で自社に貢献できる人材へ成長してくれることが期待できます。

採用コストの削減につながる

採用ブランディングは、採用コスト削減を導く手法でもあります。採用ブランディングのような戦略性をもたないまま採用活動をおこなっていても、ターゲット層をうまく取り込めず、自社が求める人材の確保は遠のきます。

しかし、採用ブランディングが意図する方向性でおこなわれれば、ピンポイントでターゲット層にアプローチできるため、採用にかかる時間や費用の削減が可能です。また、人材の流出も最小限に留められるため、欠員による採用の機会も減少するかもしれません。

競合企業との差別化が図れる

採用ブランディングへの取り組みは、近年の人手不足により、さまざまな企業が人材確保に積極的に動いているなかで、競合他社との差別化に効果を発揮します。競合企業のなかで埋没しない独自性のあるメッセージを打ち出すことで、他社と同じ土俵で戦う必要がなくなるため、消耗戦の採用活動から脱却できます。

社員の愛社精神が高まる

採用ブランディングは、既存社員の愛社精神を育てるきっかけとなります。採用ブランディングが成功すると、世間に自社のブランド力が認知されます。そうすると、既存社員に社員である誇りや帰属意識が芽生え、結果的に愛社精神を高めることにつながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業と人材をベストマッチングへ!助成金も活用できる「トライアル雇用」とは? 一定期間(原則3ヶ月)に実際の業務を体験してもらい、求職者の適性を判断する「トライアル雇用」の基本情報をお伝えします。さまざまな事情で就業が難しかった人に常用雇用へのきっかけを与えることが目的ですが、企業にとっても人材発掘・確保のきっかけになる制度です。 株式会社JTBベネフィット


採用ブランディングの具体的な方法

採用ブランディングの具体的な方法を検討する従業員

ここからは、採用ブランディングの具体的な手順を紹介します。自社の状況を思い浮かべながら確認していきましょう。

求める人材のペルソナを明確に設定する

はじめに、自社が求める人物像を明確にしたペルソナを設定しましょう。この時、ターゲットを絞り込むことが重要です。新卒採用であれば学生になりますが、中途採用であれば職歴やスキルだけでなく、その人の年齢、家族構成、趣味、特技、休日の過ごし方など、できる限り詳細な部分まで明確にイメージを作り上げましょう。

「絞り過ぎると条件に合致した人物が見つからないのではないか」と不安になるかもしれませんが、詳細なペルソナ設定は、メッセージやビジョンにリアリティをもたらし、ターゲットに刺さる採用ブランディング展開の基礎になります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  T型人材とは?T型人材を採用・育成するための本質を解説 T型人材とは、ゼネラリスト兼スペシャリストのスキルを持つ人材の総称です。AI技術の普及などで従来型スペシャリストや従来型ゼネラリストの能力に限界が生じたことで、近年の日本ではT型人材の採用や育成への動きが活発になっています。今回は、T型人材のバリエーションや育て方などを解説します。 株式会社JTBベネフィット

自社の強みをアピールできるキャッチコピーを考える

ペルソナを明確化したら、自社の強みをアピールするキャッチコピーを検討しましょう。短い言葉でも自社のビジョンや価値観が的確に伝わるような、わかりやすさやインパクト、メッセージ性が重要です。
​​​​​​​このキャッチコピーにより、求職者が自社に抱く印象が大きく変わるため、綿密に作り上げていきましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  UIJターンとは?Uターン・Iターン・Jターン採用を成功させるポイントと成功例を紹介! UIJターンとは、ワーク・ライフ・バランスの充実や家庭の事情などにより、今と異なる地域に移住をして仕事をすることです。UIJターン人材を採用すると、企業の人手不足の解消や伝統技能の継承などがしやすくなります。今回は、UIJターンの希望理由や成功例から、こうした人材の採用を成功させるポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット

魅力的な採用ページを作る

ペルソナ、キャッチコピーが固まったら、求職者向けの採用ページを作成しましょう。より多くの求職者に、わかりやすくメッセージを伝えられます。この時、元々ある自社ホームページと一貫性を保つことが重要です。自社ホームページと採用ページとでメッセージにギャップがあれば、求職者は混乱してしまいます。

必要があれば、採用ページの開設とあわせて更新しましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ダイバーシティ対応で押さえるべき5つの重要ポイントと2つの注意点 多様な人材の能力を包括するダイバーシティ対応は、企業の競争力を高める上でも欠かせない人材活用戦略です。ダイバーシティは、人手不足の解消にも役立ちます。本記事では、ダイバーシティによって得られる企業のメリットや、この取り組みを成功させるために欠かせない実践ポイント、注意点などを紹介します。 株式会社JTBベネフィット

さまざまな方法で自社のブランドを発信していく

採用ブランディングに活用できるのは、自社ホームページだけではありません。今の時代は、TwitterやInstagram、ブログ、Facebookなど、あらゆるSNSやインターネット媒体が存在します。それぞれの媒体の特性を理解した上で、運用方法を検討してみましょう。

また、オフラインでの発信もおろそかにしてはいけません。会社説明会や企業合同イベントなども積極的に活用し、網羅的に自社ブランドの発信をおこなっていきましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  思いのほかアリ!従業員間のコミュニケーションや企業のブランディングに欠かせない「社歌」という施策! 企業理念を自然に浸透させ、会社の知名度アップやブランディング、従業員同士のコミュニケーションに欠かせない「社歌」。現在では「リクルートソング」「コーポレートソング」とも呼ばれ、SNSを使った企業プロモーションやコンテスト開催など、ブームが再燃しています。今回は「社歌」が必要な背景や活用法について、実際の事例を交えてご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


採用ブランディングの成功事例

最後に、実際に企業でおこなわれた採用ブランディングの成功事例を紹介します。自社に取り入れられるポイントがないかイメージしてみましょう。

採用管理システムを導入して最適化

採用管理システムの導入をおこなった企業の事例です。

採用管理システムの導入は、採用ブランディングの成功に直接的な関連性がないと思われるかもしれません。しかし、採用管理システムを導入したことで、膨大な応募者情報の一元化、応募者管理の最適化が実現し、人事・総務担当者や携わる社員の業務効率化につながったといいます。効率化により生まれた新たな時間は自社ブランドの発信に充て、より採用ブランディングが活性化している状態であるということです。

ストーリー仕立ての自社アピールで心を動かす

採用ブランディングにストーリー性をもたせたことにより、採用ブランディングが成功した企業の事例です。

求職者の心を動かすためには、単にメッセージを発信するだけでなく、ストーリー性が重要であると気づいた同社は、今に至るまでの会社や創業者のエピソードを語ることで、求職者の興味や共感を得られたといいます。結果的に、自社のビジョンやカルチャーにフィットした、求める人材の確保につながり、採用ブランディングの成功を収めたとのことです。

ユニークな採用活動で他社と差をつける

多くの企業で当たり前となっていた学歴や職歴重視の採用から脱却し、ユニークな採用活動をおこなった企業の事例です。

「自社製品にどれだけ愛着をもっているか」といった選考コンセプトを設けたり、地域限定の採用活動をおこなったりしたところ、独自性が話題を呼び、自社の求める人材の確保に成功したといいます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の採用力を強化する!できる採用担当者が実践している採用活動とは? 企業における採用力の強化は、少子高齢化による労働人口の不足などを解消する上でも、大切な取り組みです。採用力強化が求められる背景には、顧客ニーズのグローバル化や売り手市場、応募者の偏向傾向なども関係しています。本記事では、企業における採用力強化の効果が出やすい7つの活動を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


まとめ~JTBベネフィットのflappiは、採用ブランディングにも有効です

自社に貢献できる優秀な人材の確保には、企業イメージの向上、つまり採用ブランディングが必須です。ただし、即効性を発揮する手法とはいえないため、長期的、継続的な視点で、自社にあった方法を実行していきましょう。場当たり的な採用活動から脱却し、求職者に選ばれるための採用計画を構築していくことが大切です。

JTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」が提案する充実の人財(※)育成コンテンツは、他社との差別化を図り、採用ブランディングにおいても効果を発揮します。採用ブランディングの一環として、flappiの活用をぜひご検討ください。


※JTBグループでは、社員の成長・活カが会社の成長、グループの発展を支えるという基本理念のもとで人は財産であるとし、「人材」を「人財」と表記しています。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  就労移行支援とは?就労移行支援事業所で採用活動をする場合に知っておきたい基本とメリット 障がいを持つ人が企業に就職する際のサポートを行う就労移行支援制度。企業にとっても、人材を深く知り、適切に配置しやすくなるなどのメリットを得られます。今回は、就労移行支援と就労移行支援事務所、就労移行支援事務所と提携して採用活動を行う場合に知っておきたい基本情報やメリットを解説します。 株式会社JTBベネフィット


  外国人を雇用する際の留意点と流れとは?外国人材定着のためにできること 日本で働く外国人が増え、自社でも外国人を雇用しようか検討している企業も多いのではないでしょうか。今回は外国人を雇用するメリット・デメリットと雇用側が知っておきたい留意点や、雇用までの流れを紹介していきます。日本は今後も人材不足が深刻化していくことが予想されるので、今のうちに外国人材定着のためにできることを把握して行動へ進めておきましょう。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧