そのオフィス環境はコロナ対策に有効なの?レイアウトから備品まで企業がとるべき対策とは?

​​​​​​​マスク着用しソーシャルディスタンスを保ちながら仕事をする従業員​​​​​​​

テレワークや在宅勤務と出社が混在する中、私たちの働き方にも新しい日常といわれるニューノーマルの取り組みが求められています。ただ、今はまだ過渡期で、新型コロナウイルスの感染症対策で取り組むべき手は尽くしたのにクラスターが発生する事例もあり、戸惑いや不安を感じながら試行錯誤している人事総務担当者の方も少なくない印象です。

今回は、出社が必要なビジネスパーソンへ向けて、オフィス環境での感染症対策をいくつか取り上げて検証してみます。これは、収束以降も感染症予防に有効な対策ですので、人事総務担当者の方においては、今後の感染拡大に備えて自社のオフィス環境でぜひ実践しましょう。

目次[非表示]

  1. 1.オフィス環境についての厚生労働省の要請
    1. 1.1.感染防止のための基本的な対策
    2. 1.2.クラスター発生防止のための対策
    3. 1.3.風邪症状が出た場合の対応
    4. 1.4.新型コロナ陽性者が出た場合の対応
  2. 2.このオフィス環境はOK、それともNG? <前編>
    1. 2.1.フリーアドレスオフィス
    2. 2.2.備品の共有
    3. 2.3.エレベーター
    4. 2.4.トイレ
  3. 3.このオフィス環境はOK、それともNG? <後編>
    1. 3.1.休憩室、更衣室、喫煙室
    2. 3.2.給湯室
    3. 3.3.対面での会議
  4. 4.まとめ

オフィス環境についての厚生労働省の要請

ニューノーマル時代のオフィスレイアウト

新型コロナについては、専門家を含め未だにその全貌が把握されていないため、絶対的に安心、安全な対策は存在しません。マスクの着用やアルコールでの手指の消毒は今や誰もがおこなっている感染症対策ですが、企業はできるだけ信頼性の高い情報に基づいて、オフィスにおける具体的な対策をとるしかないでしょう。その点では、政府からのガイドラインは参考になります。

今回は、厚生労働省が発表した「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づいて、政府が求めている職場対応について概観してみましょう。

感染防止のための基本的な対策

1.飛沫感染を防ぐためマスクの着用と咳エチケットの徹底。

2.石鹸によるこまかな手洗いや、人がよく触れる備品等のふき取り・消毒を徹底すること。

3.労働者に対する検温や、体調不良の場合の上司への報告など、日常的な健康状態をモニタリングすること。

4.その他、長時間労働を避けること、十分な栄養と睡眠の確保などをおこない、健康管理をおこなうよう周知していること。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の健康管理、職場での取り組み方は?アイデアとおすすめサービスを紹介 企業にとって社員の健康管理は避けて通れない使命であり、仕事での生産性を高めるためには大変重要です。今回は、企業が社員の健康管理をおこなう必要性やアプローチ方法について紹介します。国として健康経営を推進するためには、特に中小企業による取り組みの拡大が課題となっていますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

クラスター発生防止のための対策

1.基本的な対策として、いわゆる「3密」と呼ばれる換気の悪い密閉空間、多くの人が密集する場所、近距離での会話や発声の3つの条件を満たす空間や環境を避けること。

2.窓が開く場合には、1時間に2回程度、窓を全開にすること。機械換気の場合は、ビル管理法令の空気環境基準を満たすこと。電車など公共交通機関を利用する際にも窓開けに協力することを周知すること。

3.多くの人が密集する環境を回避するためにテレワーク(リモートワーク・在宅勤務を含む)、時差通勤、自転車通勤などを推奨すること。会議はできるだけオンラインでおこない、やむを得ず対面でおこなう場合はソーシャルディスタンス(人との距離を2メートル以上)を確保すること。社員食堂での密集を避けるため、座席数を減らしたり、休憩時間を時間差にしたりすること。喫煙場所の制限などの対策。

4.職場の従業員同士、外来者や顧客、取引先との対面で近距離での会話や発話を抑制すること。


あわせて読みたいおすすめの記事

  時差出勤とは?出社でもテレワークでも効果的なウィズコロナ時代の働き方を解説 新型コロナウイルスの感染症対策で取り上げられる機会が増えた働き方と言えばテレワーク、そして時差出勤でしょう。これらは働き方改革を推進し、ワークライフバランスを実現するためにも有効な手段と言えます。今回は、時差出勤についてメリットとデメリットやフレックスタイム制との違いと導入方法についてご紹介します。 株式会社JTBベネフィット

風邪症状が出た場合の対応

風邪症状等が出た場合、会社は出勤を求めず、従業員は無理に出勤しようとしないこと。また、近隣の相談センターや、相談するための目安を従業員に周知徹底すること。

新型コロナ陽性者が出た場合の対応

陽性者に対して解雇するなどの不利益な取り扱いや差別的な対応をおこなわないこと。陽性者が出た場合にいかなる対応をするか前もってルール化し、従業員に周知すること。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【新型コロナウイルス対応も網羅】非正規雇用者を会社・労働者の視点から解説!! 今知りたい「新型コロナウイルスの収入補償」と「同一労働同一賃金」も詳しくご紹介 非正規雇用者と正規雇用者(正社員)の働き方や賃金面などにおける違いを、会社と労働者の目線から分かりやすくご紹介します。また新型コロナウイルス助成金(COVID-19)の影響によって、解雇や自宅待機など様々な状況にある非正規雇用者の収入補償を各ケース別に細かく整理し、今月から施行される同一労働同一賃金についても詳しく解説します。 株式会社JTBベネフィット


このオフィス環境はOK、それともNG? <前編>

前項で述べた厚生労働省のガイドラインを前提にして、問題になりやすいオフィス環境をいくつか具体的に取り上げてみましょう。

フリーアドレスオフィス

行動がNGと判定された従業員

答え:NG

解説:フリーアドレスオフィスとは、従業員の座席位置を決めずに仕事に応じて自由に座れるようにするオフィスレイアウトのことです。毎日、異なった人が隣に座ることになりますので、従業員コミュニケーションの活性化やレイアウト変更が容易であることがメリットとして挙げられます。

しかし、感染症対策の観点から、デスクやチェア、パソコンのキーボードやマウスなど不特定の従業員が触れることになるため、避けたいところです。フリーアドレスを導入している場合、デスク、チェア、パソコンの使用前は消毒をおこなうことをはじめとした対策をとりましょう。

なお、フリーアドレスを廃止して座席を固定する場合でも、座席と座席の間は2メートル以上の間隔を空け、アクリル板やビニールカーテンなどで間仕切りをするようにします。座席はできるだけ対面を避け、対角もしくは横並びに配置しましょう。オフィスでは定期的に換気して空気の入れ替えをおこないましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  働き方改革で生産性向上をかなえる!実施企業の事例も紹介! 働き方改革は、労働者の働き方の選択肢を広げるメリットがある一方、企業側は生産性向上に取り組まなければ、今後の安定的な経営が難しくなるかもしれません。今回は、生産性向上の目的や、生産性向上に取り組む企業の事例を紹介していきます。生産性向上の本質をとらえて、自社の取り組みに活かしていきましょう。 株式会社JTBベネフィット

備品の共有

行動がNGと判定された従業員

答え:原則NGだが、対策をとった上でOKのものもあり

解説:社内では従業員全員で共用してきた多くの機器や備品があることでしょう。感染症対策の観点からすれば、備品に触れる人が少なければ少ないほどリスクは低くなりますので、文具や紙の共用を避けましょう。

しかし、複合機など大型の機器やオフィスに備え付けている電話に関しては、コストやシステム面からオフィスに何台も設置する訳にはいかないですので、近くにアルコール消毒液を設置して、使用する人が交替する度に消毒を徹底するようにしましょう。

ゴミの処理にも注意が必要です。衛生上、できるだけビニール袋で密閉して、こまめに捨てるようにします。また、ゴミについた鼻液や唾液にウイルスが混在している可能性もありますから、処理後は手洗いを徹底しましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  どこからどこまでが対象範囲?正しく知っておきたい安全配慮義務 普段あまり意識することはありませんが、企業は従業員が安全に働けるように配慮する義務が法的に定められています。実はこの配慮の範囲は広範にわたっており、施設や備品の整備だけではなく、従業員の健康への配慮、労働の実態の把握なども含まれます。 株式会社JTBベネフィット

エレベーター

行動がNGと判定された従業員

答え:原則NG。状況に応じて使用方法を判断

解説:エレベーターは言うまでも典型的な「3密空間」であり、不特定多数の人と乗り合わせる可能性が高い密閉空間です。また、ボタンを押すなどの接触機会もあるため、感染リスクは高いです。米疾病対策予防センターによると、3月に中国で無症状の陽性者がエレベーターを一度利用しただけで推定71人に新型コロナを感染させた研究報告がありました。

現在、多くのビルでは、出来るだけ距離を保ってエレベーターに乗ることができるように利用人数を制限しています。それでも急いでいる場合などは、ルールを無視して乗り込みたくなることもあるでしょう。

しかし、エレベーターという感染リスクがかなり高い空間を決して過小評価すべきでないことは明白です。仮に遅刻することになるとしても、自分と周りの人の健康を守るため、混雑しているエレベーターは避け、可能ならば階段を利用するようにしましょう。

また、接触機会とされているボタンを押す場合は、鍵などを使用するなどして、手指を触れないようしましょう。

トイレ

​​​​​​​行動がOKと判定された従業員

回答:NGというわけにいかないため、細心の注意を払う

解説:新型コロナは体内の消化器でも死滅しないため、排せつ物が感染経路になるリスクも指摘されています。オフィスのトイレは不特定多数の人が利用しますが、使用を完全に避けることはできないため、利用にあたっては細心の注意を払いましょう。

代表的な対策として、トイレの水を流すときは蓋をして流すこと、便座などの接触部分は頻繁に消毒すること、そして使用後はもちろん正しい方法でしっかりと手洗いをすることです。また、ハンドドライヤーは使用を中止し、ペーパータオルを設置するか、従業員は各自のタオルやハンカチを使用しましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  最適なオフィスの形を実現して働き方改革を推進! ニューノーマル時代ならではの働き方改革の推進に伴い、効率や生産性を考慮した効果的なオフィスレイアウトの必要性が高まっています。今回は、働き方改革により求められるオフィス環境やオフィスレイアウトの実例、外部オフィスの必要性について紹介します。内容を参考にオフィス空間の最適化を図りましょう。 株式会社JTBベネフィット


このオフィス環境はOK、それともNG? <後編>

これまで当たり前だったオフィス環境は、ウィズコロナ時代ではどういう判定になるのでしょうか。今後の使用についても検討をおこないましょう。

休憩室、更衣室、喫煙室

行動がNGと判定された従業員

答え:NG

解説:休憩室、更衣室、喫煙室は3密空間であるため、感染リスクが高いと言えるでしょう。ただ、休憩や喫煙中の雑談で思ってもみなかったようなアイデアがひらめくことも良くあるもの。屋外など、換気が良いところに休憩、喫煙スペースを設置するのがいかがでしょうか。更衣室では人が密集しないように、時間差で使用するようにルールを作成しましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  その働き方はコロナ対策に有効なの?通勤から帰宅まで判定します! ウィズ・コロナの時代に入り、リモートワークが増えているものの、出社しなければできない仕事があると感じているビジネスパーソンもいると思います。今回は、コロナ感染対策の観点での通勤・出社から退社・帰宅まで、いままで当たり前のようにおこなってきたビジネスルーティンのどこが問題なのか検証してみましょう。 株式会社JTBベネフィット

給湯室

行動がOKと判定された従業員

答え:条件つきでOK

解説:給湯室についても3密空間であることには違いありませんが、用途が限られているので滞在時間が短いため、入室する人数に制限を設けて利用することで問題ありません。ただし、ポット、食器、調理器具、スポンジ、ふきんなど不特定多数の人が触れる備品が多くありますので、アルコール消毒液を備え付けてそれらに触れる前後には手指を消毒しましょう。

対面での会議

行動がNGと判定された従業員

答え:原則としてNG

解説:出来るだけ人と人との接触を避ける観点からはオンライン会議が理想なのですが、従業員間のコミュニケーション維持や会議体の特性上で、完全にオンラインのみでというわけにはいかない場合もあるかと思います。その場合は対面の座り方を避け、ソーシャルディスタンスを確保し、パーテーションの設置などの対策をした上で対面での会議に臨みましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  働き方改革のアイデアとは?成功するためのポイントや事例を紹介 働き方改革とは、一億総活躍社会の実現に向けて企業が取り組むべき、働きやすい環境づくりの総称です。会社の中で働き方改革を推進するには、制度や規定の見直しや、従業員の意識を変えるといった多くの作業が必要となります。本記事では、企業が実践しやすい働き方改革のアイデアと成功例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


まとめ

マスクを着用し、アクリル板を設置したオフィスで仕事をする従業員

ここまで検証してきたように、これまでのオフィス環境や習慣が100%否定されるわけではありませんが、企業側にもかなりの調整が求められることがわかります。重要なことは、人事総務担当者がこれらのオフィス環境がなぜNGなのかそれぞれの理由を確認し、オフィスでの1日に潜んでいる感染リスクをできるだけ減らすために対策を講じることです。

どの企業にとっても、今後は接触を減らしつつも生産性を高める環境をいかに整えることが課題と言えるでしょう。政府や自治体はこれらの対策として、助成金や補助金の制度を紹介しています。特に、中小企業向けの助成金や補助金においては、2020年に新設・延長・拡充されたものも多くあり、以下のリンクにて紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

冒頭でも述べたように、私たちは新型コロナの全貌を把握しているわけではなく、オフィス環境にもまだ顕在化していない問題があると考えられることから、もし、問題を一挙に解決したいのであれば、テレワークを実施して出社は必要最低限とし、オフィスを縮小するなどの思い切った解決策が必要なのかもしれません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【新型コロナウイルス対応も網羅】中小企業の経営対策!IT導入補助金をはじめ、補助金や助成金がつく支援事業を一覧でご紹介! 新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業は、大企業と比較して補助金や助成金の面で優遇されるケースが多々あります。この記事では補助金と助成金の違いに加え、テレワークの定着で話題となったIT導入補助金など、受給対象となる支援事業を網羅して解説します。また、補助金や助成金の効率的な検索方法も紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  職住融合とは?ニューノーマルのワークライフバランス向上に適した住まい領域 東京23区で勤務し、コロナ禍によって導入されたテレワークを継続したいと考えている従業員は7割以上にのぼります。ワークライフバランスの維持を目指して、自宅をテレワーク用にリノベーションする「職住融合」や、職場の近くに引っ越す「職住近接」という動きに、企業はどのように向き合えるのでしょうか? 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧