ワークライフバランスとは?働きやすい環境をつくり採用へとつなげる方法

​​​​​​​ワークライフバランスのイメージ

少子高齢化によって労働人口が減り、労働力が減っていることや、それにともなって労働生産性の低下は、現在の日本における問題となっています。また、仕事にやりがいを見出すことができない、自分のやりたいことができないといった「生きにくさ」なども日本が抱える問題の一つです。

これらの問題を解決するために求められるようになったのが、ワークライフバランスですが、そもそもワークライフバランスとはいったい何でしょうか。
ここでは、ワークライフバランスとは何かといった疑問を持つ方へ向けて、その定義と概念や現状、企業と働き手双方のメリット、実現方法まで詳しく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.ワークライフバランスとは?
    1. 1.1.ワークライフバランスの意味
    2. 1.2.ワークライフバランスが叫ばれる背景
  2. 2.ワークライフバランスの現状
    1. 2.1.データで見るワークライフバランス
    2. 2.2.企業におけるワークライフバランス取り組み例
  3. 3.ワークライフバランスの企業側のメリット
    1. 3.1.優秀な人材の確保
    2. 3.2.雇用の幅が広がる
    3. 3.3.労働生産性の向上
    4. 3.4.休職・離職の予防
  4. 4.ワークライフバランスの従業員側のメリット
    1. 4.1.自分に合った働き方ができる
    2. 4.2.モチベーションの向上
    3. 4.3.心身の健康
    4. 4.4.自己実現
  5. 5.ワークライフバランスの実現方法
    1. 5.1.業務体制の見直し
    2. 5.2.勤務方法の柔軟化
    3. 5.3.福利厚生の充実
    4. 5.4.政府による支援
  6. 6.ワークライフバランスの充実は、企業・従業員双方にメリットがある

ワークライフバランスとは?

高いモチベーションで未来を見据える従業員

まずは、ワークライフバランスがどのような意味を持っているのか、なぜワークライフバランスが叫ばれるようになってきたのかを確認してみましょう。

ワークライフバランスの意味

ワークライフバランスとは、「仕事と生活の調和」を表す言葉です。仕事は収入を得る手段となるだけでなく、その人の生きがいにもなり得ますが、仕事が充実していると感じるためには、個人の私生活における充実が欠かせません。

つまりワークライフバランスとは、人生に欠かせない仕事と私生活のバランスを取り、豊かな暮らしを送るための取り組みを指します。

ワークライフバランスが叫ばれる背景

少子高齢化によって労働人口の減少が進み、労働力が不足しています。それによって社員一人ひとりにかかる負担が大きくなり、長時間勤務や心身の疲労などを招いてしまい、労働生産性が慢性的に低くなっているのです。また、仕事に生きがいを持つことができない中、育児や介護の必要性が高まることで、私生活に悪影響が及んでいます。

そこで、政府は働き方改革の推進に「ワークライフバランス憲章」を策定しました。仕事と生活をともに充実させることによって少子化の流れを変え、官民一体となって持続可能な社会を実現することを目標としており、様々な取り組みがおこなわれています。


あわせて読みたいおすすめの記事

  「働き方改革」のキーワード、ワーク・ライフ・バランスについて確認しよう 働き方改革に注目が集まる昨今、ワーク・ライフ・バランスは多くの関係者が注目するキーワードとなっています。しかし、その正しい意味を本当に理解しているでしょうか? 今回は言葉の正しい意味と目指すものやメリット、さらに企業における具体的な取り組みについても紹介します。 株式会社JTBベネフィット


ワークライフバランスの現状

2020年3月、ホワイト企業総合研究所による「2021年卒版 一流ホワイト企業ランキング」が発表されましたが、ホワイト企業の特徴として企業全体にワークライフバランスが浸透し、実現できていることがあげられています。

では、実際にワークライフバランスで、どのような取り組みがおこなわれているのでしょうか。
企業の取り組み例や、興味深いデータとともに確認してみましょう。

データで見るワークライフバランス

まず、雇用形態の推移は以下のようになっています。

雇用形態別役員を除く雇用者数の推移グラフ(男性)


雇用形態別役員を除く雇用者数の推移グラフ(女性)

男女別にすると、明らかに男性のほうが正規雇用者、つまり正社員である率が高いことがわかります。ただし、パートやアルバイト、契約社員などの非正規雇用者(正社員以外の雇用形態)も徐々に増えています。


週労働時間60時間以上の就業者の割合のグラフ(男性・年齢別)

こちらは、週労働時間が60時間以上の就業者の割合を示した図です。30~40歳代男性の労働時間が多いことがわかりますが、子育てを始めとした私生活を充実させるための時間が少ないともいえます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【新型コロナウイルス対応も網羅】非正規雇用者を会社・労働者の視点から解説!! 今知りたい「新型コロナウイルスの収入補償」と「同一労働同一賃金」も詳しくご紹介 非正規雇用者と正規雇用者(正社員)の働き方や賃金面などにおける違いを、会社と労働者の目線から分かりやすくご紹介します。また新型コロナウイルス助成金(COVID-19)の影響によって、解雇や自宅待機など様々な状況にある非正規雇用者の収入補償を各ケース別に細かく整理し、今月から施行される同一労働同一賃金についても詳しく解説します。 株式会社JTBベネフィット

企業におけるワークライフバランス取り組み例

各企業でも、ワークライフバランスの取り組みが積極的におこなわれています。
例えば、残業時間の削減や休暇を取りやすい環境の整備など、会社を挙げて働く人のニーズに合わせた取り組みです。コロナ禍より前から在宅勤務制度をスタートした企業や、子連れ出勤を許可する企業なども増えています。

このような取り組みによって、離職率を大きく下げた企業もあります。従業員の私生活をサポートすることで、仕事への意欲を高めるという、まさにワークライフバランスを実現しているといえるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  休み方改革とは?働き方改革との違いや具体的な施策、企業における推進のポイントを紹介 休み方改革とは、従業員が休みやすい環境を整える取り組みであり、働き方改革と密接な関係性をもつ施策です。今回は、休み方改革の概要や目的、具体的な施策、推進のポイントなどを紹介していきます。働き方改革も大切ですが、休むことも大切です。休み方改革の全容を把握し、自社における取り組みのヒントを探っていきましょう。 株式会社JTBベネフィット


ワークライフバランスの企業側のメリット

仕事と生活の調和がワークライフバランス

ワークライフバランスの取り組みを進めることで、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

優秀な人材の確保

ワークライフバランスを進めることは、従業員満足度を上げることに直結します。
働きやすいと感じられる職場や環境づくりができれば、優れた人材を確保することができます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  リテンションの意味とは?人事や管理職が知っておきたいリテンション施策の効果について 優秀な人材を確保するための人事・経営戦略として、「リテンション施策」に注目が集まっています。リテンションとは、本来は「維持・保持」という意味の言葉ですが、人事・マーケティングでそれぞれが異なる意味として使われています。企業や組織において、人材確保のためにリテンション施策がなぜ必要なのでしょうか?今回は、リテンションの意味とリテンション施策が必要な理由、メリットと効果について解説します。 株式会社JTBベネフィット

雇用の幅が広がる

多くの企業が人手不足に頭を抱える中、多様な人材を戦力にすることができます。また、柔軟な働き方を受容することで、離職率の低下にもつながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  職住融合とは?ニューノーマルのワークライフバランス向上に適した住まい領域 東京23区で勤務し、コロナ禍によって導入されたテレワークを継続したいと考えている従業員は7割以上にのぼります。ワークライフバランスの維持を目指して、自宅をテレワーク用にリノベーションする「職住融合」や、職場の近くに引っ越す「職住近接」という動きに、企業はどのように向き合えるのでしょうか? 株式会社JTBベネフィット

労働生産性の向上

働きやすい環境づくりは、従業員のモチベーションアップにつながります。私生活の充実は仕事への意欲につながるため、労働生産性を向上できるでしょう。従業員のパフォーマンスが向上すれば、会社にとって大きなメリットになることは間違いありません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  働き方改革で生産性向上をかなえる!実施企業の事例も紹介! 働き方改革は、労働者の働き方の選択肢を広げるメリットがある一方、企業側は生産性向上に取り組まなければ、今後の安定的な経営が難しくなるかもしれません。今回は、生産性向上の目的や、生産性向上に取り組む企業の事例を紹介していきます。生産性向上の本質をとらえて、自社の取り組みに活かしていきましょう。 株式会社JTBベネフィット

休職・離職の予防

生活と仕事を無理なく両立できる職場環境は、休職や離職の予防になります。休職や離職が予防できれば、採用活動や採用後の人材育成にかかるコストを抑えることができるため、企業にとってはメリットといえるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  会社選びの指針となる離職率を知り、従業員定着率をアップさせる方法 従業員が企業から離れる割合を示す「離職率」が高いほど、悪い職場環境というイメージがつきまといます。今回はその離職率の定義や計算方法と、離職率が高い企業と低い企業の特徴をご紹介します。従業員を定着させる方法を検討する際の参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


ワークライフバランスの従業員側のメリット


次に、ワークライフバランスによる従業員側のメリットを見てみましょう。

自分に合った働き方ができる

長時間労働や無理な残業など、自分を犠牲にするような働き方をしなくてすみます。柔軟な働き方は従業員にとって自分の生活状況や性格に合った働き方ができるため、本来の自分の能力を発揮しやすくなるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  テレワーク・リモートワーク・在宅ワークの違いを解説!働き方改革で広がる柔軟な勤務方法 テレワーク・リモートワーク・在宅ワークとさまざまな勤務形態が生まれています。ここでは、テレワーク・リモートワーク・在宅ワークそれぞれの特徴とともに、違いやメリット・デメリットを解説します。また、フレックス制度など多様化する勤務時間にも触れていますので導入ご検討の際にお役立てください。 株式会社JTBベネフィット

モチベーションの向上

従業員は、仕事とプライベートのバランスが取れた生活を実現できることで、日々の気力が充実します。それによって仕事へのモチベーションも上がり、仕事で成果を出せばキャリアアップにつながるという好循環が生まれます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  わが社の働き方改革奮闘記 ~変形労働時間制を活用したワーク・ライフ・バランスの実現編~ | はたらくサプリ わが社で取り入れられている変形労働時間制について、年次有給休暇から派生した休暇と導入された制度についてひとつひとつ解説し、取得にあたってのメリットやデメリットと、執筆者が実際に取得したことで生まれた余暇を何に使ったのか、図解を交えてわかりやすく紹介します。働き方改革も大切ですが、休み方改革も推進しましょう! 株式会社JTBベネフィット

心身の健康

無理な労働によって、心身を病むことがなくなります。心身の健康は従業員が仕事をする上で大切なことです。心身ともに健康でいられることは、仕事や私生活の充実だけでなく、周囲の人を幸せにすることにもつながります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【テレワークの健康管理】労務管理のガイドラインと在宅勤務時の健康管理をご紹介 コロナ禍でテレワークを恒常的に導入する企業が増えましたが、導入時が急場だったために労務管理の曖昧さや従業員の健康管理が課題となっています。今回は、テレワークを実施する際の労務管理のガイドラインや法で規定された要対応事項を確認しつつ、在宅勤務者の健康管理に資する情報をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット

自己実現

仕事にも私生活にも余裕ができることで、広い視野を持って物事に取り組めるようになります。これまでは時間や気力がなかった従業員も、チャレンジ精神を持って仕事に臨むことができるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自律型人材とは?求められる要素や育成方法について解説 自律型人材とは、任された仕事に対して自分で考え、能動的に行動し、経営者の意図に沿った結果を出せる人材のことです。自発的に仕事に取り組むDX人材は、高い判断力やオリジナリティーによって企業に多くのメリットをもたらします。本記事では、自律型人材に求められる資質や育成時のポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


ワークライフバランスの実現方法

ワークライフバランスは、どのようにすれば実現できるのでしょうか。
実現するための方法を紹介します。

業務体制の見直し

残業を減らし、従業員が自分に合う働き方ができるよう、業務体制を見直さなければなりません。残業をしなくても成果を上げられる方法を話し合ったり、業務の中で効率化を図れる部分を改善したりするなど、これまでの業務体制の問題点を洗い出しましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  残業削減はどう実現する?成果の上がるユニークなアイデアについて 残業削減は、現代企業にとって早急に対応すべき課題です。企業の人材確保や社会的評価にも影響します。しかしながら、残業削減に向けた取り組みに悪戦苦闘する企業も少なくないようです。そこで今回は、企業が残業削減に取り組むメリットと、実現に向けた取り組み方や成功企業の事例をご紹介します。 株式会社JTBベネフィット

勤務方法の柔軟化

フレックスタイムの導入や、在宅でできる業務についてはテレワークを許可するなど、柔軟な働き方を検討しましょう。それぞれの従業員に合った働き方を許可することで、ワークライフバランスが実現するだけでなく、会社に対する満足度も大きく上がります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【テレワークでも導入可】フレックスタイムの詳細と労使協定の要点を解説! フレックスタイム制は、原則、1日の労働時間をコアタイムとフレキシブルタイムにわけて、コアタイムを必須の労働時間とすることです。労働時間の清算期間は最長3ヶ月なので、働き方に柔軟性を持たせることができます。今回は、フレックスタイム制のポイントや導入に際して必要となる労使協定の要点も確認しましょう。 株式会社JTBベネフィット

福利厚生の充実

育児支援やスキルアップなど、福利厚生を充実させることも検討してみましょう。
福利厚生の充実は、従業員のモチベーション向上につながるほか、企業としての魅力を上げ、人材定着や人材確保にも役立ちます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  【完全版】福利厚生の基礎知識から人気・おすすめを5分で網羅!採用強化・社員定着対策、ユニークな制度もご紹介! | はたらくサプリ ライフスタイルの多様化が進み、国が働き方改革を推進する中で、就職希望者や従業員の福利厚生への注目度は高く、今やワークライフバランスを測る代表的な指標になりつつあります。今回は、福利厚生の基本的な知識と効果に加え、従業員に喜ばれる人気の福利厚生ランキングとユニークな福利厚生の導入事例まで漏れなくお伝えします! 株式会社JTBベネフィット

政府による支援

ワークライフバランスを推奨する政府の支援によって、助成金や税制優遇などが受けられます。例えば、厚生労働省では、育児と仕事の両立を支援する中小企業に対して「中小企業両立支援助成金」といった援助があります。また、有給休暇の取得率を高める取り組みをおこなう企業には「職場意識改善助成金」の援助が受けられますので、政府の支援を活用してワークライフバランスの実現を進めましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  男性が「育児休暇」を取らない理由とは?育休取得率を上げるためのポイント 育休は男女問わず取得できる制度ですが、男性の育児休業取得率は約5%というのが現状です。政府が2020年までに13%まで引き上げることを目標とするなかで、企業はどのような対策を取るべきでしょうか。男性が育休を取らない理由から考察し、解説していきます。 株式会社JTBベネフィット


ワークライフバランスの充実は、企業・従業員双方にメリットがある

従業員のワークライフバランスを充実させることは、従業員だけでなく企業にもメリットがあります。特に福利厚生の充実は、従業員の労働意欲を高めるだけでなく、企業としての評価が高まることで人材確保にも有効です。

現在は福利厚生を充実させるために、福利厚生をアウトソーシングする企業が増えています。
JTBベネフィットの「えらべる倶楽部」は、旅行やショッピングでの割引、資格取得のサポートをおこなうなど、従業員満足度を大きく引き上げることができるサービスです。
企業価値を高める福利厚生サービスを探している場合は、この機会に「えらべる倶楽部」をぜひご検討ください。


  えらべる倶楽部 | JTBベネフィット えらべる倶楽部は、旅、エンターテイメント、自己啓発、育児、介護、健康などの多彩なジャンルの福利厚生サービスで、従業員様とそのご家族の人生をサポートし、組織を活性化させます。 株式会社JTBベネフィット


食事補助を手厚くし、えらべる倶楽部でワークライフバランスの充実を図る「リモート社食withえらべる倶楽部」もおすすめです

  リモート社食withえらべる倶楽部 全国6万以上の飲食店を社員食堂としてご利用いただける食事補助と、 旅行レジャーをはじめ様々な生活シーンで活用できる総合的な福利厚生サービスがセットになったサービスです。 コロナ禍でリモートワークが促進される中で生じる様々な課題解決にお役立ちできます。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  業務効率向上を目指せ!具体的手段とおさえておきたい注意点 | はたらくサプリ 本記事では、自社の業務効率化がうまくいかない、どう取り組めばいいのかわからない、と頭を悩ませている企業担当者向けに、業務効率化の具体的な手段や注意点、得られるメリット等を紹介します。業務効率化が成功すれば、会社、従業員双方に大きなプラスをもたらしますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット


  UIJターンとは?Uターン・Iターン・Jターン採用を成功させるポイントと成功例を紹介! UIJターンとは、ワーク・ライフ・バランスの充実や家庭の事情などにより、今と異なる地域に移住をして仕事をすることです。UIJターン人材を採用すると、企業の人手不足の解消や伝統技能の継承などがしやすくなります。今回は、UIJターンの希望理由や成功例から、こうした人材の採用を成功させるポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧