テレワーク・リモートワーク・在宅ワークの違いを解説!働き方改革で広がる柔軟な勤務方法

テレワークする女性従業員

新型コロナウイルス感染症の感染拡大をともなう働き方改革が進む中、会社に出勤して仕事をするという働き方だけでなく、様々な勤務形態が生まれています。新しい働き方として多くの企業で検討されているのが、テレワークやリモートワーク、在宅ワークです。しかし、これらの言葉を聞いたことはあるけれど、違いはよくわからない、という企業の人事・総務担当者の方もいるでしょう。

今回は、社外勤務であるテレワーク・リモートワーク・在宅ワークについて、違いやメリット・デメリットなどを詳しく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.テレワークとは?
    1. 1.1.テレワークとは?
    2. 1.2.テレワークが注目されている背景
    3. 1.3.テレワークを選ぶ人たち
  2. 2.リモートワークとは?
    1. 2.1.リモートワークとは?
    2. 2.2.リモートワークを選ぶ人たち
  3. 3.在宅ワークとは?
    1. 3.1.在宅ワークという働き方
    2. 3.2.在宅ワークを選ぶ人たち
  4. 4.テレワーク・リモートワークのメリット・デメリット
    1. 4.1.メリット
    2. 4.2.デメリット
  5. 5.勤務場所以外でも多様化する働き方
    1. 5.1.フレックスタイム制
    2. 5.2.時短勤務
    3. 5.3.時差出勤
  6. 6.多様化する働き方への対応は企業の課題の一つです

テレワークとは?

インターネット環境の整備が進むにつれ、生活の様々な部分においてインターネットで完結するやり取りが増えてきました。
これは仕事においてもいえることで、会社に出勤して仕事をするという働き方だけではなくなっています。まずは、テレワークという働き方について詳しく見てみましょう。

テレワークとは?

テレワークとは、情報通信技術(ICT)を活用した場所や時間にとらわれない働き方のことです。
自宅でパソコンを使って仕事をすることはもちろん、カフェやサテライトオフィスなどで働くモバイルワークもテレワークの一種といえます。
柔軟な働き方を実現できるため、災害で出勤できない、親の介護があるなどの事情がある従業員でも、仕事を続けられる方法として注目されています。

テレワークが注目されている背景

テレワークが注目されているのは、企業にも従業員にも大きなメリットがあるからです。
例えば、従業員が会社に出勤しないということは、会社側は交通費を支給しなくてすむためコストを削減できます。前述のような事情があり、出社することが難しい従業員も仕事を続けることができるため、離職率が下がります。このように、多くの企業が抱えている課題を解決するための糸口として、テレワークが注目されているのです。

テレワークを選ぶ人たち

テレワークを導入する企業は年々増えており、行政機関などでもテレワークを選ぶところが増えています。従業員のプライベートが充実することで仕事に対して意欲的になったり、体力的・精神的な負担を減らしたりできるため、多くの企業でテレワークが積極的に取り入れられているのです。

テレワークは、病気やケガによって移動が難しい方にとって最適な働き方と言えます。自宅にいながら仕事をして収入を得られるというテレワークは、これまで働きたくても働けなかった有望な人材にスポットライトを当てた働き方ともいえるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワークにはどのような種類がある?状況に合わせた選択をアドバイス 今、テレワークの導入は急務となっていますが、ひと言にテレワークといってもさまざまなタイプの働き方があります。今回は、テレワークの種類を「雇用型」「自営型」の大枠に分類し、それぞれの詳細を解説します。テレワーク導入の具体的な形態と自社に適した方法を知りたい人事・総務担当の方は、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


リモートワークとは?

テレワークに必要な道具

次は、リモートワークについてご紹介します。
テレワークという言葉とともに、徐々に浸透しつつあるリモートワークですが、どのよう違いがあるのでしょうか。

リモートワークとは?

リモートとは、遠隔という意味です。
つまり、遠隔で仕事をおこなうことがリモートワークであり、前述のテレワークとリモートワークは会社から離れた場所で仕事をすることなので、ほぼ同じ意味と考えていいでしょう。
ただし、テレワークという言葉は総務省によって明確に定義されている言葉で、「一般社団法人 日本テレワーク協会」の立上げなども進んでいます。一方でリモートワークにはこのような動きがないため、意味は同じでも耳にする機会が多いのはテレワークでしょう。

リモートワークを選ぶ人たち

リモートワークを選ぶ方は、クリエイターやデザイナーなど、クリエイティブな業界・職種に多く見られます。
リモートという言葉の通り、遠隔で作業をおこなうため、離れた場所から複数人でオンラインミーティングをおこなったり、完成した企画やデザインをオンライン上でやり取りしたりすることが可能です。
このように、出社しなくても問題なく作業が進められる仕事がリモートワークに向いているのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  IT系職種だけじゃない!リモートワークの導入可能なオフィスワーク系職種とは? ニューノーマルの働き方として確実に増えつつあるリモートワーク。これまでは社員が独自に業務を進め、完遂可能なIT系の職種が中心でした。リモートワークの導入はオフィスワーク系の職種にも現実的なのでしょうか?今回はリモートワークの導入を阻む課題と成功への解決策、そして職種別に考慮すべきポイントをまとめました。 株式会社JTBベネフィット


在宅ワークとは?

在宅ワークは、リモートワーク・テレワークと並んで急速に広がりつつある働き方です。
リモートワークやテレワークとどのような違いがあるのか、在宅ワークの特徴を見てみましょう。

在宅ワークという働き方

在宅ワークは「在宅勤務」という言葉に似ていますが、雇用形態としては企業に直接雇われていない場合を指すことが多いです。社員としてどこかの会社に勤めて仕事をするのではなく、個人で仕事を受注するような働き方です。

在宅ワークを選ぶ人たち

在宅ワークは、主に妊娠中や育児中の主婦に選ばれることが多い働き方です。外に出て働くことなく仕事や収入を得られるというメリットがあるため、身動きが取りづらい主婦に人気です。また、個人事業主として仕事を請け負うフリーランスの働き方も、在宅ワークの形態の一つと言えるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  リモートワーク化に適した職種は?リモート化を成功させるコツ 現在、外出自粛の影響と働き方の多様化により、ますます注目を浴びているのがリモートワークです。今回は、リモートワークに適する職種や、リモート化を成功に導くためのポイントを紹介します。本格的なリモートワークの導入を検討している人事・総務担当者は、今回の内容を自社の運用に役立てましょう。 株式会社JTBベネフィット


テレワーク・リモートワークのメリット・デメリット

テレワーク終了時間を気にしている女性従業員

次に、テレワークやリモートワークのメリット・デメリットをご紹介します。メリットとデメリット両面をよく把握し、自社や従業員に合った働き方を提案しましょう。

メリット

従業員の満足度が上がる
毎日の通勤を苦に感じる従業員は少なくないでしょう。出社するために早起きしたり、満員電車に乗って出勤したりする手間や労力を一気に省くことができるテレワーク・リモートワークを導入すれば、従業員の士気や満足度は上がるでしょう。

また、テレワークのおかげで、育児・介護と仕事の両立ができたり、離れた場所に暮らしている有望な人材を雇用することができるため、従業員にとっても企業にとっても大きなメリットがあります。 


コストを削減できる(交通費や備品など)
出社しないということは、その分の交通費を支給する必要もないということです。
テレワークの導入によってオフィスを縮小する会社が増えていますが、テレワークの完全導入によってオフィス自体を設けない会社まで登場しています。テレワーク・リモートワークの導入によって、大幅なコスト削減ができることは会社にとって大きなメリットといえます。

デメリット

従業員の管理や評価が難しい
テレワークやリモートワークでは、直接従業員と顔を合わせることがないため、従業員がどのように仕事に取り組んでいるのかがわかりません。普段どのような姿勢で仕事に臨んでいるのかが把握できず、従業員にやる気があってもそれが伝わりにくいというデメリットがあります。


コミュニケーション不足になりやすい
人と人が顔を合わせない環境で業務をおこなうので、必然的にコミュニケーション不足に陥ってしまいます。挨拶もオンライン上で交わすしかないため、気軽にやり取りができるチャットツールを導入・利用するなど、従業員同士のつながりが疎遠にならないような工夫が必要です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワーク導入のメリット・デメリットや課題解決のための対策方法について解説 テレワークに対する企業の注目度や必要性が高まっています。新型コロナウイルス感染症が拡大したことで導入はさらに加速しました。ここでは、テレワーク導入のメリットとともに、対策を講じていきたいデメリットや課題について解説します。適切な準備と万全なリスク管理のもとに導入していくことが大切です。 株式会社JTBベネフィット


勤務場所以外でも多様化する働き方

テレワークやリモートワークは、会社以外で働くということから「勤務する場所」が注目されることが多いです。
しかし、勤務場所のほかにも勤務時間や勤務形態なども多様化しており、柔軟な対応力が企業に求められています。有望な人材を取り込むためにも、どのような働き方を提案できるのかを見てみましょう。

フレックスタイム制

テレワーク・リモートワークとともに導入する企業が増えているのが、フレックスタイム制です。
このフレックスタイム制は、仕事を始める時間・終わる時間・就労の時間を従業員が自由に決められるという制度で、働き方の多様性を重視する企業で積極的に導入が進められています。

通勤ラッシュを避けて出社できる、自分のペースで仕事ができる、といったメリットがある一方、従業員一人ひとりの自己管理能力が求められます。また、仕事の進捗報告や他の従業員とのコミュニケーションを図ることができるよう、ある程度は他の従業員と勤務時間を合わせる必要性が出てくる場合もあるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【テレワークでも導入可】フレックスタイムの詳細と労使協定の要点を解説! フレックスタイム制は、原則、1日の労働時間をコアタイムとフレキシブルタイムにわけて、コアタイムを必須の労働時間とすることです。労働時間の清算期間は最長3ヶ月なので、働き方に柔軟性を持たせることができます。今回は、フレックスタイム制のポイントや導入に際して必要となる労使協定の要点も確認しましょう。 株式会社JTBベネフィット

時短勤務

時短勤務は、子どもが3歳になるまでは、1日のうち原則6時間の短時間勤務ができるという法律に基づいた働き方です。
子どもを保育園に送り迎えする時間を確保したり、家事・育児と仕事を両立したりするために欠かせない制度で、妊娠・出産を機にキャリアを諦めてしまう女性をバックアップすることができます。
有望な人材が妊娠・出産を機に退職してしまうのを防ぐことができるため、企業にとっても大きなメリットがあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  時短勤務とは?導入の経緯や実態から短時間正社員との違いまで解説 法的な時短勤務の定義は、育児・介護休業法にもとづき、未就学児の子育てや介護をする従業員の所定労働時間を短くすることです。少子高齢化により労働者不足が社会問題化する日本では、時短勤務制度の推進が企業に求められています。今回は、時短勤務の実態や、似て非なる短時間正社員制度を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

時差出勤

時差出勤にも、通勤ラッシュを避けたり、余裕を持って子どもの送り迎えができたりするというメリットがあります。
従業員が自由に勤務時間を決めるフレックスタイム制と違い、時差出勤は会社側が勤務時間をいくつか提案し、従業員がその中から選ぶというスタイルが多いです。従業員が勤務時間の調整をおこなうこともありますが、フレックスタイム制とは自由度が異なるのが特徴です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  時差出勤とは?出社でもテレワークでも効果的なウィズコロナ時代の働き方を解説 新型コロナウイルスの感染症対策で取り上げられる機会が増えた働き方と言えばテレワーク、そして時差出勤でしょう。これらは働き方改革を推進し、ワークライフバランスを実現するためにも有効な手段と言えます。今回は、時差出勤についてメリットとデメリットやフレックスタイム制との違いと導入方法についてご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


多様化する働き方への対応は企業の課題の一つです

勤務時間や勤務場所の多様化は、多くの人材にとって大きなメリットになるだけでなく、企業側にも恩恵があります。ただし、すぐにテレワークやリモートワークを導入することは難しく、まずは準備や計画が必要になります。その上で、従業員の希望を聞きながら適切な働き方を提案しましょう。

テレワークや時短勤務によって従業員とのコミュニケーションの時間が減ったり、勤務時間の管理が複雑になったりするという課題が生じます。JTBベネフィットのflappiは、これらの問題を解決すべく、従業員一人ひとりのデータをAIが分析。現在抱えている課題解決の提案をし、企業全体の成長をサポートします。
コミュニケーションが希薄になりやすいテレワークだからこそ、このような外部サービスを積極的に取り入れ、従業員・企業双方の成長を図りましょう。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  【新型コロナによる在宅勤務も網羅】スマートワーク導入企業が増加!テレワークの詳細や働き方の変化も解説! スマートワークという言葉をご存知でしょうか。最近では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、多くの企業がテレワークを導入しましたが、これもスマートワークの1つです。このように、スマートワークは「ICTによる働く場所等の自由化」を意味しますが、そのメリットや導入する際のポイントを確認しましょう。 株式会社JTBベネフィット


  職住融合とは?ニューノーマルのワークライフバランス向上に適した住まい領域 東京23区で勤務し、コロナ禍によって導入されたテレワークを継続したいと考えている従業員は7割以上にのぼります。ワークライフバランスの維持を目指して、自宅をテレワーク用にリノベーションする「職住融合」や、職場の近くに引っ越す「職住近接」という動きに、企業はどのように向き合えるのでしょうか? 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧