企業型確定拠出年金導入支援

確定拠出年金導入のメリット

企業型確定拠出年金とは、会社(または従業員)が掛金を積み立て(拠出)、従業員が自分で運用しながら受け取る制度です。原則60歳以降の受け取りとなるため、老後資金を準備することができます。
選択制を導入すれば、会社が新たな費用を負担することなく企業年金制度を導入することもできるため、導入企業は毎年増加しています。

企業側のメリット

福利厚生の充実(リクルート効果が期待できる)

企業年金制度の導入による従業員の老後の資産形成を支援

法定福利費の軽減

企業規模に関わらず導入が可能

従業員側のメリット

3つの税制優遇措置を享受できる

社会保険料等自己負担額の軽減が可能(選択制の場合)  

転職した場合も積立て資産額を持ち運んでの運用継続が可能

自身のライフプランに合わせた運用をすることができまる

確定拠出年金には3つの「税制優遇措置」があります。

確定拠出年金4つの基本形

まとめ:確定拠出年金導入の目的

CTA

確定拠出年金に関する詳細を知りたい方は、 お気軽にご相談ください