高齢者雇用(シニア雇用)のメリットとデメリットは?高齢者を活かす職場の作り方

​​​​​​​シニア世代もICT機器を駆使して在宅勤務をおこなうニューノーマル時代

少子高齢化が急速に進む中で、高齢者の雇用も以前より一般化しました。経験豊富で優秀なシニア人材の力を活かすことができれば企業の成長につながります。しかし、これまで高齢者の採用をおこなったことのない人事担当者や、高齢者の採用に注目していなかった方は高齢者を雇用するメリット・デメリットをイメージしにくいのではないでしょうか。

そこでこの記事では、高齢者雇用のメリットとデメリット、国による高齢者雇用の支援などをわかりやすく紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.高齢者雇用で得られるメリットとは
    1. 1.1.労働力不足の解消
    2. 1.2.経験や人脈の活用
    3. 1.3.ダイバーシティの実現
    4. 1.4.職場の活性化
    5. 1.5.助成金や税制上の優遇
  2. 2.高齢者雇用にともなうデメリット
    1. 2.1.体力・体調面での不安
    2. 2.2.ITへの対応
    3. 2.3.若手社員より給与は高いが活躍する機会は少ない
    4. 2.4.中には思考に対する柔軟性に欠ける人もいる
    5. 2.5.職場によっては浮いてしまう可能性も
  3. 3.高齢者雇用を推進するには 
    1. 3.1.現在の従業員の継続雇用
    2. 3.2.新規の高齢者を雇用
    3. 3.3.高齢者の働きやすい職場作り
  4. 4.国による高齢者雇用の支援
    1. 4.1.65歳超雇用推進助成金
    2. 4.2.特定求職者雇用開発助成金
  5. 5.JTBベネフィットの健康支援プログラムで高齢者の働きやすい環境へ

高齢者雇用で得られるメリットとは

高齢者を雇用すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。まずは、この疑問に対する回答として、以下の5つを紹介します。

労働力不足の解消

少子高齢化の進む中で、元気な高齢者の活用は必要不可欠です。
採用範囲を高齢者にも広げて人材を募集することで、企業の求める人材とのマッチング率も向上します。人手不足に悩む企業にとって、高齢者人材の活用は問題を解決する手段の一つだといえるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  あなたの会社はなぜ人手不足なのか?その原因と対策を紹介 中小企業における人手不足には、少子高齢化や人材を上手く活用できない雇用慣行などの社会背景的な要因と、企業規模からくる問題という2つの原因が考えられます。本記事では、中小企業特有の人手不足の原因を紹介しながら、人事担当者が実践すべきおすすめの対策を詳しく解説していきたいと思います。 株式会社JTBベネフィット

経験や人脈の活用

豊富な経験や多様な人間関係を持つ高齢者を雇用すれば、企業の競争力アップにつながります。
特定の業務に対する専門的な知識や業務をこなすスキルをハード面のスキルとすると、コミュニケーション能力や人脈、労働者としての経験など、個人の資質や経験によって培われるソフト面のスキルにおいて優秀な人材の獲得が期待できます。

さらに、年齢が若い従業員の人生設計やキャリア設計のロールモデルとなる面でもポジティブな影響を期待できるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業の採用力を強化する!できる採用担当者が実践している採用活動とは? 企業における採用力の強化は、少子高齢化による労働人口の不足などを解消する上でも、大切な取り組みです。採用力強化が求められる背景には、顧客ニーズのグローバル化や売り手市場、応募者の偏向傾向なども関係しています。本記事では、企業における採用力強化の効果が出やすい7つの活動を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

ダイバーシティの実現

政府が推進する働き方改革でも、職場のダイバーシティ(多様化)は非常に重視されています。
これまで職場においてマイノリティだった高齢者を雇用し、働きやすい職場作りに取り組むことはダイバーシティの推進そのものともいえます。

高齢者の雇用は人材の多様化に貢献でき、企業の社会的信用やブランド力向上につながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業におけるダイバーシティ施策の推進のために重要となる意識改革 近年、日本企業の成長戦略のひとつであるダイバーシティが注目を集めていますが、企業が推進しても従業員への周知が進んでいないのが現状です。ここではダイバーシティの本質を見極める3つの分類と活用例を紹介します。ダイバーシティ施策で成果をあげるためには自社に合った効果的な取り組みを推進し、社内の意識改革を行いましょう。 株式会社JTBベネフィット

職場の活性化

年をとってもなお「働きたい」という意思を持ち、意欲的に働く従業員が現場にいることは、周囲のモチベーション向上に良い効果を発揮します。
また、商品・サービス開発、改善など様々な事案を検討するにあたって、高齢者ならではの視点や考えを取り入れることで、企業の力を高めることができます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  組織の活性化とは?その定義と方法、取り組み事例を紹介 業務効率化やIT化が進む中、組織内のコミュニケーションを見直し、活性化させることは、組織全体の成長や拡大に欠かせない施策です。そこで今回は、組織活性化の定義や有効な手法、事例について紹介します。組織活性化の必要性を感じている企業は、記事を参考に自社にあった方法を検討してみてください。 株式会社JTBベネフィット

助成金や税制上の優遇

高齢者の雇用促進に取り組む企業は、国から助成金や税制上の優遇を受けられます。
助成金や税制上の優遇の詳細については後述します。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【新型コロナウイルス対応も網羅】中小企業の経営対策!IT導入補助金をはじめ、補助金や助成金がつく支援事業を一覧でご紹介! 新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業は、大企業と比較して補助金や助成金の面で優遇されるケースが多々あります。この記事では補助金と助成金の違いに加え、テレワークの定着で話題となったIT導入補助金など、受給対象となる支援事業を網羅して解説します。また、補助金や助成金の効率的な検索方法も紹介します。 株式会社JTBベネフィット


高齢者雇用にともなうデメリット

ここでは、高齢者雇用にともなうデメリットを紹介します。

体力・体調面での不安

高齢者は体力や筋力、体調、記憶力、判断力などの面で若い世代と同じというわけにはいかず、健康面において様々なリスクを抱えている場合が多いです。従業員自身が適切な健康管理をおこなうとともに、業務の荷重過多が起こらないよう努めましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の健康づくりを促進できる企業だけがニューノーマル時代に生き残る! 従業員の健康を管理することは企業の責任義務ではありますが、最低限の施策をすればそれで十分というわけではなく、企業は従業員の健康づくりに積極的にかかわっていく必要があります。今回は、その理由とともに、企業が健康づくりを促進するための具体的な事例をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット

ITへの対応

スマートフォンを持つ高齢者が増えたことからも、高齢者のIT対応能力は上がっていると考えられます。しかし、高齢者人材の中にはアナログな人もいるため、配置や業務内容によっては仕事がスムーズにいかない場合もあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  人材ポートフォリオは育成に効果的!メリットから作成方法まで解説 人材ポートフォリオとは、さまざまな人材をいくつかの種類にわけることで、企業の目的達成に向けた新たな組み合わせの検討や、最適化を進める方法です。柔軟な働き方の推進により、近年の日本でも人材ポートフォリオが注目されています。本記事では、人材ポートフォリオを作るメリットや作成方法を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

若手社員より給与は高いが活躍する機会は少ない

既存の評価システムのまま高齢者を雇用すると、若手社員より給与が高いのに活躍の機会が少なく、費用対効果が悪くなることがあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  働き方改革実行計画とは?今さら聞けない概要9項目をわかりやすく解説! 働き方改革を何となく知っていても、その根底となる「働き方改革実行計画」について熟知している方は少ないのではないでしょうか?今回は、働き方改革実行計画が掲げる課題や9項目の概要などを紹介していきます。働き方改革の概要や企業に求められているものを把握し、自社での取り組みに活かしましょう。 株式会社JTBベネフィット

中には思考に対する柔軟性に欠ける人もいる

キャリアを積み重ねてきた自負や経験をベースとして業務にあたることが企業の求める能力と異なる場合に、柔軟性をもってやり方を変化させることが難しい人もいます。

職場によっては浮いてしまう可能性も

若い世代が中心の職場では、高齢者の存在が浮いてしまうこともあります。能力が発揮しやすい環境に配置するなどの配慮をおこないましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「社内コミュニケーション」の重要性と人事ができる具体的な取り組み ビジネスで成果を挙げるには、従業員同士のコミュニケーションが重要な要素のひとつです。そこで今回は社内コミュニケーションが重要である理由から、コミュニケーション不足が生まれる理由やその弊害、そしてコミュニケーションを活性化させるための取り組み方法について考察します。 株式会社JTBベネフィット


高齢者雇用を推進するには 

人生100年時代の今を健康でいきいきと働くシニア世代の従業員

定年退職後や還暦後にも、趣味や活動において意欲的で元気なシニア層はアクティブシニアと呼ばれます。アクティブシニアは団塊の世代と重なる世代であり、定年後も働く場合には目的がはっきりとしている傾向があることなどから、仕事に対しても意欲的な人が多くなっています。

ここでは、アクティブシニアを含めた高齢者の雇用を推進する2つの方法と働きやすい職場作りについて解説します。


あわせて読みたいおすすめの記事

  健朗シニアの特徴とは?職場でいきいきと活躍するための3大要素を解説 今年1月、株式会社リクルートは、雇用、進学、アルバイトなど7領域における2020年のトレンド予測を発表し、シニア領域のトレンドは「健朗シニア」でした。「健康」で心身ともに「朗らか」なシニア世代は、70歳を超えても働きたいと願う一方、体力に不安も。企業はどのようにサポートできるのでしょうか? 株式会社JTBベネフィット

現在の従業員の継続雇用

現在働いている従業員を定年退職させず、継続して雇用する方法です。企業内で培った経験や技術を活かして働けるため、企業にとっては即戦力となります。

高年齢者継続雇用をおこなうには、下記3つのうちいずれかの方法をとります。


1.就業規則から定年に関する記載を削除する(定年の廃止)
2.就業規則の定年年齢を引き上げる
3.再雇用制度を導入する


再雇用は、一度は退職の形をとって再び雇入れる制度です。勤務時間や給料、待遇などの勤務条件を新たに設定し、契約を結ぶことができるため、多くの企業で再雇用制度が選択されています。

新規の高齢者を雇用

新規に高年齢者を雇用する場合には、ハローワークやシルバー人材センター、紙媒体での募集も有効です。理由としては、高齢者に馴染みのある求人媒体を使うことで、採用につながる可能性がアップするためです。
新規の高年齢者を雇用する場合は、一般的に有期契約の契約社員やパートで雇入れることが多くなっています。

高齢者の働きやすい職場作り

高齢者の心身における負担を考慮し、柔軟な働き方やバリアフリーの環境、無理のない勤務体制、高齢者にマッチした福利厚生などを整備することで、高齢者にとって働きやすい環境を作ることができます。

マイノリティが働きやすい環境は他の従業員にとっても同様に働きやすい環境となるため、多様化の推進にも良い作用が見込めます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  障がい者と健常者が共存するための「ノーマライゼーション」とは? 厚生労働省が2018年4月に発表した障がい者の数は936.6万人であり、この数字は前回2013年の数に比べ約149万人も増えています。そうしたなかで重要になるのは、障がい者が健常者と同じように生活できる環境をつくる「ノーマライゼーション」です。今回はこのノーマライゼーションについて考察していきます。 株式会社JTBベネフィット


国による高齢者雇用の支援

勤務先で得た人脈とコミュニケーションを図るシニア世代の従業員

企業は高齢者雇用を積極的におこなうことで国の助成を受けられます。
高齢者雇用の各助成金について詳しく見てみましょう。

65歳超雇用推進助成金

国は高齢者の生涯現役社会の実現に向けて「65歳超雇用推進助成金」の制度を設けています。この制度は、条件を満たし65歳以上の雇用をおこなった企業に対して助成金を支給する制度です。


1.65歳超継続雇用促進コース
2.高年齢者評価制度等雇用管理改善コース
3.高年齢者無期雇用転換コース


1.65歳超継続雇用促進コース
定年の65歳以上への引き上げ・定年の廃止・希望者全員を対象にした継続雇用制度を導入した場合に支給される助成金です。

【支給額】
支給額は措置の内容や年齢引き上げ幅、60歳以上の雇用保険被保険者数に応じて異なります。

60歳以上の被保険者数
65歳まで引き上げ
66歳以上に引き上げ
定年廃止
(5歳未満)
(5歳)
(5歳未満)
(5歳以上)
1〜2人
10万円
15万円
15万円
20万円
20万円
3〜9人
25万円
100万円
30万円
120万円
120万円
10人以上
30万円
150万円
35万円
160万円
160万円


2.高年齢者評価制度等雇用管理改善コース
高齢労働者の職業能力評価の仕組みや賃金・人事処遇制度、隔日勤務制度・短時間勤務制度、研修制度、法定外の健康診断などの導入・改善をおこなった場合に支給される助成金です。

【支給額】
支給額は、雇用管理制度の整備などの実施にかかった経費の金額に次の助成率を乗じた額となります。


中小企業
中小企業以外
生産性要件を満たした場合
75%
60%
生産性要件を満たしていない場合
60%
45%


3.高年齢者無期雇用転換コース
高年齢者無期雇用転換コースは、50歳以上かつ定年年齢未満である有期契約労働者を、無期雇用に転換させた場合に支給される助成金です。

労働者一人につき中小企業は48万円(生産性要件を満たすと60万円)、中小企業以外には38万円(生産要件を満たすと48万円)が支給されます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  時短勤務とは?導入の経緯や実態から短時間正社員との違いまで解説 法的な時短勤務の定義は、育児・介護休業法にもとづき、未就学児の子育てや介護をする従業員の所定労働時間を短くすることです。少子高齢化により労働者不足が社会問題化する日本では、時短勤務制度の推進が企業に求められています。今回は、時短勤務の実態や、似て非なる短時間正社員制度を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

特定求職者雇用開発助成金

高年齢者を新規に雇用する場合には、以下のいずれかの支給が受けられます。


a.特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)
b.特定求職者雇用開発助成金(生涯現役コース)


どちらも受給には、ハローワークや職業紹介者の紹介で雇用することが条件となります。


a.特定就職困難者コース
高年齢者や障がい者、母子家庭の母親などの就職困難者を雇用した企業に対しての助成金です。
60歳以上65歳未満の高年齢者を雇用し、65歳以上も継続して雇用され、雇用期間が2年以上となることが確実な場合に支給対象となります。

【支給額】
一人あたり60万円
※短時間労働者として雇用した場合は一人あたり40万円


b.生涯現役コース
特定求職者雇用開発助成金(生涯現役コース)は、65歳以上の高年齢者を雇用保険の高年齢被保険者として雇入れ、1年以上雇用することが確実な場合に支給される助成金です。

【支給額】
一人あたり70万円
※短時間労働者として雇用した場合は一人あたり50万円


あわせて読みたいおすすめの記事

  定年後の雇用を支援する制度、「高齢者雇用継続給付金」とは 高年齢雇用継続給付金は、60歳以降に賃金がそれまでよりも下がった場合に受給できる雇用継続給付のひとつです。基本給付金と再就職給付金の2種類があり、雇用保険に加入していることや75%未満に賃金が低下している、などの受給資格が設けられています。 株式会社JTBベネフィット


  人材確保に向けた取組を支援。人材確保等支援助成金とは? 中小企業の人材不足、及びそれに伴う過度な長時間労働を是正するために、厚生労働省では人材確保等支援助成金を公募しています。7つのコースがあり、雇用管理制度の整備、作業効率改善のための設備導入などを行った場合、数十万~数千万円を支給します。 株式会社JTBベネフィット


JTBベネフィットの健康支援プログラムで高齢者の働きやすい環境へ

今後、高齢者人材に活躍してもらうには、高齢者にとっても働きやすい環境を作ることが重要です。

JTBベネフィットでは、働く高齢者をサポートする健康系ソリューションの例として、チームで協力して健康を目指し、従業員同士のコミュニケーション活性化にもつながる健康100日プロジェクトや、受診・改善・参加・達成することで多彩な商品と引き換え可能なポイントが付与される健康インセンティブポイント、紅白のチームにわかれて楽しみながら健康活動がおこなえる紅白健康合戦といったユニークなサービスを提供しています。

少子高齢化社会において企業の力を高めていくために、これらのソリューションをぜひご活用ください。


  健康100日プロジェクト 100日間「チーム」で楽しむ健康プログラム。従業員の健康意識向上や組織のコミュニュケーション活性化に役立ちます。 株式会社JTBベネフィット


  紅白健康合戦 全従業員で楽しく健康意識UPできる健康イベントです。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  IT系職種だけじゃない!リモートワークの導入可能なオフィスワーク系職種とは? ニューノーマルの働き方として確実に増えつつあるリモートワーク。これまでは社員が独自に業務を進め、完遂可能なIT系の職種が中心でした。リモートワークの導入はオフィスワーク系の職種にも現実的なのでしょうか?今回はリモートワークの導入を阻む課題と成功への解決策、そして職種別に考慮すべきポイントをまとめました。 株式会社JTBベネフィット


  人手不足の業界や企業の関係者は必見!5分でわかる人材が不足する原因とその対策 人手不足は多くの業界・企業に共通する問題です。人材は組織の根幹を支える生命線であり、この問題には全社的な改革が必要となります。今回は、人口は減っている一方で労働人口はあまり変わらない事実、それを踏まえた上での人手不足の状況やその原因・対策について詳しくご紹介していきます。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧