オフィス環境改善のアイデアと事例を紹介!働きやすいオフィス環境とは

​​​​​​​快適なオフィス環境でモチベーション高くイキイキと仕事ができる従業員

従業員が作業をしやすいオフィス環境は、業務にイノベーションを起こしたり、生産性を上げたりすることと深い関係があります。現在はコロナ禍の影響で在宅勤務とオフィス勤務のハイブリッド型が進んでいますが、出社した場合、1日の大部分を過ごすオフィスの環境を改善すれば、従業員も企業も様々なメリットを得られます。

今回は、実際に他社がどのような対策をおこなっているのか、すぐにできるアイデアや改善事例を含めて紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.働きやすいオフィス環境とは
    1. 1.1.個人スペースやフリーアドレススペースが整備されている
    2. 1.2.ICTソリューションが充実している
    3. 1.3.照明・空調など室内環境が快適
    4. 1.4.スムーズな動線
    5. 1.5.整理整頓できる仕組み
  2. 2.オフィス環境改善のメリット
    1. 2.1.生産性や創造性が向上
    2. 2.2.従業員のモチベーションが向上する
    3. 2.3.ストレス軽減
    4. 2.4.コミュニケーションが活性化し風通しの良い職場に
  3. 3.すぐにできるオフィス環境改善アイデア
    1. 3.1.観葉植物を設置
    2. 3.2.無料や低価格で利用できるドリンク・お菓子サービスを利用
    3. 3.3.BGMを導入
    4. 3.4.定期的な換気
  4. 4.オフィス環境の改善をおこなった企業の事例
    1. 4.1.フロアを集約してフリーアドレス制を導入した医療系IT企業
    2. 4.2.オフィスをサロンスタイルにしイメージアップに成功した不動産会社
    3. 4.3.オフィスにレクリエーションスペースを設置した通販会社
  5. 5.オフィス環境改善のアイデアとして、OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)はいかがですか?

働きやすいオフィス環境とは

フリーアドレススペースでソーシャルディスタンスを保って業務に取り組む従業員

従業員が「過ごしやすい」、「作業がしやすい」オフィス環境とは、具体的には以下の特徴があります。

個人スペースやフリーアドレススペースが整備されている

近年、個人スペースやフリーアドレススペースなど、特定の人が特定の席を利用し続けるのではなく、日によって好きな場所で作業ができるオフィスの人気が高まっています。
このようなオフィスでは、常に新鮮な気持ちで仕事ができるため、マンネリ化を防ぐことができます。また、共有スペースという性質上、従業員一人ひとりが書類や荷物の整理整頓により気を遣う傾向もあるため、いつも快適なオフィス環境を保ちやすくなります。

ICTソリューションが充実している

ICTとは、情報通信技術のことです。普段多くの人が利用しているメールやチャット、SNSなどの通信技術によって、人と人、人とインターネット(情報)がつながることを指します。
ソリューションとは、問題を解決するための商品やサービスのことです。つまり、ICTソリューションとは、インターネットなどの技術を利用して問題を解決することです。

例えば、電話やFAX、メールなど従来のツールを使うのではなく、迅速な対応ができるチャットサービスを導入したり、データの共有をおこないやすいツールやクラウドのようにネットワーク上でデータを共有するサービスを使ったりする企業が増えています。先進的な働き方を導入する企業では、自宅やオフィスではない場所で仕事ができるテレワーク以上に、サテライトオフィスの利用やワーケーションが導入されることも増えましたが、これらはICTソリューションによって実現したものです。

このように、最適なICTソリューションを導入・充実させることは、従業員の生産性向上につながります。

照明・空調など室内環境が快適

夏の暑さや冬の寒さを感じさせない空調や、パソコンやスマートフォンで疲れた目に優しい照明など、室内環境が快適だと従業員の満足度は高くなります。
オフィスでの仕事で重要な空調は、直接従業員に冷暖房が当たらない位置に配置し、乾燥しやすい時季は加湿器を用意するなどの配慮も必要です。

また、一息つきたい時のための休憩スペースも重要です。喫煙者は、喫煙所で一服することができますが、非喫煙者はそうはいきません。受動喫煙を防ぐためにも、非喫煙者が作業スペースを離れて休憩できる場所の確保も必要です。

スムーズな動線

業務をおこなっていると、社内の人に聞かなくてはならないことが出てくるでしょう。
その場合、チャットツールではなく直接やり取りをすることも多いため、コミュニケーションを取りやすいよう動線に配慮したオフィスレイアウトも人気です。

また、上司や同僚との話の中には、内密にしたいこともあるでしょう。他の人に聞かれることなくじっくり話ができるスペースがあると、従業員も安心してコミュニケーションを取ることができます。

整理整頓できる仕組み

書類や本、ペンやファイルなど、業務をおこなう上で使うものはたくさんあります。これらがデスクに散らばっていては、作業効率が悪くなってしまいます。これを改善するために、整理整頓できる仕組みを取り入れます。例えば、業務に使うアイテムを収納する場所をすべて決めておけば、どこに何があるか迷うことがありません。


あわせて読みたいおすすめの記事

  そのオフィス環境はコロナ対策に有効なの?レイアウトから備品まで企業がとるべき対策とは? 新型コロナウイルス収束の見通しが立たない現在、人事総務担当者の方はさまざまな働き方の対応に追われていることと思います。中でも感染リスクを減らしながら快適なオフィス環境を維持する方法に頭を抱えている方も多いでしょう。今回は、オフィス環境の備品や設備が新型コロナ対策でどうすれば安全であるか検証します。 株式会社JTBベネフィット


オフィス環境改善のメリット

快適なオフィス環境のために観葉植物などを置くとリラックスできるイメージ

オフィス環境を改善することで、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

生産性や創造性が向上

従業員の生産性や創造性の向上には、オフィス環境が大きく関係しています。暗くてじめじめしていたり、隣の従業員との距離が近くて集中できなかったりすると、仕事の効率が悪くなることは容易に想像できるでしょう。
オフィス環境を改善すると、従業員が仕事に集中できるため、生産性や創造性が向上します。また、オフィス内で場所を変えて仕事をしたりすることで、発想力も高まります。

従業員のモチベーションが向上する

働く環境が改善されるということは、従業員のモチベーションアップにつながります。
例えば、オフィス環境に関するアンケートを実施し、項目の中で改善点に取り組んだ場合、企業が自分たちのことを考えてくれているということを実感できるため、貴重な人材の離職防止にも役立つでしょう。楽しく仕事をしたいと願う従業員にとって、良好なオフィス環境は会社選びの際の重要なポイントにもなり得ます。

ストレス軽減

息の詰まるような環境でじっと仕事をするのではなく、時には一息ついたり、気分を変えていつもとは違う場所で仕事をしたりできる自由度の高いオフィスは、従業員のストレス軽減にもつながります。
仕事中にストレスを感じる瞬間は誰にでもありますが、オフィス環境の改善は比較的手軽にできるストレス軽減方法として注目されています。

コミュニケーションが活性化し風通しの良い職場に

従業員同士の動線に配慮したオフィスでは、活発なコミュニケーションが生まれます。面談や重要な相談、内密にしたい報告などはプライベートゾーンで、そうでない内容はオープンスペースでと使いわけることで、適切な報連相(ホウ・レン・ソウ)が促されます。


あわせて読みたいおすすめの記事

  組織の活性化とは?その定義と方法、取り組み事例を紹介 業務効率化やIT化が進む中、組織内のコミュニケーションを見直し、活性化させることは、組織全体の成長や拡大に欠かせない施策です。そこで今回は、組織活性化の定義や有効な手法、事例について紹介します。組織活性化の必要性を感じている企業は、記事を参考に自社にあった方法を検討してみてください。 株式会社JTBベネフィット


すぐにできるオフィス環境改善アイデア

オフィス環境を改善したいとしても、多額の費用をかけて改装をしたり、大がかりな改善をすぐにおこなったりすることは難しいという企業は多いでしょう。
そこで、リーズナブルな費用ですぐにできるオフィス環境改善のアイデアを紹介します。
従業員が少しでも快適に仕事に臨めるよう、工夫してみましょう。

観葉植物を設置

すぐにできるのが、観葉植物を置くことです。
病院の待合室やカフェには観葉植物が置いてありますが、植物は人の心を落ち着かせる効果があります。室内の観葉植物はストレス緩和に効果があることがわかっており、一息つきたい時にふと植物が目に入ることで、従業員はリラックスできます。
大きな観葉植物を1つ置くだけでも雰囲気が変わりますし、おしゃれなインテリアにもなるのでおすすめです。

無料や低価格で利用できるドリンク・お菓子サービスを利用

作業に集中した後は、コーヒーやジュース、甘いものが欲しくなるものです。
気分転換をしてもらうために、無料もしくは低価格で利用できるドリンクサービスやお菓子サービスを導入しましょう。

おいしいコーヒーやちょっとしたお菓子は、休憩中に従業員同士がコミュニケーションを取るきっかけにもなります。
「ちょっと気晴らしにブレイクタイムを取りたいけど、外に出かけるような時間はない」という時にぴったりです。従業員への小さな気遣いで大きなリターンが得られる、おすすめの方法です。

BGMを導入

BGMがないほうが集中できるという人もいますが、雰囲気を変えたり集中力を高めたりするために、オフィスでBGMを流す企業も多く存在しています。
カフェで流れているようなジャズや、落ち着いたクラシックなど、従業員がリラックスできるBGMがおすすめです。

定期的な換気

定期的な換気も、コストをかけることなくすぐできます。
感染症対策に効果があるだけでなく、窓を開け放って新鮮な空気を取り入れることで、眠気がなくなったり頭がさえたりします。


あわせて読みたいおすすめの記事

  最適なオフィスの形を実現して働き方改革を推進! ニューノーマル時代ならではの働き方改革の推進に伴い、効率や生産性を考慮した効果的なオフィスレイアウトの必要性が高まっています。今回は、働き方改革により求められるオフィス環境やオフィスレイアウトの実例、外部オフィスの必要性について紹介します。内容を参考にオフィス空間の最適化を図りましょう。 株式会社JTBベネフィット


オフィス環境の改善をおこなった企業の事例

ここからは、実際にオフィス環境の改善をおこなった企業の事例を紹介します。
すぐに真似ができるものとそうでないものがありますが、できそうなことから少しずつ始めていきましょう。

フロアを集約してフリーアドレス制を導入した医療系IT企業

部署やチームごとにフロアや作業部屋を設けて、業務の効率化を図る方法があります。しかし、この医療系IT企業A社では、フロアを変えることで他部署とのやり取りがしづらくなり、コミュニケーション不足に陥ってしまいました。

そこで全部署を1つのフロアを集約し、かつ、フリーアドレス制を導入しました。これによって、従業員同士のコミュニケーションが改善し、モチベーションアップや作業効率の改善にもつながったそうです

オフィスをサロンスタイルにしイメージアップに成功した不動産会社

不動産会社B社では相談や打ち合せなどの接客が多いですが、複数のお客様が店内にいると隣の話し声が聞こえて集中できなかったり、お客様のプライベートに関わることを人の目を気にしてなかなか話せなかったりするなどの課題がありました。

B社はこれらの問題を解決すべく、おしゃれなカウンターとパーティションを用いて接客スペースをサロンスタイルにし、他のお客様の存在を感じさせないような居心地の良い空間を作りました。すると、従業員は目の前のお客様に集中できるようになり、モチベーションアップにもつながったようです。

オフィスにレクリエーションスペースを設置した通販会社

オフィスの中に気分転換ができるレクリエーションスペースを設けたという、大手通販会社C社の事例もあります。

C社では、体を動せるスペースを作ったことで「眠気が覚める」「気分転換になる」「体力がつく」など、従業員に好評だそうです。さらに、健康を考えて化学調味料の使用を抑えた社員食堂もあり、従業員の健康面にも配慮するというオフィス環境改善が注目されているようです。


あわせて読みたいおすすめの記事

  自社オフィスで従業員を健康に!健康経営オフィスの概要と取り組み事例を紹介 従業員の健康は、企業の成長に欠かせない重要な経営課題です。今回は、従業員の健康増進に取り組むべき理由や、近年注目されている「健康経営オフィス」の考え方について紹介します。健康経営を推進し、企業として従業員の健康を守ると同時に、長く働き続けられる環境を整備していきましょう。 株式会社JTBベネフィット


オフィス環境改善のアイデアとして、OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)はいかがですか?

従業員がオフィスで最大限のパフォーマンスをするために、オフィス環境の改善は不可欠です。多くの費用をかけなくても、大がかりな修繕や改善をおこなわなくても、従業員を思うちょっとした工夫ですぐに始められることもたくさんあります。

そのような工夫の一つとして検討したいのが、「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」です。OFFICE DE YASAIは手軽に食べられるサラダや栄養たっぷりのスムージー、カットフルーツなどを職場に設置した冷蔵庫に届けてくれるサービスです。従業員は好きな商品を選んで、料金箱もしくはキャッシュレス決済で支払いします。

オフィス環境の改善のための変わり種のアイデアとして、ぜひOFFICE DE YASAIをご検討ください。


  OFFICE DE YASAI 健康的な食事ができる“置き社食”サービス。 全国、累計2,500拠点以上の導入実績!(2021年4月時点) 10名程度の少人数オフィスから、1,000名以上の企業様まで、 ご利用人数に合わせてプランをお選びいただけます。 株式会社JTBベネフィット


あわせて読みたいおすすめの記事

  会社で福利厚生として食事補助をするメリットと注意点について 企業が福利厚生として食事補助を用意する際、大きく分けて4種類のパターンがあります。ただし食事にかかる費用のすべてを補助できるわけではなく、法令に従って月々の金額を定めて運用すべきものです。金額次第では非課税になる食事補助ですが、支給額や支給方法によっては課税対象となるため注意が必要です。ここでは、食事補助を導入する際の注意点について解説します。 株式会社JTBベネフィット


  働き方改革で生産性向上をかなえる!実施企業の事例も紹介! 働き方改革は、労働者の働き方の選択肢を広げるメリットがある一方、企業側は生産性向上に取り組まなければ、今後の安定的な経営が難しくなるかもしれません。今回は、生産性向上の目的や、生産性向上に取り組む企業の事例を紹介していきます。生産性向上の本質をとらえて、自社の取り組みに活かしていきましょう。 株式会社JTBベネフィット


記事検索

記事アクセスランキング

アーカイブ

カテゴリー一覧

タグ一覧