【パパもOK】育休期間はどれくらいなのか?男性と女性の違いなども含めて解説

わが社の働き方改革奮闘記 ~新米パパの変則勤務編~3​​​​​​​

共働きの増加に伴って育児休業を取得する人が増えた近年では、育児休業の期間や定めについて詳しく把握しておくことが肝心です。しかし、これまでに前例がない場合や手続きを担当した経験がない場合、法律が定める詳細までは理解していない人事総務の担当者の方もいるでしょう。

そこで今回は、育休の種類や期間などの基本から男女の違いまでをわかりやすく解説します。育児休業の申し出があった際に慌てないよう、しっかりと確認しておきましょう。

目次[非表示]

  1. 1.育休とは?種類、期間などの基本をおさらい
    1. 1.1.育児休業
    2. 1.2.子どもの看護休暇
    3. 1.3.所定外労働、時間外労働、深夜業の制限
    4. 1.4.短時間勤務の措置等
    5. 1.5.不利益取り扱いの禁止等
    6. 1.6.実効性の確保
    7. 1.7.育児休業と育児休暇の違い
  2. 2.男性と女性の育休期間の違い
    1. 2.1.男性の場合
    2. 2.2.女性の場合
  3. 3.育休期間中の給与はどうすればよい?
    1. 3.1.社会保険料は免除
    2. 3.2.育児休業給付金
  4. 4.男性の育休取得促進には会社のサポートが重要

育休とは?種類、期間などの基本をおさらい

子育てをする女性従業員

育休で使われる制度となる育児休業制度は、育児・介護休業法によって定められた両立支援制度です。育児・介護休業法には、育児休業のほか、子どもの看護休暇などさまざまな規定があり、子どもの養育をおこなう労働者の雇用と育児が両立できるようになっています。
以下からは、育児・介護休業法の概要を詳しく解説します。

なお、育児・介護休業法の規定はあくまで最低基準ですので、事業主(職場)が法を上回る措置をとることが可能です。

育児休業

子どもが1歳に達するまで(1歳の誕生日の前日まで)申し出によって育児休業の取得が可能となる制度です。また、待機児童問題などの理由で保育園に入園できなかった場合には1歳6ヶ月まで、最長2年まで延長できます。

なお、パート・アルバイト、派遣、契約社員などの有期契約労働者は、育児休業申請時に以下2つの条件を満たす必要があります。

・同じ事業主に1年以上継続して雇用されていること
・子どもが1歳6ヶ月に達する日まで(2歳まで休業の場合には2歳まで)に労働契約期間が満了することが明らかでなく、育児休業が終了した後に継続雇用される見込みがあること

また、事業主は労使協定を結ぶことによって、継続雇用期間が1年未満の労働者、休業の申し出から1年以内に雇用が終了する労働者、週の所定労働日数が2日以下の労働者も適用対象外とすることができます。


パパ休暇
産後8週間以内に男性が育児休業を取得した場合、特別な事情がなくても期間を空けて再び育児休業を取得できる制度です。

パパ・ママ育休プラス
父母ともに育児休業を取得する場合に、育休期間をずらして取得することで1年から1年2ヶ月に延長できる制度です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  男性が「育児休暇」を取らない理由とは?育休取得率を上げるためのポイント | 株式会社JTBベネフィット 育休は男女問わず取得できる制度ですが、男性の育児休業取得率は約5%というのが現状です。政府が2020年までに13%まで引き上げることを目標とするなかで、企業はどのような対策を取るべきでしょうか。男性が育休を取らない理由から考察し、解説していきます。 株式会社JTBベネフィット

子どもの看護休暇

小学校就学前までの子どもが1人であれば年5日、2人以上であれば年10日を限度として看護休暇の取得が可能となる制度です。なお、半日単位での取得も可能です。

所定外労働、時間外労働、深夜業の制限

小学校就学前までの子どもを養育する労働者の時間外労働を制限する制度です。
時間外労働は1ヶ月24時間、1年150時間までとされています。

短時間勤務の措置等

3歳までの子どもを養育する労働者が短時間勤務を希望した場合、1日原則6時間の短時間勤務の措置を義務づけられています。


あわせて読みたいおすすめの記事

  時短勤務とは?導入の経緯や実態から短時間正社員との違いまで解説 | 株式会社JTBベネフィット 法的な時短勤務の定義は、育児・介護休業法にもとづき、未就学児の子育てや介護をする従業員の所定労働時間を短くすることです。少子高齢化により労働者不足が社会問題化する日本では、時短勤務制度の推進が企業に求められています。今回は、時短勤務の実態や、似て非なる短時間正社員制度を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

不利益取り扱いの禁止等

育児休業等を理由とする解雇、その他不利益となる取り扱いは禁止されています。

実効性の確保

苦情処理・紛争解決援助、調停をおこないます。
労働者または事業主から申請があった場合、都道府県労働局長が必要と認めれば専門家で構成される第三者機関である両立支援調停会議が調停をおこないます。

規定に違反している事業主に対して、厚生労働大臣の是正勧告を受けても従わなかったときは、その旨を公表することができます。また、報告を求めた場合に報告をしない、虚偽の報告をした場合には20万円以下の過料が課されます。

育児休業と育児休暇の違い

育児・介護休業法による育児休業の規定は最低基準であり、事業主の判断で法を上回る措置をおこなうことが可能です。

例えば企業が独自に設定する育児のための休業期間は一般的に育児休暇といい、法によって定められている育児休業とは異なります。そのため、保育園に入園できなかった場合に3歳までの育児休暇取得を認めるといった措置をおこなうことも可能です。

また、託児補助制度を設けることや、事業所内に託児スペースを作るなどの取り組みをおこない、労働者が家庭と仕事を両立できるようサポートする企業も増加傾向にあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワーク・リモートワーク・在宅ワークの違いを解説!働き方改革で広がる柔軟な勤務方法 | 株式会社JTBベネフィット テレワーク・リモートワーク・在宅ワークとさまざまな勤務形態が生まれています。ここでは、テレワーク・リモートワーク・在宅ワークそれぞれの特徴とともに、違いやメリット・デメリットを解説します。また、フレックス制度など多様化する勤務時間にも触れていますので導入ご検討の際にお役立てください。 株式会社JTBベネフィット


男性と女性の育休期間の違い

法律上、育休は男女で取得できる期間に違いがあります。
女性は産休を取得したのち育休に入るため、男性が出産と同時に育休に入ったとしても育児休業の時期が父親と母親で異なることを覚えておきましょう。

男性の場合

原則として出産当日~子どもの1歳の誕生日前日までの最長1年となります。最長1年ですので、1ヶ月など短い期間だけ取得することも可能です。育休期間は「パパ休暇」や「パパ・ママ育休プラス」を利用すれば条件付きで延長できます。
また、配偶者が専業主婦であっても事業主は育休の取得を拒むことはできません。

出産予定日から育休を取得するよう準備しておき、日にちが変わった場合に対応するのがスムーズでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  わが社の働き方改革奮闘記 ~新米パパの変則勤務編~ | 株式会社JTBベネフィット 我が国の現職の男性官僚が育児休暇取得を発表したことで、父親の育児参加が話題になっていますが、わが社では女性従業員のみの適用が現状です。では、男性従業員はわが社のどのような制度で育児参加ができるのでしょうか。今回は、前倒しの変則勤務時間制度を取得した子育て世代の男性従業員の事例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

女性の場合

女性の育休期間は、産休終了後から子どもの1歳の誕生日前日までとなります。

近年は待機児童の問題が深刻となっており、子どもが1歳までに復職できない人も非常に多くなっています。そのため、1歳6ヶ月を過ぎても育休が必要な場合、2歳まで再延長できるようになりました。

併せて育児休業給付金がもらえる期間も延長となっているため、子育てに安心して取り組むことができます。育児休業給付金は育休を始めてから180日までの給付率は育休前に支給された給料の水準の67%、それ以降は50%です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  わが社の働き方改革奮闘記 ~時差出勤編~ | 株式会社JTBベネフィット 生活環境が個人によって異なるのと同時に、働き方に対する価値観や目的も人それぞれですが、政府が推進している働き方改革の中で自分に当てはまる項目はありますか。今回は時差出勤について、わが社に勤務する子育て世代の女性従業員の活用事例を紹介します。なぜ時短勤務を選ばないのか、時差出勤のメリットと時短勤務のデメリットが浮き彫りになる内容です。 株式会社JTBベネフィット


育休期間中の給与はどうすればよい?

テレワークで資料にメモを書く女性従業員

育休中の給与の支払い有無は、企業の就業規則によって社会保険料の免除や給付金といった経済的支援が定められています。

社会保険料は免除

産休・育休中の社会保険料(健康保険、厚生年金)の支払いは本人負担、事業主負担分とも免除となります。もちろん支払いが免除されている間も被保険者としての資格は継続となり、年金額を計算する際には保険料を納めた期間として扱われます。

社会保険料の免除には事業主から年金事務所への申請が必要です。産休と育休を継続して取得する場合でも、申請は別々におこなわなければなりませんので注意しましょう。
また、育休を延長した場合には、社会保険料の免除に関しても延長手続きが必要です。

育児休業給付金

休業期間中賃金が支払われない、または一定以上減額される場合には、雇用保険から最高で月額67%が支給されます。

育児休業給付金は雇用保険から支給されるため下記の条件を満たしていることが必要です。

・雇用保険に加入していて、保険料を支払っていること
・育児休業開始前の2年間に11日以上就業している月が12ヶ月以上あること
・育児休業期間中の1ヶ月ごとに、休業開始前の1ヶ月あたりの賃金の8割以上の賃金が支払われていないこと
・育児休業期間中の1ヶ月ごとに、就業している日数が10日以下(または80時間以内)であること
・育休からの復職後も就業を継続する予定であること

あわせて読みたいおすすめの記事

  「育児休業給付金」とは?正しく理解して従業員の子育てをがっちりサポートしたい! | 株式会社JTBベネフィット 出産後には産休はもちろん、育休を取得したいと考える従業員も多いことでしょう。ただし、その際に不安になるのが収入面です。そこで活用できるのが、政府が支援のために設けている育児休業給付金の制度です。受給の資格や具体的な申請方法について見てみましょう。 株式会社JTBベネフィット


男性の育休取得促進には会社のサポートが重要

子どもを連れて散歩をする両親

従業員が育休を取得する際には、周囲のサポートが不可欠です。

育休を取得しない従業員からの不満が出たり、育休を取得した人が復帰しにくい状況になったりといった問題の発生を防止するには、育休を取得する従業員の業務内容を把握し、サポートする周囲の業務状況、スキルなどを把握しておくことが重要となります。

また、育休取得者の後任担当者の選定には、従業員の業務状況やスキルの把握が必要ですが、その際にはJTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」の導入がおすすめです。flappiは、従業員と組織の課題をデータから適切に導き出して可視化し、レコメンド機能で成長につなげる人財(※)育成ソリューションです。スムーズに育休を取得できる環境作りにも役立ちますので、ぜひご検討ください。


※JTBグループでは、社員の成長・活カが会社の成長、グループの発展を支えるという基本理念のもとで人は財産であるとし、「人材」を「人財」と表記しています。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  幼児教育・保育無償化で企業がとるべき対応とは? | 株式会社JTBベネフィット 令和元年10月に施行された幼児教育・保育無償化制度により、子供一人当たりの月々の保育料負担が概ね2万円~4万円軽くなりました。企業側の対応としては、子育て中の従業員が、新たに発生した可処分所得を有意義に消費できるようサポートする必要があります。 そこで今回は、制度の概要と目的と、企業の総務・人事担当者がとるべき対応などについて紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  従業員の親子コミュニケーションをサポート!子育て世代のモチベーション向上の方法とは? | 株式会社JTBベネフィット 子どもを持つ従業員は、多忙な毎日を送るなかで親子のコミュニケーション不足に悩むケースが少なくありません。そこで企業側の対策として、従業員のモチベーション低下防止を意識する必要があります。今回は、従業員の親子のコミュニケーション不足により組織に及ぼす影響や、改善施策について解説します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧