イノベーション人材にはどんな特徴があるのか?社内育成するための方法は?

​​​​​​​多様な人材の能力をデータで可視化

企業が成長し続けていくためには、既存の事業に変革を起こし、新しい価値を創出する人材が必要です。日本社会全体で若手の人材が減少する中、多くの企業が人材の確保に奔走しています。

本記事では、イノベーション人材とは具体的にどのような人材を指すのか、企業がイノベーション人材を採用獲得して活用するためには何をすればいいか、などを詳しく紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.イノベーション人材とは?
    1. 1.1.イノベーション人材の定義~イノベーションに必要な3タイプの人材とは
    2. 1.2.イノベーション人材が必要な理由とは
  2. 2.イノベーション人材に必要なスキル
    1. 2.1.実行力に優れた人(プロデューサー)に求められるスキル
    2. 2.2.発見力に優れた人(デザイナー)に求められるスキル
    3. 2.3.バランスに優れた人(デベロッパー)に求められるスキル
  3. 3.イノベーション人材を育成するには
    1. 3.1.会社が従業員に対して積極的に「成長の機会」を提供する
    2. 3.2.従業員一人ひとりに対して、適切な活躍の場があることを示す
    3. 3.3.充実した福利厚生を用意する
  4. 4.イノベーション人材を育てるマネジメントはflappiにお任せください

イノベーション人材とは?

イノベーションとは、「新しく何かをおこなうこと」を指します。斬新な方法や新しい切り口で問題を解決する、従来とは異なる手法で商品を開発する、などの行動もイノベーションに含まれます。
これを踏まえて、「イノベーション人材」について詳しく見ていきましょう。

イノベーション人材の定義~イノベーションに必要な3タイプの人材とは

イノベーション人材とは、今後イノベーションを起こすと見込まれる人材(イノベーター)のこと。つまり、「これからこの人は新しい風を巻き起してくれるだろう」と期待できる人です。これまでにない新しいことを始めるのはとても難しく、スキルや経験だけでなく、発想力や思考力、実行力も求められるでしょう。

イノベーション人材には3つのタイプ(要素)があると考えられており、それぞれのタイプの人材が企業に求められています。「実行力が高い人(プロデューサー)」「発見力に優れた人(デザイナー)」、そして「両方の能力をバランス良く備えている人(デベロッパー)」です。

    

【イノベーション人材における3つのタイプ】
1.プロデューサー:ビジネスの全プロセスを統括する
2.デザイナー:市場の動向やニーズ素早く汲み取り、企画の発案・構成などを担う
3.デベロッパー:デザイナーのアイデアを具現化し、継続的な改善・改良する

    

それぞれの役割を図に表すと、以下のようになります。

イノベーション人材の3つのタイプ(要素)


あわせて読みたいおすすめの記事

  職場を変えるハイパフォーマー!その行動特性から育成方法まで職場を変えるハイパフォーマー!その行動特性から育成方法まで 高いスキルや経験を持ち合わせた優秀な人材が「ハイパフォーマー」です。ハイパフォーマーの獲得、育成は、今後の企業の成長を左右する重要な課題といえるでしょう。今回は、ハイパフォーマーの概念や行動特性、育成方法などを紹介していきます。ぜひ自社での取り組みの参考にしてみてください。 株式会社JTBベネフィット

イノベーション人材が必要な理由とは

イノベーション人材が近年注目されている理由として、未来予測の難しさが挙げられます。
市場やニーズの移り変わりは年々速くなり、ビジネスにおいてもこれまでと同じ方法が通用しないといったシーンが多くなりました。そうして新しい事業戦略や価値の創造が必要となったことから、イノベーションを起こす有能な人材が求められているのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  VUCAの時代とは?現代に求められていることについて VUCA(ブカ、ブーカ)とは、変動性、不確実性、複雑性、曖昧性の英単語の頭文字をとった略語です。元々は軍事用語ですが、現代ではビジネスシーンでもよく使われます。今回は、ビジネス環境で言われるVUCAの捉え方を見ていきます。また、VUCA時代の企業や個人が生き残るために求められることについて解説します。 株式会社JTBベネフィット


  【未来を予測】アフターコロナに到来するニューノーマル時代とは?時差出勤やICT化によるテレワークは働き方の常識になる? 2020年上期の働き方を振り返ると、突如としてテレワークや時差出勤の導入などの変革を余儀なくされたことが印象的でした。当初は不安だったものの、始めてみるとメリットを感じた方も多いのではないでしょうか。この記事ではニューノーマル時代の働き方に焦点を当て、今後訪れるであろう変化を業界別にご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


イノベーション人材に必要なスキル

​​​​​​​デジタルを用いたイノベーションのイメージ

次に、イノベーション人材に求められるスキルについて見てみましょう。
前述の3タイプに必要とされるスキルはそれぞれ異なるため、タイプ別に解説していきます。

実行力に優れた人(プロデューサー)に求められるスキル

リスクに対する適切な対応力
実行力のあるプロデューサーは、現場の第一線で業務にあたることはもちろん、企業やチームの司令塔の役割も担います。そのため、現場で何らかのトラブルがあったり、計画に障害が発生したりした場合は、それらに対して適切に対応する必要があります。プロデューサーに求められる実行力には、単に計画を進めていくだけではなく、リスクに対して適切なアクションを取る能力も含まれます。


前向きなマインドと統率力・マネジメント力
実行力に優れたプロデューサーは、計画通りに前に突き進むだけではなく、チームや周りの人を巻き込んで、取りまとめていける人です。どんなに優れている計画でも、協力者や賛同者がいなければ頓挫してしまいます。チームを統率しマネジメントしていく能力に加えて、周囲の人を奮い立たせる前向きなマインドも不可欠です。

発見力に優れた人(デザイナー)に求められるスキル

市場や社会という社外の流れを読む観察力
新しいことを始めるといっても、市場のニーズとまったく関係のないことをおこなっても意味がありません。企業に何が必要とされているかを知るためには、市場や社会環境の変化を読み取り、その先を予測したりニーズを考えたりする必要があります。当てずっぽうな方法を試すのではなく、市場や社会の流れを読んでニーズの高まりをいち早くキャッチし、商品を開発したりサービスを提供したりするべきです。
デザイナーには、市場や社会などの変化を読み、未来を予測するための観察力が求められます。 


潮流を読み取る広い視野と発想力
デザイナーがバリエーション豊富な発想力を持つためには、今後どのようなムーブメントが起きるか、どのような需要が高まるのか、市場や社会の変化はもちろん自社が抱えている課題をどのように解決するかなど、広い視野が不可欠です。
また、企画のアイデアはもちろん、そのアイデアを形にするための組み立て方や、具体的にどのような商品やサービスを展開すべきなのかといったプロデュース力も必要です。

バランスに優れた人(デベロッパー)に求められるスキル

​​​​​​​試作・改善力
幅広い知見から発案した商品を試作し、より実用的に改善していくための能力が求められます。フィードバックをもとに改善を続けると対応力が高まるだけでなく、さらなるイノベーションの発生にもつながるでしょう。これは、デベロッパーとしての能力アップだけでなく、企業の成長にもつながります。


他者を認める柔軟性とコミュニケーション力
年齢や性別を問わず、誰とでもやり取りができるコミュニケーション力も必要です。
専門的な知識を有する人が集まる場では、それぞれの才能を活かしたイノベーションの発案が求められます。いくら良い考えがあっても、コミュニケーション不足で正確に伝えられなかったり、意見の食い違いがあったりすると、スムーズな計画実行は難しくなります。デベロッパーには、アイデアを出して改善するだけでなく、周りのメンバーとともにそれを膨らませることができるような柔軟性が求められます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  T型人材とは?T型人材を採用・育成するための本質を解説 T型人材とは、ゼネラリスト兼スペシャリストのスキルを持つ人材の総称です。AI技術の普及などで従来型スペシャリストや従来型ゼネラリストの能力に限界が生じたことで、近年の日本ではT型人材の採用や育成への動きが活発になっています。今回は、T型人材のバリエーションや育て方などを解説します。 株式会社JTBベネフィット


イノベーション人材を育成するには

パズルを組み立てるようにアイデアフラッシュする

イノベーション人材は、一朝一夕で育成できるものではありません。組織をよりよくするには、従業員個々の能力をどう上げて、組織としてどのように成長していくかが重要ですが、そのためには、従業員一人ひとりが自身の成長に興味を持ち、成長意欲を持たせる必要があります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業におけるダイバーシティ施策の推進のために重要となる意識改革 近年、日本企業の成長戦略のひとつであるダイバーシティが注目を集めていますが、企業が推進しても従業員への周知が進んでいないのが現状です。ここではダイバーシティの本質を見極める3つの分類と活用例を紹介します。ダイバーシティ施策で成果をあげるためには自社に合った効果的な取り組みを推進し、社内の意識改革を行いましょう。 株式会社JTBベネフィット


具体的な方法は、以下の通りです。

会社が従業員に対して積極的に「成長の機会」を提供する

従業員が、自ら意欲的に行動を起こすことが大切です。
例えば、従業員が「これは参加したい」と思えるような人材育成コンテンツを導入するという方法があります。自身のスキルアップにつながるようなサービスやコンテンツを利用できれば、成長のチャンスと捉える従業員が増え、会社やチームの意識改革にもつながるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  EVPとは?近年注目を集める背景と、会社がEVPを高めるメリットを解説 EVPとは、「会社が従業員に提供できる価値」のことで、企業として現代の競争社会を生き抜くためにおさえるべき重要なポイントです。今回は、EVPが注目されている背景やメリット、向上のための具体的な手順について紹介していきます。EVPを高め、従業員に選ばれる唯一無二の魅力的な会社を作っていきましょう。 株式会社JTBベネフィット

従業員一人ひとりに対して、適切な活躍の場があることを示す

自分は企業の中で小さな存在だと思い、意欲を失ってしまう従業員もいるでしょう。
そのような人には、従業員一人ひとりに活躍の場があることを示しましょう。自分が組織の中で十分に成果を出せる活躍できることがわかれば意欲的になることができ、会社に必要とされている実感も得られます。

人事部門や上司は、従業員一人ひとりと密接な関わりを持ちましょう。適切なフォローや評価を重ねていくことで、従業員自身がスキルアップに興味を持ち、向上心を持つようになるかもしれません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  1on1ミーティングの始め方!目的や進め方を理解して成功を手に入れよう 1on1ミーティングは、仕事上の課題・悩みの解決に向けて上司と部下で実施する取り組みです。人材育成にも効果を発揮します。単なる面談とは違い、双方が適切な理解と姿勢で臨む必要があります。今回は、1on1ミーティングの意義と成功させるために認識しておきたい目的や具体的なテーマの事例をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット

充実した福利厚生を用意する

イノベーション人材になり得るような優秀な社員については特に、引き抜きや離職を防ぐ必要があります。
会社に長く勤め、なおかつイノベーションによる貢献をしてもらうためには相応の待遇が欠かせません。また、優秀な社員は転職だけでなく、独立することも考えられるため、自社に留まるメリットとして、充実した福利厚生を用意することは有効な手段の一つと言えるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【完全版】福利厚生の基礎知識から人気・おすすめを5分で網羅!採用強化・社員定着対策、ユニークな制度もご紹介! | はたらくサプリ ライフスタイルの多様化が進み、国が働き方改革を推進する中で、就職希望者や従業員の福利厚生への注目度は高く、今やワークライフバランスを測る代表的な指標になりつつあります。今回は、福利厚生の基本的な知識と効果に加え、従業員に喜ばれる人気の福利厚生ランキングとユニークな福利厚生の導入事例まで漏れなくお伝えします! 株式会社JTBベネフィット


イノベーション人材を育てるマネジメントはflappiにお任せください

会社を次の時代に対応させ、さらに躍進させるために欠かせないイノベーション人材の育成・確保は企業の急務です。優秀な人材を育成して社内で大いに活躍してもらうために、従業員が自発的・意欲的に業務をおこなえる環境作りに努めましょう。

JTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」は、従業員一人ひとりのデータを分析し、適切なフィードバックやアドバイス、研修コンテンツなどを提供します。手間のかかるイノベーション人材育成の近道として、便利なflappiの導入をご検討ください。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  DX人材は育成する時代!DX人材に必要な観点や人材育成のポイントを解説 採用が難しいDX人材の確保には、自社で育成する方法がおすすめです。社内に多くのDX人材が育つと企業システムの一貫性が保たれたり、自社の事業に最適なシステムの判断ができるなどのメリットが生まれます。本記事では、DX人材に求められるスキルや自社で育成する利点、育成時のポイントを解説します。 株式会社JTBベネフィット


  「チームワーク」が企業にとって重要な理由と、向上させるポイント ビジネスシーンにおいて大切な「チームワーク」の基本情報を紹介します。あわせてチームワークが企業にとって重要な理由、チームワークを向上するために必要なポイントを紹介。チームワーク強化を実現するために人事部ができる具体的な施策についても解説します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧