福利厚生ウェビナー

【10/1実施】                       
「ワーケーションって社員の味方?」「会社で導入するにはどうすればいい?」
今、知っておきたい、人事と従業員のためのワーケーション講座

7月27日に官房長官が会見してから、一気にトレンドワードとなった「ワーケーション」。

workとvacationの造語と言われても、いったい休みなのか、仕事なのかモヤモヤしている方も多く、「長期休暇がとりやすくなる」といったポジティブ

な反応と、「仕事と休暇は完全に分けたい」という声、労務管理や費用負担などから二の足を踏む人事担当など、

まだまだ多様な意見があるのが実際のところでしょう。

今後、政府が推進していく中で、特に人事部門は避けて通れない「ワーケーション」。

NHKでの解説をはじめ今もっともメディアから注目されている講師が、企業が備えるべき”知識”と活用することによる”可能性”について、

具体的な事例や最新の動向を交えながらお伝えします。 

【登壇者】
 山梨大学 生命環境学域教授
 社会科学系長・地域社会システム学科長
 日本国際観光学会 ワーケーション研究部会部会長
  
田中 敦 氏
 JTBに入社し、教育旅行、MICEや米国本社・欧州支配人室勤務等を経験。
 00年、本人出資型社内ベンチャーとしてJTBベネフィットを共同で起業し、30歳代で取締役に。
 その後、事業創造本部、JTBモチベーションズ、JTB総合研究所を経て、
 16年山梨大学の観光政策科学特別コース新設を機に現職。
 JTBベネフィットエグゼクティブアドバイザー。
【開催日時】
 2020年10月1日(木) 14:00~15:00  ※所要時間 60分
【このような方におススメ】
・働く環境を整備運用していく、人事総務等のご担当者様
・これからの多様な働き方を考える、働き方推進、ブランド推進などのご担当者様
・企業運営側として「ワーケーション」の情報収集をしている、ご担当者様
【予約期間】
  2020年10月1日(木) 12:00 まで
【参加費用】
  無料
【人数】
  80 ※お申込み先着順となります。
【場所】
  オンライン開催となります。お手元のWEB環境から、ご参加いただけます。(要予約)

【当日のアジェンダ(予定)】
(1)ワーケーションの現在
(2)ワーケーションに求められる期待と可能性
(3)ワーケーションを取り入れている実例
(4)今、企業としてできること

(5)質疑応答
【諸注意】
・本ウェビナーは、オンラインセミナー開催ツール「コクリポ」を活用して実施いたします。
 下記記載の「JTBベネフィット個人情報保護規約」に加えて、「コクリポ」社の利用規約および個人情報保護規約をご確認の上、
 お申込み下さい。
・同業の方の参加お申し込みはご遠慮ください。お申し込み後、個別にお断りさせていただく場合があります。 

☆お申込みはコチラ☆

●お申込後にご視聴用のURLフォームをメールでお送りさせていただきます。
CTA

イベント・セミナーに関する詳細を知りたい方は、 お気軽にご相談ください