働き方改革のメリットとは?企業と従業員それぞれの観点や対応も紹介

​​​​​​​働き方改革を推進し、モチベーション高く業務に取り組む従業員

ニュースなどでも頻繁に耳にする「働き方改革」は、今の日本社会が直面している労働人口不足を始め、さまざまな労働問題を解消することを目的とした、国を挙げての取り組みです。そのため、企業側でもこの改革の目的に沿った方法で、従業員が働きやすい環境をつくる必要があります。

今回は、働き方改革を推進することによるメリットや、その実現に向けて企業に求められる対応策などを紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.働き方改革とは?
    1. 1.1.2019年4月から施行されている「働き方改革関連法」
    2. 1.2.企業が抱えている問題を解決するための取り組み
    3. 1.3.一人ひとりの生活の充実や幸福を目指す
  2. 2.働き方改革による企業側のメリット・デメリット
    1. 2.1.企業側のメリット:生産性の向上
    2. 2.2.企業側のメリット:職場環境が健康であることで社会的な信用が得られる
    3. 2.3.企業側のメリット:優秀な人材の確保
    4. 2.4.企業側のデメリット:未完業務が発生する可能性がある
    5. 2.5.企業側のデメリット:効率化するためのツールの導入費用がかかる
  3. 3.働き方改革による従業員側のメリット・デメリット
    1. 3.1.従業員側のメリット:長時間労働の改善
    2. 3.2.従業員側のメリット:同一労働同一賃金による不平等の是正
    3. 3.3.従業員側のメリット:ライフスタイルに合った働き方ができる
    4. 3.4.従業員側のデメリット:残業削減による収入の低下
    5. 3.5.従業員側のデメリット:管理職の負担が大きくなる可能性がある
  4. 4.働き方改革における企業の対応とは?
    1. 4.1.会社の現在の状態を把握する
    2. 4.2.働き方改革を社内に浸透させる
    3. 4.3.社内フロー、制度の改善
  5. 5.JTBグループでは、働き方改革に役立つサービスが豊富!

働き方改革とは?

働き方改革で柔軟な働き方を実践していきいきと活動する従業員

働き方改革とは、当時の安倍政権が掲げる一億総活躍社会の実現に向けて、企業の労働環境を改善し、労働者が多様な働き方を選択できるように施行された法律や取り組みの総称です。

2019年4月から施行されている「働き方改革関連法」

働き方改革における政府の動きは、2018年1月に厚生労働省の「モデル就業規則」よって副業禁止規定が削除されることから始まりました。そして、「働き方改革関連法」が同年6月29日に成立し、2019年4月1日に一部が施行されました。

この改革では、この先、中小企業の同一労働同一賃金の実現や、非正規雇用の処遇改善に向けたさまざまな法改正が控えています。


あわせて読みたいおすすめの記事

  今さら聞けない働き方改革関連法とは?概要と対応をわかりやすく解説! 「働き方改革関連法」が2019年4月より順次施行されていますが、法改正も多いため、具体的な内容まで把握しきれていないという方が多いかもしれません。そこで今回は、働き方改革関連法の概要やポイント、新たな制度について改めて紹介しますので、正しく理解し、企業として必要な対策を進めていきましょう。 株式会社JTBベネフィット

企業が抱えている問題を解決するための取り組み

働き方改革は、各企業がその目的を正しく理解し、自社に合った取り組みを実践することで、さまざまな問題の解決を目指すものです。現在、生産性や人材確保などに関する問題を抱える企業にとっては、政府主導の働き方改革が社内の風土や文化を変える好機になるかもしれません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  働き方改革のアイデアとは?成功するためのポイントや事例を紹介 働き方改革とは、一億総活躍社会の実現に向けて企業が取り組むべき、働きやすい環境づくりの総称です。会社の中で働き方改革を推進するには、制度や規定の見直しや、従業員の意識を変えるといった多くの作業が必要となります。本記事では、企業が実践しやすい働き方改革のアイデアと成功例を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

一人ひとりの生活の充実や幸福を目指す

働き方改革におけるもう一つの軸は、働く人の事情や環境、体力などに応じた多様な働き方ができる社会を実現することです。これは、「一人ひとりが家庭や職場、地域で、生きがいを持って充実した生活を送ることができる」という一億総活躍社会の目的につながる考え方でもあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  従業員のWell-Beingを向上するために企業が取り組む3つのこと Well-Being(ウェルビーイング)とは、「幸福な状態」のこと。世界の幸福度ランキングで日本が他の先進国に後れをとっていることをご存じの方も多いでしょう。従業員がWell-Beingを享受するためには、働き方やオフィスでの取り組みが大きく関係しています。今回は、Well-Beingを向上させる3つのポイントを紹介します。 株式会社JTBベネフィット


働き方改革による企業側のメリット・デメリット

企業が働き方改革を推進すると、企業側には以下のようなメリット・デメリットが生まれます。

企業側のメリット:生産性の向上

働き方改革を通して無駄な業務やオフィス環境の見直しをおこなうと、生産性の高い仕事に経営資源を集中させやすくなります。例えば、業務の見直しでは、ルーティンであればITを活用してシステム化したり、オフィス環境では、部署を超えて連携しやすくフリーアドレスを導入するなどがあげられます。また、この改革によって長時間労働が是正されると、モチベーションの向上による作業時間の短縮や人件費の削減、利益の向上といった好循環も生まれます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  RPAとは?メリット・デメリットからRPA資格の「RPA技術者検定」まで紹介します RPA(Robotics Process Automation)とは、企業の定型業務をロボットで自動化する仕組みです。近年、各社でRPAを導入する動きが盛んになっています。ここで、RPAとは何かから導入ステップ、企業にもたらすメリットやデメリットをご紹介します。組織のRPAに携わる人材に有効なRPA資格も説明しますのでぜひ、参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

企業側のメリット:職場環境が健康であることで社会的な信用が得られる

長時間労働による過労死などの問題は、会社の社会的信用を下げる要因となります。職業でいうと、特に看護師やSEには長時間労働が発生しやすいですが、働き方改革によって残業時間などを削減し、心身ともに健康な状態で働ける環境をつくることは、企業イメージを高める上でも重要な取り組みです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  看護師離職率が高い理由とは?原因と対策を詳しく解説 慢性的な人手不足が続く医療現場において、看護師の離職率が高いことは、医療の質の低下や新人の育成がおこなえないなどの問題につながります。本記事では、看護師離職率を抑えるための対策を検討している人事担当者へ向けて、看護師離職率が高い原因および看護師の長期雇用を目指した対策について紹介します。 株式会社JTBベネフィット

企業側のメリット:優秀な人材の確保

健全で柔軟な働き方の推進は、減少の一途をたどる労働人口不足の状態であっても優秀な人材を確保し、人材の流出を防ぐ効果もあります。例えば、テレワーク(在宅勤務)や時短勤務、フレックスタイム制度などを導入すれば、介護や子育てによってオフィス出勤が難しい従業員も、できる範囲で仕事を続けられるでしょう。


このような取り組みに成功すると、減少の一途をたどる労働人口不足の状態であっても、離職者が出るたびにおこなう採用活動や新人教育のコストが削減できることもメリットとしてあげられます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  使える人材とは?真に使える人材を見抜き、集め、引き止めるために企業ができること 採用の成果とは、使える人材を確保できるかどうかで左右されます。これは、どの採用担当者にとっても重要な課題の1つではないでしょうか。今回は、使える人材とはどのような人材を指すのか、採用選考で見抜く方法を解説します。また、使える人材にできるだけ長く働き続けてもらうためにできる対策を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

企業側のデメリット:未完業務が発生する可能性がある

労働時間を短縮すると、必然的に作業時間も短くなってしまいます。例えば、長時間労働の是正がメインの改革で、生産性向上の取り組みが進めていない場合、未完業務が増えることで取引先やお客様に迷惑をかけるおそれがあります。


あわせて読みたいおすすめの記事

  時短ハラスメントとは?具体的事例と企業側の対処方法5選 時短ハラスメント(通称ジタハラ)とは、政府が推奨する働き方改革の柱である長時間労働の解消を口実に、不合理な残業禁止等により労働時間の短縮を強要することを指します。本記事では時短ハラスメントの具体的事例とともに、企業や従業員に与える悪影響や、時短ハラスメントの防止策についても解説します。 株式会社JTBベネフィット

企業側のデメリット:効率化するためのツールの導入費用がかかる

生産性向上に向けて作業効率化の分析ツールなどを導入すると、それなりの費用が発生します。しかし、働き方改革によって無駄な人件費を削減したり、利益を増やしたりすることができれば、ツールの導入費用は比較的早く回収できるしょう。

なお、ツールなどのソフトウェアは無形固定資産に該当するので、法律が定める条件に合ったものを導入すれば、耐用年数5年で減価償却することができます。経費を管理している担当者や経営者の方は、ぜひ覚えておきましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  働き方改革で生産性向上をかなえる!実施企業の事例も紹介! 働き方改革は、労働者の働き方の選択肢を広げるメリットがある一方、企業側は生産性向上に取り組まなければ、今後の安定的な経営が難しくなるかもしれません。今回は、生産性向上の目的や、生産性向上に取り組む企業の事例を紹介していきます。生産性向上の本質をとらえて、自社の取り組みに活かしていきましょう。 株式会社JTBベネフィット


働き方改革による従業員側のメリット・デメリット

次に、企業が働き方改革をおこなった場合に、従業員側に生じるメリットやデメリットを見ていきましょう。

従業員側のメリット:長時間労働の改善

長時間労働による過労死や自殺などが相次いでいることを受けて、政府は2019年4月1日に大企業で、その1年後の2020年4月1日に中小企業で時間外労働の上限規制を施行しました。

これによって各企業が時間外労働の削減に取り組むと、今まで当たり前のように残業をしていた労働環境が改善されるようになりました。従業員がプライベートの時間を確保しやすくなり、ワークライフバランスの実現に近づいたといえるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  どこからどこまでが対象範囲?正しく知っておきたい安全配慮義務 普段あまり意識することはありませんが、企業は従業員が安全に働けるように配慮する義務が法的に定められています。実はこの配慮の範囲は広範にわたっており、施設や備品の整備だけではなく、従業員の健康への配慮、労働の実態の把握なども含まれます。 株式会社JTBベネフィット

従業員側のメリット:同一労働同一賃金による不平等の是正

これまで正社員との待遇差に耐えてきた非正規雇用者は、以下の項目における同一労働同一賃金の実現も注目したいところです。

・基本給
・賞与(ボーナス)
・昇給
・福利厚生
・教育訓練
 など

大企業では2020年4月に施行されましたが、2021年4月には中小企業に対して関係法令が施行されます。そうすると、不合理な待遇差が解消されることによって、パートタイマーやアルバイト、派遣社員として働く人の勤労意欲や生活水準の向上がさらに期待できます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  同一労働同一賃金義務化で福利厚生に必要な対応は?プラスを生む考え方 同一労働同一賃金制度が2020年4月1日より施行されました。企業には社員の賃金だけでなく福利厚生に関する対応も求められています。今回は、福利厚生の同一労働同一賃金と福利厚生の関係性を解説します。同一労働同一賃金を福利厚生によってプラス転換する方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 株式会社JTBベネフィット

従業員側のメリット:ライフスタイルに合った働き方ができる

テレワーク(在宅勤務)や短時間勤務といった柔軟な働き方が推進されると、介護や子育て、副業などと仕事を両立しやすくなります。その時々の状況に応じて、勤務形態を変えながら同じ業界で長く働くことができれば、自分のペースでスキルやキャリアを積み重ねることができるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  職住融合とは?ニューノーマルのワークライフバランス向上に適した住まい領域 東京23区で勤務し、コロナ禍によって導入されたテレワークを継続したいと考えている従業員は7割以上にのぼります。ワークライフバランスの維持を目指して、自宅をテレワーク用にリノベーションする「職住融合」や、職場の近くに引っ越す「職住近接」という動きに、企業はどのように向き合えるのでしょうか? 株式会社JTBベネフィット

従業員側のデメリット:残業削減による収入の低下

時間外労働の上限規制では、企業側で労働基準監督署長に届け出をしない限り、原則として月45時間、年間360時間の範囲内でしか残業や休日出勤ができません。
ですから、これまで時間外労働を月45時間以上していた人は、割増賃金が大幅に減ることで収入が減ってしまいます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  制度を悪用する「生活残業」の実態。原因と対策について 多くの企業が残業削減を図るなか、「生活残業」に頭を悩ませている企業もあります。必要のない残業をして賃金を増やす生活残業の原因と問題を、企業側と従業員側それぞれの視点から分析します。その上で、生活残業をなくすための対策を紹介します。 株式会社JTBベネフィット

従業員側のデメリット:管理職の負担が大きくなる可能性がある

時間外労働に上限ができると、残業代の支払い義務のない一部の管理職に、未完業務のしわ寄せがくる可能性があります。この影響を受けるのは、労働基準法が定める管理監督者だけなので、従業員は自分が該当するかどうかを確認しておくべきでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  適正な労働時間とは?労働時間管理の方法や注意点を解説 2019年4月1日より改正された労働基準法や関連法により、企業は従業員の労働時間を把握することが義務となりました。背景には長時間労働による過労死や精神疾患などが社会問題となったことがあります。本記事では、労働時間を適正化するために企業が行うべきこと、および注意すべきポイントについて解説します。 株式会社JTBベネフィット


働き方改革における企業の対応とは?

働き方改革など労働問題に疑問を持つ人事担当の従業員

企業側で働き方改革をおこなう際は、以下3つのポイントを重視して推進していきましょう。

会社の現在の状態を把握する

働き方改革において各企業が推進すべきことは、現在抱える問題や業態、従業員の状況や傾向によって変わります。まずは、就業規則や雇用契約書などを確認し、客観的に会社の現状把握や分析をしてください。

厚生労働省では、事業主や人事担当者が従業員の働き方を見直すツールとして、「働き方・休み方改善指標」をホームページで公開しています。これを活用すれば、長時間労働をしている従業員の割合や、年次有給休暇の取得率も分析しやすくなるでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  休み方改革とは?働き方改革との違いや具体的な施策、企業における推進のポイントを紹介 休み方改革とは、従業員が休みやすい環境を整える取り組みであり、働き方改革と密接な関係性をもつ施策です。今回は、休み方改革の概要や目的、具体的な施策、推進のポイントなどを紹介していきます。働き方改革も大切ですが、休むことも大切です。休み方改革の全容を把握し、自社における取り組みのヒントを探っていきましょう。 株式会社JTBベネフィット

働き方改革を社内に浸透させる

働き方改革は、従業員の協力があってこそ実現できるものです。事業主や人事担当者主導で取り組みを始める際は必ず現場担当者を決めて、すべての従業員に意図やメリット、改善点などを浸透させる必要があります。

また、一部の従業員がテレワーク(在宅勤務)や時短勤務をする場合は、同僚の理解や協力が不可欠です。働き方改革を浸透させるためには、企業側が一方的に指示をするのではなく、本質を理解してもらいながら、従業員の意識改革につながるような取り組みを目指しましょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  ビジネスにおける意識改革がもたらす効果とは?組織的に意識改革を成功させる方法 従業員一人ひとりの意識改革をおこなうことは、生産性向上や業務効率化、従業員の離職防止などにおいて有効な方法です。今回は「従業員の意識改革を成功させるには?」と疑問を持っている経営者や人事総務担当者に向けて、意識改革によって得られる効果と、企業で意識改革に取り組む際の成功のポイントを解説します。 株式会社JTBベネフィット

社内フロー、制度の改善

改革に向けた意識がなかなか根づかない場合は、便利なITツールを使って社内フローや従来制度の改善から取り組むのもおすすめです。例えば、社内フローを実際に使ってもらうことで、言葉では伝わらなかった働き方改革のメリットなどを理解してもらえることもあります。

また、従業員がテレワーク(在宅勤務)をおこなう際には、専用のコミュニケーションツールが必要になります。そのため、意識改革というソフト面ではなく、ITツールというハード面から働きやすい環境づくりを進めていくことも検討すると良いでしょう。


あわせて読みたいおすすめの記事

  デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功事例10選。IT活用の未来と企業の存続 デジタルトランスフォーメーション(DX)というワードはよく耳にするけれども、その取り組みが上手くいっているか知らない方は多いと思います。DXとは、商品やサービスに加え、企業組織自体をAIのようなITを活用して変革することです。英語は調べるのも疲れてしまいますよね。今回は成功事例を含め、DXを詳しく紹介します。 株式会社JTBベネフィット


JTBグループでは、働き方改革に役立つサービスが豊富!

これまで述べたように、一億総活躍社会の実現に向けて実施される働き方改革には、企業と従業員のそれぞれにメリットがあります。


【企業側のメリット】

・生産性の向上
・健康的な職場環境による社会的信用の獲得
・優秀な人材の確保


【従業員側のメリット】

・長時間労働の改善
・非正規雇用者が感じる不合理な待遇差の解消
・ライフスタイルに合った働き方の選択


今回、紹介したような働き方改革の重要性は理解していても、実際の推進方法や、それにともなって生じる課題の解決方法がわからないこともあるでしょう。

JTBグループでは、いきいきと働く社員を増やすために有効な「働きがい」や「働きやすさ」を整える施策や制度をたくさんご用意しています。
例えば、JTBベネフィットでは、総合型福利厚生サービス「えらべる倶楽部」を提供しています。えらべる倶楽部は、働き方の大きな変化にも柔軟に対応し、利用者である従業員の満足度を維持・向上させ、持続的に進化する福利厚生制度です。

また、企業に役立つイベントやセミナーを多数開催しています。オンラインでの開催も可能ですので、働き方改革に向けた取り組みについて悩みや疑問がある方は、ぜひ、各種イベント・セミナーをご利用ください。


【イベント・セミナーの過去の開催例】

『センス不要!伝わるプレゼン資料のデザインルール』
『仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか ~モノの片づけから学ぶ仕事の段取り力』
『~短く、濃く、盛り上がる会議に!~ 「1枚会議術」』


JTBベネフィットが提供する総合型福利厚生サービス「えらべる倶楽部」のバナー


従業員100名未満の企業・組織様には、「えらべる倶楽部バリュープラン」もおすすめ!

  えらべる倶楽部 バリュープラン バリュープランは、えらべる倶楽部で人気の補助金を あらかじめパックにしたプランです。 株式会社JTBベネフィット


  セミナー詳細 JTBベネフィットが提供するイベント・セミナーでは、貴社の個別ニーズや多様性に合わせ「ワークライフバランス」の実現を目指した価値あるイベント・セミナー企画をご提案いたします。 株式会社JTBベネフィット


個別相談も可能!開催中のセミナー一覧はこちら

  セミナーページ | JTBベネフィット JTBベネフィットが主催するセミナーやご相談会の情報をご紹介しています。JTBベネフィットは、福利厚生や健康支援、組織活性化をサポートするさまざまなサービスをご用意。「働くこと」の価値を最大化し 働く一人ひとりの人生を、より豊かにします。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  ダイバーシティ推進と働き方改革の切っても切れない関係を解説 ダイバーシティ経営とは、多様性を受容して企業の競争力に繋げる経営上の取り組みを指しますが、日本では女性の雇用制度や環境改善に限定したものと捉えられる傾向があります。本記事では、ダイバーシティ推進と働き方改革の関係やダイバーシティの対象、および具体的な取り組みについて解説します。 株式会社JTBベネフィット


  ワーケーションという新しい働き方!仕事と休暇の区別はもう古い? 最近になって「ワーケーション」という言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。ワーケーションは新しい働き方で、「休暇を楽しみつつ仕事をする」ことを意味しますが、裏を返せば「せっかくの休暇に働く」のでしょうか。このように、少しわかりにくい「ワーケーション」について、丁寧にご紹介します。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧