健康データを利活用し、従業員のヘルスサポートを実現する方法

​​​​​​​健康経営に必要なデータの活用方法

官民一体となって推し進められてきた「健康経営」はもはや単なるトレンドではなく、多くの企業にとって常識になりつつあります。健康経営を実践するにあたって包含する分野は多岐に渡りますが、共通する重要な視点はデータをいかに利活用するか、ということです。今回は、その理由と具体的な方法について、実際に導入されている事例を交えて紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.健康経営にデータが必要な理由
    1. 1.1.健康経営とは?
    2. 1.2.「データヘルス計画」とは?
  2. 2.健康データを利活用する方法
    1. 2.1.企業が健康データを収集する方法
    2. 2.2.コラボヘルスとは?
  3. 3.データを利活用し、健康経営に取り組んでいる事例
    1. 3.1.大手警備会社の事例
    2. 3.2.専門商社大手の事例
    3. 3.3.大手化学メーカーの事例
  4. 4.まとめ

健康経営にデータが必要な理由

企業と人材をベストマッチングへ!助成金も活用できる「トライアル雇用」とは?

健康経営とは?

健康経営とは、企業が従業員の病気の治療に金銭面でケアをするだけでなく、より戦略的にコストをかけて、一人ひとりが健康でいきいきと働き続けられるように、健康課題を解決へ向けてサポートすることです。

英語で「Health and Productivity Management(健康及び生産性のマネジメント)」という表現がありますが、これが日本における健康経営の本質を表しています。つまり、従業員を企業にとっての貴重な財産とみなし、その健康を管理することが結果的に企業全体の生産性向上にもつながるという発想です。

これはアメリカの事例ですが、ミシガン大学がある金融関連企業の健康関連コストの内訳を分析したところ、その大部分を占めていたのは医療費そのものではなく、「プレゼンティーイズム(Presenteeism)」という、オフィスに出勤はしているものの、体調不良等が原因で業務能率が低下していることでした。このような状態が続くとすれば、企業の業績悪化も時間の問題でしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  健康経営のメリットとは?企業・従業員の両視点から徹底解説 健康経営とは、経営戦略として従業員の健康をサポート、管理することです。今回は、健康経営の目的からメリット、デメリットまで紹介していきます。企業の生産性、業績だけでなく、従業員の幸福度を向上させる健康経営に取り組み、活気あふれる企業づくりを目指していきましょう。 株式会社JTBベネフィット

「データヘルス計画」とは?

「データヘルス計画」の定義

企業が健康経営を推し進めていく上で政府の後押しは欠かせません。健康経営と密接不可分な政策の一つが、「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)の重要な柱の一つである「国民の健康寿命の延伸」です。

これを受け、保険事業指針が平成26年3月に一部改正され、すべての健康保険組合はデータヘルス計画を策定・実施することが求められるようになりました。その目的は事業の実効性を確保するため、これまで以上にデータを利活用して科学的な問題解決を目指すことにあります。


データヘルス計画の背景

政府が目指す「健康年齢の延伸」の根底に横たわっている課題が、日本社会が直面している未曾有の少子高齢化と労働人口の減少です。

職場の平均年齢もそれに伴って上昇しており、労働人口全体に占める60歳以上の割合は2010年に17.9%でしたが、2030年には22.2%まで増加すると予測されています。平均年齢の上昇は、そのまま職場における健康リスクの増加につながります。そして、健康リスクが増加すれば、医療費は上昇し、従業員の労働生産性は低下します。

そして、注目に値するのは、日本人の死因の約6割は生活習慣病が占めているということです。しかし、従業員が自分の健康管理に対して意識を高め、対策を講じておくことで予防が可能になり、健康リスクも減らせるのです。

厚生労働省 データヘルス計画の背景とねらいより「死因に占める生活習慣病の割合」

出典:厚生労働省 データヘルス計画の背景とねらい


この点で利活用したいのが、健康保険組合により保有されているレセプトや健診データです。特定健診は平成20年にスタートし、今や十分なデータ量が蓄積されていることが予測され、レセプトも電子化されています。こうした電子的なデータをPDCAサイクルで効果的に活用し、生活習慣病の予防を可能にすることで健康リスクを減らそうとする取り組みがデータヘルス計画です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の健康づくりを促進できる企業だけがニューノーマル時代に生き残る! 従業員の健康を管理することは企業の責任義務ではありますが、最低限の施策をすればそれで十分というわけではなく、企業は従業員の健康づくりに積極的にかかわっていく必要があります。今回は、その理由とともに、企業が健康づくりを促進するための具体的な事例をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


健康データを利活用する方法

健康経営に必要なデータを活用する従業員

企業が健康データを収集する方法

企業の健康経営においてデータを利活用するためには、まず、データそのものの収集・管理が必要です。

一つはスマートウォッチなどのウェアラブル端末によって蓄積されたビッグデータを活用する方法です。これにより従業員はストレスなく毎日のバイタルデータ(一日の歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠時間、血圧、体重)などを測定することができます。データはアプリでも確認でき、プラットフォームで一括管理して健康経営に活用できます。

例えば、大手健康計測器メーカーが提案している健康プログラムでは、ウェアラブル機器で計測したビッグデータをサーバーに蓄積し、従業員も管理者も専用サイトからアクセスが可能です。これによって従業員の気づきを生み、健康に対する意識を高め、加えて運動セミナーや栄養セミナーで生活習慣の変化を支援しています。

一方で、大手通信会社では、バイタルデータを継続測定するためにウェアラブル電極インナーを開発しました。このインナーを着るだけで従業員の心拍変動や心電波形の測定も可能です。データは自動でスマートフォンやタブレットに送信され、従業員各自が確認できます。
なお、ここまで挙げたデータ収集、取得において個人情報の保護に細心の注意を払うべきなのは言うまでもありません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワーク中でも従業員に健康意識を持ってもらう方法とは? デジタル化が進む中で、テレワークをメインの働き方として人材を採用する企業が増えています。テレワークは生産性が向上したという声がある一方で、いわゆる「コロナ太り」や「コロナ鬱」といった健康リスクをはらんでいます。今回は、テレワーク中の健康管理のカギとなる健康意識を従業員に持ってもらう方法を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

コラボヘルスとは?

コラボヘルスとは、平成29年7月に厚生労働省保健局が定めた「データヘルス・健康経営を推進するためのコラボヘルスガイドライン」により、「健康保険組合等の保険者と事業者が積極的に連携し、明確な役割分担と良好な職場環境のもと、加入者(従業員・家族)の予防・健康づくりを効果的・効率的に実行すること」を指します。

健康経営のためにデータの利活用が必要だとすれば、圧倒的なデータ量を保有しているのは保険者である全国健康保険協会や健康保険組合です。保険者のもとには加入者(従業員)のレセプト情報や特定健診結果などの電子データがあります。長年、これらのレセプト情報は紙ベースで処理・保管されており、事業者との共有が困難でしたが、今では100%電子化されています。

コラボヘルスでは、前項のような端末やアプリを利用することなく、データはエクセルで管理することも可能です。また、2015年7月に発足した「日本健康会議」の宣言にも保険者と事業者の提携は謳われています。8項目からなる宣言の中には「健保組合等保険者と連携して健康経営に取り組む企業を500社以上とする」、「協会けんぽ等保険者のサポートを得て健康宣言等に取り組む企業を1万社以上とする」とあります。事業者が健康保険組合と協力・連携するのであれば、従業員の膨大なレセプトデータや健康診断結果などの利活用もできるようになります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の健康管理、職場での取り組み方は?アイデアとおすすめサービスを紹介 従業員の健康管理は本人だけの問題ではなく、企業にとって避けて通れない使命であり、仕事での生産性を高めるためには大変重要です。今回は、企業が従業員の健康管理をおこなう必要性やアプローチ方法について紹介します。在宅勤務でもできる健康管理方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 株式会社JTBベネフィット


データを利活用し、健康経営に取り組んでいる事例

健康経営に必要な健康データを活用している事例のイメージ

大手警備会社の事例

同社では従業員の意識を改善し、行動を変化させる目的で、健診結果の「見える化」を中心に施策を展開しています。

これは健康診断の約3ヶ月前に、食生活などの行動改善を後押しする資料を配布して従業員に前回の健診結果を通知し、次回はより良い状態で健康診断を受診するための意識づけをしています。
また、健診後には健診結果をわかりやすく伝えるためのシートを配布し、個別の生活改善アドバイスを提供します。いずれのシートにもQRコードが付いており、従業員はアクセスできるWEB上の健康情報サイトから、より多くの情報やアドバイスを手に入れることができます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  健康診断の結果を良くするために効果的な指導内容とは? 従業員のWell-Beingを向上させることは企業の命題ですが、そのために不可欠なのは従業員の健康です。今回は、健康管理の指針となる健康診断の結果改善に効果的な方法をご紹介します。これでメタボ判定者(特定保健指導対象者)を減らし、従業員全員がいつも元気でいきいきと働ける組織づくりを目指しましょう! 株式会社JTBベネフィット

専門商社大手の事例

オフィスや教育システム構築を専門にする商社であるこの企業では、ストレスチェックの結果、高ストレス者の6~8割が目の疲れや頭痛、腰痛、肩こりを抱えていることが明らかになりました。こうした健康リスクは生産性を低下させ、プレゼンティーイズムにつながります。

そこで、肩こりと腰痛予防に特化したICTツールを導入し、従業員各自の症状に合わせて、AIが独自のアルゴリズムでソリューションやサービスを提案する施策を展開しました。その結果、平成29年の導入から2年経過した時の生産性低下率は、42%から22%まで減少し、このアプリの効果が実証されています。


あわせて読みたいおすすめの記事

  職場におけるストレスチェック制度の義務化とは?対象者や罰則についても解説 ストレスチェックは、2015年の法改正により労働者50名以上の事業所に義務化されました。そこで今回は、ストレスチェックの対象となる企業の条件や実施しなかった際の罰則、助成金制度について紹介していきます。今後従業員が50人を超える見込みのある企業は、今のうちに詳細を把握しておきましょう。 株式会社JTBベネフィット

大手化学メーカーの事例

同社は、企業が従業員の健康管理をおこなうだけでなく、社員自らが主体的に「健康づくり」に取り組むことを推奨し、コラボヘルスによる健康経営を目指しています。

経営レベルでは事業者と健保が提携、現場レベルでは健康づくりの担当者と産業医・看護職が協働し、PDCAサイクルを回すための推進をしています。
また、各自の健診結果や目標設定、目標実現に向けて記録したり、スポーツなどのイベントに参加したりすることによりポイントがたまるシステムで「見える化」を実現しています。例えば、健診結果で肥満度や血糖値、血圧、脂質が正常値であれば300ポイント、毎日の歩数を記録すれば毎日5ポイントたまる、といった具合です。たまったポイントで健康グッズと交換できるなど特典があり、従業員が生活習慣を改善し、それを継続できるようにサポートしています。
このポイント制度への参加率が高い部署ほど生活習慣や健康リスクが改善されており、データの利活用が大きな力を発揮していることが証明されています。


あわせて読みたいおすすめの記事

  健康経営に取り組むべき会社の特徴とは?取り組み例とおすすめの具体的な施策もあわせて紹介 健康経営を積極的に取り組む企業は社会的評価が高い傾向にありますが、実際にどのような取り組みがあるのか疑問を感じている企業も多いと思います。今回は、健康経営が必要な企業の特徴や実現までのステップとおすすめの具体策を紹介します。健康経営の取り組みや施策への理解を深めるために、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


まとめ

スマートフォンを活用することで様々なモノやコトとつながる

従業員の健康づくりのためにデータを利活用するには、膨大なデータを一元化し、見える化することが必要であることがおわかりいただけたと思います。これにより、はじめて個々の従業員の心と身体の状態を正確に把握することができるようになります。

JTBベネフィットが提供する健康データ一元管理サービスの「ヘルスサポートシステム」では、健診データ、就労データ、ストレスチェックデータという性質の異なる3つの情報を一元管理して見える化を実現します。低コストの上、個人情報のセキュリティ対策も安心です。
また、健診前の2~3ヶ月に実施できる健康意識づけサービスの「減量キャンペーン」では、週1回の体重測定でポイントがたまる機能がありますので、従業員が意欲的に取り組むことができます。

紙媒体から始まった各データがせっかく電子化されたものの、一つ一つの管理がバラバラだと有効活用できるまで時間がかかります。活用に時間がかかるということは、担当する従業員の負荷もかかります。したがって、これらのツールを活用して統合し、データを見える化することで、効率的により良い健康経営の実現へとつなげましょう。


  ヘルスサポートシステム 従業員の健康管理にかかせない3つの情報を一元管理できるサービスです。 株式会社JTBベネフィット


  減量キャンペーン 『減量キャンペーン』は「週1回の体重をはかるだけ!」の意識づけインセンティブプログラムです。次回健診を良い結果で迎えたい・ローコストで参加ハードルの低いメニューを導入したい、企業様におすすめの健康イベントです。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の健康診断は企業の義務!概要と実施するポイントを解説 従業員の健康診断を実施することは企業に課された義務であり、怠った場合は罰則が科されます。今回は、企業が従業員に実施すべき健康診断の種類や対象者、実施時の注意点について紹介します。新たに福利厚生担当になった方や健康診断業務を円滑に進めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。 株式会社JTBベネフィット


  デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功事例10選。IT活用の未来と企業の存続 デジタルトランスフォーメーション(DX)というワードはよく耳にするけれども、その取り組みが上手くいっているか知らない方は多いと思います。DXとは、商品やサービスに加え、企業組織自体をAIのようなITを活用して変革することです。英語は調べるのも疲れてしまいますよね。今回は成功事例を含め、DXを詳しく紹介します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧