1on1ミーティングの始め方!目的や進め方を理解して成功を手に入れよう

面談や面接をおこなう従業員もしくは求職者と採用担当者

近年、「1on1ミーティング」を実施する企業が増えています。1on1ミーティングは、仕事における課題・悩みの解決や人材育成の取り組みの一つとして注目されている施策です。しかし、目的を持たずただ面談をおこなうだけでは、あまり意味がありません。
この記事では、1on1ミーティングをおこなう意味や、成功させるために必要な目的、具体的なテーマ例などをご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.1on1ミーティングとは?目的や面談との違い解説
    1. 1.1.そもそも1on1ミーティングとは何か
    2. 1.2.1on1ミーティングの目的
    3. 1.3.従来の1対1面談との違い
  2. 2.1on1ミーティングのメリット・デメリット
    1. 2.1.1on1ミーティングのメリット
    2. 2.2.1on1ミーティングのデメリット
  3. 3.1on1ミーティングの効果的な進め方
    1. 3.1.1on1ミーティングの目的を周知する
    2. 3.2.1on1ミーティングの日時・テーマを設定
    3. 3.3.1on1ミーティングを実施
    4. 3.4.振り返りの共有と次回への準備
  4. 4.1on1ミーティングで話すことがない時のテーマ例4つ
    1. 4.1.現在の課題や困りごと、うれしかったこと、良かったこと
    2. 4.2.課題や取り組んでいるテーマ
    3. 4.3.強みと弱み
    4. 4.4.仕事以外のこと
  5. 5.1on1ミーティングのコツと注意点
    1. 5.1.自由に答えられる「オープンクエスチョン」で進めることが大切
    2. 5.2.記録を残し、自主的な成長を促す
  6. 6.1on1ミーティングの効果向上はflappiにお任せください

1on1ミーティングとは?目的や面談との違い解説

まず、1on1ミーティングとは一体どのようなものなのでしょうか?
「ミーティング」という名前から、人事評価のための面談や社内でおこなわれる相談といったものを想像する人が多いですが、1on1ミーティングと面談はその目的だけでなく、対話の方法などが異なります。

そもそも1on1ミーティングとは何か

1on1ミーティングは、上司と部下によって定期的におこなわれる面談のことです。
名前の通り、上司と部下が1対1で話す場ではありますが、半期に1回などのスパンで営業成績などをチェックし、ボーナスの査定などをする評価面談とは違い、定期的かつ短いスパンでおこなわれることが特徴です。多くの企業では毎週や隔週、毎月という頻度でおこなわれます。

1on1ミーティングの目的

1on1ミーティングをおこなう目的は、部下の育成が背景にあります。
人事評価のように働きぶりをチェックするためではありません。部下が取り組んでいる仕事・業務から課題についてヒアリングをし、現状を把握しながら課題についてアドバイスをしたり相談を受けたりして、信頼関係を築いていくという目的があるのです。

1on1ミーティングは、部下とのコミュニケーションを図り仕事をスムーズに進められるよう促すことで、職場の定着率を上げることにもつながっています。特に、テレワークの環境ではお互いの状況がわからずコミュニケーションが希薄になりがちですので、オンラインでの1on1ミーティングが有効です。

従来の1対1面談との違い

これまでおこなわれていた1対1の面談との違いは、部下の仕事管理ではなく「人材育成」を目的としていることです。

上司が部下に対して一方的に評価する人事評価の面談とは違い、1on1ミーティングは「上司と部下は同じ組織や職場の人間である」という対等な立場でおこなわれます。上司と部下といった役職や年上や年下といった年齢は、ここではまったく関係ありません。従来のような一方通行のコミュニケーションではなく、対話型で質の高いコミュニケーションであることが1on1ミーティングの特徴といえるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「社内コミュニケーション」の重要性と人事ができる具体的な取り組み ビジネスで成果を挙げるには、従業員同士のコミュニケーションが重要な要素のひとつです。そこで今回は社内コミュニケーションが重要である理由から、コミュニケーション不足が生まれる理由やその弊害、そしてコミュニケーションを活性化させるための取り組み方法について考察します。 株式会社JTBベネフィット


1on1ミーティングのメリット・デメリット

対面で打ち合わせをおこなう従業員

次に、1on1ミーティングをおこなうことのメリットとデメリットについて、それぞれ見てみましょう。メリットが多いように思えますが、実はデメリットもあります。
1on1ミーティングを実施する前にメリット・デメリットを確認し、効果的な1on1ミーティングができるように準備しましょう。

1on1ミーティングのメリット

1on1ミーティングの最大のメリットは、上司と部下の間で信頼関係ができることです。
部下全員と話す機会がない、世代の違いでコミュニケーションを取ることが難しい、仕事以外の話をできないなど、上司側にも部下に対する悩みがあります。

定期的に1on1ミーティングをおこなうことによって、これらの問題が少しずつ解消されます。上司が部下の課題や思いを聞き出すことができるだけでなく、部下も「上司もさまざまなことを話してくれた」という満足感から、信頼関係を構築できるのです。

また、仕事の状況を把握して適切なサポートができるほか、高頻度で進捗を確認することで短期間での評価が可能になります。信頼関係の構築から組織や職場への定着率アップも期待できます。部下の成長を促すきっかけになるだけでなく、モチベーションの向上にもつながるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「働き方改革」のキーワード、ワーク・ライフ・バランスについて確認しよう 働き方改革に注目が集まる昨今、ワーク・ライフ・バランスは多くの関係者が注目するキーワードとなっています。しかし、その正しい意味を本当に理解しているでしょうか? 今回は言葉の正しい意味と目指すものやメリット、さらに企業における具体的な取り組みについても紹介します。 株式会社JTBベネフィット

1on1ミーティングのデメリット

1on1ミーティングのデメリットは、ミーティングをおこなう上で設定しておきたい目的や準備などが不十分である場合には成果を得られないこと、また成果が出るまでに時間がかかることなどです。

なぜ貴重な時間を割いて1on1ミーティングをおこなうのか、このミーティングを通して上司と部下が話し合うことで何を実現したいのかという目的の設定がぶれていると、時間の無駄になってしまいます。あらかじめどのようなことを話すか決めておかなければ、世間話で終わってしまうことも考えられるため、お互いに「有意義な時間だった」と思えるように準備しておく必要性があります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員のモチベーションをアップさせる「エンパワーメント」とは? 元々、ビジネスで使われる言葉ではなかったエンパワーメントですが、現在では人材教育としても効果を持つとして多くの企業で取り入れられています。今回はエンパワーメントについて、企業で導入することのメリット、デメリット、そして成果を挙げるポイントについて考察していきます。 株式会社JTBベネフィット


1on1ミーティングの効果的な進め方

次に、1on1ミーティングの進め方について見てみましょう。
部下に「有意義な時間だった」と実感してもらえるよう、準備を万全にしておく必要性があります。実際にどのような流れで1on1ミーティングを実施すればいいか、1ステップずつチェックしましょう。

1on1ミーティングの目的を周知する

まずは、1on1ミーティングをおこなう「目的」を考え、それを周知させることです。
突然「1on1ミーティングをおこないます」と部下に伝えると、「何を話せばいいかわからない」「話した内容によっては自分の評価につながるのではないか」と戸惑う可能性があります。

1on1ミーティングはあくまで部下の成長や人材育成、悩みを聞いて解決する場であり、意見や思いを聞かせてほしいということを伝えましょう。

1on1ミーティングの日時・テーマを設定

部下に1on1ミーティングの実施を知らせたら、日時や話す内容(テーマ)について決めましょう。繰り返しますが、1on1ミーティングは通常の面談と違い、短いスパンでおこなわれる話し合いです。そのため、無理なく定期的に実施できる日程を設定し、部下が気軽に参加できるよう配慮する必要性があります。

1on1ミーティングの当日は上司が自然にリードできるよう、あらかじめミーティングの流れや質問内容などを考えておきましょう。

1on1ミーティングを実施

あらかじめ決めておいた日時に、1on1ミーティングを実施します。
初めての1on1ミーティングでは部下が緊張していたり、何を話したらいいかと戸惑ったりすることもあるため、まずは雑談から始めて部下がリラックスしたら、上司は部下にどのような期待をして、目的達成のために上司は部下にどのようなガイドやアドバイスができるかなどのルール説明をおこないましょう。

1on1ミーティングで話した内容は、その場で要点をメモします。部下が話した内容に対して自分がアドバイスをした内容、ヒアリングした今後の展望や希望などをまとめましょう。
和やかな雰囲気で終わることができるよう、終始リラックスして臨みたいところです。

振り返りの共有と次回への準備

1on1ミーティングで取ったメモをもとに、次回のテーマを設定します。
このメモは上司だけが管理するのではなく、部下にも内容を共有すれば認識の違いが生じることがありません。メモを共有するようにすれば、部下は回を重ねるごとに自分の考えを整理して話せるようになるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  リモートワーク化に適した職種は?リモート化を成功させるコツ 現在、外出自粛の影響と働き方の多様化により、ますます注目を浴びているのがリモートワークです。今回は、リモートワークに適する職種や、リモート化を成功に導くためのポイントを紹介します。本格的なリモートワークの導入を検討している人事・総務担当者は、今回の内容を自社の運用に役立てましょう。 株式会社JTBベネフィット


1on1ミーティングで話すことがない時のテーマ例4つ

トピックスのイメージ

1on1ミーティングを実施するにあたり、具体的にどのようなことを話せばいいのかと悩む上司は少なくないでしょう。部下に対して気軽に話してほしいという気持ちはあるものの、上司である自分には気軽に話してくれないのではないかと不安になるかもしれません。そこで、あらかじめテーマや質問を考えておきましょう。

話すことがない、会話に詰まってしまうといったことにならないよう、ここではネタになるいくつかのテーマ例をご紹介します。

現在の課題や困りごと、うれしかったこと、良かったこと

まずは、部下の育成につながるテーマから。現在取り組んでいる仕事(課題)について尋ね、困っていることはもちろん、その仕事に携わったことで得られたこと、うれしかったことなどを聞きましょう。仕事のどのような部分が苦手なのか、逆に得意なことや人間関係の悩みなど、さまざまなことを聞き出すことができます。

課題や取り組んでいるテーマ

部下が現在取り組んでいるテーマや課題、目標などを尋ねましょう。今後、部下がこの会社でどのようなキャリアを積んでいきたいか、仕事に対してどのようなビジョンを持っているかがわかります。話を深く聞き出すために、部下の話に興味を持ってヒアリングすることが大切です。

強みと弱み

部下の強みと弱みについて尋ねてみましょう。
面接のような重苦しい雰囲気ではなく、前述の課題や取り組んでいるテーマの話題から自然につなげるといいでしょう。部下の強みと弱みを知ることで、得意分野・苦手分野が明確になり、昇進や異動を検討する際の参考になります。

仕事以外のこと

仕事以外のこと、つまりプライベートな話題は上司と部下の信頼関係が築けていないと、あまり話してくれないかもしれません。

「休日は何をしている?」、「帰宅中はどのようなことをしている?」「テレワークはどこでしている?」などと聞くのではなく、「最近、何か楽しいことはあった?」というように、当たり障りなくプライベートに触れられる質問をしましょう。部下が普段考えていることや、趣味・嗜好について知るきっかけとなり、次の話題作りに役立ちます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  メンター制度って何?離職に悩む企業に知ってほしい人事のコツ 「メンター制度」は、若手従業員が抱える悩みに対して、所属部署以外の先輩従業員が相談に乗ることで、若手従業員のメンタルケアと離職防止に役立つことができる制度です。メンター制度を導入することで、若手従業員の成長を促します。さらに、教える側の従業員の成長にもつながり、チーム全体として人材育成・定着が実現できます。 株式会社JTBベネフィット


1on1ミーティングのコツと注意点

1on1ミーティングを実施する上で知っておきたい注意点や、コツについてご紹介します。
お互いの貴重な時間を割いておこなうものなので、短い時間で最大限の効果を得られるよう、ポイントを押さえておきましょう。

自由に答えられる「オープンクエスチョン」で進めることが大切

せっかくの1on1ミーティングなので、YES・NOの2択で答える質問ではなく、もっと自由な答えを引き出せる「オープンクエスチョン」を投げかけるようにしましょう。

例えば、「最近不安に思っていることや、困っていることはある?」「職場の雰囲気についてどう思う?」などです。最初はあまり具体的に答えてくれないかもしれませんが、回を重ねるごとに少しずつ慣れて、部下のほうから話してくれるようになることもあるでしょう。

記録を残し、自主的な成長を促す

1on1ミーティングの際に取ったメモなどの記録を活用して、前回のミーティングで話したことを次のミーティングの際に尋ねてみましょう。「課題の解決に向けた動きはあったか」、「別の悩みは生まれていないか」、「次にどうしたいか」などを尋ねて、部下が少しずつ前進できるよう促しましょう。

部下の成長につながるだけでなく、問題解決に向けて取り組むようになるため、漠然とした不安を持つことが少なくなります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  組織の活性化とは?その定義と方法、取り組み事例を紹介 業務効率化やIT化が進む中、組織内のコミュニケーションを見直し、活性化させることは、組織全体の成長や拡大に欠かせない施策です。そこで今回は、組織活性化の定義や有効な手法、事例について紹介します。組織活性化の必要性を感じている企業は、記事を参考に自社にあった方法を検討してみてください。 株式会社JTBベネフィット


1on1ミーティングの効果向上はflappiにお任せください

1on1ミーティングを取り入れることで、普段の仕事だけでは見えてこない仕事に対する不安や課題が可視化され、解決につながる糸口となります。また、問題解決だけではなく、上司と部下のコミュニケーションの円滑化や信頼関係の構築などにもつながります。特に、テレワークで1on1ミーティングをおこなうと、コミュニケーションにおける効果を大きく享受できます。
1on1ミーティングではこのような普段の仕事だけでは見えてこない不安や課題を顕在化し、解決していくことが重要です。

そこでぜひ取り入れたいのが、従業員や会社の課題を可視化し、管理ができる仕組みです。JTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」は、AIによって従業員・会社のデータを収集し、人材育成の課題の解決策などを提示してくれるツールです。flappiを導入し、1on1ミーティングで得られた結果をもとに、部下のモチベーション向上や会社全体の課題解決を図ってみてはいかがでしょうか。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  適切な対処が欠かせない、「感情労働」の意味と企業が行うべきこと 自分の感情をコントロールしてサービスを提供するような仕事を感情労働と言います。従来は客室乗務員や医療・介護関係者がその代表とされてきましたが、最近ではさらに多くの職種に広がっているといわれています。感情労働の意味や近年注目される背景、そして企業が行う取り組みについて紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  「チームワーク」が企業にとって重要な理由と、向上させるポイント ビジネスシーンにおいて大切な「チームワーク」の基本情報を紹介します。あわせてチームワークが企業にとって重要な理由、チームワークを向上するために必要なポイントを紹介。チームワーク強化を実現するために人事部ができる具体的な施策についても解説します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧