ホワイト500の認定を継続させるには?認定条件や申請方法を解説

​​​​​​​社内でストレッチと瞑想を兼ねてリフレッシュする従業員

企業が従業員の健康課題に取り組み、実績を残すことで、健康経営優良法人認定制度で認定されることがあります。認定された企業は「ホワイト500」と呼ばれ、組織の活性化につながるだけでなく、人材確保も見込めるなど大きなメリットを得られます。
しかし、どのようにすればホワイト500に認定されるのでしょうか。

今回は、ホワイト500の概要から、継続して認定されるために必要な取り組みまで、まとめて解説します。

目次[非表示]

  1. 1.ホワイト500とは?認定されるメリットも解説
    1. 1.1.ホワイト500とは?
    2. 1.2.ホワイト500に認定されるメリットとは?
  2. 2.ホワイト500の認定基準とは?
    1. 2.1.大規模法人部門の認定基準
    2. 2.2.中小規模法人部門の認定基準
  3. 3.ホワイト500の認定を継続して受けている企業の取り組みとは?
    1. 3.1.健康に無関心な層を引き込む福利厚生を導入する
    2. 3.2.定期健診・ストレスチェックの実施
    3. 3.3.禁煙支援
    4. 3.4.受動喫煙の防止(喫煙場所の制限・縮小)
    5. 3.5.健康促進のための条約の設定
  4. 4.ホワイト500の継続認定を目指すなら、JTBベネフィットのサービスをご利用ください!

ホワイト500とは?認定されるメリットも解説

まず、ホワイト500がどのような制度なのか、その概要を確認してみましょう。

ホワイト500とは?

ホワイト500とは、健康経営優良法人認定制度のことです。経済産業省が管轄する制度で、従業員の健康促進・維持のための取り組みをおこなう企業を認定しています。

例えば、健康診断やストレスチェックを定期的におこなうことも、健康づくりの取り組みの一つです。多くの企業が従業員の健康づくりのために様々な取り組みをおこなっていますが、その取り組みを可視化する目的で、健康経営優良法人認定制度が設けられました。

2020年には制度の内容に変更があり、これまで健康経営優良法人の全体をホワイト500と呼んでいましたが、変更後はトップ500の企業のみをホワイト500とし、要件を満たす企業が日本健康会議より認定される仕組みとなりました。

ホワイト500に認定されるメリットとは?

ホワイト500に認定されると従業員側はもちろん、企業側にも多くのメリットがあります。
どのようなメリットがあるのか確認しましょう。


企業イメージが良くなる

ホワイト500に認定されると、企業のイメージアップにつながります。従業員の健康への取り組みをおこなっている上位500の法人に対して認定される制度ですので、企業が従業員の健康を真剣に考え、取り組んでいることをアピールできるからです。


人材を確保しやすくなる

ホワイト500に認定されると、企業の認知度の向上やイメージアップにつながるだけでなく、求人に対する応募者も増えます。人材を確保しやすくなるため、採用担当者はもちろん企業全体にとっても大きなメリットといえるでしょう。


既存の従業員の質が上がる(認定に向けた活動の結果)

ホワイト500に認定されるためには、実際に従業員に対して健康促進のための取り組みをおこなわなければなりません。認定には企業から経済産業省への申請が必要になるため、申請前にあらかじめ認定企業になるための取り組みを社内でおこなうことになります。

この取り組みによって、既存の従業員に対する健康促進を目的とした福利厚生などが充実し、従業員のモチベーション向上につながります。ですから、ホワイト500に認定されるための取り組みは、従業員にとっても大きなメリットになるのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ヘルスリテラシーとは?健康経営における位置づけとリテラシー教育の方法 2019年から関連法が施行されている働き方改革の一環として、事業者(企業)による従業員の健康管理拡充が推奨されています。その施策のひとつとして位置づけられている「ヘルスリテラシー教育」。今回は、ヘルスリテラシーとはどのようなものなのか、リテラシー向上のためにはどのような教育をすればよいのかを解説します。 株式会社JTBベネフィット


ホワイト500の認定基準とは?

オフィス環境イメージ(パソコン・デスク・イスの配置)

ホワイト500に認定されるには、どうすれば良いのでしょうか。
ホワイト500の認定は大規模法人部門に限定したもので、中小規模法人部門は2021年から「ブライト500」と呼ばれるようになり、それぞれの部門で認定基準が異なります。ここからは、その厳しい認定基準について、詳しく解説します。

大規模法人部門の認定基準

まず、大規模法人部門の認定基準から見てみましょう。
大規模法人がホワイト500に認定されるためには、以下の5項目における認定要件を満たさなければなりません。


1. 経営理念

社内外に健康宣言を発信する
トップランナーとして健康経営の普及に取り組んでいるか


2. 組織体制

健康づくり責任者が役員以上であるか
健康保険などの保険者と連携しているか


3. 制度・施策実行

定期健診の受診率はどれくらいか
ストレスチェックを実施しているか
適切な働き方の実現に向けてワークライフバランスの推進をおこなっているか
食生活の改善に向けた取り組みをおこなっているか
受動喫煙の対策をおこなっているか など


4. 評価・改善

健康保持や増進を目的とした施策の効果検証を実施しているか


5. 法令遵守・リスクマネジメント

定期健診・ストレスチェックの実施
従業員の健康管理に関連する法令について違反をしていないか など


これらの項目をすべて満たすことが、大規模法人におけるホワイト500の認定基準です。

中小規模法人部門の認定基準

次に、中小規模法人部門の認定基準を見てみましょう。
前述のとおり中小規模法人部門の健康経営優良法人は2021年より「ブライト500」という名称が加えられます。これには、中小規模法人が健康経営によって輝き、未来と地域を照らす企業という意味が込められています。ホワイト500同様に健康経営優良法人の中でも特に優れており、かつ、地域において健康経営の発信をおこなっている中小規模法人の上位500法人に対して、ブライト500が付与されます。

項目は大規模法人と同じく5つですが、認定要件は中小規模法人のほうがハードルは低いです。経営理念や組織体制などはすべての要件を満たす必要がありますが、制度・施策実行については、要件リストの中にある小項目のいくつかを満たせば良いとされています。

例えば、制度・施策実行の中項目に設定されている、「従業員の健康課題の把握と必要な対策の検討について」の項目では、定期健診受診率や受診勧奨の取り組みなど、4つの小項目で構成されています。大規模法人の場合は、この4項目すべて満たさなければなりませんが、中小規模法人の場合は、このうち2項目以上を満たせば良いのです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  健康診断の結果を良くするために効果的な指導内容とは? 従業員のWell-Beingを向上させることは企業の命題ですが、そのために不可欠なのは従業員の健康です。今回は、健康管理の指針となる健康診断の結果改善に効果的な方法をご紹介します。これでメタボ判定者(特定保健指導対象者)を減らし、従業員全員がいつも元気でいきいきと働ける組織づくりを目指しましょう! 株式会社JTBベネフィット


ホワイト500の認定を継続して受けている企業の取り組みとは?

ホワイト500取得のための健康診断の受診票

ホワイト500に認定をされても、その後、認定が取り下げられる可能性があります。ホワイト500に連続で認定されている企業は、どのような取り組みを実施しホワイト500を取得しているのかを見てみましょう。

健康に無関心な層を引き込む福利厚生を導入する

どれほど企業側が従業員に向けて健康促進を提言しても、従業員の中には無関心であったり、面倒だと興味を示さなかったりする人もいます。ですから、健康に無関心な人を引き込むために、「楽しみながら、気づいたら健康を意識していた」「周りに応援されてやる気が出た」と自然になるような、福利厚生を導入すると良いでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  離職率が低くければホワイト企業?ランキングだけではわからない、転職者や社員がつける企業評価基準の実態 ホワイト企業について、どのようなイメージをお持ちでしょうか。離職率が低い、残業が少ない、大手企業、など様々な特徴を連想されると思います。今回は、ホワイト・ブラック企業ランキングに登場する会社の元社員のお話も踏まえつつ、ホワイト企業と認知されるための対策も紹介します。人事総務担当者は必見です! 株式会社JTBベネフィット

定期健診・ストレスチェックの実施

取り組みの基本となるのは定期健診です。社員の健康状態を調査することも企業側の努めになります。健康診断は、自身の体について知るだけでなく、年齢を重ねるとともに変化するライフステージについて、改めて考える機会にもなります。
同様に、ストレスチェックも実施しましょう。従業員の心身を守るためにも、健診やストレスチェックは欠かさずおこなうことが大切です。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワーク中でも従業員に健康意識を持ってもらう方法とは? デジタル化が進む中で、テレワークをメインの働き方として人材を採用する企業が増えています。テレワークは生産性が向上したという声がある一方で、いわゆる「コロナ太り」や「コロナ鬱」といった健康リスクをはらんでいます。今回は、テレワーク中の健康管理のカギとなる健康意識を従業員に持ってもらう方法を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

禁煙支援

ホワイト500に認定されている企業の中には、従業員が禁煙を希望した際のサポート体制を整えているところがあります。禁煙講座を開催して、正しく禁煙を進められるようにするほか、喫煙者のために禁煙プログラムを提供しているといったサポートをおこないます。

受動喫煙の防止(喫煙場所の制限・縮小)

喫煙しない人が受動喫煙をしないようにするための取り組みもおこなわれています。喫煙場所を明確にし、その場所を制限・縮小することで非喫煙者の健康被害を防ぐことができます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員の健康管理、職場での取り組み方は?アイデアとおすすめサービスを紹介 従業員の健康管理は本人だけの問題ではなく、企業にとって避けて通れない使命であり、仕事での生産性を高めるためには大変重要です。今回は、企業が従業員の健康管理をおこなう必要性やアプローチ方法について紹介します。在宅勤務でもできる健康管理方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 株式会社JTBベネフィット

健康促進のための条約の設定

健康づくりのための条約を設けた企業もあります。この条約を社内だけでなく社外にも発表することで、従業員の健康促進のための取り組みを進めていることを周知できます。

そうすることで企業イメージの向上だけでなく、従業員にとっても条約が口だけではないという安心感や期待感にもつながるのです。また、条約の中に自社製品を使った健康促進の取り組みを入れることで、社外への宣伝活動にも利用できるメリットがあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「健康経営」の取り組み(JTBベネフィットの事例) 超高齢社会となった日本では、生産年齢人口の減少によって労働力が低下しています。その中で従業員の健康を守り、長く働ける環境を整備することは、どの企業にとっても喫緊の課題となっています。今回は「健康経営」に取り組もうと考えた経緯から推進するための体制づくりについて、当社の事例を交えてご紹介いたします。 株式会社JTBベネフィット


ホワイト500の継続認定を目指すなら、JTBベネフィットのサービスをご利用ください!

ホワイト500に認定されるためには、上記のような施策が必要になりますが、継続認定を目指す場合は毎年施策を見直す必要があるでしょう。しかし、毎年見直すのは手間がかかるだけでなく、常に新たなアイデアを出す必要があるため、現実的ではないかもしれません。
そこで、すでにホワイト500に認定され、施策を多く保有する企業に依頼し、定期的な情報収集をおこなうことをおすすめします。

このたび、JTBベネフィットは「健康経営優良法人2021 ~ホワイト500~」に認定されました。
2019年、2020年にもホワイト500に認定されていますが、この際には、従業員同士が関わり合いながら健康促進に取り組むことができる「健康100日プロジェクト」「紅白健康合戦」といった、JTBベネフィットが提供している健康支援サービスを活用しました。

また、健康に関するセミナーやeラーニングなどの福利厚生が利用できる総合型福利厚生サービスの「えらべる倶楽部」も、ホワイト500の認定へ向けた施策として有効です。これらのサービスを導入すれば、ホワイト500認定のために自社のリソースをあてがう必要がなくなるので、ぜひ導入をご検討ください。


  健康100日プロジェクト 100日間「チーム」で楽しむ健康プログラム。従業員の健康意識向上や組織のコミュニュケーション活性化に役立ちます。 株式会社JTBベネフィット


  紅白健康合戦 全従業員で楽しく健康意識UPできる健康イベントです。 株式会社JTBベネフィット


  えらべる倶楽部 | JTBベネフィット えらべる倶楽部は、旅、エンターテイメント、自己啓発、育児、介護、健康などの多彩なジャンルの福利厚生サービスで、従業員様とそのご家族の人生をサポートし、組織を活性化させます。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  健康経営に取り組むべき会社の特徴とは?取り組み例とおすすめの具体的な施策もあわせて紹介 健康経営を積極的に取り組む企業は社会的評価が高い傾向にありますが、実際にどのような取り組みがあるのか疑問を感じている企業も多いと思います。今回は、健康経営が必要な企業の特徴や実現までのステップとおすすめの具体策を紹介します。健康経営の取り組みや施策への理解を深めるために、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


  従業員の健康づくりを促進できる企業だけがニューノーマル時代に生き残る! 従業員の健康を管理することは企業の責任義務ではありますが、最低限の施策をすればそれで十分というわけではなく、企業は従業員の健康づくりに積極的にかかわっていく必要があります。今回は、その理由とともに、企業が健康づくりを促進するための具体的な事例をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧