パワハラ防止法完全対応!

コンプライアンス&ハラスメント調査

CHeck

"パワハラ防止法"対応は進んでいますか?

2020年6月に改正労働施策総合推進法(通称「パワハラ防止法」)が施行、
職場における
パワハラ防止のために「雇用管理上必要な措置を講じること」が義務化されました。
※中小企業においては2022年4月1日から義務化、それまでの間は努力義務となります。

厚労省が勧めるパワハラ対策7つのメニュー

  • トップのメッセージ
  • ルールを決める
  • 社内アンケートなどで実態を把握する
  • 教育をする
  • 社内での周知・啓蒙
  • 相談や解決の場を提供する
  • 再発防止のための取組

 

出典:厚生労働省「あかるい職場応援団」

お悩み

「CHeck」ならパワハラ防止法完全対応可能!

コンプライアンス&ハラスメント調査「CHeck」とは、
現状把握だけでなくハラスメントの理解度向上にも役立つアンケート調査や
レポーティング、さらに企業の状況に合わせた課題抽出、
解決支援を行うコンサルティングまでをカバーした、
コンプライアンス&ハラスメント環境改善に特化したサービスです。

Service
サービス内容について

01
CHeckリサーチ

リサーチ経験豊富なアスマークと人材コンサル会社が協同開発した、コンプライアンス&ハラスメント調査です。
コンプライアンスからハラスメントまで、12項目を網羅したアンケートで現状把握。
※画像はイメージです

02
CHeckオール

CHeckリサーチとパワハラ防止法対策コンサルティングのパッケージ。
状況に応じたコンサルティングを実施します。

CHeckリサーチに加え、コンサルティングにて以下の支援

  • 規定・窓口の設置~教育研修体制の構築まで一括支援
  • CHeckリサーチ結果から問題・課題抽出
  • 不安な点・未対応な点に関するアドバイス対応
企業におけるダイバーシティ施策の推進のために重要となる意識改革4
※画像はイメージです

03
コンプライアンス・ハラスメント研修

最新のPAF法(パーソナル・アセスメント・フィードバック)を採用。画一的な従来型の研修とは異なり、自分自身のコンプライアンスやハラスメントの「リスク」を可視化・フィードバックすることで、自分の隠れたリスクに気づく(=当事者意識で捉える)ことが可能です。

無料トライアル受付中!! お問い合わせフォームに「CHeck無料トライアル希望」の旨を入力ください

Features
CHeckリサーチの特徴

01
手軽に、幅広い項目の現状把握

コンプライアンスからハラスメントまで12項目26問の設問設計。回答所要時間10分で手軽に幅広く現状把握ができます。

02
パワハラ防止法にも対応

パワハラ防止法で義務化されている内容の対応状況をチェック。
定期的な実施で、パワハラ防止法対応のPDCAサイクルを回せます。

03
周知・理解度向上に配慮した設問設計

アンケートに回答すること自体が、ハラスメントの周知や理解度向上に資するよう配慮された設問設計になっています。
サポート

04
実施すること自体がコンプラ・ハラスメント予防策に

CHeckの実施自体が、会社側の取り組み姿勢を示すと共に従業員自らの反省の機会にもなるので、予防策としても有効です。
グラフ

05
ベンチマーク比較

自社保有モニター10,000人のベンチマークデータと比較が可能。ベンチマークは毎年取り直し、常に最新のデータをご提供します。
対話

06
公平・公正な調査

外部委託することで、調査の公正さが担保され、本音の回答を引き出しやすくなります。
リサーチを本業とするアスマークなら、データの機密保持も万全です。
CTA

コンプライアンス&ハラスメント調査「CHeck」 に関する詳細を知りたい方は、 お気軽にご相談ください