驚くほど作業効率の上がるパワーナップとは?その正しい方法と導入事例

ランチ後の仮眠(パワーナップ・シエスタ)をおこなう女性従業員

日中、勤務している間に実践する「パワーナップ」が注目されています。わずかな時間で頭がスッキリするなどの効果が科学的に実証され、社内制度として導入・推奨する企業も増えているようです。

社員の心身の健康や働きやすい環境作りに向けた施策として興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回は、パフォーマンスや生産性の向上にも役立つといわれるパワーナップについて詳しく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.パワーナップとは
    1. 1.1.パワーナップの定義と意味
    2. 1.2.パワーナップの歴史
    3. 1.3.パワーナップの科学的根拠
  2. 2.パワーナップの効果と導入メリット
    1. 2.1.疲労回復とモチベーション向上
    2. 2.2.作業効率の向上
    3. 2.3.作業品質の向上
    4. 2.4.柔軟な発想が生まれる
    5. 2.5.従業員の健康増進
  3. 3.パワーナップの効果的な実践方法
    1. 3.1.時間を明確に区切る
    2. 3.2.横にはならない
    3. 3.3.暗さとほど良い雑音
    4. 3.4.カフェインを摂取
    5. 3.5.パワーナップ中の周囲の配慮
  4. 4.企業におけるパワーナップ制度の導入事例
    1. 4.1.対照実験をおこなってから本格導入した事例
    2. 4.2.仮眠スペースを設けた事例
    3. 4.3.オフィス空間での実施を奨励した事例
    4. 4.4.ルールを策定してメリハリある実施を実現した事例
  5. 5.仕事に睡眠を取り入れて従業員の幸福と生産性を高めよう

パワーナップとは

はじめに、パワーナップという概念の意味や歴史、効果とその科学的根拠をご説明します。

パワーナップの定義と意味

パワーナップとは、日中に取る15~30分程度の仮眠のことです。短い時間でも睡眠の効果を最大化(パワーアップ)する睡眠法として、社会心理学者ジェームス・マース氏によって作られた言葉です。昼間に取る仮眠は、夜の睡眠の3倍ほどの効果があるともいわれています。

パワーナップの歴史

パワーナップの効果について実験をおこない、科学的根拠を見出したのはNASA(アメリカ航空宇宙局)でした。パイロットに26分間のパワーナップを取らせると、認知能力が34%、注意力が54%も向上したのです。

GoogleやMicrosoft、Appleなどの世界的な先進企業も従業員のパフォーマンスや生産性の向上のため、パワーナップに着目しています。そして、様々な企業が積極的にパワーナップを推進・推奨し、独自の研究結果を公にしたことで、パワーナップの効果が世界的に認知されるまでになりました。

パワーナップの科学的根拠

午後に眠気を感じる人は多いでしょう。これには2つの要因があります。

1つめの要因は人間の生体リズムです。眠くなるタイミングは夜中だけなく、昼間の14~16時頃にも訪れます。

もう1つの要因は、脳内のオレキシン作動性ニューロンの活動の影響です。ニューロンが活動している際には、オレキシンという物質が分泌されて覚醒状態になり、逆に、ニューロンの活動がオフになると眠くなります。食事をすると血糖値が上がりますが、血糖値が上昇することでもニューロンの活動はオフになり、オレキシンの分泌が抑制されてしまいます。したがって、多くの人が昼食後に眠くなるのです。

また、短時間のパワーナップでは、深い眠りのレム睡眠ではなく、浅いノンレム睡眠の状態になります。ノンレム睡眠には4つのステージレベルがあり、パワーナップにおけるレベルはステージ2です。カリフォルニア大学の研究で、このステージ2の状態では脳内メモリがリセットされ、蓄積されたあらゆる情報が整理されて優先順位がつけられることがわかっています。つまり、パワーナップはワーキングメモリの強化につながる可能性が高いといえます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「朝活」と言っても実は「夜活」!?朝がいつもバタバタの方にこそ見て欲しい、朝活のすすめ! | 株式会社JTBベネフィット 「朝活」と聞くとまず「早起き」をイメージされると思います。確かに朝活は朝に活動することを指しますが、それと同程度に夜の過ごし方を変える活動でもあります。今回は、朝活の概要やメリット、継続するためのポイントなどを詳しくご紹介します。テレワークで乱れた生活リズムを、朝活で整えてはいかがでしょうか。 株式会社JTBベネフィット


パワーナップの効果と導入メリット

オフィスワークでパソコンを使用している男性従業員

企業がパワーナップを推奨し、制度を導入することで、職場にどのようなメリットがもたらされるのかを見ていきましょう。

疲労回復とモチベーション向上

パワーナップは短時間ですが、朝に起床してからフル回転している脳にとっては大きな休息です。とりわけ、デスクワークなどの身体より頭を使う仕事では、自覚がなくてもかなりの疲労が蓄積されています。一日の途中のパワーナップで疲労感が軽減し、スッキリとした気持ちが得られたなら、業務へのモチベーションも維持・向上しやすくなるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  休み方改革とは?働き方改革との違いや具体的な施策、企業における推進のポイントを紹介 | 株式会社JTBベネフィット 休み方改革とは、従業員が休みやすい環境を整える取り組みであり、働き方改革と密接な関係性をもつ施策です。今回は、休み方改革の概要や目的、具体的な施策、推進のポイントなどを紹介していきます。働き方改革も大切ですが、休むことも大切です。休み方改革の全容を把握し、自社における取り組みのヒントを探っていきましょう。 株式会社JTBベネフィット

作業効率の向上

NASAやGoogleなど多くの世界的企業や機関における研究で、パワーナップには記憶力や注意力を向上させる効果があるということが実証されています。午前中からのあらゆる活動でエネルギーを消費するため、午後に疲れが出て作業効率が落ちるのは必然でしょう。そこでパワーナップを取れば、心身や神経の疲れからくる作業効率の低下を緩和できます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  業務効率向上を目指せ!具体的手段とおさえておきたい注意点 | はたらくサプリ | 株式会社JTBベネフィット 本記事では、自社の業務効率化がうまくいかない、どう取り組めばいいのかわからない、と頭を悩ませている企業担当者向けに、業務効率化の具体的な手段や注意点、得られるメリット等を紹介します。業務効率化が成功すれば、会社、従業員双方に大きなプラスをもたらしますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

作業品質の向上

ランチの後の時間に眠気を感じる人も少なくありません。眠気や疲れは集中することの妨げになりますが、パワーナップをすることで集中力や判断力は向上します。しっかり覚醒した状態が維持できるため、ミスや事故を起こす可能性も下がるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  会社で福利厚生として食事補助をするメリットと注意点について | 株式会社JTBベネフィット 企業が福利厚生として食事補助を用意する際、大きく分けて4種類のパターンがあります。ただし食事にかかる費用のすべてを補助できるわけではなく、法令に従って月々の金額を定めて運用すべきものです。金額次第では非課税になる食事補助ですが、支給額や支給方法によっては課税対象となるため注意が必要です。ここでは、食事補助を導入する際の注意点について解説します。 株式会社JTBベネフィット

柔軟な発想が生まれる

パワーナップの実践者の中には、クリエイティビティが上がると実感している人もいます。脳が集中や記憶などの機能を維持しやすくなるだけではなく、ストレス緩和によって、いわゆる「冴えている状態」が長く維持できるようになります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  T型人材とは?T型人材を採用・育成するための本質を解説 | 株式会社JTBベネフィット T型人材とは、ゼネラリスト兼スペシャリストのスキルを持つ人材の総称です。AI技術の普及などで従来型スペシャリストや従来型ゼネラリストの能力に限界が生じたことで、近年の日本ではT型人材の採用や育成への動きが活発になっています。今回は、T型人材のバリエーションや育て方などを解説します。 株式会社JTBベネフィット

従業員の健康増進

パワーナップは睡眠不足を補う行為です。パワーナップによって睡眠時間を確保できれば、軽度のストレスは解消されやすくなります。また、十分な睡眠は心身の不調や病気の予防にもなるため、社員が健康的に働き続けることにもつながります。長期的に見ると人材コストが下がることも期待できるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  勤務間インターバル制度とは?努力義務化の目的やメリット、助成金制度について解説 | 株式会社JTBベネフィット 勤務間インターバル制度とは、労働者の健康的な生活を守ることを目的にEUで導入された制度で、日本では2019年4月に厚生労働省より事業主に対して導入が努力義務化されました。本記事では、働き方改革の一環として注目されている勤務間インターバル制度のメリットや注意点、助成金制度や導入事例について解説します。 株式会社JTBベネフィット


パワーナップの効果的な実践方法

仕事の休憩時間でのコーヒータイム

漫然とした昼寝ではなく、頭をスッキリさせて生産性を向上させる正しいパワーナップのおこない方を解説します。

時間を明確に区切る

仮眠する時間は20~30分が最適です。30分以上になると逆効果になってしまうため、時間を明確に区切って実践しましょう。また、パワーナップを実践する時間帯は正午から15時の間が適しています。ランチの後に時間を取りやすいという方も多いでしょう。夕方以降にパワーナップを取ると、夜の睡眠時間に近いため、夜になかなか寝付けない、よく眠れないなどの悪影響が出ることもあります。夕方以降の仮眠は避けることがポイントです。

横にはならない

寝る姿勢にも気を配りましょう。横になってしまうと深い眠りになりやすく、昼寝した後のスッキリ感が得られにくいようです。椅子に座ったまま机に伏せるなど、身体を起こした体勢での仮眠をおすすめします。こうすると交感神経が適度に刺激され、スッキリとした目覚めが得られます。

暗さとほど良い雑音

仮眠の体勢になってからは、スムーズに眠りに入れるのが理想です。そのためにも、アイマスクなどを活用してできるだけ光を遮断したり、周りの音や声が気にならない静かな場所でおこなったりと、眠りに入りやすい環境を作る工夫をしましょう。

カフェインを摂取

パワーナップをする直前にコーヒーなどでカフェインを摂取するのもおすすめです。15~20分後の起きるべきタイミングでカフェインの覚醒効果が出始めるため、スッキリと目覚めることができます。

パワーナップ中の周囲の配慮

勤務中のパワーナップの実践では周囲の協力が欠かせません。15~20分の間パワーナップに集中できなければ、正しい効果は得られません。本人宛の電話がかかってきても起こすのは避け、後で折り返す旨伝えるなどの対応をしましょう。本人がパワーナップに入る前に周りにひと声かけることも大事です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【テレワークの健康管理】労務管理のガイドラインと在宅勤務時の健康管理をご紹介 | 株式会社JTBベネフィット コロナ禍でテレワークを恒常的に導入する企業が増えましたが、導入時が急場だったために労務管理の曖昧さや従業員の健康管理が課題となっています。今回は、テレワークを実施する際の労務管理のガイドラインや法で規定された要対応事項を確認しつつ、在宅勤務者の健康管理に資する情報をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


企業におけるパワーナップ制度の導入事例

科学的根拠は理解できたとしても、「昼寝」の制度化に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。そこで、実際にパワーナップを制度化して成果を収めている企業の事例を紹介します。

対照実験をおこなってから本格導入した事例

従業員に「仮眠なし」の2週間と「仮眠あり」の2週間、集中力を測るデバイスをつけて比較実験をした企業があります。30分の仮眠を取ったほうが、より集中力が高いという結果が出ました。実験に参加した従業員の8割が仮眠を継続したいと答えています。

仮眠スペースを設けた事例

社内に仮眠用のスペースを設ける企業も増えています。海外の先進大企業などでは、ナップルームだけでなくナップポッドと呼ばれる専用機器を導入しているところもあるようです。高額な準備はできない企業でも、専用ルームに簡易ベッドやハンモックなどが設置されています。

オフィス空間での実施を奨励した事例

会議の少ない時間帯に、会議室を「仮眠できる部屋」として開放している企業もあります。その時間帯はリラクゼーション効果のあるヒーリングミュージックをかけたり、アロマを焚いたりと様々な工夫がされているようです。オフィス空間を有効活用するという意味でも取り入れやすい方法ではないでしょうか。

ルールを策定してメリハリある実施を実現した事例

パワーナップの導入に際して、明確なルールを設けることで成果につなげた企業もあります。周知されたルールとは以下のとおりで、従業員にも好評だそうです。

1.  眠いと感じたら仮眠して良い
2.  長さは15〜20分程度
3.  場所はデスクや社用車
4.  周りはパワーナップ中の人に声をかけない


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の健康づくりを促進できる企業だけがニューノーマル時代に生き残る! | 株式会社JTBベネフィット 従業員の健康を管理することは企業の責任義務ではありますが、最低限の施策をすればそれで十分というわけではなく、企業は従業員の健康づくりに積極的にかかわっていく必要があります。今回は、その理由とともに、企業が健康づくりを促進するための具体的な事例をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


仕事に睡眠を取り入れて従業員の幸福と生産性を高めよう

日本でもパワーナップは広がっており、うれしい効果を実感する社会人や企業が増えています。長さ、時間帯、パワーナップを実践する環境が揃えば、生産性アップの期待も持てるでしょう。

パワーナップは、従業員に健康や睡眠への意識を高めてもらうためにも有効な施策ではないでしょうか。企業が従業員の健康に配慮する取り組みは、求職者をはじめとしてあらゆるステークホルダーの高評価につながる要素となっています。

JTBベネフィットでは、スリープタフネスセミナーを実施しています。睡眠を通して、従業員の心身の健康と高いパフォーマンスを実現するためのセミナーです。パワーナップに興味のある方は、ぜひ受講をご検討ください。


  セミナー詳細 株式会社JTBベネフィット


8/20(木)オンライン健康プログラム無料体験セミナーとしてスリープタフネスセミナーを実施します!

お申し込みは8/18(火)23:59まで!

終了しました。多数の方にご参加いただき、誠にありがとうございました!

  ルネサンス「全国健康づくりオンライン・アーカイブレッスン」 在宅勤務での、メタボ・生活習慣病要望・コミュニュケーション増進に活用できるオンライン健康レッスン。 ZOOMで受講ができるため全国の従業員様の健康増進にお役立ていただけます。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  実は運用が難しい?「ノー残業デー」を成功させる8つのポイント | 株式会社JTBベネフィット 働き方改革のひとつとして「ノー残業デー」を取り入れる企業が増えつつあります。しかし、比較的採用しやすい制度であるがゆえに形だけの制度になりやすいところが難点です。ノー残業デーを導入するときに知っておきたい8つのポイントをご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


  従業員のWell-Beingを向上するために企業が取り組む3つのこと | 株式会社JTBベネフィット Well-Being(ウェルビーイング)とは、「幸福な状態」のこと。世界の幸福度ランキングで日本が他の先進国に後れをとっていることをご存じの方も多いでしょう。従業員がWell-Beingを享受するためには、働き方やオフィスでの取り組みが大きく関係しています。今回は、Well-Beingを向上させる3つのポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧