メンタルヘルスケアの必要性とは?厚生労働省が示す4つの方法を解説

​​​​​​​メンタルヘルスの不調で会社の屋上に座り込み悩んでいる従業員

従業員のメンタルヘルスケアを正しく理解し、実行することは、企業の成長や業績アップにもつながる重要な取り組みです。ただし、自社の業務形態や従業員の特性に合った適切なケアをおこなうためには、メンタルヘルスとは何なのかを正しく知っておく必要があります。

そこで今回は、メンタルヘルスケアにおける具体的な必要性と、厚生労働省が示す指針などについて、詳しく解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.メンタルヘルスケアの必要性
    1. 1.1.従業員の健康保持ため
    2. 1.2.職場の活性化と生産性向上のため
    3. 1.3.リスクマネジメントのため
    4. 1.4.労働環境悪化防止のため
    5. 1.5.企業の社会的責任(CSR)を果たすため
  2. 2.メンタルヘルス4つのケア
    1. 2.1.セルフケア
    2. 2.2.ラインによるケア
    3. 2.3.事業場内産業保健スタッフなどによるケア
    4. 2.4.事業場外資源によるケア
  3. 3.メンタルヘルス不調の兆し4つと対応方法
    1. 3.1.従業員のメンタルヘルス不調の兆し4つ
    2. 3.2.対応方法~管理監督者、事業場内産業保健スタッフが相談に乗る
  4. 4.メンタルヘルスケアは企業の成長のためにも必要です

メンタルヘルスケアの必要性


心に包帯を巻くことでメンタルヘルスをケアするイメージ

企業においてメンタルヘルスケアが不可欠とされる理由は、以下のとおりです。

従業員の健康保持ため

企業が安定的に事業を続けるためには、その中で働く従業員の心身が健康に保たれる必要があります。従業員に不調が生じた場合に適切な対処をするためにも、人事担当者や管理職を中心とする多くの人に、メンタルヘルスケアの知識などの習得が求められているのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ヘルスリテラシーとは?健康経営における位置づけとリテラシー教育の方法 2019年から関連法が施行されている働き方改革の一環として、事業者(企業)による従業員の健康管理拡充が推奨されています。その施策のひとつとして位置づけられている「ヘルスリテラシー教育」。今回は、ヘルスリテラシーとはどのようなものなのか、リテラシー向上のためにはどのような教育をすればよいのかを解説します。 株式会社JTBベネフィット

職場の活性化と生産性向上のため

企業が効率よく生産性を高めるためには、個々の従業員に最大限のパフォーマンスを発揮してもらう必要があります。しかし、何らかの理由で従業員の健康が損なわれた場合、遅刻・欠勤が増えたり、適切な判断ができなったりという理由で、職場環境の活性化も難しくなってしまいます。

企業経営に影響するこうした問題を防ぐためには、それぞれの従業員における心の不調に対して迅速に適切なケアのできる環境の整備が求められます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワーク中でも従業員に健康意識を持ってもらう方法とは? デジタル化が進む中で、テレワークをメインの働き方として人材を採用する企業が増えています。テレワークは生産性が向上したという声がある一方で、いわゆる「コロナ太り」や「コロナ鬱」といった健康リスクをはらんでいます。今回は、テレワーク中の健康管理のカギとなる健康意識を従業員に持ってもらう方法を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

リスクマネジメントのため

メンタルヘルスケアには、心の不調からくる集中力や注意力の低下によって起こる、様々なリスクを防ぐ目的もあります。

例えば、化学薬品を扱う工場で従業員が大きなミスをした場合、そこで働く人の健康や安全に関わるトラブルに発展する可能性もあります。また、集中力の低下によって食品工場に異物混入が生じた場合、品物を購入してくださる多くのお客様に迷惑がかかるかもしれません。

したがって、他の従業員の安全性や商品の品質に関わる様々なリスクを防ぐためにも、企業には働く人の心身の健康を守る必要があるのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の健康管理、職場での取り組み方は?アイデアとおすすめサービスを紹介 企業にとって社員の健康管理は避けて通れない使命であり、仕事での生産性を高めるためには大変重要です。今回は、企業が社員の健康管理をおこなう必要性やアプローチ方法について紹介します。国として健康経営を推進するためには、特に中小企業による取り組みの拡大が課題となっていますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

労働環境悪化防止のため

メンタルヘルス不調の悪化によって休職や退職をする人が増えると、残された従業員に多大な負担がかかる可能性が出てきます。また、人手不足が長く続けば、他の従業員も心身の健康を損なう恐れもあります。

こうした理由で生じる従業員のモチベーション低下や離職などの問題を防ぐためには、一人ひとりのメンタルヘルスケアをしっかりおこないながら、快適に働ける環境を整える必要があります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員から休職を希望されたら?企業として取るべき手続きを解説 従業員が休職する際は、復帰することを前提とした手続きや対応が必要となります。特に、けがや病気による傷病休職では急な対応が求められるため、本記事では企業担当者として必要な正しい知識と対応について解説するとともに、従業員の体調管理やストレスケアをサポートするサービスを紹介します。 株式会社JTBベネフィット

企業の社会的責任(CSR)を果たすため

企業は、それぞれの事業をおこなうだけでなく、その会社が関わるステークホルダーと呼ばれる利害関係者との良好な関係を保ちながら、社会への貢献や責任を果たしていく必要があります。そして、この利害関係者の中には、会社の中で働く従業員や地域住民である家族なども含まれているのです。

ですから、会社がCSRを果たすためには、メンタルヘルスケアなどを通して大切な従業員を守る必要があります。そして、メンタルヘルス対策によって従業員が心身ともに健康に働ける企業であることが証明できると、その報告によって地域社会における信頼性なども向上しやすくなるのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  CSRを効果的にアピールする方法とは?ターゲット別のPR手法を紹介します CSRとは、企業が取り組むべき、社会貢献や地域社会との共存といった社会的責任の総称です。CSRを使って企業ブランドを向上させるには、ステークホルダーと呼ばれる顧客や取引先、地域社会などにこの取り組みの概要や成果を適切にアピールする必要があります。本記事では、CSRのPR方法をターゲット別に紹介します。 株式会社JTBベネフィット


メンタルヘルス4つのケア

厚生労働省では、企業がメンタルヘルスケアに取り組む際に必要な以下4つの軸を「労働者の心の健康保持増進のための指針」の中で紹介しています。

セルフケア

セルフケアとは、従業員が自分自身でできる心のケアという意味です。具体的には、働く人が自らのストレスに気づき、予防対処できるだけの正しい知識の習得や、事業主がそれを支援することなどが求められます。国が推進するストレスチェックも、セルフケアに役立つ取り組みです。

ラインによるケア

管理監督者による、部下へのケアを指します。現場の管理監督者にできるケアには、職場環境の把握や改善、部下の相談対応といったものがあります。心の不調の中には本人には気づけないものもありますので、従業員個人だけに任せず、管理監督者による総合的なサポートも必要となるでしょう。

事業場内産業保健スタッフなどによるケア

企業の産業医や保健師、人事労務管理のスタッフなどによる支援では、事業場から少し離れた角度から客観的な助言や支援ができる利点があります。また、このカテゴリでは、労働者や管理監督者などのサポートや、その職場に合った具体的なメンタルヘルス対策の企画立案なども必要です。

事業場外資源によるケア

専門知識が求められるメンタルヘルスケアでは、社内だけですべてを解決しようとせず、会社の外にある機関や専門家と連携する必要があります。例えば、メンタルヘルス不調を抱える従業員の支援プログラムであるEAPには、働く人が自分の悩みを同僚などに知られることなく専門家に相談できるという利点があります。

また、メンタルヘルス不調を抱えた従業員への対処に悩む場合は、都道府県の産業保健推進センターや地域産業保健センターなどに相談をしてみても良いでしょう。そうすることで地域とのつながりが生まれると、企業における社会的責任(CSR)も果たせます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  企業におけるメンタルヘルスケア。重要性と対策・方法とは 厚生労働省の調査によると「仕事においてストレスや不安を感じることがある」と回答した労働者は半数を超えており、メンタルヘルス不調により退職した労働者がいた事業所も5.8%を占めています。今や従業員のメンタルヘルス不調は看過できない問題です。今回は、メンタルヘルスケアの必要性や課題、その対策について解説します。 株式会社JTBベネフィット


メンタルヘルス不調の兆し4つと対応方法

メンタルヘルス不調の兆しがある従業員

企業側でしっかりメンタルヘルスケアに取り組んでいても、心の不調を悪化させてしまう従業員が出る可能性はあるものです。厚生労働省では、企業の管理監督者や人事担当者でもこうした状況に早く気づけるようにするために、「労働者の心の健康保持増進のための指針」などで4つの不調の兆しを紹介しています。

従業員のメンタルヘルス不調の兆し4つ

働く人に出やすい心の不調による変化は、以下のとおりです。


1.体調の変化

人間の心に不調が起こると、以下のような体調の変化が生じることがあります。

・頭痛、めまい
・耳鳴り
・倦怠感
・睡眠不足、睡眠障害
・食欲不振による体重減少
・食欲増進による体重増加
・アルコール依存
・異常な発汗
・生理不順(女性の場合)

ですから、従業員が憂鬱さや気分の変調などを訴えなくても、多くのストレスがかかる環境下でこうした症状が身体に出ている場合には、メンタルヘルス不調の可能性を疑っても良いかもしれません。


2.勤怠に現れる変化

メンタルヘルス不調が生じると、不眠や過眠などの睡眠障害により、今までのような早寝早起きができなくなることもあります。そうすると、遅刻早退や無断欠勤が多くなってきます。また、月曜日と金曜日の欠勤が多いのも、心に不調を抱えた人に現れやすい勤怠面の変化です。


3.仕事の能率の低下

メンタルヘルス不調が生じると、仕事の面でも以下のような効率低下などが頻発しやすくなります。特に、長年携わっている慣れた仕事でこうした問題が何度も出てきた場合は、心の不調を疑っても良いかもしれません。

・作業に時間がかかる
・期日を守れない
・何度もミスをする
・注意力、集中力、持続力が低下する


4.普段の様子の変化

今まで、活発にコミュニケーションを図っていた従業員の口数が突然少なくなった、落着きがない、頻繁に離席をするといった変わった点が見受けられる場合も、心に何らかの不調を抱えているかもしれません。

また、人によっては、こうした変化に対して「性格が変わった」という印象を持つ傾向もあるようです。

対応方法~管理監督者、事業場内産業保健スタッフが相談に乗る

事業場の管理監督者は、こうした不調を抱えた部下が自発的かつ気軽に相談ができるように、風通しの良い関係を築くことなどに努める必要があります。

また、心の不調を抱えた従業員のミスから事業全体の問題に拡大する可能性を考えると、産業保健スタッフや人事担当者なども管理監督者と協力・連携をしながら、健康相談や保健指導などを積極的におこなう必要もあるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  メンタルヘルスとは?従業員のメンタルヘルス管理が重要なワケ メンタルヘルスとは、心の健康や回復、増進などの意味で使われる言葉です。従業員のメンタルヘルスに不調が生じると、業務のミスなどによるお客様への迷惑や生産性の低下などが起こる可能性もあります。本記事では、メンタルヘルス悪化による影響や原因、企業ができる従業員の不調を防ぐ対策を解説します。 株式会社JTBベネフィット


メンタルヘルスケアは企業の成長のためにも必要です

企業のメンタルヘルスケアは、次のような必要性によっておこなわれるものです。

・企業の社会的責任を果たす目的
・従業員の健康を守る目的
・職場の活性化と生産性を向上させる目的
・様々なリスクを防ぐ目的
・労働環境の悪化を防ぐ目的

厚生労働省の「労働者の心の健康保持増進のための指針」では、従業員自身だけでなく管理監督者や人事担当者、産業医、外部の専門家といった企業のメンタルヘルスケアに携わるたくさんの人に、それぞれの役割などを示しています。

JTBベネフィットでは、企業におけるメンタルヘルスにも活用できるソリューションもご用意しています。

コンケア」は、従業員のコンディション変化を見える化することで、心の不調の把握や本人への声かけに活用できる大変便利なツールです。

また、「ストレスチェック」は、50名以上の従業員を雇い入れる事業場に義務付けられた制度で、メンタルヘルスケアに活用できるサービスとなります。チェックの実施は、WEBと紙のマークシートの両方に対応しています。一方で、50名未満の事業場は努力義務ではありますが、コロナ禍で在宅勤務という見えない環境下での健康管理は大きな課題となっています。特にメンタルヘルスは出社していても目に見えて不調であるかどうかの適切な判断は容易ではありませんので、その判断材料の一つとしてストレスチェックはおすすめです。

従業員のメンタルヘルスケアに役立つソリューションに興味のある方は、ぜひ以下のリンクをチェックしてみてください。


  コンケア 従業員の日々のコンディションを見える化し、不調者の早期発見をサポートするサービスです。 株式会社JTBベネフィット


  ストレスチェック 平成26年(2014年)6月に国会で可決・成立、平成27年(2015年)12月に施行となった改正労働安全衛生法「労働安全衛生法の一部を改正する法案」に対応したストレスチェックで、Web及びペーパーにて実施が可能です。 検査項目は、厚生労働省が検査の標準項目の参考とする「職業性ストレス簡易調査票」をベースとした「新職業性ストレス簡易調査票」を採用、“ティーペックのEAP ノウハウ” と“NTT データの健康管理システムの開発・運用ノウハウ” を融合し、従業員情報を一元管理できるストレスチェックサービスを協同開発しました。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  ハラスメント防止の法律「パワハラ防止法」の施行で企業に求められる施策と措置 2020年6月から日本の法律で初めてパワハラ防止を定めた「改正労働施策総合推進法」(通称:パワハラ防止法)が施行されました。これまで以上に企業にはパワハラを含めた職場のハラスメント防止のための施策と措置が求められます。今回は、関連する法律とともにどのような対策を講じるべきか確認してみましょう。 株式会社JTBベネフィット


  職場におけるストレスチェック制度の義務化とは?対象者や罰則についても解説 ストレスチェックは、2015年の法改正により労働者50名以上の事業所に義務化されました。そこで今回は、ストレスチェックの対象となる企業の条件や実施しなかった際の罰則、助成金制度について紹介していきます。今後従業員が50人を超える見込みのある企業は、今のうちに詳細を把握しておきましょう。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧