組織の種類とは?企業に適した組織づくりのポイントを解説

​​​​​​​多様な働き方をする従業員や組織の形態をバックに配置を検討する経営陣

組織はそれぞれの企業や目標に合わせて、適した形態をとることが求められます。新たな組織を形成する際や既存の組織を改変する際には、組織の種類や仕組み、メリット・デメリットなどを深く理解しておく必要があるためです。

そこでこの記事では、組織の種類、構造、企業(会社)に適した組織づくりのポイントを解説します。

目次[非表示]

  1. 1.企業の組織構造の種類
    1. 1.1.事業部制組織
    2. 1.2.職能別組織
    3. 1.3.マトリクス組織
    4. 1.4.カンパニー制組織
    5. 1.5.チーム制組織
  2. 2.企業組織をおこなう上で大切なポイント
    1. 2.1.仕事は分業し、専門性を深めること
    2. 2.2.一人が管理する部下の人数を絞ること
    3. 2.3.各メンバーの役職や責任を明確にすること
    4. 2.4.指示が伝わる構成にすること
    5. 2.5.組織を複雑化させないこと
  3. 3.企業に最適な組織づくりのためにおこなうべきこと
    1. 3.1.組織目標(ビジョン)を立てること
    2. 3.2.組織の管理とマネジメントの役割分担をしっかり整理する
    3. 3.3.組織の複雑性を把握し、フラット化も検討する
    4. 3.4.戦略に合わせて組織形態を変えていく
    5. 3.5.メンバー(社員)の労働意欲を高めること
  4. 4.flappiは企業に適した組織づくりをお手伝いします

企業の組織構造の種類

世界中の会社や組織のありかたをデバイスと人種でイメージ

企業の組織形態は様々である上にそれぞれに定義があり、違った特徴とメリット・デメリットが存在します。
まずはそれぞれの組織形態がどんな役割を持つのかを詳しく見ていきましょう。

事業部制組織

事業部制組織とは、商品やサービス、担当地域別などの事業単位で編成された組織のことをいいます。複数の事業を扱う企業ではこの形態をとることがあります。

各事業部では一切の権限を事業部長が持つことになり、営業や顧客サポート、開発など、事業を稼働させるための機能が配置されています。


メリット

・事業部長に権限があるため、スピーディーな意思決定が可能
・事業別の利益責任が明らかになり、業績の向上のためのモチベーションアップが見込まれる
・本社が戦略やマネジメントに集中しやすい


デメリット

・事業部間で機能や業務、人員の重複が生じる
・他の事業部とのつながりが少ないため、各機能の専門性が育ちにくい
・収支が明確な分、新規事業が育ちにくい


あわせて読みたいおすすめの記事

  「社内コミュニケーション」の重要性と人事ができる具体的な取り組み ビジネスで成果を挙げるには、従業員同士のコミュニケーションが重要な要素のひとつです。そこで今回は社内コミュニケーションが重要である理由から、コミュニケーション不足が生まれる理由やその弊害、そしてコミュニケーションを活性化させるための取り組み方法について考察します。 株式会社JTBベネフィット

職能別組織

職能別組織とは、職能ごとに編成された組織のことをいいます。
職能とは、営業や生産、人事、総務などの機能を指し、職能ごとの組織の中に事業や商品の担当部門が設けられます。


メリット

・業務の重複が生じにくく効率的である
・専門性の高い部署の中で、従業員のスキルや経験が磨かれやすい


デメリット

・それぞれの部署が社長の直下に置かれることが多く、部長の権限が少ないため、責任の所在が希薄になりやすい

マトリクス組織

マトリクス組織は、2つの異なる基準を組み合わせて編成する組織形態です。
事業部の2つの系列を縦・横に組み合わせることで、従業員は職能別の組織に所属しつつ、事業にも所属することになります。

例えば、Aさんは「営業部」と「商品1」に所属し、Bさんは「商品開発部」と「製品2」に属するといった形式です。


メリット

・機能の重複が生じにくく、効率的である
・専門性を高めながら製品やエリアにも注力できる


デメリット

・指揮系統が複数あることで混乱が起きやすい
・利害関係や権限の調整への配慮など、本来業務の遂行と関係のない部分で従業員に負担がかかる場合がある


あわせて読みたいおすすめの記事

  人材ポートフォリオは育成に効果的!メリットから作成方法まで解説 人材ポートフォリオとは、さまざまな人材をいくつかの種類にわけることで、企業の目的達成に向けた新たな組み合わせの検討や、最適化を進める方法です。柔軟な働き方の推進により、近年の日本でも人材ポートフォリオが注目されています。本記事では、人材ポートフォリオを作るメリットや作成方法を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

カンパニー制組織

カンパニー制組織は事業部制組織と似ていますが、社内に分社を持ち、それぞれに権限と責任を与えることで独自採算を図らせる組織形態です。


メリット

・権限委譲により意思決定が迅速におこなえる
・カンパニーごとの独立採算になるため、利益・資産効率の向上が図れる


デメリット

・カンパニー間のコミュニケーションが希薄になりやすい
・経営機能や部署が各カンパニーにおいて必要

チーム制組織

各部署の中で、プロジェクトや目的のため設定するチームを指します。
プロジェクトの終了や目的の達成にともなって解散する一時的な組織形態です。


メリット

・少人数精鋭でスピード感のある業務遂行がなされる


デメリット

・チームの業務が中心(優先)になるため、他の業務が後回し(無関心)になりやすい


あわせて読みたいおすすめの記事

  不要な派閥争いを生む「セクショナリズム」の正体と解決方法 セクショナリズムは、同じ組織の中にありながら所属部署・部門の利益を優先する現象です。間違った仲間意識と競争意識から生まれ、生産性の低下や不祥事を招きます。放置すると企業に不利益をもたらすセクショナリズムの基本情報、原因と弊害、解消方法をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


企業組織をおこなう上で大切なポイント

企業や組織のありかたやポイントを押さえ、いきいきと仕事をする笑顔の従業員

ここで、企業組織をおこなう上での組織の作り方について、大切なポイントについてお伝えします。

仕事は分業し、専門性を深めること

組織の形態を問わず、業務は分業・単純化して効率化を図ることが大切です。
また、メンバーの誰にもあてはまらないイレギュラーの業務は管理者が引き取り、遂行しなければなりません。従業員が専門性を深めていける組織構造とし、企業競争力向上のためのスキルアップをおこないやすい環境をつくりましょう。

一人が管理する部下の人数を絞ること

一人の管理者が管理できる部下の数を絞り、管理者の情報能力の制約から適正な統制範囲を確保しましょう。管理者の能力や同時に抱えている業務、問題などを考慮して人員を配置することも大切です。

各メンバーの役職や責任を明確にすること

職務を遂行する際には役職権限に見合う責任を明確にしましょう。責任の所在が明らかでなく、意思決定がたらい回しになるのは組織編成が企業に合っていない場合があります。

指示が伝わる構成にすること

命令系統が統一されていないと構成員の行動に混乱をきたし、業務の進行が遅れ、成果に悪い影響を与えるなどの問題点が発生します。
管理者からの指示により、不整合を生じないような組織構造をとることが重要です。

組織を複雑化させないこと

組織階層が重なり、複雑になると情報伝達が不正確になりがちです。
正確な情報伝達に時間や手間がかかることから、可能な限り階層の少ない組織構造を目指しましょう。これは大企業に限定されたことではなく、中小企業や零細企業でも可能性はありますので、現在の組織階層とよく比較しながら体制を整えましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  チームビルディングとは?知っておきたい基本情報と事例まとめ チームビルディングとは、メンバーが共通目標に向かって協力関係を築いて業務を遂行していくための組織づくりの手法です。今回は、チームビルディングのメリットや効果的なフレームワーク、実例を紹介します。企業全体に好影響をもたらすチームビルディングの基本を、しっかりとおさえておきましょう。 株式会社JTBベネフィット


企業に最適な組織づくりのためにおこなうべきこと

最適な組織づくりのために、企業がおこなうべきことは何でしょうか。
ここでは、組織編成の際に必要なことを項目別に解説します。

組織目標(ビジョン)を立てること

従業員一人ひとりがそれぞれ担う役割や立場よりも高い成果を求め日々活動を実施することで、精度が高められていきます。

組織としての目標を立て、働く人すべてが正しくそれを理解するとともに、自分が所属する事業部門との関係性を把握することが重要です。事業部門がそれぞれ、独自の目標を掲げて、達成に向けたアクションを起こしていきましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  組織の活性化とは?その定義と方法、取り組み事例を紹介 業務効率化やIT化が進む中、組織内のコミュニケーションを見直し、活性化させることは、組織全体の成長や拡大に欠かせない施策です。そこで今回は、組織活性化の定義や有効な手法、事例について紹介します。組織活性化の必要性を感じている企業は、記事を参考に自社にあった方法を検討してみてください。 株式会社JTBベネフィット

組織の管理とマネジメントの役割分担をしっかり整理する

チームマネジメントとは、与えられたタスクを個人や組織が実行するために、チームの管理やメンバー間の調整をおこなう能力のことです。
日本語ではマネジメントと管理が同一視されやすいのですが、本来マネジメントと管理は異なるものであり、役割を担う人材の分別が大切となります。

マネジメントとは「成果を上げること」を目標とし、そのための行動や取り組みを実行することです。一方で管理は、「物事を良い状態に保つための取り組みをおこなうこと」であり、目的ありきのマネジメントとは違います。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の才能を見出す「タレントマネジメント」で企業の底力をアップ 1990年代にアメリカで始まった「タレントマネジメント」が、日本で注目を集めています。これは、従業員の「タレント=能力」を見える化し、適材適所に配置するシステムです。その定義・目的・効果などの基本的な情報から、注意点や企業が導入する際のポイントまで解説します。 株式会社JTBベネフィット

組織の複雑性を把握し、フラット化も検討する

組織は構造によってその複雑性が異なりますが、総じて複雑化・細分化は機敏性を失うことにつながり、コミュニケーションコストや管理コストが肥大して意思決定が遅くなる原因となります。
組織が複雑化するという場合には、水平的複雑性、垂直的複雑性、空間的複雑性の3つの要素があります。


水平的複雑性

部署や部長、職種の数が増えることで生じる複雑性のことをいいます。
横並びに部署が増えることで、部署間の意思伝達、意見のすり合わせなどに時間がかかります。


垂直的複雑性

職位や階層が増えることで生じる複雑性のことをいいます。
縦並びに階層が増えることでも情報伝達や意思決定が遅くなる、責任の所在が不明瞭になるといった問題が起こります。


空間的複雑性

​​​​​​​地理的に広がることで生じる複雑性です。企業規模が大きくなり、支社やサテライトオフィスなどが増えると連携が取りづらくなります。また、情報セキュリティへの対策も必要です。


これらの複雑性を解消するため、フラット化することも必要です。しかし、フラット化には管理職に対する部下の数が増加し、負担が増大するという懸念点もあり、過度にフラット化を推し進めようとすると管理職の負担となります。状況を考慮し、バランスをとっておこなうことが重要となります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  現代に求められる企業変革・人材育成とは?成功事例とともに解説 「チェンジマネジメント」とは、多くの会社で重要性が認知されている企業変革に取り組むマネジメント手法であり、「BPR」とは抜本的な業務改革の手法である、ビジネスプロセス・リエンジニアリング(Business Process Reengineering)のことです。本記事では、企業変革と人材育成に必要なチェンジマネジメントとBPRについて解説します。 株式会社JTBベネフィット

戦略に合わせて組織形態を変えていく

組織形態が企業に適したものであることはもっとも重要といえます。
企業の目的や戦略の変化があれば、組織の形態も変えていく必要があります。組織に対しての個人のイメージや固定概念はなくし、戦略に合わせて変化していきましょう。
また、昨今の働き方改革により多様性のある働き方が生まれています。リモートワークの促進やコアフレックスシステムの導入など、必要に応じて組織も変化させていきましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワーク・リモートワーク・在宅ワークの違いを解説!働き方改革で広がる柔軟な勤務方法 テレワーク・リモートワーク・在宅ワークとさまざまな勤務形態が生まれています。ここでは、テレワーク・リモートワーク・在宅ワークそれぞれの特徴とともに、違いやメリット・デメリットを解説します。また、フレックス制度など多様化する勤務時間にも触れていますので導入ご検討の際にお役立てください。 株式会社JTBベネフィット

メンバー(社員)の労働意欲を高めること

「組織編成をなぜおこなうのか」の根底には、経営管理論があります。
経営管理論とは組織の管理についての実践的な技法の確立を目指す学問で、理論の本質は『人をどう活かすか』というところにあります。

メンバーの能力を活かし組織を機能させるためには、労働意欲の高め方を探り、実践していかなければなりません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  やる気をフルに発揮させるモチベーションマネジメントの理論と実践 モチベーションマネジメントとは、従業員がモチベーションを高く仕事に取り組む環境をつくりだす施策です。今回は、モチベーションマネジメントの概念や理論、企業の成功事例について紹介していきます。人材管理のひとつの手法として知識を得たい人事担当の方は、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


flappiは企業に適した組織づくりをお手伝いします

企業に適した組織づくりには、従業員一人ひとりの課題と企業の課題を洗い出し、解決策を打ち出すことが重要となります。

JTBベネフィットの「flappi(フラッピ)」は、可視化されたデータから組織の課題を洗い出し、その解決策を企業に対して提供することで、企業と従業員の相互成長をサポートするサービスです。組織の課題解決力をアップさせ、企業に適した組織づくりをお手伝いしますので、ぜひご検討ください。


  flappi(フラッピ) 従業員の「能力」と「EVP」を高め、企業の持続的成長をサポートする。EVP(従業員価値提案)を創造して組織の発展や従業員の成長に向けたソリューションを提供します。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  経営人材とは?育成のために企業がおこなうべきこと、成功のポイントなどを紹介 経営人材とは、「CEO・COO(社長)」または「副社長・専務・常務」と定義され、企業を発展・持続させるためにも、次世代の経営の担い手を育成する取り組みは必要です。本記事では、経営人材に求められる要素をはじめ企業側が行うべきこと、経営人材の育成を成功させるためのポイントやサービスついて解説していきます。 株式会社JTBベネフィット


  内発的動機づけとは?企業ができるモチベーションアップ対策を解説 人手不足が慢性化する日本では、内発的動機づけによって従業員のモチベーションを高いレベルで向上させる方法が注目されています。従業員の内発的動機づけが可能となると、質の高い行動が続けられるなどの利点が生まれます。本記事では、内発的動機づけの意味や従業員に促すための対応策などを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧