デジタル人材争奪戦を勝ち抜くためには?人材獲得の方法や育成術を解説

​​​​​​​デジタル人材やDX人材といわれる従業員

デジタル人材とは、ITなどの分野における最先端システムの知識や技術を使い、社内外に価値を提供する人材の総称を意味します。

プログラミングが小学校の必修科目になったことからも、デジタル人材の育成が推進されているように、社会人においても日進月歩で進化するデジタルテクノロジーに対応する必要があるため、デジタル人材の多くはスキルアップなしで生き残れないという現状があります。さらに、転職しながらスキルやキャリアを高めようとするこのタイプの人材には、会社への帰属意識が低い傾向もあります。

そこで今回は、一般の従業員と比べて定着率の低いデジタル人材の特徴や具体的な獲得方法、育成ポイントなどを解説します。

目次[非表示]

  1. 1.デジタル人材の活躍領域と企業が求める役割とは?
    1. 1.1.デジタル人材の採用&確保は難しい
  2. 2.デジタル人材を獲得するための方法とは?
    1. 2.1.ワークライフバランスがとれる環境を整備する
    2. 2.2.一般社員とは異なる処遇を適用する
    3. 2.3.スキルアップのための仕事や機会を提供すること
  3. 3.デジタル人材を育成するためのポイント
    1. 3.1.OJTや大学、IT企業など外部での研修を通じて育成する
    2. 3.2.研修プログラムを実施
    3. 3.3.自立して学習できる環境を整える
    4. 3.4.ITや統計に関する資格取得を推奨する
  4. 4.デジタル人材の定着と育成は、JTBベネフィットのflappiで!

デジタル人材の活躍領域と企業が求める役割とは?

デジタル人材は、企業やビジネスにおけるデジタル化を担うために、以下のような役職で仕事をする専門人材です。具体的な作業範囲や定義などは会社によって異なります。

・データアナリスト
・データサイエンティスト
・AIエンジニア
・エンジニア
・ビジネスデザイナー
・プログラムマネージャー
・プログラマー
・システムアーキテクト など

こうした人材に注目が集まる背景には、近年の産業界に求められるデジタルトランスフォーメーション(DX)が大きく関係しています。デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、「ICTの浸透にともない、人々の生活におけるあらゆる面が良い方向に変化する」という概念です。

ICTの普及や浸透によってデジタル化の進む今の時代は、「アナログな業務をいかにデジタル化していくか?」という課題を解決する新事業の立ち上げが活発になっています。こうしたビジネスを成功させるには、AIやビッグデータ分析、デザイン、アプリ開発といった多彩な技術を使い、現代のニーズに合わせてデジタル化を進める必要があります。

このような世の中で企業が競合優位性を保つためには、従来のようにITスキルを学習してきた人がシステム開発を担うよりも、業務や事業に精通した人材がITスキルを習得し、開発をおこなっていく方が遥かに効率的です。そして、デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現できる人材の確保が、今後の事業展開に欠かせない時代になりつつあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【未来を予測】アフターコロナに到来するニューノーマル時代とは?時差出勤やICT化によるテレワークは働き方の常識になる? 2020年上期の働き方を振り返ると、突如としてテレワークや時差出勤の導入などの変革を余儀なくされたことが印象的でした。当初は不安だったものの、始めてみるとメリットを感じた方も多いのではないでしょうか。この記事ではニューノーマル時代の働き方に焦点を当て、今後訪れるであろう変化を業界別にご紹介します。 株式会社JTBベネフィット

デジタル人材の採用&確保は難しい

厚生労働省が発表する一般職業紹介状況によると、情報処理・通信技術者の有効求人倍率は2.65倍です。この調査結果を見ると、デジタル人材がいかに不足していて獲得競争が非常に激しいことがわかるかと思います。

さらにNTTデータ経営研究所の調べでは、デジタル人材と呼ばれる働き手について、以下のような結果が出ています。

・20~40代の働き手に占める割合が1割程度
・非デジタル人材と比べて1年以上の転職意向が3倍以上
・転職経験者の割合が7割以上

こうしたデータに目を向けると、若手の中でも割合が低く流動性の高いデジタル人材の場合、採用だけでなく確保も難しい現状が見えてくるかと思います。こうした戦力の採用はハイリスク・ハイリターンに陥りやすく、人事担当者にとっては非常に難しい課題です。おまけにこの傾向は、国内に限った話ではなく世界共通の課題でもあり、デジタル人材は需要が高い存在であることが伺えます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  DX人材は育成する時代!DX人材に必要な観点や人材育成のポイントを解説 採用が難しいDX人材の確保には、自社で育成する方法がおすすめです。社内に多くのDX人材が育つと企業システムの一貫性が保たれたり、自社の事業に最適なシステムの判断ができるなどのメリットが生まれます。本記事では、DX人材に求められるスキルや自社で育成する利点、育成時のポイントを解説します。 株式会社JTBベネフィット


デジタル人材を獲得するための方法とは?

PCとスマホが手放せないデジタル人材やDX人材といわれる従業員

こうした状況の中でデジタル人材の採用活動をする際には、以下のポイントを心がけてみてください。

ワークライフバランスがとれる環境を整備する

転職回数が多いデジタル人材の場合、定着率が低いからこそ、やりがいのある仕事と生活バランスがとれる環境づくりが必要です。社内に尊敬できる人材ややりがいのある内容の仕事があると、向上心の高いデジタル人材が定着しやすくなります。

また、プライベートで資格への挑戦をすることも多いデジタル人材の場合、仕事ばかりの毎日ではなく、生活との両立ができる環境も不可欠となるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ワークライフバランスとは?働きやすい環境をつくり採用へとつなげる方法 ワークライフバランスとは「仕事と生活の調和」を意味します。ワークライフバランスを重視する人は増えており、社員の仕事と生活の調和が実現されれば企業にもメリットをもたらします。今回は、ワークライフバランスの現状、企業と社員双方のメリットを解説します。取り組みの事例も参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

一般社員とは異なる処遇を適用する

高い技術や知識を持つデジタル人材は、専門職です。そのため、こうした人材の採用を検討する企業の多くが、一般社員とは異なる処遇を適用しています。

現段階で社内にデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現できるデジタル人材がいない場合は、採用活動を始める前に、まずは専門職の待遇を一度確認し、必要であれば待遇を変革することも効果的です。そうすることで採用後の定着率も高まりやすくなります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  高度プロフェッショナル制度は導入すべき?課題、メリットから運用までを紹介 高度プロフェッショナル制度は2019年に施行、2020年4月には中小企業にも適用となりました。今回は、この制度の内容や企業側のメリット、施行に至るまでに飛び交った賛否をまとめました。導入ステップや必要とされる手続き、注意点も解説していきますので適切な導入に向けて、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

スキルアップのための仕事や機会を提供すること

向上心が非常に高いデジタル人材は、仕事に対してとても意欲的です。また、転職活動をする際には、賃金などの労働環境だけでなくスキルアップの可能性も重視して仕事を選ぶ傾向があります。

こうした特徴を持つデジタル人材を確保するには、常にスキルアップや自己成長が見込める機会や仕事の提供が必要です。現段階で理想的な教育プログラムがない場合は、デジタル人材の採用面接で、今後習得したい技術や知識のヒアリングをしても良いかもしれません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  リカレント教育とは?企業にとってのメリットと実践について解説 リカレント教育の必要性や重要度が高まり、すでに多くの企業や個人が推進や実践に移っています。キャリアアップやスキルアップはもちろん、自己の市場価値を高め、豊かな人生を続けていくための手段のひとつです。ここでは、リカレント教育の概要や企業側のメリット、国の支援策などをご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


デジタル人材を育成するためのポイント

研修でメモをとる従業員

NTUC(シンガポール全体の人材開発を担う労働組合的組織)で人材成長支援の部門長を務めるパトリック・テイ氏は、真のデジタル人材になるためには、IT分野の知識や技術に加えて以下の3つの「C」が必要だと語っています。

・Complex issue solving(複雑な問題解決力)
・Communication(コミュニケーション力)
・Creativity(独創性)

この他にデジタル人材には、後輩や顧客に対してIT分野における知識を共有する能力も求められます。こうしたスキルの高い人材が入社すると、現場に外部のノウハウが入り属人的になりがちな社内のデジタル化においても、ノウハウの継承がスムーズになるでしょう。

企業において特殊な役割を担うデジタル人材の育成では、以下のようなポイントを抑えて教育などを進める必要があります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自律型人材とは?求められる要素や育成方法について解説 自律型人材とは、任された仕事に対して自分で考え、能動的に行動し、経営者の意図に沿った結果を出せる人材のことです。自発的に仕事に取り組むDX人材は、高い判断力やオリジナリティーによって企業に多くのメリットをもたらします。本記事では、自律型人材に求められる資質や育成時のポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット

OJTや大学、IT企業など外部での研修を通じて育成する

デジタル人材の教育には、日々の業務を通して仕事を教えるOJTの他に、ハイレベルなIT企業や大学での外部研修も取り入れるのがおすすめです。内部と外部の両方で教育を進めていけば、通常業務をおろそかにすることなく、デジタル人材の求める高度な知識や技術の習得が可能になります。

また、外部研修を通して求める知識や刺激が得られた場合、「わざわざ転職をして環境を変えなくても、この職場で十分に成長できる」という考え方に至る可能性が高まります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業における「人材育成」とは?目的や具体的な手法を紹介 企業における人材育成は仕事の目的、方向性から企業理念を理解させることが重要です。また適切な人材育成をおこなうことで、従業員のモチベーションが高まり従業員満足度が向上するといった効果も期待できます。そこで今回は人材育成の目的から具体的な方法について考察していきます。 株式会社JTBベネフィット

研修プログラムを実施

デジタル人材を確保するために、既存の一般社員に以下のような教育プログラムを提供する方法もあります。

・デジタル技術全般の動向
・データ・アナリティクス
・セキュリティ
・デザイン思考
・デジタルマーケティング など

ある大手企業の事例では、社員全員にプログラム学習を必須とした上で、新入社員に対して3ヶ月のプログラミング研修を実施しています。こうした手段で幅広い従業員がIT技術を習得すると、デジタルトランスフォーメーション(DX)の概念に基づく事業も展開しやすくなるでしょう。そのことが、デジタル人材の流出防止につながるのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「OFF-JT」は人材育成の鍵 OJTとの相乗効果でステップアップ 外に研修の場をつくるOFF-JT。今回はOJTとの違いや、行われる研修の種類などの基本的な情報を伝えます。あわせてOFF-JTとOJTのメリット・デメリットと、企業がOFF-JTとOJTを効果的に活用していくポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット

自立して学習できる環境を整える

デジタル人材を採用したら、会社が実施する教育以外でも勉強習慣がつけられるように、自立して学習できる環境の支援も必要です。

大手企業やサービス業の多くで導入されているのは、AIなどの最新技術の基礎が学べるオンラインプログラムの提供です。こうした仕組みがあれば、向上心の高いデジタル人材も自分のペースでスキルアップに励みやすくなります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【完全版】福利厚生の基礎知識から人気・おすすめを5分で網羅!採用強化・社員定着対策、ユニークな制度もご紹介! | はたらくサプリ ライフスタイルの多様化が進み、国が働き方改革を推進する中で、就職希望者や従業員の福利厚生への注目度は高く、今やワークライフバランスを測る代表的な指標になりつつあります。今回は、福利厚生の基本的な知識と効果に加え、従業員に喜ばれる人気の福利厚生ランキングとユニークな福利厚生の導入事例まで漏れなくお伝えします! 株式会社JTBベネフィット

ITや統計に関する資格取得を推奨する

幅広いシーンで活躍できるデジタル人材になるには、自社や顧客の業務分析や助言にも使えるITや統計学の知識を習得するのが理想です。これらの基礎知識や技術は、資格への挑戦を通して学習していくのがおすすめです。

例えば、世界的に需要の高いデータサイエンティストの場合、仕事にも役立つ以下のような資格取得や試験の合格が一般的です。

・統計士
・データ解析士
・統計検定
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・データスペシャリスト試験

このような資格の学習や受験には、当然のことながら多くの時間と費用がかかります。したがって、企業がデジタル人材に資格取得を推奨するときには、教材購入や通信講座の利用、受験申込みにかかる費用面などのサポートをおこないましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  スキルアップで受給できる助成金とは?従業員の学びを支援する3つの給付金を紹介 従業員のスキルアップを支援するには、助成金を活用したリカレント教育で学び直しを促す方法がおすすめです。特に非正規雇用から正社員、正社員から管理職と長期的なキャリアアップには、社内教育とあわせて外部で学んでもらう機会も必要となります。本記事では、キャリアアップ助成金の特徴を紹介します。 株式会社JTBベネフィット


デジタル人材の定着と育成は、JTBベネフィットのflappiで!

デジタル人材とは、最先端の技術やシステムを使って社内外にIT化などの価値を提供できる人材の総称です。ICTの浸透によって業務のデジタル化が進む近年では、現在のニーズに合った対応ができる人材が多くの企業から求められています。

もともと従事者が少ない情報処理・通信技術者の場合、企業間の獲得競争が非常に激しい実情があります。また、デジタル人材は、高い向上心から転職を前提に働くことが多いです。したがって、帰属意識が低いデジタル人材をどのように育てて定着させるかという部分も、人事担当者の腕の見せどころになるでしょう。

JTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」は、従業員のデータを可視化・分析することで、個性に合った最適な教育プログラムにつなげるEVPサービスです。このツールは、自己成長が見込める機会の提供を通じて会社の求める自主性や創造性の育成を可能にするとともに、獲得したデジタル人材のスキルアップにも活用できます。

flappiに興味のある方は、ぜひ以下のリンクをチェックしてみてください。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  EVPとは?近年注目を集める背景と、会社がEVPを高めるメリットを解説 EVPとは、「会社が従業員に提供できる価値」のことで、企業として現代の競争社会を生き抜くためにおさえるべき重要なポイントです。今回は、EVPが注目されている背景やメリット、向上のための具体的な手順について紹介していきます。EVPを高め、従業員に選ばれる唯一無二の魅力的な会社を作っていきましょう。 株式会社JTBベネフィット


  RPAとは?メリット・デメリットからRPA資格の「RPA技術者検定」まで紹介します RPA(Robotics Process Automation)とは、企業の定型業務をロボットで自動化する仕組みです。近年、各社でRPAを導入する動きが盛んになっています。ここで、RPAとは何かから導入ステップ、企業にもたらすメリットやデメリットをご紹介します。組織のRPAに携わる人材に有効なRPA資格も説明しますのでぜひ、参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧